バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対産能大  格下相手にストレート勝ち!次週以降の上位校対決に向け順調な仕上がりを見せる!

2019年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2019年4月14日(日)
亜細亜大学体育館

リーグ3連勝と順調なスタートを切った法大、相手は格下の産能大だ。格下相手に是が非でもストレート勝ちしたい法大は1セット目を苦しみながら粘り奪取すると、2、3セット目からはリーグ戦初出場の1年生や途中出場の選手が中心となり、ストレートで勝利した。

2019-04-14 14-33-39
2戦連続スタメン出場の袴田

試合結果

トータル試合結果

3
法 大
25 1セット 23

産能大

25 2セット 13
25 3セット 18

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
10 佐藤優弥(文3) WS
17 袴田智己(営2) MB
15 村岡拓海(経3) WS
5 伊元幸正(営4) WS
18 緒方悠大(法2) MB
1 西田寛基(営4) S
27 森山隆人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
6 蔵田大輝(法4)
11 中田啓貴(文3)
12 仲村将大(法3)
13 竹田将也(法3)
16 三矢尚幸(営2)
20 佐藤真和(法2)
23 時田晃祐(営1)

戦評

リーグ戦開幕から順調に勝利を積み重ねる法大。昨日同様ストレート勝利で試合をものにできるか注目の一戦だ。
 
第1セット、序盤からシーソーゲームの展開に。中々連続得点を奪うことができない。しかし、中盤に西田寛基(営4)のブロックが決まり一時相手との差を5点とする。終盤相手に追い上げられるも、村岡拓海(経3)の力強いバックアタックなど攻撃陣の活躍も光り、25ー23でなんとかこのセットをものにした。
 
第2セット、伊元幸正(営4)のスパイクで先制すると、村岡や袴田智己(営2)のブロックポイントなどで着実に点を重ねていく。このセットから司令塔を務めた中田啓貴(文3)も丁寧なトス回しを見せる。そのトスで途中出場した竹田将也(法3)が鋭いスパイクを放ち、2連続得点をあげると、25ー13と大差をつけ2セット目も奪取した。
 
勢いそのままに第3セット、いきなり三矢尚幸(営2)が長いリーチを生かしたブロックでポイントを奪う。蔵田大輝(法3)がずっしりと重いスパイクを決めると、その蔵田と代わって途中出場した1年生の時田晃佑(法1)もみせる。仲間の声援に応え、多くのスパイクを決めた。最後は袴田が速攻を決め、25ー18でこのセットを奪い、ストレート勝利を収めた。
 
4連勝と波にのり、後半控える格上チームとの試合に向け、着々と勢いを増している法大。来週以降さらに磨きがかかった法大バレーを展開してくれることを期待したい。(春名結衣)

インタビュー

吉田監督

ー開幕からこれまで振り返っていかがですか
開幕戦の1セット目が不甲斐ない出来でしたが、その後は選手も自覚して立て直してくれたので、開幕からの4試合については順調な滑り出しを切れました。
 
ー全体的に色々な選手を起用してますがその意図は
今週に関しては相手は(昨季)11位12位のチームで、うちのチームの特徴として選手層の厚さがあるので、実際試合で使ってみてどれくらい出来るかを見たかったので、色々な選手を起用しました。
 
ー現時点でのチームとしての完成度は
これから強いチームと当たっていくので、何とも言えないところですが、今年はけが人もなく来ているので、選手一人一人が練習で見れる力を発揮してくれるのであれば、ベストな状態に近づいて来てるのではないかと思います。
 
ー今後起用を考えてる1年生は
開幕戦から起用している森山選手はレシーブをどんどん上げてくれるので非常に期待しています。ほかの選手に関しては期待はしていますが、来週以降はかなり強いチームと当たるので、メンバーチェンジが出来ないかもしれませんが、可能な限り色々な選手を起用していきたいです。
 
ー次週への意気込みをお願いします
平国大も今日中学大に勝って非常に強いチームですし、再来週の上位対決もあるのでそこに向かって強化していきます。

井上アナリスト

ー主にどのような仕事をされていますか

パソコンや映像を用いて収集したデータを、相手チームの弱点分析や、選手達の調子の良し悪し・スキルが伸びているかどうかの確認などに利用しています。

ーアナリストを始めることになったきっかけは

元コーチの山田快さんのゼミに面接を受けに行った際に誘っていただきました。一緒に日本一を目指そうと言われて入部を決めました。

 ーアナリストの立場から見て現在のチーム状況は

緊張からか、練習で出来ていることが試合で出来なくなってしまう部分が見受けられます。あとは試合に勝つということだけでなく、セットを落とさないということに対してもっと貪欲になることが大切だと思いました。甘い気持ちで簡単にセットを落とすということがどれだけ怖いことなのかをこれまでのリーグで思い知ったので。

 ー一押しの選手はいますか
全員推しメンです。西田寛基という絶対的キャプテンが引っ張っていくチームの中で、どんな奴がどこで活躍するのか期待していてください!
 
 ー最後に一言お願いします
只今法政大学バレーボール部では、マネージャー、アナリストなどのスタッフメンバーを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。よろしくお願い致します。

 

フォトギャラリー

  • 2019-04-14 14-33-392戦連続出場の袴田
  • 2019-04-14 14-40-29緒方を中心としたブロック
  • 2019-04-14 14-28-16強力なスパイクで得点を積み重ねた
  • 2019-04-14 15-03-55サーブから攻撃のリズムを作った
  • IMG 0351開幕4連勝!
  • IMG 0364初出場ながらチームを盛り上げた時田
  • IMG 0363村岡(左)と三矢(右)のブロック
  • IMG 0350井上アナリスト(中)選手スタッフ募集中!
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み