バレーボール

春季リーグ下位リーグ国武大戦 勢いそのままに、2連勝!!

春季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦
VS 国際武道大学
5月9日(日)
会場:慶応義塾大学日吉記念館

国武大相手に見事快勝した昨日の法大。暫定6位となり、下位リーグへと進んだ。下位リーグ1戦目の今日は昨日に引き続き国武大(暫定7位)が相手。6位を守るため、再び国武大には勝っておきたいところである。

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
25 1セット 14 1
国際武道大学
25 2セット 19
22 3セット 25
25 4セット 23
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
田中 紀幸  法3  レフト
平良 俊介  営2  センター
尾形 将也主将  法4  セッター
金澤 秀幸  営2  レフト
平井 優希  法2  センター
佐藤 健  法2  ライト
早瀬 省吾  営2  リベロ

 

戦評

第1セット、先制はされてしまうものの#17佐藤のスパイクが決まると5連続得点。すぐに逆転し8-4と点差を引き離す。その後も#17佐藤と#8田中の強烈なスパイクで順調に得点を重ねていき25-19で1セット目を獲得する。

第2セット、再び先制を許してしまう。序盤はなかなか追い越すことができず、国武大を追いかける得点の仕方が続く。しかし、徐々に相手のミスが重なり法大のブロックも固くなって中盤、ついに前に躍り出る。14-11と3点差まで引き離したところで相手がタイムアウトをとり体制を整えようとするが、法大はものともせず#8田中のスパイクが光るなど8連続得点。そのまま相手に得点を許さず25-14と余裕で第2セット終了。

この勢いそのままに第3セットも獲得して勝利を収めたいところであったが、またしても先制され苦しい試合展開。#17佐藤が果敢に攻める姿勢を見せるものの細かいミスが繰り返され、均衡した状態が続く。中盤以降、なかなか点が入らず相手のミスに救われるという状況に。法大はタイムアウトをとり巻き返しを図るが、点差は埋まらず22-25で3セット目を奪われてしまう、まさかの展開。

第3セットを引きずり第4セットに入ってからも、なかなか流れを取り戻せない法大。相手リードの均衡した試合が続く。しかし、終盤に入ると#13金澤のスパイクが順調に打ち込まれ法大リードに一転。点差を広げることはできなかったが最後に#12平井がしっかりと決め、25-23と苦しい試合を制し勝利を飾った。

危ない場面も見られた今日の試合であったが、昨日から2連勝だ。春季リーグの中で着実に成長を遂げてきている法大。残すリーグはあと2試合となったが、全て勝ち取って気持ちよく締めくくりたいものである。

監督と選手たちのインタビューコメント

吉田監督

―今日の試合を振り返って
全体的に昨日と同じ感じで流れが良かったのですが、3セット目に受け身になってしまい流れがガラッと変わってしまいましたね。

―3・4セットが苦しい試合展開だったと思うが
3セット目に相手に勢いがついてしまって、そのまま4セット目まで続いてしまったんだと思います。4セット目は互角の戦いでしたね。

―タイムアウト時の指示は
サーブが乱れていたり相手のフェイントが拾えていなかったりしたので、そういったミスをなくせば流れは戻ってくると伝えました。

―#17佐藤選手・#13金澤選手の活躍について
ゴールデンウィークの休みの前まであまり調子が良くなくて、アタックが課題となっていたので休みに入ってから打ち込みをたくさんやらました。その成果が今回の試合で出せたんだと思います。

―セットの1点目がとれないが
うちのチームは出だしが悪いので、注意していきたいです。

―リーグ戦あと2試合の意気込み
今2連勝中で流れも悪くなく6位圏内なので、もちろん内容も伴いたいのですが、2戦とも勝ちにつなげていきたいと思います。

田中

―今日の試合を振り返って
昨日の試合で良い勝ち方をしてしまったので、今日も良い勝ち方ができないと嫌だという気持ちがあって、緊張しましたね。

―3・4セット目が苦しい試合展開でしたが
1・2セットが楽にとれてしまったので、そのまま3セット目もいけるんじゃないかという甘い考えが出て、それが4セット目のはじめまで引きずってしまったと思います。ちゃんと3セット目まで気を引き締めないといけないですね。

―(昨日も国武大だったが)昨日と比べて
今日はみんな良くて昨日と同じように戦えると思ったんですけど、向こうが昨日の試合で対応してきたので、昨日みたいにすんなり勝つことはできなかったです。

―#17佐藤選手・#13金澤選手の活躍について
アタッカーの中で自分が一番年上なんですけど、2人はこれからチームを引っ張っていくうえで欠かせない存在なので普段から口うるさく言っている部分があって昨日・今日はその口うるさく言ったことが成果として現れたんじゃないかと思います。先輩としてホッとしています。

―今まで1セット目がとれない傾向にありましたが
うちのチームはエンジンがかかるのがいつも遅くて受け身から入ってしまって、リーグの最初の頃は1セット目をとることが難しかったのですが、若いチームなので気持ちを入れて全力でやったら徐々にとれるようになってきて良かったと思います。

―リーグ戦あと2試合の意気込み
今回は最高でも6位なんですけど、今後の東日本インカレや秋のリーグ戦につながるように勝ちたいです。

081
スパイクにつながるトスを回す尾形主将
 

フォトギャラリー

  • 081スパイクにつながるトスを回す尾形主将
  • 082固いブロックで相手のスパイクを通さない
  • 083得点が決まり喜ぶ選手たち
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み