バレーボー 

【バレー】秋季リーグ戦 対 青学大 首位相手に勝利!入替戦へ一歩前進

秋季関東大学男子2部リーグ戦 対 青山学院大学
2013年10月13日(日)
亜細亜大学体育館

前の試合で初黒星を喫した法大。今回対するはここまで負けなし、リーグトップの青学大だ。法大は1セット目を失うものの接戦を切り抜け、青学大に初の土をつける結果となった。

20131013kimura
押すに押されぬエース#15木村

試合結果

トータル試合結果


法政大学
19 1セット 25
青山学院大学
25 2セット 14
25 3セット 20
29 4セット 27
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#25 緒方 賢史 法1 レフト
#19 田中 尚 法2 センター
#15 木村 築 デ工3 ライト
#18 千住 治 営2 レフト
#10 村上 竜也 営3 センター
#20 長谷川 優太 法2 セッター
#6 神谷 昴紀 文4 リベロ

戦評

第1セット、濱口純一監督も出だしの重要性について強調していただけにスタートダッシュを切りたい法大だったが、序盤からサーブレシーブのミスにより出鼻をくじかれ、最後まで流れを呼び寄せることができず第1セットを奪われてしまう。
何としても取り返したい第2セット。6―4の場面から「昨日、負けて悔しかった」という #10村上竜也(営3)のクイックが決まり、さらにブロックで相手の攻撃を封じると、一気に13―4と流れをつかみそのまま第2セットをものにした。
続く第3セット、序盤は一進一退の攻防が続くが、先に抜け出したのは青学大。10―13となったところで法大はたまらずタイムアウトをとると、これが功を奏しセッター #20長谷川優太(法2)とセンター #19田中尚(法2)のコンビネーションから一点を奪うと、そこから差を縮め一気に逆転。そのまま逃げ切り2セットを連取した。
勝負の第4セット。前の試合で2セットをとり「守りに入った」(#6神谷昴紀=文4)というように、攻めの姿勢を貫きたい法大。しかし、あとがない青学大も両エースを中心に試合を組み立てお互い譲らない状況に。一時は22―24と追い込まれるが、エースの #15木村築(デ工3)が決めデュースに持ち込むと、それ以降チームはエースの#15木村に託しボールを集めると、#15木村もそれに応えセットポイントを取ると、最後は#10村上がピシャリと相手の攻撃を抑え、大接戦をものにした。#15木村はこのセットの得点の半分以上をあげ大車輪の活躍を見せた。

この日キャプテンを務めた#10村上は試合後に「最後は勝てて良かった」と安堵の表情を浮かべた。前日の試合で惜しくも競り勝つことができず悔しい思いをした法大であったが、上級生を中心に上手く気持ちを切り替え試合に臨むことができたのが大きかったと言える。今季も残り3試合、法大は現在リーグ3位と好位置につけているものの、入替戦に向け負けられない戦いが続く。(南 高節)

  

コメント

村上 竜也(営3=鎮西高)

―今日の試合を振り返って
1セット目が取られちゃって悪い流れだったんですけど、2セット目からみんな立ち直ってくれて最後は勝てて良かったです。

ブロックが多く決まっていましたがご自身の調子は良かったのです
そうですね。昨日負けちゃったんで、それが悔しくて今日は頑張りました。

―第4セット競り勝てた要因は
終盤の競ってるときエースの木村がサイドアウトを切ってくれたので、それがすごい助かって。それが今日の勝因だと思いますね。

―昨日の敗戦からの反省点を生かした部分などは
やっぱり昨日も終盤の競っているところで負けてしまったので、今日はそういう部分を勝っていこうと思いました。

―相手の印象は
時間差攻撃が多くて両エースが高いので攻撃力は本当にあるチームだなと思いました。

―サーブレシーブの対策などは
強いジャンプサーブは取れなかったりするんで、そういうときは無理をせず上にあげて一本ずつ切っていこうって言いました。

―本日はゲームキャプテンとしてどの様にチームを支えてようと
うちのチームはなんも言わなくてもやってくれるって思ってるんで、特に指示は無いですね。

―他の3年生との協力は
エースの木村とかリベロの久保田とかがいてくれるのでそこは助かっています。

―秋季ゲームキャプテンを務めることが多くなっていますが
ここで切りたいっていうときに切れるように頑張りたいと思います。

―次の大東文化大戦に向けて
大東文化はサーブが良いので、そこで崩されないようにしっかり一本ずつ切って最後まで勝っていきたいと思います。

 

木村 築(デ工3=聖徳学園高)

―今日の試合を振り返って
1セット目、自分の出だしが悪かったっていうのもあって取られてしまったんですけど、2セット目切り替えて特にブロックに関してみんなで確認して入って。2,3,4セットとブロックポイントが多かったと思うんですけど、それで流れが変わって結果的に勝利につながったという感じですね。

―前試合の敗因の一つに上手く切り替えられなかったことを挙げていましたが
1セット目終わったあとにみんなで話して、できなかったことがブロックという風にはっきりしていたのでそこを変えて、やることをやっていこうと切り替えてやった結果ですね。

―首位青学大との対戦でしたが
あんまり全勝チームということは意識しないで普通にやりましたが、一つ注意してたのは岩橋選手のサーブですかね。

―敗戦から一夜、個人として心がけたことは
昨日のこともあったので、チームは雰囲気が落ちてきたときに自分がチームを引っ張っていくことが前からの課題であったので、そこをやっていこうと思った結果ですね。

―4セット目の得点の半分以上は木村選手が決める活躍ぶりでしたが
自分は乗ってくると乗るタイプなので、その乗るところまでを毎試合毎試合やっていければと思います。

―監督やチームメイトからの期待も厚いですが
重要なポジションにいることは分かっているので、みんながつないできたボールを決めるというだけなのでプレッシャーもかかりますが、そこはエースとしてやっていこうと思います。

―毎試合駆けつけて下さるお母様と試合後お話をされていましたが
色々と。(笑)いつも注意されているので試合終わるごとに反省点諸々受けています。いいアドバイスにはなっているので感謝しています。

―空き週で修正する点は
今日の試合で一番悔やまれるのが最後のマッチポイントでの決めきれない一本。あの一本は自分のなかでも大きい一本だと思うのでそれを(自分たちの)バレーにしたいです。空き週の練習中にも決めて、決めることに慣れていきたいです。しかし〝決める〟ということを練習の中ではなかなかできないので、チャンスがあるときにそういうボールを確実に決めるという練習をしていきたいです。

―次の大東大戦に向けて
もう1試合も落とせないので、ストレート勝ち、まあ勝ちにこだわりつつ自分たちのプレーができれば勝てると思うのでそこをチームとして一つになってやっていこうと思います。自分個人としてはああいう苦しい場面にならないように、序盤の入りからきちっと入って、終盤今日の試合のように競ってくるようになったら今日のことを思い出して奮起してやっていきたいと思います。

長谷川 優太(法2=宇部商高)

ー今日の試合の感想
まず、試合に勝ててよかったです。

ー青学大の印象
コンビバレーのチームという印象でした。コンビを使われないためにチーム全体でサーブを強く打つことを話し合って、しっかりブロックにつくことも心掛けました。

ー昨日と今日のチームの雰囲気
昨日の勢いを引きずらないように、気持ちを切り替えて、勝つことだけを考えました。今日はチーム全体も明るかったです。

ー次の試合に向けて
次はもちろん、全部負けられないですし、勝ったとしても1セットも取られないように、失セット0でまた頑張ります。

 

伊藤 正義(法1=宇部商高)

―今日の試合を振り返って
大事なところでピンチサーバーに入ったのにちょっとミスをしてしまったので、ああいうところで入ったからにはある程度効果率とか出さなきゃいけないので、やっぱり最低限ミスはしないようにしたいと思います。

チームとして1セット目を落としてしまいましたがどう思いますか
雰囲気が悪かったというよりミスが連続であったんで、やっぱりうちはミスが連続で出ると立て直せなくなるので。2セット目3セット目4セット目で立て直してしっかり3年生の人がリードして決めたりとか、リベロの久保田さんとかが引っ張ってやってくれてたので、しっかりまとまったプレーができたかなと思います。

―ライバルはいますか
自分はやっぱり本業がリベロなので、3年生の久保田さんとか阿部さんとか、神谷さんとかには負けないようにレシーブをやって、来年再来年には試合にフルで出れるようにしたいです。

―今後の課題は
やっぱり今、今季のリーグはもうピンチサーバーで入っているので、サーブで得点、エースを取ったりとか崩してこっちの攻撃をもらって連続得点できるようにするのが課題ですね。あとはミスはやっぱりしないっていうのが絶対の課題だと思ってます。

―次戦に向けて
まあ、もう勝つしかないんで負けないようにサポートしながら自分のやることだけしっかりやりたいと思います。

フォトギャラリー

  • 20131013kimura押すに押されぬエース#15木村
  • 20131013Bsenmuraブロックする#18千住#10村上
  • 20131013suzuki途中起用に応えた#12鈴木
  • 20131013kubotaレシーブする#13久保田
  • 20131013hasegawaサーブも冴えわたった#20長谷川
  • 20131013ogata期待の1年#25緒方
  • 20131013itoリリーフサーバーとして登場する機会の多い#27伊藤
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み