バレーボール 

【バレー】秋季リーグ戦 対 東経大 ストレート勝ちならず

秋季関東大学男子2部リーグ戦 対 東京経済大学
2013年9月21日(土)
立教大学新座キャンパス体育館

リーグ戦開幕から空き週を挟み、3カード目は春10位の東京経済大。第3セットを落としたものの、その後流れを引き渡さず勝ち星を3とした。

2013921murakami
ゲームキャプテンを務めた#10村上

試合結果

トータル試合結果


法政大学
25 1セット 19
東京経済大学
25 2セット 20
22 3セット 25
25 4セット 18
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#25 緒方 賢史 法1 レフト
#22 進藤 涼 文1 センター
#15 木村 築 デ工3 ライト
#18 千住 治 営2 レフト
#10 村上 竜也 営3 センター
#20 長谷川 優太 法2 セッター
#13 久保田 雅人 営3 リベロ

戦評

第1セット。#15木村築(デ工3)、#18千住治(営2)の攻撃により着実にポイントを重ねていく。中盤以降は安定した試合運びで25-19とセットを先取する。
第2セットは途中相手の強いサーブに対してレシーブミスが続く。さらに悪循環は続き、攻撃面のミスも相次ぎ5連続失点。相手を追う展開になる。しかし#25緒方賢史(法1)のスパイクから流れを取り戻し、15-13とリードを奪ったところで東経大はタイムを取る。だが法大は攻撃の手を緩めず#10村上竜也(営3)も攻撃に絡み得点を重ねる。最後は#15木村、#22進藤涼(文1)の2枚ブロックでセットを連取した。
第3セット、センターを#19田中尚(法2)に代える。このセットは序盤から相手に主導権を握られ、ビハインドのまま試合は進む。終盤#27伊藤正義(法1)にリリーフサーバーを出し、流れを変えようと試みるも、東経大を止めることは出来ず22-25で今リーグ戦初めてセットを落とした。
切り替えて臨みたい第4セット。序盤から得点を連取し試合を優位に進めるも、ミスが所々に出て突き放しにかかれない。しかし主導権は渡さず、相手のミスにも助けられ、25-18と勝利を掴んだ。

この日は#1小川貴大(法4)の不在により、ゲームキャプテンは3年生の#10村上。1年生の#25緒方を中心に声を積極的に出しチームを盛り上げる姿もあり、下級生からチームの底上げが図られている。攻撃面でも得点方法をサイドだけに集中させず、センター陣の得点も数多く見られた。攻撃をワンパターン化させなかった点もこの試合の収穫と言えるだろう。
しかし、3連勝に手放しで喜べる状況ではない。相手のレベルに合わせ、さらに相手のミスにつられるところは改善の余地が大いにあるだろう。まだチームとして本調子ではないようだが、1セット落としたことは切り替えて、後のリーグ戦に挑んでもらいたい。(松原 早紀)

コメント

村上 竜也(営3=鎮西高)

―今日の試合を振り返って
レベルの差があるチームだったので、油断して入った部分があったのがダメだったと思います。 

―今日はゲームキャプテンを務めていましたが、コーチからの指示でしょうか
なんか、勝手に決まってました(笑)

―第3セットで流れを崩した原因は
さっきも言った通り、最初から油断してるのがあって、あっちのサーブにこっちがミスしてしまったり、そういうところで流れを切れなかったのが3セットで終われなかった所だったと思います。

―第4セットではその辺りのプレーは改善されましたか
そうですね、3セット始まる前にみんな集めて、しっかりやれって喝を入れたんで、それからはやるようになりました。

―村上選手自身が得点する場面も多かったように見えましたが
戦略的にっていうわけではなかったんですけど、今日はキャプテンだったので、たくさん決めないといけないっていうのがあって、それで増えたんだと思います。

―秋季リーグでの1部復帰は目標だと思いますが、12月の全日本インカレについては意識されていますか
1部に戻れないと、法政はダメだと思うので、まずは入替戦に勝って1部に戻って、インカレのことはそれから考えたいと思います。

―春から田中選手や小粥選手など、下級生のセンターと組んで試合に出ることが多いですが
自分のプレーだけでなくて、後輩にも教えたりしてるんで、自分が抜けた後もそういうのを受け継いでいって欲しいです。

―明日の桜美林大戦に向けて
今日みたいに最初から気を抜かずにやれば、絶対に勝てると思うので、頑張ります。

久保田 雅人(営3=都城工高)

-今日の試合を振り返っていかがでしたか
自分達のミスが多くて、やっぱり3セット目に1セットとられたってことは上位のチームと戦うにつれて、気合いを入れていかないと勝てないと思うんで、負けや1セットとられたりっていうゲームをしないようにと思います。

-3セット目に1セット落としてしまった具体的な原因などはありますか
自分達のミスが多くて連続失点も多くて、相手チームは逆に連続得点が出来ていたので、そこが原因かなと思います。

-流れが変わってしまった原因などは
自分がやってしまった同点の時にサーブカットミスをしてしまったので、そこを改善できたら良いと思います。

-サーブレシーブでは春からの課題になっていますが
今は千住選手と二人でレシーブしていて、まだ今のところ自分の中では(セッターに)返っていると思っています。

-夏に取り組んできたことは
サーブカットを中心にそっからの組み立てをやっていかないといけなかったので、サーブカットからの切り返しとかをしっかり練習してました。

-相手の印象は
格下っていったら失礼ですけど(1セットあたり)15点とかで抑えないといけない相手だったので、そこがこれからの課題ですね。

-今は小川選手や池田選手が試合に出ていない分、責任など重くなったと思いますが
そうですね。3年生ってことで上級生なので自分達が引っ張っていかないといけないので、これからはもっと下級生を引っ張っていけるように頑張っていきたいです。

-明日の桜美林大戦に向けて
明日は3セットきっちり勝って、ストレートで勝っていきたいと思います。

緒方 賢史(法1=鎮西高)

ー今日の試合を振り返って
まだ味方のミスが多くて、全体的に駄目でした。

ー試合に入る前にチームとして話し合ったことは
いつも通りいこうということだけですね。

ー相手の印象は
自分らよりレベル低いので、そこに合わせないように、とは思ったんですけど全体的に下がっちゃったので。それが1セット取られた原因かなと思います。

ーご自身の調子は
自分は自分の仕事をするだけで、やれと言われたことはやるのでそれは守りました。

ー具体的に自分の仕事や言われていることとは
ストレート打ちが苦手なので、それを毎日練習しているので、それで得点を決めろと言われています。

ー声も出してチームを盛り立てていましたが
一番下の学年なので、先輩からも盛り上げろと言われています。

ー1年生プレーヤーが台頭しておりますが
下の学年からレベル上げて先輩達も刺激を貰ってくれると勝因になると思います。

ー明日の桜美林大戦へ向けて
今日1セット取られて、ふがいない試合だったので、明日は自分たちのバレーをちゃんとしたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 2013921murakamiゲームキャプテンを務めた#10村上
  • 2013921kubota「自分たちが引っ張る」と語った#13久保田
  • 2013921kimura得点源#15木村
  • 2013921senju3試合連続先発の#18千住
  • 2013921tanaka第3セットから出場した#19田中
  • 2013921hasegawa1試合通じて出場した#20長谷川
  • 2013921ogata期待の懸かる1年生#25緒方
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み