バレーボール
 

全日本インカレ大阪体育大戦 ストレート勝ちで準備完了!

秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会グループ戦
VS 大阪体育大学
11月29日(月)
会場:東京体育館

秋季リーグが幕を閉じてから早1ヶ月半。今季最後の大会・全日本インカレが幕を開ける。その前段階であるグループ戦の今日は大阪体育大が相手。余裕で勝利を収めたいところである。

第1セット、法大は#8田中を中心に攻める。しかし、均衡状態から脱することがなかなかできず、中盤には同点に追いつかれる。#13金澤や#23吉田の活躍により、若干の点差ができると#8田中のスパイク、ブロックで得点を重ねるも、再び点差を詰められ均衡。ここは意地を見せ、25-22と僅差で1セット目を奪う。

961
好調で魅せた吉田(左)と高田(右)(撮影・天野)

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
25 1セット 22 0
大阪体育大学
25 2セット 19
3セット
4セット
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
田中 紀幸  法3  レフト
平良 俊介  営2  センター
尾形 将也主将  法4  セッター
金澤 秀幸  営2  レフト
平井 優希  法2  センター
佐藤 健  法2  ライト
早瀬 省吾  営2  リベロ

戦評

第2セット序盤、やはり均衡状態から抜け出せない。しかし、相手のミスが増え始めると流れは法大のものとなる。大阪体育大がタイムアウトを取るも虚しく、#8田中・#13金澤のスパイクが炸裂し、さらにそこに相手のミスが加担し7点差まで引き離す。そのまま試合は運び、25-19でストレートでの勝利を収めた。

2セット先取の今日はあっという間のストレート勝ちだった。しかし、決して余裕といえる戦いではなく、立ち上がりはあまり満足のいくものではなかった。不調の選手たちがいる今、どうチームで戦っていくかということが鍵となるだろう。

監督と選手たちのインタビューコメント

吉田監督

―今日の試合を振り返って
今日は開会式からあまり時間がなかったので、あまり準備ができなくて、危なかったんですが、とりあえず勝てて良かったです。

―チームの状態は
2・3コンディションが良くない選手がいるので、今日は特に調子の良い選手を使うようにしました。

―今日まではどんな準備を
リーグ戦終わってから、サーブやサーブレシーブといったレシーブを中心に練習を行ってきました。2週間前からチーム練習を重点的にやるようにして、週末には試合を行いました。

―明後日からインカレが始まるが
1回戦から強いところと当たる可能性もあるので、どこがきても力を出し切れるように...なんといっても組み合わせが決まってないので、何とも言えないのですが。

―意気込みを
やっぱりスタートが肝心なので、1戦1戦大事に戦っていきたいと思います。

尾形主将

―今日の試合を振り返って
4年にとっては最後の大会ということで、とにかく元気に楽しもうと思いました。

―リーグとはスタメンが異なったが
スタメンが2人抜けたので、正直合わせていくということに関しては出来てない部分も多いと思います。でもその中で何とかやってる感じです。

―これまではどんな練習を
スタメンを決めないでやってきました。調子の良い人を使うことで、1人1人自覚を持って出来たんじゃないかと思います。

―チームの調子や雰囲気は
調子は上がってきていると思います。このまま継続していきたいですね。(目標は)ベスト4です。

―明後日からインカレ
初対戦になる試合が多いですが、相手を気にせず法政らしさを出して頑張ります。

田中

―今日の試合を振り返って
予選でも相手が関西の1部で強いところだったので、気を抜くと負けると思いました。でも相手が強かったので、みんな最初から集中出来てたと思います。

―大会が始まるまでの期間、どのような練習を
秋とスターティングメンバー変わったんですけど、色んな選手を使って練習しました。秋からのステップアップではなくて、一からチームを作り直しました。

―チーム全体の調子は
昨日も練習試合をやったんですけど良くて、今日も試合勝てたので良かったです。調子は上がってると思います。

―今後の大会に向けて
去年は1回戦でだめだったので、去年の結果を糧に...生かしたいです。ベスト8ではなく、ベスト4を目標にしていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 961好調で魅せた吉田(左)と高田(右)(撮影・天野)
  • 962グループ線、快勝!
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み