【重量挙げ】東日本学生ウエイトリフティング個人選手権大会

第37回東日本学生ウエイトリフティング個人選手権大会
平成25年9月13日(金)~15日(日)
日本大学生物資源科学部体育館

多くの選手にとっては、インカレ前最後の大会となる東日本学生個人選手権。昨年はここで見つけた課題を克服することで、2連覇の偉業を達成することができた。インカレまで残り約2か月。メンバー入りへのアピールを含め、法大の選手たちが奮闘した。

uekA
77kg級優勝の平良

試合結果

試合結果       

名前(丸数字は学年)階級成績スナッチクリーン&ジャークトータル
山城聖也③ 56kg級  優勝  90kg①  120kg①  210kg①
雨宮 賢③ 69kg級  3位  108kg⑥  140kg③  248kg③
宮本将平④  4位  108kg⑤  133kg⑦  241kg④
平良勇祐② 77kg級 優勝 123kg① 158kg① 281kg①
笠間裕樹② 6位 100kg⑦ 130kg④ 230kg⑥
平仲浩也② 85kg級 準優勝 128kg③ 155kg② 283kg②
金城吉永② 94kg級 5位 115kg⑥ 145kg④ 260kg⑤
柴田幸大④ 105kg級 5位 123kg⑥ 160kg⑤ 283kg⑤
永田大介④ 6位 122kg⑦ 155kg⑦ 277kg⑥
永田健介② 9位 110kg⑫ 145kg⑨ 255kg⑨
山本翔也③ +105kg級 優勝 135kg① 180kg① 315kg①

戦評

 今年度から東日本新人選手権との並行開催となった同個人選手権。先陣を切ったのは、昨年度のインカレでも法大のスターターを務めた56kg級の山城。同階級の対戦相手がおらず、モチベーションを保つのが難しい状況が災いしたのか、結果はスナッチが90kg、ジャークが120kg。成功率は2/6と反省点の多い試技になった。
 続いて登場したのは69kg級の雨宮と宮本。二人はスナッチを108kgの同記録で終え、ジャークでトータル3位争いを演じた。結果は140kgを成功させた雨宮に軍配が上がり、宮本は7kg差での4位となった。

 2日目の77kgでは笠間と共に平良が出場。今季に入り思うような試技ができずにいる平良だったがここで復活の兆しをみせる。スナッチでは123kg、ジャークでは155kgを挙げ共に単独トップを獲得、文句なしのトータル1位につけた。笠間は、ジャークでは130kgで4位とまずまずの結果を出したが、スナッチでの2本失敗が響き、トータルは6位という結果に終わった。85kgに出場の平仲は、スナッチで123kgを成功させ3位に入り、上位を射程圏内においたが、ジャークでは一本目の155kgを成功させた後、記録を伸ばすことができず惜しくも準優勝となった。1年ぶりの公式戦となった金城は、スナッチを3本目で辛くも成功させると、ジャークでは一本目の145kgから記録を伸ばせずトータルは6位。本来の実力を発揮することはできなかった。

 最終日の105kg級には、柴田と永田大介、永田健介が出場した。しかし3選手とも成功率の低さに苦しみ良い流れを作ることができない。結果も柴田が5位、永田大が6位、永田健が9位と悔しさの残る結果となった。法大最後の出場となったのは105kg+級の山本。山本はスナッチ・ジャークともに2位以下に約20kg差をつけるなど、力の差を見せつけ優勝。チームとして良い結果で大会を終わらせた。

 インカレ3連覇を目指す法大重量挙げ部。この偉業達成のためにはチーム全体の底上げが不可欠になるだろう。ライバル候補筆頭である日大・平成国際大には並行開催の新人選手権で大幅に記録を塗り替え優勝した多田(日大)をはじめ多くの有力選手が控えている。昨年度からは少なくとも3人の選手が入れ替わることとなるが、玉城をはじめとした優勝経験のあるメンバーがチームを引っ張り、チームを頂へと導いてもらいたい。(佐藤康平)

試合後の選手、監督のコメント

平良朝順監督

―今大会の総括をお願いします
ご覧のように競技なので優勝するのが一番なので、そういう意味では77kg級の平良と+105kg級の山本が一番になったということで、タイトルを獲ったことは喜ばしいことで、それと当然今大会の勝利を勝ち取ると言うのもあるのですが、やはり11月末にある対抗戦のことを常々皆意識して試合をやっているので、そういう意味でレギュラーと思しき選手は全体的にそこそこの成績を残したのでまあまあ良かったということなんだけど、レギュラーを追い上げる、レギュラーを取ろうかという選手たちが、レギュラーの選手達との差が埋まらないばかりか開いた印象なので、その辺はあと2か月半あるんですけど、それに向けて考えるとちょっと物足りなかったと。
新人戦についてはですね、エントリーしても3人欠場と言うこともあって、そういう意味では1年生7人のうちの3人が出れなかったということがまず残念でした。

―棄権した選手は怪我でしょうか
怪我で2人、もう1人は国体の調整で地元の合宿に出てるので、その選手もあまり調子が良くなかったので、今回は欠場ということです。タイトルとしては2つ取ったのですが、赤松のほうは新人とはいえレギュラー候補なので、自己新を2つ出して、優秀選手にも選ばれたということでは喜ばしいことですね。今回の記録も自己新記録ではあるんですが、まだまだ余裕のある試技だったということで、インカレに向けて明るい兆しが見えました。新人、個人合わせてもインカレに向けて常にやっていることから言うと、もうちょっと全体的に記録が上がっても良かったのかなと。

―東日本学生対抗戦では3位に終わりましたが、その後の調整は
あの後競技種目であるスナッチジャークは控えめにして、足腰を鍛えるスクワット等の基礎体力の向上を目指したんですが、平良辺りが東の対抗戦で155を立てなかったんですけど今回155と自己新記録を立てたということと、今回出てませんがキャプテンの玉城が対抗戦のあとのブロック大会で自己新記録を取っているので、そういう意味では東日本対抗戦で3位に終わったんですが、その反省を踏まえた効果は着々と見えているので。レギュラー8人中4人が自己新記録をその後取っているので、やってきたことが少しずつですが出て来ていると。またインカレに向けてはそれをもう少し強化して、赤松は新人戦があるので、一回おさらいして、他はもう一発勝負なので、しっかり調整して、やっていきたいですね。

―夏の練習を通じて伸びてきたのは平良選手、赤松選手と言うことでしょうか
そうですね。山本も180に乗ったのは初めてですから、彼は自己ベストですけど、公式戦では初めて、自己新記録と言うことで、幸いにもレギュラークラスから記録が伸びたっていうのは救いなんですね。底上げと言う意味でも下が上がってくるとレギュラーも盛り上がるんですけど、逆にレギュラーが頑張って下を引き上げるということで、新人戦では今回怪我して出れなかった選手も出れますしね。そういう意味で徐々に効果をあげて、加速度的に強化していかないと、日大さんが突っ走っちゃっているので、ご覧のとおり(笑)。でも8人しか戦わないので、年に一回だけの大会で何が起こるかわかりませんし、精いっぱいやるだけですね。

―木野選手が国体の調整で欠場と言うことを聞きましたが、比嘉選手、玉城選手等もそうでしょうか
いや、8月の2週か3週の土日に九州のブロック大会があったんですよ。今回は大会が続いているということで、見送ったという経緯がありました。

―春から今大会まで、全体的に成功率が悪い印象を受けますが、これについては
成功率についてはおっしゃる通りで、大変悪いということはあります。と言うのは大会によって個人によって違うんですが、それぞれテーマがあるので、まず失格をしないということを大前提として第2、第3試技で自己新にチャレンジさせるということがあるもんですから、多少無理をさせているという所はあるので、上手くいけば自己新をとるのもいれば失敗する者もいるので、可能性がない選手にやらせるってわけじゃないんですが、それでも自己新にあえてトライして、結果成功率が悪いということなので。選手達も成功率の話はするんですが、自分のベストを超えるとなるとね。
結果的には選抜大会から全体的に成功率が良かったという試合がないのですが、繰り返しますがそれぞれのテーマがあるのと、最終的なインカレを睨んでの強化と言うことでやむを得ないかなと。日大が東の対抗戦で成功率が良かったのは持ってる力が強いので、勝負どころでも自己記録を抑えても試合が出来るということですね。我々は底上げしなくてはいけないので、こういう大会でないとなかなかモチベーションも上がらないので、こういう大会でもってモチベーションのある中でやらすということもあるんですね。しかし、成功率は悪いですね!

―インカレが近づいてきましたが、メンバーの選考に関しては
そうですね、去年のインカレが終わってからなんですが、メンバーに関してはわざとプレッシャーをかけるように刺激をして、階級間でも同じ階級の中でも競争が出来るような環境でやらせているのですが、今大会終わってみると、大体10人ぐらいに絞られてきたのかなと。メンバー交換まで、怪我等なく順調にいけばある程度固まってはいます。学生本人も自分が出るよりもこいつが出たほうが取れるなということはもうわかっていると思うので。

―次の全日本新人戦、またインカレへの意気込みをお願いします
新人戦もそうですが常に対抗戦を意識してやってきてはいるので。新人戦では今回優勝した赤松、島袋も記録はそんなに悪くないので、篠原もいますので、なんとしても新人戦は優勝して、インカレは個人で2つ優勝して、団体で3連覇するということでやってはいますが(笑)。でも一年の締めくくりが出来たらと思います。今回逃すと来年もっと大変なので、そう言うと3年生に悪いんだけど。日大さんになんとか勝てるように、頑張りたいと思います。

 

山城聖也(キャ3)

―スナッチとジャークについてそれぞれいかがでしたか
やる前は調子が悪くて、(スナッチとジャークが)どちらも不安で、スタートも危ういかなと思っていたんですけど、とりあえず挙げられたというのは両方ともよかったと思います。ただ、そこから次につなげられなかったということが、インカレに向けてつなげていくためにも反省点だと考えています。

―思うように挙げられなかった場面について、自分なりに原因などは考えられますか
練習では、ずっと補強ということを重点的にやっていたので、実際に挙げる感覚を思い出すのに時間がかかってしまいました。

―インカレに向けて、意気込みを
まだまだ今の記録的には、インカレで戦うには実力が足りていないですし、今の状況ではレギュラーに入れるかも危ういので、しっかりメンバーに入って、監督の信頼を得られるように、これからも自己新を出すために力をつけていきたいと思っています。

雨宮 賢(経3)

―今日を振り返って一言お願いします
そうですね、練習でできないことは試合でもできないということを自覚しました。

―目標として定めていたラインは?
(スナッチとクリーン&ジャークの)両方とも自己新、自分のベストを取りたかったんですが。最後クリーン&ジャークは狙ったんですけど、立てないという最悪な結果に終わってしまいました。残念。

―今回生まれた課題は
たくさんありますね、数えきれないほど。自分でもわかっているんで、監督さんに相談しながら自分の弱点種目の補強とかを要所要所やっていってインカレにつなげたいと思います。

―試合後明治の原選手と話していたが、どんなことを
彼が足が強くなっていたので、体重が増えていたりもして。なので「どうやって足強くなったのー」というような内容ですね。

―もともと知り合いだった
そうですね。

―最後にインカレに向けて一言お願いします。
そうですね・・・頑張ります!。

宮本将平(法4)

―今日の試合を振り返っていかがですか。
悔しいですね…

―スナッチの108kgという記録はいかがですか。
2本目失敗しましたけど3本目、気持ちが入った試技ができてよかったと思います。

―根性で上げたという感じですか。
そうですね。1回ぶれたんですけど、最後の試合になるかもしれないんで…

―1回目の103kgから2回目の108kgまでの間にはどのようなことをされていましたか。
アップ場には行って、あまり重くないのを挙げて体を動かして冷めないようにはしていましたね。

―ジャークの記録についてはいかがですか。
すごい調子よかったんですよ、アップから。落とす気しないな、って感じで。で133kg(1回目)は軽く挙げて、で後輩の雨宮にかぶせるようにして136kg(2回目)行ったんですよ。そいつに勝ったらメダル、3位確定だったんで。でも軽いのに滑っちゃったんですよ。それで3回目は最後、監督さんに行ってみろ、って言われて最後に140kgどうしてもとりたかった(宮本選手の自己記録は138kg)んで、挑戦させて頂きました。

―なんとしても挙げたかったのですね。
そうです。で140kg挙げたかったので挑戦したんですけど、ああなってしまった。(クリーンで挙げられたものの、失敗)普段の自分だったら挙がらないですもん。触ったのも数えるくらいしかなくて、クリーンしたのもこれが2回目くらいで。

―なんとしてもという強い気持ちがあったからですか。
もう絶対挙げたいというのがあって。すごく悔しくてリング上でこう、(腕を降りおろす悔しいポーズ)やっちゃったりして。

―インカレに向けて一言お願いします。
自分の試合はこれで終わりかもしれないですけど、4年生は4年生なりの部の盛り上げ方があると思うので、メンバーで出られないとしても後輩を気遣うじゃないですけど、一緒の階級の後輩を自分が練習を頑張ることでどんどん燃えさせることができるんで、練習の中で。インカレに出られるのは8人ですけど、重量挙げ部は21人いるんで21人全員がメンバーだという心構えでやっていきたいと思います。

平良勇祐(営2)

―優勝のお気持ちはいかがですか
半年間ぐらいは(成績が)伸びてなかったんですけど、スナッチ競技においては練習から重たいのに触れず失敗ばかりしていたんですけど、今回はスナッチは自己新でジャークも半年ぶりに新記録で、良くないはないんですけど新記録が出て良かったです。

―不調から脱するために取り組んできたこと
何回大会に出てもずっと同じ記録だったんですけど、今回はいつものトータルの記録の10kgアップぐらいの記録を出したんですけど、夏にずっと足の強化をしてたんで、その結果が出たんだと思います。いつもはクリーンのときは立ってることも出来ずにつぶれてしまうんですけど、今回は立ってることが出来たんで力がついてきました。

―足の強化とは具体的に
ひたすらスクワットですね。

―自己新ということで今日の調子はよかったのですか
調子はそんな良くなかったんですが(練習を)やってきて結果が出たっていう感じですかね。

―インカレに向けて
ずっと記録がずっと伸びず試合に出るかも分かんなかったんですけど、今回で手応えを掴めてメンバーに選ばれたらもっと記録を伸ばして、より多く得点をして団体優勝に貢献できたら良いなと思います。

 

笠間裕樹(キャ1)

―公式戦は昨年の新人戦以来の出場でしたが、他の試合に出場はされていましたか
9月に地元のほうの大会に出たんですけど、それもあまり調子が良くなかったです。

―スナッチは1本のみの成功となってしまいましたが
前の地元の大会で失格になっちゃってたんで、最初の試技は凄い不安だったんですけど、1本目取れたのは良かったです。2本目は少し焦りすぎて、早い段階で上げてしまったので、準備がしっかり出来てなかったです。3本目は時間いっぱいに使おうとしたらタイムオーバーになってしまったんですけど、そこで引かずに諦めないで上げていれば良かったと思います。

―クリーン&ジャークについては
ジャークはアップの時に120kgを失敗してしまって、スタートを下げる形になってしまったのが至らなかった点だというのと、調子は悪くなかったので、しっかり130から挑戦できていれば、3本目の136も取れてたんじゃないかなと思います。

―夏の練習はどのようなことに重点を置いていましたか
東日本の対抗戦が終わってから全員が体作りをして、自分もそれに参加してしっかり体作りして、地元の大会に備えて練習していくって形だったんですけど、それが上手くいかなかったので。今回の大会もスタートの時はそこまで調子は良くなかったんですけど、ちゃんとスタートを取れたのは良かったです。

―同学年、同階級の平良選手が優勝しましたが
日頃から調子が良くなくて、焦っているのが見て取れてたんで、その努力が今日の試合で実ったのが一つ嬉しいんじゃないかなと思います。

―インカレまであと2か月ですが、どのようなことを心掛けていきますか
自分としては今の記録では出れないので、他の場の雰囲気を盛り上げるような練習が出来れば良いと思います。

―全日本新人戦に向けても一言お願いします
次の試合ではどちらも3本ずつ挙げて、1本目でスタート重量をクリアして、3本目で自己新を狙うという形がでいればと思います。

平仲浩也(法2)

―今日の試合の感想をお願いします
すごい悔しいです。毎回のごとく勝てる試合で落としていて、毎回ベストを出したいって言ってるのに全然出せていなくて。すごく成功率が悪いので、今まで以上のことをまたやらなきゃいけないのかな、と。最近も頑張って練習積んできていますが、試合でしっかり出せていないです。

―スナッチは2本目あげられませんでしたが、その原因と改善点を教えてください
持ち上げようとして引くときは軽いんですけど、抑えるときにバランスを崩してしまったので、肩周りというか、抑えるときに使う筋肉を重点的に強化しないといけないと思います。あと、セットでスナッチの量をもっと増やさないといけないと思いました。

―スナッチは3本目で挙げられましたが、2本目から改善された点はありましたか?
上回っちゃったので、けりあげるときに力まないで軽くのぼったらのりました。

―C&Jについてなにかお願いします
アップ中も全部挙がっていて、いつもより調子いいと思っていたのですが、最後引けないでのらないかたちで終わりました。今足をずっと強化してきていて、軽くなっていると思うので、最初の引くときと乗せる練習をこれからやっていこうと思います。

―この夏に重点的に強化してきた点はありますか
(地元が)沖縄なんですけど、帰ってもずっと練習してて、前から調子悪くてスナッチもジャークも全部おさえと引き出しが悪いっていうのはわかっているのでそこだけしかやってなかったですけど、結局直ってなかったので、またやらないといけないです。

―今後の課題を教えてください
成功率がカギを握るスポーツなので、成功率を上げていかないといけないです。試合はあとインカレしかないので経験は積めないですけど、練習を積んでミスを減らしていかなきゃとすごく感じます。

柴田幸大(文4)

―試合の感想をお願いします
今日は今までで一番調整がうまくいかなくて、2週間ぐらい前にけがとかもあったんですけど…。全然調整もうまくいかなくて、一番出来の悪い試合で、4年生なのにこんな試合してて恥ずかしいと思います。

―スナッチでは3本目で成功させましたが、1、2本目から修正した点はありましたか
あれとらないと本当話にならないので、意地というか。

―ジャークも3本中1本の成功にとどまりましたが、何か原因はありますか
試合前にけがとかもあって練習積めてなかったのでそれもあるんですけど、ふつうに自分の実力不足で、本番に弱いというか、本当ふがいないです。

―試合中意識したことや今大会の目標などはありましたか
目標の重量は(スナッチ)133kgと(C&J)170kgやろうと思ってたんですけど、意識したことは、とにかく自分のことに集中して他の人のことは考えないようにして、自分に出来る最高のパフォーマンスをしようと思ったんですけど、出来なかったので悔しいです。

―今後の課題を教えてください
とにかくメンタルが弱いので試合で上げてこれないということと、最後インカレ出られなかったらこれが最後になってしまうので、死に物狂いでやるしかないです。

永田大介(人4)

―今日の試技を振り返って
4年に入ってからはあんまりよろしくなかったというか、スナッチは上手くいかなかったですね。多分今までで一番低い成績だったかもしれないです。

―試合前の調子は
調子は良くも悪くもなかったんですけど、普通にやれば行けるだろうと。自信は100%ではなかったですけど、70%ぐらいの気持ちでした。

―大学での試合も残りわずかですが、どんな気持ちで臨みましたか
やっぱり4年生で最上級生として、キャリアとかも積んでるんで、良い試合っていうのを後輩に見せてやりたいっていう気持ちでした。

―今回成績が良くなかった原因は
気持ちがから回ったかなと。最上級生としてやってやろうとは思ってましたけど、頑張ってたんですけど、調子があまり上がらなかったし、最低限上手く出来たとは思いますけど、完成度が低かったです。

―弟の健介選手も出場されましたが
4年生になって練習を見るようになったんですけど、自分が上手くいくようなフォームが上手く出来て来ているので、あともうちょっと練習を積めば、良いんじゃないかなと思います。夏休みに帰った時に一緒に練習した時に結構教えたので、だんだん成長してきているとは思います。そういう意味でも、今回自分が良い見本を見せたかったです。

―インカレに向けて一言
個人としては、こんな試合をしているようでは示しがつかないと思うので、対抗戦では他大も本気で来るので、こんな試合では出れないので、個人としてしっかり反省して、インカレが大学最後の試合なんで、やり残したことはないと思えるようにやっていきたいと思います。

永田健介(人2)

―今日の試技について
スナッチのほうは1本目は挙げれて、2本目3本目監督さんから上げるようにと言われて115kgに挑戦したんですが上手くいかなくて、2本目3本目落としてしまって。ジャークに関しては試合前から調子が良くて、140kgからどんどん上げていこうということで、140kg、145kgと上げることが出来て、最後150kgの自己新記録を狙ったんですけど、力不足で取れなかったです。トータルは今まで自分が出た試合の中で最高成績で、トータルではいい感じだったんですけど、成功率は全然悪いんで、今日は納得できない、悔しい試合でした。

―昨年に比べて成長を感じていますか
はい、感じられました。今回練習から調子が良かったので、この調子でどんどん記録を伸ばしていきたいと思います。

―全日本新人戦が来月にありますが、そこに向けての意気込みは
もっと練習中からどんどん重い重量を持って、重量に対する自信を持ったりして、成功率をあげていきたいと思います。

―兄の大介選手も出場されましたが
兄弟で入って来たので、兄には負けられないので、4年の時に自分がどうなっているか今はわからないですけど、越えたい目標ではあります。

―今回の大会で得た課題は
今回の大会を通してチーム全体で成功率が悪いので、自分も含めてですけど、練習中からもっと成功率をあげるような練習をして、力をつけていきたいと思っています。

山本翔也(法3)

―今大会を終えて感想をお願いします
調子が良かっただけにミスが多かった試合だったので、こういうところをちゃんとしていかないと結果を残せないと思いました。

―スナッチでは1本目成功させたあと2、3本目は落としてしまいましたが、何が原因だったのでしょうか
1本目が軽かっただけに2、3本目は力みが入りすぎた気がします。

―ジャークはいかがでしたか
練習段階からかなり調子が良かっただけに自己新(※これまでは180kgがベスト)出ると思ってたんですけど、自己新記録を3本目とれなかったということは結果的に軽いと思い込んだ自分の過信と練習不足だと思います。

―コンディションはいかがでしたか
かなりよかったです。(その理由は)食生活を変えてみたり、質の良い練習を最近心がけてたので、そういうところが理由だと思います。

―今大会見つかった課題はありますか
1本に対する集中力と底力があまりなかったので、ベースの基本的な練習を積むことが今後につながると思います。

―今後の課題を教えてください
インカレが自分たち3年生ができる4年生、監督に対する最大の恩返しだと思っているので、どうしてもそれに出場して結果を残すことが自分の今後の目標です。

フォトギャラリー

uek a   uek b  uek c 
           56kg級優勝の山城                                 69kg級で3位入賞の雨宮       惜しくも表彰台を逃した宮本
 uek d    uek e
           力を出し切れなかった柴田                 85kg級準優勝の平仲

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み