バレーボール

【バレー】4年生インタビュー 受け継ぐ魂、さらなる高みへ

.

全日本インカレをもって今年度の公式戦は終了し、4年生は引退する。最上級生としてプレーすることは少なかったが、それに挫けることなくチームを支えた。4年間の法大バレーに対する想いを伺った。

4thsyugo
今大会をもって引退する4年生

4年生のコメント

小川 貴大 主将(法4=東北高)

ーまず仙台大との試合を振り返っていかがてしたか
もう後輩がすごく頑張ってくれて、こっちは応援することしかできなかったんですけど、勝ってくれたんでよかったです。

ー2セットを先取される展開となりましたが、その時チーム内ではどのようなことを話してしましたか
そうですね、なんでセット取られたかっていうのをみんなで確認して、細かいところを修正していくっていう指示を出して。その修正がすぐできたので次のセットにつながりました。こういう風に戦っていけばいいんだと分かったので勝ちにつながったと思います。

ー終盤は得点が入る度にベンチにいる選手たちと抱き合い喜びを分かち合う姿が印象的でしたが
試合に出たいっていう気持ちはあったんですけど、なかなか機会がなくてリーグ戦は出ていなくて。せめてベンチで、後輩が試合している少しでも近いところでいっぱい声出して応援しようと思って。自然とガッツポーズが出ちゃいましたね。

ー仙台大の印象は
コンビバレーをしてきて、プラスうちの研究をすごくしてきたチームだなっていう印象を持ちました。

ー続けて準々決勝の順大との試合はいかがてしたか
今まで一回もセット取ったことがない相手で、最初1セット取ってこのままいけるかなと思ったんですけど、連戦でしかもフルセットまでやってたので、そこで疲れも見えてきて。相手も強いチームなので自分たちの弱さが出たと思います。

ーベスト8という結果ですが
近大、仙台大と当たることは予想してて、ベスト8は絶対にいこうとは思っていて。その目標は達成できてよかったです。来年は主力がほとんど残るのでもっと期待していいチームだと思います。

ー小川選手が期待する選手は
基本的に今の3年生ですね。池田、村上、木村、久保田。あとは(鈴木)克や阿部、中西とか。あいつらの学年はいっぱい試合にも出てるので。出ていないやつでも人のことだと思わないで、自分のことのようにみんなで頑張ってほしいです。

ー次に法大バレー部での4年間はどのようなものでしたか
僕にとって波瀾万丈な4年間でした。2年の終わりに監督が濱口監督に変わって、チームの雰囲気がどんどん変わってって。この一年はキャプテンをやらせてもらったんですけど、長かったようで短かったですね。もう思い出がいっぱいです。

ーキャプテンとしてチームを率いるにあたり、大変なこともあったと思います
4年生が試合に出ていなくて、どうやって後輩を直接指導して引っ張ってっていいかわからなくて。でも最後に勝ちたいっていう気持ちで1つになれて嬉しかったです。

ー今日の順大の試合後、濱口監督とどのようなことをお話されていたんですか
試合に出たこともなくて、全然いいところがない、そんな僕を育ててくれて、最後はキャプテンまで任せてもらって。ときには厳しく指導してもらって。もう、本当にお礼がしたかったので、駆け寄っていきました。

ー4年間で印象に残る試合を挙げるとしたら
4年生のときの入れ替え戦ですね。(春季リーグの2部に)落ちたときと(秋季リーグの1部に)上がったときの両方が印象に残ってます。

ー後輩たちにはどのようなチームになってほしいですか
出ている選手がほとんど決まっているとかじゃなく、「このチームを俺が変えてやる」っていう気持ちで、変えるっていうよりは諦めないで一人ひとりが勝つ意識を持って練習に取り組んでほしいです。本当に期待してるんで。

ー最後に法大バレー部を応援してくれている方にメッセージをお願いします
5年ぶりのベスト8ですけど、ここまで来れたのはファンの方々の支えなくしては来れなかったと思います。これからも法大バレー部をよろしくお願いします。 

神谷 昂紀(文4=岸根高)

―今日の試合を振り返って
まぁ、満足してます。ベスト8に入って良い試合をしたと思うんで、良かったです。

―仙台大との一戦は逆転勝利でしたが
あんまり、最初から負ける気はしなかったんですけど、普段ならフルセットだとひっくり返すことは出来なかったんですけど、今回はひっくり返せて、みんなで勝った感じがあります。ベンチにいる4年生も声出してくれて、プレー出来たんで良かったです。

―1部の順大と戦っていかがでしたか
僕と同じ高校の選手がいて、負けたくなかったんですけど、高かったですね。

―その中でも、良くボールを拾っていましたが
上から来るんで、上から抜けたボールを拾ったりだとか、そういうのを考えてレシーブしてました。

―1年を振り返って
苦しい場面もあって、チーム的にもなんですけど、最後はまた2部から1部に上がれて、インカレでもベスト8に入れたんで良かったです。

―4年間を振り返って
いやー早かったですね!!自分的に苦しい時もあったんですけど、最終的にはコートに立って頑張って出来たので、良かったです。楽しかったです。

―同期の4年生に向けてメッセージを
楽しく出来たんで、良かったです。同期で力を合わせて、楽しく出来て良かったですよ。

―法大バレー部に入っての収穫は
最初の方は僕もレギュラーではなくて、ベンチに入ったぐらいだっんですけど、そこから這い上がるというか、どう頑張るか、というところが難しかったですね。

―今後、1部で戦っていく後輩にメッセージを
今日、やっぱり通じることと、通じないことがあったと思うんで、そこをしっかり練習して悔いのないようにしてほしいですね。
  

中澤 春樹(営4=日川高)

―今大会を振り返って
正直ここまで勝ち上がると思っていなかったので、でもやってる後輩たちも普段の公式戦とは違う意識が見えたので。勝ってくれて純粋に嬉しいです。

―今後は競技と離れた生活を送られるのですか
一応仕事は銀行員で、でもクラブチームでやっていく予定です。

―今大会をもってともに引退する同期について
実際に自分が1、2年生のとき試合にでるために結構毎日自分の自主練についてくれて、それがもしなかったら、2、3年生のとき試合に出られることはなかったと思うので正直感謝しています。

―法大バレー部ファン、後輩たちへメッセージ
これからも見守っていてください。自分たちが何を残せたか分からないですけど、今年以上の結果を残せるように、と思います。

鶴原 正之 アナリスト(法4=高知学芸高)

―今大会を振り返って
今回の大会は自分にとっても学生最後の大会ということで、より深いところまでデータ分析することを自分自身取り組んでいました。特に近畿大データについては西日本のナンバーワンチームだったので、他の所からデータを取り寄せたりとか、色々やったので、その結果濃いデータを取ることが出来たので、それがストレート勝ちっていう結果の一助になれたのかなと思います。

―大会前どこまで勝ち上がれると思っていましたか
もともと負けることを考えていなくて、どういう組み合わせであろうと、自分たちのバレーをすることが出来れば、負けるところはないとは言えないですが、どこでも勝てると思っていました。今回のくじ運は確かに良かったですけど、自分たちのバレーが出来れば優勝出来ると思ってたので、僕は優勝、最低でもベスト4以上いけると思ってました。

仙台大との試合では2セットを取られた後に逆転勝利を収めました
最初の2セットを取られた時点で、相手の作戦、得意のコンビバレーにはまってしまったところがありました。自分はもともと仙台大には絶対勝って、1部でも因縁の順大にリベンジするっていう気持ちだったので、自分も気持ちを出仕切るっていう気持ちで、逆にこれで力の出し惜しみをせずに、全力を出そうって、だから自分たちベンチのメンバーも声を出そうっていう気持ちでした。

―順大との試合についてはどのような気持ちで見ていましたか
後輩のおかげでここまで順大に良い試合が出来たので。自分達が1年生の時から順大と試合をする時は必ずストレートで負けていて、それも体格差が弱点で負けていたので、今日の試合は体格差とか関係なしに気持ちでぶつかって行った後輩たちのおかげでここまでいい試合が出来たと思います。特に木村であったり、池田、村上、久保田等の3年生の活躍が、相手から先に1セット取れた要因だったと思います。

―試合後には涙も流されていましたが、どんな気持ちでしたか
僕は最初から法政のユニフォームを着て試合をすることは無かったんですよ。身長も小さいですし。それでもアナリストだったり、主務であったりという役職でバレーボール以外の部分でチームに貢献できたっていう部分で、満足していて、チームの一員になれたという思いと同時に、最後の最後まで順大にリベンジするという目標を達成することが出来なかったっていう悔しさ、あと1つは寂しさですね。もうこの仲間と出来ないという思い。その3つです。

―同期の方々への思いは
自分の同期は試合に出ている人間も少ないので、だからこそ後輩たちがどうすればいいプレーが出来るのか、自分たちはプレーヤーではないので、試行錯誤しながら一生懸命考えたり話し合って、お互い自分の気持ちを打ち明けることが出来る、いい仲間だったと思います。

―アナリストとしてこだわりをもってやってきた部分はありますか
僕はバレーボール、法政大学のバレーボール部が大好きだからこそ、妥協はしないように、妥協せずにやってきました。あとはアナリストっていう仕事は冷静な部分が必要だと思うんですけど、自分は誰よりも熱く声を出して、一生懸命やるっていことにこだわり続けました。

―来年度のチームにメッセージをお願いします
来年のチームは選手も揃って、非常に良い成績が望めると思うんですけど、僕は何よりも一生懸命に、熱くやって欲しいなと思います。必ず気持ちを出せば結果は自然に結果は付いてくると思うので。結構感情を出すのが苦手な後輩が多いんですけど、大きく感情を出すと今日みたいな良い試合が出来るんじゃないかなと思います。

五味 尚人 主務(文4=法政ニ高)

―今大会を振り返って
まずはくじ運がよくて、これはいけると思っていたので、できるだけ上にいきたいという想いはありました。順天は春負けてるんで、リベンジしたいというのは個人的に強くありました。

―ベスト8という結果について
自分は選手じゃなくてチームをサポートして盛り上げる役で、特に昨日近畿大学から鶴原とか小川キャプテンと一緒にわーっとできて、ゲーム内容も良かったので気持ちよかったです。そして一戦ごとに成長する姿が見られたのでよかったです

―今後はバレーと離れた生活を送られるのですか
そうですね、そこらじゅうにいる人たちと一緒ですね。(笑)

―今大会をもって引退する同期について
まず一人もやめずにここまで来られたし、上手く歯車まわっていたので、いなきゃいやな存在ですね。

―応援してくださったファン、来季から1部でプレーする後輩たちへメッセージ
今年からファンの方とかOBさんとか関わっていただけるようになってきたので、そういった方の期待にも応えなきゃいけないし一部はいままでの2部とは違って一戦一戦必死にやらないと勝てない舞台なので頑張ってほしいとしか言えないんですけど、頑張ってほしいです。あとやるべきことはやって、あとは楽しんでほしいです。試合は勝たないといけないけど、練習はきついから、たまには楽しんでほしいです。

中山 愛梨 マネージャー(法4=筑波大附高)

―今大会を振り返って
秋季リーグで1部に上がれたので、その勢いでインカレも勝ち上がれれば良いなと思ってたんですけど、ここまで勝てるとは思ってなかったので、選手の人達に感謝したいです。

―いけるところまで勝ち進んで欲しいという気持ちでしたか
もちろん選手みんな調子良かったので、勝ち進んで、このチームの本当の実力をどこまでなのかを見たかったので、こんだけみんなが強くて、輝いているところを見れたので良かったです。

―仙台大戦など熱戦が多かった今大会でしたが、ベンチからどんな気持ちで見ていましたか
選手を信じてたので…信じるのみって感じでしたね。この選手たちは出来るって信頼してるので、そういう気持ちで見てました。

―順大との試合は最後の試合となってしまいましたが
もともと私が入部した時は関東の1部にいたので、やっぱり1部っていうプライドをマネージャーなりに持っていたので、関東の1部のチームと最後は当たって、真剣勝負したいなっていうのがあったので、どこまで出来るんだろうっていう気持ちで見てました。それと出来れば1部のチームと長く長く試合がしたいな、みんなのプレーを見たいなっていう気持ちで見てました。

―ベンチから大きな声援を送る姿が印象的でしたが
あんまり声出すのとか、マネージャーが目立つっていうのは、あんまり好きじゃないんですけど、座って見てるより声出したほうが選手の力に少しでもなれるかもしれないし、相手のプレッシャーに少しでもなれるかもしれないので、勿論意識して大きな声を出して応援してました。

―4年間で印象に残っていることは
私は同期への感謝を常に持っていて、マネージャーって距離感をもって接しているチームも多いと思うんですよ。でも本当に同期に恵まれて、ご飯に誘ってくれたり、部員の1人として扱ってくれたことが凄い嬉しくて、こういう同期の存在があったからこそ陰ながら支えられたんだと思います。

―法大バレー部はどんなチームでしたか
本気を出せば無敵だと思います!本気を出せば無敵のチームなのに…あと一歩っていう(笑)。あと1つ頑張れば本当に強いのに、どこのチームよりも格好良いのにな、っていうチームだと思います!

―後輩のマネージャーの存在については
私は2年生の時からずっとマネージャーを1人でやってきたので、私が1年生の時に先輩のマネージャーが4年生だったので、すぐに引退してしまったので、それから1人でやってきて、仕事を1人でやるっていうのが当たり前って環境での中でやってきたので、助けてくれる後輩の存在が頼もしかったので、これからチームを支えていってほしいなと思います。

―後輩の方々にエールを
彼らはやってくれると思うので、3年生は真の男たちの集団だと思ってますし、本当格好良いので。有言実行してくれると信じています。

 

 

フォトギャラリー

  • 4thsyugo今大会をもって引退する4年生
  • 4thkanki4回戦では接戦をものにし、歓喜に沸いた
  • 4th3nin左から五味主務、鶴原アナリスト、小川主将
  • 4thouen応援する部員たち
  • 4thafterleague秋季リーグ戦2部優勝を果たし、安堵の表情を見せた4年生
  • 4thkamiya秋季入れ替え戦後、写真撮影に応じてくださった
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み