重量挙
 

全日本学生ウエイトリフティング新人選手権大会/重量挙部

第56回全日本学生ウエイトリフティング新人選手権大会
大会日程:2011年10月29日(土)▶30日(日)
大会場所:横浜市磯子スポーツセンター

10月29・30日に新戦力を競う新人戦が行われた。法大からは、優勝した56kg級山城聖也(キャ1)と山本翔也(法1)をはじめとした1年生4名と2年生3名が出場。それぞれ自己ベストを更新するなど実りある大会となった。また、12月のインカレへ向けて下級生の実力を試すことができる大会でもあった。

shinnjinn1
+105kg級優勝の山本翔也

試合結果

個人成績(丸数字は学年/順位)

階級成績選手名スナッチクリーン&ジャークトータル
56kg   1位  山城聖也① 90kg①  120kg①   210kg
 69kg  3位 雨宮賢①   100kg⑧ 133kg①  233kg 
 69kg  5位 宮本将平②   105kg⑥ 128kg⑤   233kg
 85kg  3位 木野英①   115kg③  145kg④  260kg
94kg   3位 柴田幸大②   125kg② 150kg⑤  275kg 
94kg   4位 永田大介②   123kg④  150kg④ 273kg 
+105kg  1位  山本翔也①   130kg① 160kg①   290kg

コメント

平良監督(1日目)

ー56kg 級の山城選手については
スナッチの90kg は試合のベストが出せた。93kg はあげてほしかったけどね。インカレメンバーに入れるかどうかくらいなとこらだからね。この試合はインカレも睨んだ試技をしなければならないからね。スナッチとジャーク両方とも3本3本成功させるのはなかなか大変だし難しいですね。特に山城は調子が悪くて120kgを練習でやれていなかったけど、今日3本目で成功できたのでよかったです。でももうちょっと頑張って125、6kg は狙って欲しいですね。

ー69kg級の雨宮選手は優勝しましたが
今日は69kg級で記録も良いけど、インカレはでは62kg級を考えているので、減量がちょっと大変ですね。でももち体重なのでそこまで心配ではないです。今、山城とインカレメンバーを争っているので、雨宮はジャーク133kgで自己新も更新したし、優勝もしたのでたぶんこれで気を良くしたんじゃないかな。

ー宮本選手についてはジャークがあまり良くないようでしたが
137kgを県の試合では挙げているので131kgはとってほしかったですね。本来なら雨宮に負けるような実力ではないですしね。でも、こういうことがあるから面白いし怖いんですよね。力は宮本の方があってもよもやということがありますから。

ー今年は夏合宿はしなかったということですが
なかなか合宿先が決まらないでしなかったですね。でもその分合同練習もしましたし、今年はインカレが去年の11月初めとは違ってクリスマスですし。2ヶ月違うのもありますし、涼しくなってからちゃんと練習も積めているので、合宿ができなかったのは関係してないですね。

平良監督(2日目) 

ー木野さんについて
スナッチ2本成功したのは良かったです。ジャークは3本目151kgとっていれば順位があと1つ上がっていたのでね。 今日は実は減量が上手くいってなくて思ったより体重が落ちてなくて、測ったときダメでグランドで走ってやっとでしたんで。そういうところで体調管理をちゃんとしないと最後のああいうミスにも繋がらなかったりするので。
でも、スナッチ・ジャークどちらも2本とれたのは良かったです。だけど、やはりラストの一発の逆転したいところでできなかったので体調管理の経験の浅さが出ましたね。これを次に生かしていってほしいですね。

ー94kg 級の柴田選手は調子が良かったですよね
二人とも調子は良かったです。練習でも二人でベスト記録を抜きつ抜かれつでやってきていたのでいい試合ができると思ってました。スナッチは柴田2本、永田3本取れましたしね。

ー永田選手はジャーク1本目取れなかったのがきつかったですか
1本目の失敗が尾を引きましたね。本当は1本目で150成功して、155といきたかったんですがね。2本目もえっというような失敗をしてしまいましたし、本当じゃありえないんですけどね。
スナッチに関しては柴田、永田ともにベストだしましたし言うことないです。ジャークは永田と柴田で1本の差が出ましたね。本来なら永田が勝つ試合でしたので。永田本人は3本目だけの成功という悔いが残ったと思います。この二人が第二の94kg級の枠を争うのでインカレに向けて頑張って欲しいですね。この大会は新人戦だけどインカレも見据えつつ、いいとこいけば視野に入れていくことも兼ねているので。永田はそういった意味でインカレメンバー入りを考えすぎて先走ってしまった感じですね。
アップの段階ではかなり良くて160kg いけるかなと思っていたんですけどね。調子が良いときほどすきをつかれるということがあるので気をつける必要がありますね。

 ー山本選手は今日調子が悪かったのでしょうか
リハビリをしているので。膝を高校の時から痛めていて、東日本インカレの時も無理に仕上げて出場しましたし、その後また休めて国体のブロック予選で山梨代表で成年+105で一番良いので出場したり。大変ですね。今年、三回目の試合でしたが、勝負できるような状態ではないので、二回目の試技でもう息も上がっていましたしね。本当は中大が落としたところで、170kg をやらせたいんですが、今後のことも考えると無理はさせらないです。165も最後挙げてほしかったけど、練習の絶対量が足りていないのでしょうがないですね。ただ、山本はよそ見してられないですよ。近くに自分の大学に強い先輩が二人もいるので。膝が良くなっていけば、340、50kg はあげられる素質は持っているので。そして先輩二人ももっとあげていくかもしれないのでいい環境で積めていますね。強くなりますね。

山城選手(56kg級)

ー今日優勝でしたが、試合出てみて調子はどうですか
良くも悪くもなくというところですね。
自己新狙っていたので納得いかなかったです。特にジャークが良くなかったですね。

ーこれからインカレメンバー入るのに向けて重点的に取り組みたいことは何ですか
記録をまず伸ばすことと練習中も失敗しないことですね、今、雨宮とインカレメンバーを争っているので負けないようにしたいです。

ースナッチとジャークそれぞれ目標の重量は
スナッチが97kgでジャークが128kg 目指しています。
(頑張って下さい。)

雨宮選手(69kg級)

 ー昨日を振り返って
運よく3位に入ったという感じです。順位に関しては少し満足していますが、記録があまり良くなかったのでまだまだですね。スナッチの成功率がまだまだでした。まあ、セコンドのお陰です。

ージャークはいかがですか
ジャークは自己新(133kg)が出せたので良かったです。でも、スナッチは目標の106kgが出なかったのでまだまだです。

ーインカレに向けて
まだ出れるレベルではないのかなという感じです。練習での成功率を上げていかないと試合でも挙げられないとおもうので、練習でも成功率を意識してやっていきたいです。メンバーに入れるようにやっていきたいです。

宮本選手(69kg級)

ー試合やってみての調子はどうですか
スナッチはアップとった時より上手くいったんてすが、ジャークはアップは良かったんですが、本番で128kgまでは軽くていけたんですが、131kgのクリーンが重くて、さしもさせなかったので・・・させない重量ではなかったし131kg とれれば3位になれので、大切なところでとれない自分が情けないです。ここぞというところで集中力にかけていました。
(スナッチについてはどうですか)
スナッチも107kg はとりたかったです。

ージャークが良くなかったのは何か原因があるんですか
1か月くらい前に左膝を怪我してしまって補強ができていなくて脚が高重量に耐えられなかったです。

ーインカレメンバーに入る可能性は!?
今のままではかなり厳しいです。

ーインカレに向けてチームの雰囲気はどうですか
四年生が中心になって盛り上げていってますし、メンバーだけでなくチーム全員で試合をしている感覚で練習もしています。
(宮本さんもそういったことを心掛けている感じですか)
はい。盛り上げるようにしています。

木野選手(85kg級)

 ー今日の大会スナッチはいかがでしたか
すごく調子が良くて、いつも練習ではなかなか上がらない重さでも、軽く感じました

ージャークはいかがでしたか
ちょっとクリーンのときは重かったんですけど、ジャークは凄く軽くて感触は良かったです。最後のところもクリーンをしっかりできていれば、さすことができたと思います

ー今大会に向けて何か意識していたことなどはありましたか
成功率をメインに意識していました。高校のときも、大きな大会で失敗していたので

ーアップの段階から調子の良さは感じていましたか
そうですね。アップのときから調子は良かったです

ー今大会は3位という結果でしたが
でも今回は本命が失格になってラッキーという点もあったので、まだまだレベルアップしていかないといけないと思います

ーインカレのメンバーには入れそうですか
いえ、インカレはもうほとんどメンバーが決まっているのでムリですね

ー最後に、大学に入って最初の1年はどうでしたか
本当にいろんなことを学べましたし、自分の技術も上がったと思います

柴田選手(94kg級)

ー今日を振り返って
スナッチ、ジャークともに三本目を失敗してしまって、三本目を挙げられない選手は使い物にならないので残念でした。

ー3位という結果について
とても嬉しいですけど、三本目を挙げられなかったので素直に喜べないです。

ー調子は
減量したので、ジャークは重かったです。スナッチはそれほど重く感じなかったですね。

ージャークは154kgをクリーンできましたが
クリーンできたのですが、最後させなかったですね。しっかりとラスト挙げられるようにフォームを修正し、足が弱いので保てるよう練習していきたいです。

ー今後に向けて
一応今年はスナッチ130キロ、ジャーク160キロを目標にやっているので、そこを目指して練習していきたいです。

永田選手(94kg級)

 ー9月の東個人以来の試合でしたが、調子は良かったですか
はい、良かったです。

ー特にスナッチは3本成功してますが、123kg の記録についてはどうですか
スナッチ123kg は自己新なので良かったです。アップの段階から良かったです。

ージャークについては3本目での成功でしたが
気持ち的に1回目が失敗になって悔しくてあまり良くにかったですね。
(3本目はクリーンが辛そうでしたが)
最後はもう失敗にならないように必死でした。

ー今大会の目標は
表彰台だったので悔しいです。
スナッチは目標の重量いったんですが、ジャークは158kg いきたかったんですけど、上手くいかなかったです。

ー前大会から修正した点などはありましたか
スナッチは体の近くに寄せることを取り組んでいました。ジャークはクリーンのひじの癖を治すことをやっていたんですが、上手くいかなかったです。

インカレに向けてメンバー入りなど
11月20日までまだわからないので本気で練習やっていきます。スナッチは130kg 、ジャークは160kg を最低でも挙げたいです。

山本選手(+105kg級)

 ー今日を振り返って
スナッチは三本目に自己新を狙ってのですが、挙げられませんでした。技術というよりかは、メンタルの問題ですね。

ージャークについては
スタートから10kg下げていたので、挙げられて当然でした。2、3本目でとれなかったのは日々の練習不足だと思います。

ー優勝という順位に関しては
純粋に優勝したことは嬉しかったですが、今回は記録を狙っていたので満足は全然していないです。

ー調子は
良かったです。それだけに、自己新を狙っていてとれなかったのは悔しいです。

ーインカレに関して
ふたり先輩がいるので厳しいと思います。それでも、先輩に少しでも食らいついてやっていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • shinnjinn1+105kg級優勝の山本翔也
  • shinnjinn256kg級優勝・山城
  • shinnjinn369kg級3位・雨宮
  • shinnjinn469kg級5位・宮本
  • shinnjinn585kg級3位・木野
  • shinnjinn694kg級3位・柴田
  • shinnjinn794kg級4位・永田
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み