バレーボール 

【バレー】春季リーグ戦 対明大 1部残留へ執念を!

春季関東大学男子1部リーグ戦 対明治大学
2013年5月12日(日)
日本体育大学健志台米本記念体育館

悪夢のような敗戦から一夜。対するは強豪日体大に今リーグ戦唯一勝利した明大である。ゲームは先取したものの、明大のコンビバレーを前に勝ちきれず9連敗を喫した。

2013512all
1セット先取するも…

試合結果

トータル試合結果


法政大学
25 1セット 22
明治大学
26 2セット 28
11 3セット 25
19 4セット 25
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#9 池田 隼平 営3 レフト
#10 村上 竜也 営3 センター
#20 長谷川 優太 法2 セッター
#15 木村 築 デ工3 レフト
#17 小粥 圭祐 営2 センター
#1 小川 貴大 法4 ライト
#13 久保田 雅人 営3 リベロ

戦評

第1セットは両者譲らず序盤から点の取り合いとなるが、ここで流れを掴んだのは法大。中でも前試合思うように力を発揮出来なかった主将#1小川のスパイクは、昨日とは別人のよう。もう誰にも止められない。第1セットだけで#1小川は8得点を積み重ねた。#9池田、#15木村のサイド陣を中心として得点を稼ぎ、最後は#1小川がコートへ沈める。25-22で第1セットを先取する。
このまま勢いに乗って取りたい第2セットは序盤から4-0とリードするが、連続得点を許し突き放しきれない。それどころかセット終盤には19-22と逆転される展開に。ここで流れを変えたい法大はタイムアウトを取り、#15木村のスパイクとブロックにより追い付きデュースに持ち込むが、最後まで粘りきれず26-28で惜しくもこのセットを逃した。
ここで立て直したい第3セットだったが、5点のリードを許す苦しい立ち上がりになる。なんとしてでも追い付きたい法大はセッターの#20長谷川が様々な攻撃パターンを試みるものの相手のブロックや速攻に苦しめられ11-25と大差をつけられ連続してセットを落とす。
第4セット。もうあとがない法大であったが悪い流れをたち切れず序盤からレシーブミスや相手のブロックに阻まれ大量リードを許す展開となる。しかし、中盤には相手のミスやブロックなどが決まり5連続得点、さらに4連続得点と怒濤の追い上げをみせたが、なかなか差は縮まらない。19-25でセットを奪われ、セットカウント1-3でまたも勝利を掴むことはできなかった。(南 高節)

コメント

濱口 純一監督

―今日の試合を振り返って
昨日よりはゲームが出来たんですけど、いいゲームの内容と悪いゲームの内容の差がね。これは今リーグを通してなんですけど、差が大きいですよね。だからその差が大きければ俺が俺が、という大味な試合になってしまうのでそれが悪い状況に。チーム自体がそういう風になってしまいますよね。

―昨日ベンチに下がった池田選手は今日戦線に復帰しましたが
昨日はちょっと足の具合があまり良くないと聞いたんですけど、今日は痛み止めを飲んでやったと聞いています。今日はいい状態で試合に臨めたんじゃないですかね。

―第1セットから小川主将は好調でしたが
昨日彼と話をしてキャプテンだしチームを引っ張っていかなきゃいけない立場なので叱咤して、今日は出だしからいい感じで出来てきたので最後まで乗り切れたら一番良かったんですけど。途中3セット目くらいから自分自身がアップアップしてしまって、声も出なくなってきて、本人もそれを分かっているとは思うんですけど。彼がキャプテンですし課されたものはかなりあるし大変だと思うんですけど、来週もそういう状況で今日みたいな出来で試合に入ってくれればいいかなと思いますね。

―相手の攻撃について
1、2セット目はあまり速攻がなくて、3セット目から速攻を使ってきました。それの対応はベンチでも小粥と村上には指示をしていたんですけどやっぱりサーブが真ん中中心に入ってしまったところであったり、そういう細かいところがね。もっと緻密にいかないと難しいんですかね。勝てるゲームも勝てないのかなと思います。

―残り2試合に向けて
何度も言っていますけど、まだ初勝利をしていないのでなんとか勝利をしたいというのが今の気持ちです。まずは今日みたいなゲームを最初から出来るように気持ちを持って準備をしてやっていこうと思います。

小川 貴大主将(法4)

―今日の試合を振り返って
前の試合ではみんな油断があったので皆で「全力を出して勝とう」ということを話していて始めは全力で戦えていたと思います。でも2セット目の大事なところでリードしているのに勝ちきれなかったというのは自分たちの力不足であり、相手にリードを許し自分たちが追い付けなくなるという弱点が出て勝ち切れなかっかと思います。力不足を感じました。

―対戦相手の明治大学の印象は
身長があまり大きくなく粘りのあるチームだと思います。

―前の試合のあとに監督とはどのような話をしましたか
自分が頑張らなければならないということを話しました。

―現在のチームの雰囲気について
皆なんとか勝ちたいという思いがあり、それが伝わって来て、練習してることは出しきってるんですけど、それでも勝てないというのは力不足を感じています。悔しいです…。

―残り2試合の意気込みは
勝ちにこだわって、なおかつ良い意味で楽しみたいと思います。

木村 築(デ工3)

―今日の試合を振り返って
今日は、入りは自分としては悪かったのですが、昨日の試合もあったので修正していこうと思い、1セット目の中盤から終盤にかけてと2セット目で徐々にスパイクが修正できたことについては良かったと思っています。しかしその後2セット目取れなかったことで3、4セット目の結果につながって、自分が2段トスを打ちきれないという場面も出てきたので、そこについては来週までに練習で修正していきたいと思います。

―明大の印象は
明治はコンビバレーのチームなのでそこをジャンプサーブで崩していければと思って、今日は結構ジャンプサーブを強めに打っていたのですが、それでもやはりカットが固かったです。一つ特に思ったのが、ブロックに少しやられたことで、そんなにブロックが高いチームではないと思っていたのですが、それでも止められる場面が多かったので、そこが明治が強くなった理由かなと思います。

―チーム内での連携やコミュニケーションについて
昨日結構ダメだったのですが、それを今日はまだ修正できたと思います。コンビとしては、やはりカットが返ってからのコンビができていなくて、そのレセプションの練習をまたこの1週間でしていきたいと思います。

―今後の課題は
まずサーブカットを小川さんと久保田が返してくれることが前提なのですが、それでも乱れる時が出てくると思うので、その乱れた球を自分の立場として自分がなんとかして2段トスを決めきれるようになっていきたいと思います。

―残り2試合に向けて
専修は練習試合でも結構競り合っていたので、お互い手の内を知っているというのもあるのですが、良い試合ができると思います。国士舘は自分達と1部に上がってきたチームなので1度やったこともありますが、メンバーは結構変わっているのでそこをきちんと合わせていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • 2013512all1セット先取するも...
  • 2013512ogawa#1小川
  • 2013512ikeda#9池田
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み