バレーボール

【バレー】 春季リーグ戦 対順天大 惜敗、あと一歩届かず

春季関東大学男子1部リーグ戦  順天堂大学
2014年4月19日(土)
東海大湘南キャンパス総合体育館

第3戦の相手は順天堂大。両チーム共にここまでの結果は1勝1敗。試合はフルセットまでもつれこみ、緊迫した雰囲気が会場を包む。どちらが先に2勝目を手にするのか・・・

20140419tanaka R
センター田中

試合結果

トータル試合結果


法政大学
23 1セット 25
順天堂大学
23 2セット 25
32 3セット 30
25 4セット 21
12 5セット 15

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#22 榎本 京祐 法1 レフト
#1 村上 竜也 営4 センター
#7 木村 築 デ工4 ライト
#10 千住 治 営3 レフト
#11 田中 尚 法3 センター
#12 長谷川 優太 法3 セッター
#27 小林 慎平 営1 リベロ

戦評

 1勝1敗で迎えた3戦目の相手は、高さが武器の順大。第1セットは序盤からリードを奪われる展開となる。それでも中盤以降、なんとか食らいつき23-23とする。しかし、田中尚(営3)のスパイクミスでマッチポイントを握られると、最後はエースの木村築(デ工4)が相手のブロックにつかまり、このセットを落とす。
    続く第2セットは、序盤からリードを奪い試合を優位に進めていく。しかし中盤、相手のブロックや自分たちのミスにより、法大は徐々に詰め寄られる。逃げきりを図る法大ではあったが、逆転を許し、そのまま第2セットも連取されてしまう。
    このままでは終われない第3セット。不調の千住治(営3)に代え、レシーブ力のある久保田雅人(営4)を投入。負けるわけにはいかない法大は、序盤から一進一退の攻防を続け、勝負の行方は終盤までもつれ込む。25-25からはシーソーゲームとなり、順大の高いブロックに対し、法大はエースの木村にボールを集め応戦。29-30となったところから法大は3連続得点をし、大接戦となった第3セットを奪取する。
    それでも後がない第4セット。久保田の機動力を生かした攻撃などで、第3セット同様終盤まで、お互いに譲らない展開に。20-20の場面から好調の田中のクイックとブロックが連続して決まると、最後は木村が相手ブロックを弾き飛ばし、第4セットも連取する。
    勝負の第5セット。前のセットの勢いそのままにリードした状態でチェンジコートを迎える。ところが「一本で切れない部分が多い」と主将の村上竜也(営4)が言うように、ここぞという場面での粘りを見せることが出来ず、逆転を許すと最後は相手の高い壁に阻まれ万事休す。惜しくもフルセットをものにすることは出来なかった。
    2敗目を喫した法大。「焦りがあった」と村上が振り返るように、序盤の1、2セットでリズムを掴めなかったのは敗因の一つといえる。しかし、2セット連取された状態からフルセットまで持ち込むことが出来たのは、逆境の中でも立て直すことが出来るということの証明となったに違いない。5セット目は踏ん張りきることが出来なかったが、それも今後の課題として次に繋げることだろう。次の慶大との一戦では連敗を食い止めることに期待したい。(南高節)

コメント

濱口 純一 監督

―今日の試合を振り返って
2セット先に取られて、今までの流れだとそのままやられるということが去年までは多かったんですけど、それをフルセットまでもっていけたということが収穫だったかなという感じです。

―具体的に良かった点は
3.4セットはこちらのミスが少なく、向こうもちょっとミスをしてくれて、あとセッターの長谷川が上手くコンビも作ってくれて、よかったんですけど。5セット目は逆にブロックが高い方にトスを何本も上げちゃったので、(問題は)その辺だけですね。

―相手の印象は
ブロックが得意なチームっていうのは元々わかっていたので、それをいかにかわしてやるかっていうところが課題だったんですけど、前半は前のブロックに叩き付けたりそういうことが結構あったので…。最後もやっぱりブロックでやられたっていうパターンだったので、修正できればよかったんですけど、5セット目はもう流れがそういう流れになっちゃったかなという感じで終わりました。

―高さのあるチームが相手でしたが、どのような対策をとってきましたか
サーブで前後に揺さぶるという練習を一週間やったんですけど、できたセットもあればできなかったセットもあると。取ったセットはサーブでちょっと前後に揺さぶることができて相手を崩してっていう形だったんですけど、それができなかったセットが普通にやられたという感じですね。

―東海戦の敗戦後取り組んできたことは
サイドアウトを取る練習をしっかりしようということと、今さっき言った前後にサーブを打つということをやってきました。それができればよかったのですが、上手く出来なかったので勝てなかったかなと思います。

―今までで1勝2敗ですが、チームの雰囲気や手応えは
できるとことできないとこがあると思うのですが、コンビという部分では多少通用しているとは思いますね。ただ、高さのあるチームにいかにうちが戦っていくかは、粘り強く試合展開をやっていかなければいけないというのは本人たちもわかってると思うので、そこをもう少し細かく詰めていかないとだめじゃないさなと思います。まぁ明日もありますので、しっかり修正していければいいと思います。

―今日はサイド陣の交代が目立ちましたが
今日は最初から出てた千住くんがミスが多かったので、3セット目から久保田くんに代わって、それで上手くチームが回ったのでそれを採用したかなという感じですね。5セット目はほとんど木村くんにいってもらおうと思ったので、守備固めという感じにしたんですけどね。残念な結果ですね。

村上 竜也 主将(営4=鎮西高)

―今日の試合を振り返って
序盤に自分たちのミスが多かったので、1、2セットを取られてしまったのが今日の敗因かなと思います。

―ミスとは具体的に
今日はすべてに対してミスが多かったですね。具体的にというとあまり覚えていないんですが、いつも出来ているプレーが出来ていなかったです。

―試合前の雰囲気などは
先週初戦に勝っていたので、みんな自信を持っていたので、いつも通り入れたとは思っています。

―試合中は
僕はそんなに焦ってはいなかったんですけど、チーム全体としてはちょっと焦っているかなという感じは受けました。

―その中でチームに対しては
いつも通りやろうと。やっていく中でどう修正していくかっていうことを言っていました。

―3、4セット目は立て直しましたが
1、2セットやって、体も慣れてきたので、そういう部分でみんなもいつも通り出来たんじゃないかなと思います。

―5セット目は逆転されてしまいましたが
そこはいつもの自分たちのパターンなんですけど、最初は出だしが良いんですど、途中にチェンジコートした後に一本で切れない部分が多いので、そういったことが今後の課題だと思います。

―相手の印象は
去年からもそうなんですけど、身長が高く、ブロックが非常に高いチームでした。

―その上での対策などは
うちは身長が低く、高さがないので、レシーブとかの攻撃以外の面で相手に勝るようにしていました。

―ご自身の調子は
僕は可もなく不可もなく。あんまりプレーに波を出さないようにしているので、そういった部分ではいつも通り出来ました。

―明日の慶應戦に対しての対策は
今年のチームはエースが一人しかいないので、その一人に対してどうブロックを付いていくかですね。

―明日に向けての修正点は
出だしのミスを減らすということですかね。

―明日に向け意気込みを
しっかり相手のエースにブロックを付けば勝てると思うので、そういう部分で一本ずつやっていければ良いと思います。

木村 築(デ工4=聖徳学園高

―今日の試合を振り返って
自分の出来としては全然駄目で、チームとしては相手のミスもあり、流れがころころ変わる試合だったのですがその中でフルセットまで持ち込む事が出来た事は良かったと思います。最終セットでは「決めきらないといけない」場面で得点を奪えなかった事が何度もあったので非常に悔しいです。しかしその中でも順大の高さのあるバレーに考えて対応できた部分もあったのでそこは収穫だと思います。

 
―高さのある順大に事前に対策はされていましたか
サーブを前後左右に揺さぶることは意識してやっていました。そうすることで、今日は相手がかなり崩れていた事もあったので良かったと思います。しかし自分たちもサーブで相手に崩される場面はあったので、相手にも同じ事をやられていたのかなと思います。
 
―先週の東海大戦を終えてから修正した部分は
修正した部分は特になかったのですが、今週の試合にむけてレシーブとブロックの関係に注視して練習に取り組んでいました。
 
―特に終盤スパイクが決まっていましたが
序盤は相手のブロックに捕まってしまっていたのですが、試合が流れるにつれてそのブロックをしっかり見て打てるようになった感覚はありました。
 
―慶大の抱負
慶大は柳田君のチームで、彼を止められれば自ずと流れは自分たちに来ると思っています。個人としては、彼とのエース対決になった時は競り負けないようにしたいです。順大戦では決定率が良くなかったと自分の中で感じているので、そこは切り換えて明日また頑張りたいと思います。
 
 

田中 尚(法3=宇部商高)

ー今日の試合を振り返って
1、2セットで負けて、3セット目で3ー0で負けるかなと思っていたんですけどそこを挽回できたのは1つの成長かなと。ただ、フルセットになって勝ちきれなかったところが痛いですね。

ー順大の印象
やっぱり大きいのでまともに打っていっても、シャットされたりするので工夫して打たないといけないと思いました。

ー先週の敗戦からチーム面で修正したところは
東海大戦も含めてこっちのミスが多くて、今日もサーブミスとか多かったので、修正できてないですけどね…。こっちのミスが多いことが勝ちきれなかった要因なので…。一応、修正すると言っていたんですけど、やっぱりまだできていないかなっていう感じですね。

ー個人的に開幕から好調であるが、その要因は何か
やっぱり、練習じゃないですかね。去年ちょっとレギュラーで出してもらったんですけど、チームの中心的な人間ではなかったので、練習してもっとチームで点を取るというの意識して練習をしたので、それが今になってでてきたのかなという感じですね。

ー明日の慶大戦へ向けて一言
明日は絶対勝ちます!

フォトギャラリー

  • 20140419tanaka Rセンター田中
  • 20140419all R反撃を見せ盛り上がるも・・・
  • 20140419hasegawa R司令塔長谷川
  • 20140419senju Rブロックを決める千住
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み