バレーボール 

【バレー】 春季リーグ戦直前監督・選手インタビュー いざ一部へ!春季リーグ戦直前インタビュー


2019年3月22日(金)法政大学富士見校舎体育館
昨年は春季リーグで入れ替え戦に進むも、フルセットで敗戦。秋リーグは5位と1部昇格を果たすことができなかった法大バレー部。昨年の雪辱を果たすため真剣に練習に取り組みいよいよ春季リーグ開幕。その中心となる新主将の西田と就任2年目の吉田監督に春季リーグ戦にかける思いを伺った。
IMG 0204
春季リーグ戦に向け熱い思いを語る吉田監督

2019年度 新入生

選手名身長ポジション出身高校
持田恒希 185㎝ WS 高川学園
時田晃佑 185㎝ WS 荏田
寒河江昇 178㎝ MB 弥栄
渡邊虎央 178㎝ WS 雄物川
篠原勇介 176㎝ S 東亜学園
森山陸人 165㎝ L 習志野
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 
 

監督・選手インタビュー

吉田康伸監督

ー監督就任から1年経ちましたが、1年間振り返ってていかがですか
 

 去年より前から部長としてずっとチームを見てきて、去年は監督として1年で(1部に)復帰する予定ではあったんですが、春リーグで惜しいところがありまして、流れが切れてしまって、(1部に)あがることができずに、残念な年だったので、今年は(監督)2年目としてしっかりやってこうと。 

ー去年1部リーグに上がれなかった要因とは

メンバー的には他のチームと比較して負けている所はないと思いますが、終盤勝負所でのミスだとか、力が発揮出来ないところが多少影響があったと思います。そこらへんを修正出来ればと思います。

 ー終盤や勝負所でのミスはメンタル面での課題がが多いか

11人のメンタルと、僕も2年くらい入れ替え戦で勝ててないので、チームとしての自信がなかったのかと思います。

 ーインカレ終了後から重点的に取り組んだことは

レシーブ全般を強化することと、体力面に関しては私自身も経験があるので、ウェイトトレーニングを中心に体づくりをしっかりやったつもりです。

 ー現在のチーム状況について

去年とメンバーが変わらないので、逆に変わらないという部分に関しては、いかに+αを作るというとこなので、状況としては新1年生もきて、選手層は非常に厚くなっているところです。ある程度誰を出しても遜色ない形なので、去年出てたメンバーがそのまま出るとは限らないのが現状です。

 ー今のチームの強みは

4年生が何人か1年生から主力としてやっていたので、経験的には豊富なメンバーが揃いました。

 ー今年の新入生について

2年生が身長が高く、ミドルブロッカーやセンタープレイヤーが多かったので、今年はサイドの選手を中心にレシーブやスパイクが出来る選手を揃えました。また、小学生くらいからバレーをやっているバレー経験豊富なメンバーが揃ったんじゃないかなと。

 ー監督が期待を寄せる選手や新入生は

メンバーが変わってないので、最終学年として西田を中心とした新4年生には期待していますし、新入生関してはリベロの森山くんが強打レシーブを拾うのでリーグ戦でも使おうかなとは思っています。

 ー春リーグにむけて

いい形で入って、いかに4週目からの上位チーム相手にいい状態で戦えるかというのを目標に、最後は結果を出さなくてはいけないので、何としても必ず2位以内に入って、入れ替え戦の出場権を取って、入れ替え戦に勝つという気持ちで選手もやっていると思うので、新4年生のやる気や意気込み信頼してやっていきたいです。

 ー今年1年間の目標をお願いします

4年生が入学していた時から2部なので、私よりも4年生の方が1部に上がらなければならないと思っていると思うので、私も頑張りますが、それ以上に選手自身も頑張ってくれると思います。

西田寛基主将(営4)

ー去年1年を振り返って

 個人個人の持ってるものを全力発揮できなかったっていう印象ですね。

 ーその中で印象深い試合はありましたか

特別はないですけど、リーグ戦の終盤になった時に取れる点を取れていなくて、結局相手に逆転されて負けるっていうパターンが多く見られたので、そこが去年の印象として残っています。

 ーインカレ後メンタル面の強化を課題とされていましたが

去年メンタル面の課題というのが出たので、そのメンタルを強化するには練習の時から何を意識するかで影響が出ると思います。そこは去年と同じような想いをしたくないから、もう一回チームとして意識を高く持って、その延長線上でメンタル面が向上するよう練習しようという話はしました。

 ー最高学年として最後の1年を迎えるにあたって心境の変化はありますか

正直、123年生の時にもっとやっとけばよかったなっていう想いもあるんですけど、まあ最後なので、悔いのないように最後までやりきりたいと思います。

 ー個人としてどんなプレーをしていきたいですか

やっぱりユニバーシアード大会の選考合宿にも参加させてもらったのもあるので、自分としても「コイツなしではやっていけないな」ってチームが思ってくれるように、存在感を持ってやっていきたいです。

 ー主将としてどのようなチームにしていきたいですか

全カレが終わって、粘り強いチームにしていこうって話をみんなでしました。今までレシーブ練習だったりコンビだったり徹底してやってきたので、持ってる力を発揮できるようなチームにしたいです。

 ー新入生の印象について

新入生の印象はお利口さんです(笑) 

ー特に期待してる選手はいますか

森山選手です。習志野(高校出身)のリベロの子なんですけど、彼は能力的にも高いし、期待できると思います。

 ー目標と意気込みをお願いします

今まで辛い思いや悔しい想いをしてきたので、そういう想いをしないようにしっかり2部で優勝して、入れ替え戦につなげたいです。その入れ替え戦だけじゃないですけど、一戦一戦持ってる力を全力で出して、どことやっても通用するバレーをしていきたいと思います。

伊元幸正(営4)

ー去年1年を振り返って

 まあ、そうですね。実際、正直いうと勝てて上がれたなっていう感じですね。

 ーインカレ後にメンタル面を課題としていましたがどんな練習をしましたか

自分たちの代になって、自分たちが一年生のころから出てたメンバーも多いですし、やっぱりまずは、俺らが主体となって、チームを引っ張って行って、尚且つ後輩がプレーをしやすい環境をつくっていくのが大事かなっていうのはありました。 

ーご自身の調子は

最悪です(笑)まだプレーしている中でいいイメージが作れてないっていう感じですかね。

 ー最高学年となったことで心境の変化はありますか

やっぱり今までは1部に上がれなくてもあと1年、まだ1年あるって感じだったんですけど、実際春リーグで上がらないと1部で(プレー)できないですし、それを考えると焦りみたいなものはありますね。

 ー今季どんなプレーをしていきたいですか

とりあえずはチームが勝つために自分ができることをするだけですね。 

ー新入生の印象は

去年はわりとミドルがけっこう多い代だったんですけど、今年はサイドとかリベロを中心にとっているので、自分もサイドとしては頼もしいし、春から出れる可能性のある選手もたくさんいるのでそういう意味では期待しています。 

ー最後に今季の目標と意気込み

1部でやるためには春リーグで上がらないとできないので、この春に全てをかけるつもりで、春リーグに向けて頑張りたいです。 

 

フォトギャラリー

    • IMG 0206主将としてチームの柱となる西田
    • IMG 0205最終学年としてチームを引っ張る伊元
    • IMG 0209下級生から出場し経験豊富な前田<右>
    • IMG 0207昨年の悔しさをバネにレギュラー入りを目指す三矢
    • IMG 0203監督と西田から期待を受ける新入生森山
    • IMG 0210試合形式の練習風景、今年こそ1部へ!

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み