硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 対明大2回戦 値千金!向山の一打で逆転勝利 勝ち点争いは第3戦へ

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大2回戦
2016年5月8日(日)
神宮球場

1点を追う8回1死一、二塁の場面。今日5番を任された向山基生(営2)が明大4番手・柳裕也の8球目を捉え、中前安打。さらに失策が絡み一気に逆転に成功する。投げては先発・菅野が完投勝利を挙げ今季2勝目。逆転勝利であすの第3戦へとつなげた。

mukoyama
4安打3打点と大活躍の向山

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 3 0 0 1 0 2 0 6 14 0
明 大 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5 5 1

(法大)○菅野 (2勝)ー森川
(明大)水野、星、●齊藤、柳ー牛島
[本塁打]
     (明) 佐野恵3号3ラン (3回=菅野)
 

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8)  大西千   5   3   0  .381 二ゴロ   中前安  三内安 見三振     中前安  
2 (5) 小林 5 2 0 .333 遊ゴロ   一内安 中飛   中前安    投犠打  
3 (4) 川口  4  2  0  .262 中前二   一犠打 二ゴロ   見三振   中前安  
4 (3) 金子凌 3 1 1 .345 一ゴロ   右前安① 四球   四球   空三振  
5 (7) 向山 4 4 3 .750   三内安  投内安① 死球   右前安①   中前安①  
6 (2) 森川 5 2 0 .361   右前安 投内安 中飛   遊併殺   遊ゴロ  
7 (9) 清水二 4 0 1 .217   二直 三野選①   四球    見三振    右飛 
8 (6) 水谷 2 0 0 .182   死球 二飛   空三振        
  H6 大崎 2 0 0 .000             二ゴロ   空三振
9 (1) 菅野 4 0 0 .000    二併殺 遊ゴロ   投犠打   中飛   二ゴロ
    38  14 5 .279                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野  9  125  34   5   8  2 5 3.94
9 125  34   5  8 2 5 4.43

 

ベンチ入りメンバー

10 森川 (営4=桐蔭学園) 27 中村浩 (営2=多良木)  34 相馬優 (営1=健大高崎)
11 森脇 (経2=掛川西) 2 川口 (人2=横浜) 35 吉岡 (営2=智弁学園)
12 三浦 (法4=三重) 3 森 (キャ3=日大三) 1 大西千 (営2=阪南大)
13 菅野 (キャ2=小高工) 5 水谷 (営3=大阪桐蔭) 7 米田 (営4=智弁学園)
14 内沢 (キャ1=八戸工大一) 6 大崎 (法3=智弁学園) 8 清水二 (法3=中京大中京)
16 玉熊 (法4=北海) 9 金子凌 (キャ4=日大三) 28 中川 (経4=法政二)
17 熊谷 (キャ3=平塚学園) 24 小林 (法2=中京大中京) 38 舩曳 (キャ1=天理)
18 上條 (キャ2=市立川越) 25 福田光 (人1=大阪桐蔭)    
22 駒場 (文3=鹿沼) 29 向山 (営2=法政二)    

 

リーグ戦結果(05/08現在)

 慶大明大法大立大早大東大試合勝点勝率
―― △●○●   ○○      ○○ 8 2  2  .714
△○●○ ――  ○●       ○●○  9 5 3 2 .625
●●  ●○  ――  ●○○   ●○○    10 5 5 2 .500
     ○●●  ――  ○○   ●○  7 4 3 1 .571
     ○●●   ●●  ――  ○○  7 3 4 1 .429
 ●●   ●○●     ○●   ●●  ―― 9 2 7 0 .222
 

戦評

   優勝に向けて絶対負けられない試合となったこの試合。もつれにもつれる「血の法明戦」にふさわしい試合となった。  明大の先発は水野匡貴。防御率が未だ0.00を誇る右腕を捉えらたい法大は初回から川口凌(人2)の二塁打から好機を作るも後続を絶たれ、先制点を奪えない。法大の先発の菅野秀哉(キャ2)は初回、明大打線を三者凡退に抑え好スタートを切った。

   先に均衡を破ったのは法大だった。大西千洋(営2)、小林満平(法2)の連打から川口が犠打でつなぎ、1死二、三塁で4番金子凌也(キャ4)を迎えた。初球を右前にはじき返し先制すると、5番向山の適時打や野選が絡み、さらに2点を追加する。

  このリードを守りたい菅野だったが、直後の3回裏、先頭の吉田大成に安打を許す。二死を奪うも逢澤峻介 、竹村春樹に適時打を浴び一点差に迫られると、4番佐野恵太に中越え3ランを打たれ、逆転を許してしまう。 追いつきたい法大打線だったが、2番手、星知弥の前に6回の1得点のみに抑えられ、なかなか点を奪えない。  

   試合が再び動いたのは8回の攻撃だった。代わった明大3番手、齊藤大将から大西千、川口が安打を放ち一死一、二塁の好機を迎える。二死後、明大はエース柳裕也をマウンドに送り逃げ切りを図る。ここで迎えた5番向山がフルカウントの末、中前に弾き返し同点に追いつくと、中堅手の送球が逸れる間に一塁走者の川口が生還。逆転に成功した。菅野は残りの2イニングをきっちり抑え、5安打7奪三振の完投勝利を挙げる。明大との勝ち点争いは明日に持ち越された。

  一時逆転を許すも菅野の投球、そして決勝打を放った向山を含む打線の粘りが勝利につながったことは間違いない。主将の森川大樹(営4)が言う「法政の意地」が見せられた試合と言えよう。

  宿敵明大からの3季連続の勝ち点へ。これまでの2戦同様、最後まで競り合う接戦になるだろう。悲願のリーグ優勝に向けて負けられない。「負けない野球」の真骨頂を見せるときだ。(渡辺拓海)

クローズアップ

川口凌 (攻守にチームを支える存在)

  血の法明戦。互いに闘志むき出しでぶつかり合う負けられない戦いだ。「絶対に明治には負けられない」。川口の言葉からも明大戦への特別な思いが見て取れる。明大には横浜高時代の同級生である渡辺佳明や二つ上の先輩の柳がいることもあり、この試合に懸ける彼の思いは一段と強かった。

  3回に失点し、終盤まで1点を追う形の展開となったこの試合。逆転のチャンスが訪れたのは8回だった。1死一塁の場面で川口に打席が回ってくると、振り抜いた打球は中前打に。「自分がチャンスを広げて後ろにつなげる」。その言葉の通り、3番打者としての役割をまっとうした。

  菅野、大西千、小林、向山など2年が活躍を見せる法大。その中でも「あいつの守備はうまい」と、太鼓判を押される川口は今年から学年責任者にも就任した。先輩としての自覚も高まり、日々頼れる選手へと成長中だ。

  「明日の先発は柳さんだと思うので、意地でも絶対に打ってやりたい」。勝ち点奪取、そして優勝へ。鍵はこの男が握っている。 (下河辺果歩)

kawaguchi

監督・選手コメント

青木久典 監督

—向山選手の活躍が光りました
大きかったですね、期待に応えてくれたと思います。

—向山選手を5番に抜擢しました
彼はクリーンアップ候補で、クリーンアップを打つ選手になってもらいたいという意味も込めて起用しました。森川を5番にというのもありましたけど、キャッチャーとしての役割もあるので、向山に期待を込めました。

—監督から見て、向山選手はどのような選手なのでしょうか
非常にバッティングもいいし、足も速しでいいものを持っているんですよ。どこかで開花してもらいたいと思っていたんですけど、結果を追い求めたがために打ちに行ってしまっていました。ヒットを一本、代打で打ってから打席で余裕が出てきたので、これからはいけるかなと思います。

—明大が柳投手に代えた際に、向山選手に声を懸けていました
僕の経験上、あの場面は相手もエース級の投手なのであれこれ考えてしまう時です。(向山選手に)「何も考えずに、自分の思ったことを信じて行け」と。そうすると打席でも結果がでるので、自分の信じたようにやりなさいと言いました。

—打線は明大先発の水野投手を攻略しました
いいピッチャーなのは間違いないですけど、ベンチから見ていた印象では彼本来のボールが来てないのかなと思いました。それを打者陣がしっかり捉えてくれたなと思います。

—菅野投手は中盤に失点したものの、最後まで投げぬきました
あの回(5失点した3回)だけ彼らしいピッチングができていなかったですけど、それ以外は素晴らしいボールを投げていたと思います。

—完投させましたが、試合前から菅野投手を引っ張ると決めていたのでしょうか
完投してくれるのが一番だと思いますけど、5点取られたとき、うちは表の攻撃だったので、いつ代えるかとものすごく悩んだのも事実です。ありがたいことに、2死で回ってきたりと打順の巡りあわせが良かったです。

—一方で、早大戦から水谷選手があまり元気がありません
彼に言ってるのは、「いぶし銀」でいなさいと。バッティングの方はあまり期待していないので、送るところは送るとか、守るところは守るというようなことをやってくれればいいと思っていましたが、送る方もなかなかできてないような状況だったので、メンタル的にきつそうな気がしました。大崎もいて、十分レギュラーで使えるだけの選手なので起用しました。

—明日に向けて
目の前の1勝のために集中して臨みたいと思います。しっかり獲ります。

森川大樹 主将

—今日の試合を振り返って
向山と菅野に感謝ですね。僕たち4年生が助けられました。

—昨日の悔しい敗戦からチームで話し合ったこと
「法政の意地見せようぜ」という話をしました。ここで簡単に優勝戦線から外れてしまうわけにはいけないので、意地を見せようと盛り上げていきました。

—チーム防御率トップの明大から14安打を記録しました
最後柳から点を取れたというのは、明日の試合につながると思います。

—一方で残塁も多かった印象があります
僕が満塁と一、三塁で打ち損じてしまったり、(金子)凌也が勝負してもらえなかったりでなかなか点が入りませんでした。チャンスが回ってきたときにしっかり生かせるようにしたいです。

—3回以外菅野投手はほぼ完璧な投球でした
少し球が浮いていたので、低めを意識させました。次第に良くなって、よく投げてくれたと思います。

—9回2死の場面でのタイムで監督からは何と声をかけられましたか
間を開けてきてくれて、次のバッターの吉田くんには2本ぐらい打たれていたので、勝負するかしないかの話をしていました。僕は行けると思っていたので、「勝負します」と言ったら、思いきって行けと声をかけてくださいました。

—明日への意気込み
勝ちます!

大西千洋 外野手

—今日は猛打賞の活躍でした
先頭で回ってくるのが多かったので、とにかく塁に出る意識でいました。

—同級生の活躍も光る試合でしたね
いい刺激になります。明日は上級生が頑張ってくれると思うので、期待しています(笑)。

—法明戦への思いなどはありますか
去年の秋の畔上さん(現Honda鈴鹿)の最後の試合が印象的で、絶対に負けたくないという気持ちがあります。

—先週の柴田選手のアクシデントからチーム全体で変わったことなどは
圭輝さん(柴田)のために絶対勝とうと意気込んでいました。

—今シーズンは打撃好調ですがその要因は
安打は出ているんですけど、自分の中ではまだあまりしっくりはきてないです。改善していきたいですね。

—今シーズンの安打数が16安打となり、最多安打も見えてきました
20本を目指したいですね。

—大学通算100安打も狙えますね
そうですね。目標は100安打なので。

—明日に向けて
絶対勝って優勝できるように頑張ります。

川口凌 内野手

—今日の試合を振り返って
ここで負けたら優勝がなくなってしまうかもしれないので、絶対に勝ってやろうと思って試合に臨みました。

—8回には勝ち越しにつながる安打も出ました。どんな意識で打席に入りましたか
その前の打席は見逃し三振でチャンスを切ってしまっていたので、自分がチャンスを広げて、後ろの凌也さんや向山につなげようと思い打席に入りました。

—劇的な逆転勝利となりましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
 最高ですね。絶対に明日も勝って優勝争いしたいと思います。

—明治には高校時代のチームメートである渡辺選手や柳選手がいます。やはり意識はしますか  
同級生に負けたくないってのはありますし、明日は柳さんが先発だと思うので意地でも絶対に打ってやりたいなと思います。

—明日に向けての意気込みをお願いします  
自分も打って、みんなも打って勝ちたいと思います。

菅野秀哉 投手

 —今日の試合を振り返って  
素直に勝てたのが嬉しいです。

—今日の投球を振り返って
点数を取られた回が、高めにボールがいってました。そこが1番ダメだったと思いますけど、その後は修正できて良かったです。

—失点した3回について
 次の回が大事と森川さんにも言われていて、そこはしっかり抑えていこうと思ったんですけど、丁寧にいきすぎて甘くなった部分もありました。ホームランを打たれた後は、切り替えて味方が逆転してくれると思って投げましたね。

—4回からはほとんど安打を許しませんでした
森川さんとか上級生の方がとってくれるので、自分は粘って投げるだけでした

—8回の逆転については
同級生の向山が打ったので、それも嬉しかったし、次の回はしっかり抑えていこうと思いました。

—9回打席が回ってきましたが、打席に立ちました
監督から好きなようにやって次の回に備えろと言われました。

—完投については
去年してますが、今日の方が嬉しいですね。

—明日への意気込みを
明治に食らいついて勝てればいいと思います。

向山基生 外野手

—逆転のチャンスで打席が回りましたが、柳投手に変わりました
齊藤さんを打つイメージで入っていたので。明治も勝負をかけて来たなという気はしました。勝負どころなんだなと。

—柳投手との対決はなかったとのことですが、柳投手はどういう投手だと聞いていましたか
監督には「コントロールが良い投手なので、あまり腕を振っていくと苦しくなるぞ」とは言われました。

—防御率0.00だった水野投手を攻略しました  
チームが「負けられないぞ」と思っていたので。意地だと思います。

—チャンスで一本が出ない展開が続きましたが、ベンチの雰囲気は
菅野を負けにしないという感じでした。

—3回裏に5点を取られましたが  
チームも一瞬下がりかけたんですけど、森川さんや金子凌さんなどのリーグ戦の経験がある方が「まだまだ、全然序盤だぞ」と言ってくれました。

—6回表の打席で監督に耳打ちされていましたが
今のまま変えずに行けと。今調子が良いので、「そのままで行け」と言われました。

—今日は代打ではありませんでしたが、どのような気持ちで挑みましたか
今まで結果が出ていたので、今日もあまり変えずに1打席目から思い切って行きました。

—明日の試合に向けて
負けられない状況なので、絶対に意地で、何がなんでも勝ちます。

 

フォトギャラリー

  • mukoyama4安打3打点と大活躍の向山
  • mukoyama3逆転打を放ちチームメイトとハイタッチ
  • kannno完投勝利を挙げた菅野
  • kannno2見逃し三振に切って取り小さくガッツポーズ
  • oonishi3安打の大西千。現在リーグトップの16安打
  • kawaguti攻守に活躍が光る川口
  • kaneko先制の一打を放った金子凌
  • gyakuten同点、逆転の走者となった小林と川口は次打者の森川とグータッチ
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み