バレーボール
 

秋季リーグ専大戦 !!フルセットの末惜敗...

秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦 対専大
9月11日(日)
会場:早稲田大戸山キャンパス記念会堂
 

 昨日の敗戦から一夜。2戦目の相手は専大だ。実力は五分五分なだけに、気持ち新たにこの試合に臨みたいところ。試合はフルセットまでもつれこんだ!!

921
スパイクを決め選手から激励を受ける#14中澤

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
25 1セット 23 3
専修大学
22 2セット 25
19 3セット 25
25 4セット 21
10 5セット 15

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#1 田中 紀幸主将 法4 レフト
#9 平良 俊介 営3 センター
#10 佐々木 克弥 法3 セッター
#17 吉田 駿也 営2 レフト
#22 池田 隼平 営1 センター
#23 村上 竜也 営1 ライト
#12 早瀬 省吾 営3 リベロ

 序盤、主将♯1田中が豪快なスパイクを次々と決め、チームの士気を高めていく。連続ポイントで点差をつけても、油断することなく得点を重ねていく。しかしセットポイントを迎えると、安堵感からか連携ミスなどで23点まで迫られてしまう。最後は相手のサーブミスで1セット目を取ったものの、嫌な空気が法大を包み込んだ。
 流れを取り戻しきれないまま始まった第2セット。1セット目では決まっていたスパイクがブロックされると、そこから4連続ポイントを献上。しかし、すぐに修正して中盤には逆転!ブロックでワンタッチを取る、理想の守りを展開していたが、21点目を取った後空気を変える出来事が。田中がサーブ時にパッシングオンザエンドラインの反則を取られてしまう。必死の抗議もむなしく試合は再開。法大は気持ちを切り替えることができず、一気に逆転され2セット目を落としてしまった。
 続く、第3セット目は終始専大ペース。サーブカットがセッターに返らず、攻撃も単調に。♯22のサービスエースで得点を重ねるシーンも見られたが、19―25であっさりとセットを奪われた。
 後がない法大。ベンチからも大きな声でチームを盛り上げる。それに応えるように、コート内の雰囲気も徐々によくなっていった。サーブカットがセッターにきちんと上がり始めると、♯10佐々木がトスを左右に振り分け相手を翻弄。♯14中澤が強烈なスパイクを決めれば、♯22池田はフェイントで揺さぶり、4セット目を奪取!
 勝負の最終セット。8点目までは互角の争いを繰り広げる両チーム。差が着き始めたのは、専大がブロックで8点目をあげた時だ。ドリブルにも見えたそのプレーに、選手が再び審判に抗議。結局判定は覆らず、気持ちを切り替える前に試合終了。フルセットの末、2敗目を喫した。
 勝てるだけの力はあるのに、メンタル面が足を引っ張っている現在の法大チーム。今日もセットの終盤に、急にサーブカットやブロックフォローが雑になる場面が多く見られた。一試合を通して戦い抜く集中力が、今後の課題となるだろう。次戦は明大。入れ替え戦回避、そして例年よりも一つでも順位をあげるべく、初白星を目指す。

選手の試合後のコメント

田中主将(法4)

―試合を終えて
実力的には僕たちのほうが勝ってたと思うので、どうしても勝たなきゃいけない試合だったので悔しいですね。

―どこで差がついたと思いますか
一試合を通して、途中で集中力が切れてしまうことが法政のほうが多くて、そこで連続得点されてたので、その差だと思います。

―連携に関して
初めてレギュラーで出場する選手がいっぱいいるので、その選手たちはまだまだ慣れてないですね。

―ブロックがよく機能しているように見えましたが
夏の間に練習してきたので、少しずつ機能してきてるのかなと思います。でもまだ甘い部分というか、機能してないところがあると思うので、ラリー中とか、試合中ずっと機能させられるようにしたいです。

―現時点での課題は
チームとしては、実力をまだ出せていないこと。次の試合まで間があるので、一週間で修正して試合で100%の実力を出せるようにすることが課題です。
個人としては、最上級生・キャプテンとしてチームを引っ張っていけてない部分があるので、自分のプレーだけじゃなくて、周りを見てチームの流れを作っていくことです。

―主将として臨む最後のシーズンですが、意気込みと目標をお願いします
4年間ずっと試合に出てきて、今年が最後のリーグ戦ということで、やっぱりいつもと気持ちは違うので、悔いのないように、力を出して終われるように。
チームとしては、まず入れ替え戦を回避して、さらに一つでも上の順位を狙っていければいいかなと思います。

 

フォトギャラリー

  • 921スパイクを決め選手から激励を受ける#14中澤
  • 922正確にセッター返球するリベロ#12早瀬
  • 923チームのかなめ・#1田中主将
  • 924固い守りで第1セットを先取
  • 925巧みなトスを上げる#10佐々木
  • 926高さを武器に仕掛ける専大
  • now printing
  • now printing
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み