バレーボール 

【バレー】春季リーグ戦 対東海大 泥沼7連敗...

春季関東大学男子1部リーグ戦 対 東海大学
2013年4月29日(祝)
早稲田大学東伏見スポーツホール

この試合で3連戦最終日、4月最終戦と区切りを迎えた。入れ替え戦回避のためにも是が非でも勝ちたい法大。しかし東海大のジャンプサーブや高さのある攻撃に苦しめられ、7つ目の黒星を喫した。

2013429all R
今日こそ白星を!

試合結果

トータル試合結果

0
法政大学
16 1セット 25
東海大学
23 2セット 25
28 3セット 30
4セット
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#9 池田 隼平 営3 レフト
#10 村上 竜也 営3 センター
#20 長谷川 優太 法2 セッター
#15 木村 築 デ工3 レフト
#17 小粥 圭祐 営2 センター
#1 小川 貴大 法4 ライト
#6 神谷 昴紀 文4 リベロ

戦評

#15木村のアタックポイントから始まった第1セット。相手の高いスパイクやブロックに苦戦、法大のミスも重なり6ー12といきなり6点のリードを許す。しかし、#9池田の鋭いスパイクで流れを引き寄せると、#15木村のスパイク、#10村上のブロックと連続得点で3点差まで詰め寄る。さらに、相手のサーブミスや、#15木村のコースを狙ったスパイクも決まり13-15に。このまま追撃したい法大だが、終盤、相手のジャンプフローターサーブに崩され16-25と第一セットを落とす。
第2セット序盤、#1小川と#15木村中心に点を重ねるも、相手の高いスパイクが止められず、なかなかその点差は縮まらない。中盤、#15木村のバックアタックや#20長谷川のサーブポイントで3連続得点。しかしその直後、ミスが続き再び点差を離される。なんとしても付いていきたい法大は、#17小粥のブロック、#9池田のスパイクやサーブが決まり18ー21に。最後は#10村上の速攻で1点差まで追い上げるが23ー25で惜しくも接戦を制すことができなかった。
後がない第3セット、相手の高さを生かした攻撃も健在だが、「つなぐ」バレーは両者共譲らない。リベロの#13久保田、#6神谷の粘りのレシーブでラリーに持ち込むと#9池田が3枚ブロックを破る豪快なスパイクを決める。徐々に流れは法大に傾いているように思えたが、2点差のまま試合は中盤へ。セッターの#20長谷川は#9池田中心にトスを集めると、連続得点で同点に追いつく。さらに、#1小川、#17小粥、#10村上のブロックポイントでリードに成功。このままこのセットを奪取したい法大だったが、最後は3連続得点を許し、ストレート負けを喫した。(村上 紗規)

コメント

濱口 純一監督

―今日の試合を振り返って
昨日ああいうゲーム出来て、今日の出だしがまたうちのミスで自ら出鼻をくじいてリズムを失った。向こうのサーブがジャンプサーブでいい選手の鶴田くんとかがいたので、そこで失点をしてうちが追いかける形になった。まあそこがリーグ通じて追いかける展開になるとなかなかね。難しいなと思います。

―相手の印象は
サーブがよかったというのと、真ん中のブロックが高いので、そこに。相手が、というよりもうちが乱れてレシーブ出来なかった、とか。相手というよりじぶんが 普段の練習通り出来なかったと。

―選手の調子は
3連戦で各選手疲れているとは思うんですけど逆に尻上がりに良くなった選手もいるので。キャプテンの小川君なんかはこのまま落ちていくんじゃないかと思わせておきながら復調したというのはあるので残りの試合に期待出来るかなと思います。

―4月を振り返って
勝てる試合を勝てないというのが続いて1部と2部の差が。2部にいた時間は2季あったのでその選手たちの甘さといいますか。1部は1本1本が厳しい世界なんだよというのを分かったと思うし、僕もそれは分かって臨んだはずなんですけど、選手達がレベルにはまだ程遠いかなと思いますのでチームとしても苦しい4月だったと思います。ただこれから試合少し空くのでちょっと修正出来る部分があると思うのでやっていこうかなと思います。

―5月にどう生かしていきますか
今後の残り4試合ありますので何とか行ければいいかな、というのとチームも段々上位のチームから下位に来ているのでサーブがちょっと弱くなってくると思うのでそれでうちがサイドアウトをきっちり取りに行けば今日よりはいい試合が出来るかなと。

―次の試合へ向けて
選手達も負けられないというか、負けたら入れ替え戦に近いというのは感じてると思うので残りの4試合は何としてでも勝つためにやるしかない、と思います。

小川 貴大主将(法4)

―今日の試合を振り返って
3連戦だったし昨日フルセットだったからみんな結構体がつらそうだったんで、いつも通りにはできないと思って、自分自身でどうにかならないかなぁと考えながらやってました。

―アタッカー陣みんなが好調のように思えましたが
そうですね、木村、池田が打ち切ってくれたりするとやっぱみんな乗れたりするしレシーブも上がってたし。まあ何よりサーブカットですね。俺のサーブカットが返ればうちのチームは強いです。

―2セット目、3セット目はミスも少なくなったように見えましたが
やっぱうちはいいプレーが出ると乗れるって言うか、声が出てくるんで、なにかきっかけができればいいと思います。それを早めに出したいですね。

―今日の試合に向けて話し合ったことは
先週とか全然自分らのやりたいことっていうかやりたいバレーっていうのができていなかったんで、うちのチームカラーをしっかり出していけば絶対勝負できるって言うのをもう一回確認しました。で、その結果、みんなが声出してもう一回戦える状態になったことが、まあ結果勝てなかったですけど、もう少しで勝てるんじゃないかってとこまで来れたんだと思います。

―空き週で取り組むことは
課題だったサーブカットをどうすれば克服できるかっていうのがちょっと見えてきたんでそのサーブカットのことと、木村、池田に頼らないコンビ作りをしていけたらもっとチームは変わってくると思います。

―今までのチームの状態は
波が激しいかなぁと思います。

―次戦に向けての意気込み
そろそろ勝ちます!

 

フォトギャラリー

  • 2013429all R今日こそ白星を!
  • 2013429ogawa R#1小川
  • 2013429murakami R#10村上
  • 2013429ikeda R#9池田
  • 2013429kimura R#15木村
  • 2013429hasegawa R#20長谷川
  • 2013429hasegawaogai R#20長谷川#17小粥
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み