硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大 投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退

東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大
2016年5月31日(火)
神宮球場

ミスから試合の流れをつかみきれなかった法大。延長12回の熱戦の末、最後は宿敵相手に押し切られた。6回に失策が絡み逆転を許すも、直後の7回に中山翔太(人2)の本塁打で追いつく。9回で決着はつかず、タイブレークとなり迎えた12回。4連打などで勝ち越されると、その裏は無得点に封じられ試合終了。無念の1回戦敗退となった。

【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退
両翼へ豪快な本塁打を放った中山

試合結果

トータル試合結果

 123456789101112 HE
明 大 0 0 0 0 0 3 0 0 0 2 0 4 9 12 0
法 大 1 1 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 5 5 2

(明大)髙橋、金子、外尾、◯森下暢ー氷見、小野
(法大)森脇、上條、⚫︎河野、新井悠ー中村浩

[本塁打]
 (法) 中山1号ソロ(2回=髙橋)
          中山2号ソロ(7回=髙橋)

 

打撃成績

打順位置選手123456789101112
1 (8) 舩曳 4 0 0 空三振   遊ゴロ   空三振     中飛   四球    
2 (6) 福田光 3 1 0 左越え二   死球   中飛      遊ゴロ   四球    
3 (9) 宇草 5 0 0 一ゴロ   二ゴロ     空三振   見三振   一ゴロ    
4 (5)7 原田 3 1 1 右前安①   見三振     右飛     四球   一犠打  
5 (3) 吉岡 4 1 0 二ゴロ     中前安   空三振     投犠打   見三振  
6 (7) 中山 4 2 2   右越え本①   左飛     左越え本   空三振      
  R5 安本 1 0 0                       見三振
7 (2) 中村浩 5 0 0   一ゴロ   三ゴロ     右飛   投ゴロ     二直併
8 (1) 森脇 2 0 0   空三振   左飛                
  H 大西将 1 0 0             左飛          
  1 上條 0 0 0                        
  H 佐藤 0 0 0                   投犠打    
  1 河野 0 0 0                        
  1 新井悠 0 0 0                        
9 (4) 相馬 3 0 0   捕邪飛     二ゴロ   中飛           
  H 竹之内 1 0 1                   三ゴロ    
  4 斎藤卓 0 0 0                        
    36 5 4                        

 

投手成績

  球数 打者
森脇 7 92 31 6 6 2 0
上條 3 47 12 2 4 1 0
河野 1 1/3 29 8 4 0 0 2
森脇 0 2/3 7 2 0 0 0 0
12 175 53 12 10 3 2

 

ベンチ入りメンバー

11 森脇(経2=掛川西) 32 伊藤士(文1=中京大中京) 34 相馬優 (営1=健大高崎)
13 新井悠 (営1=折尾愛真) 原田 (法2=春日部共栄) 35  安本 営1=桐蔭学園)
14  内沢(キャ1=八戸工大一) 5 福田光 (人1=大阪桐蔭) 舩曳 (キャ1=天理)
16  山下康 (文2=東北学院) 吉岡 (営2=智辯学園) 28  大西将 (営2=桐蔭学園)
18  上條 (キャ2=市立川越) 23 岡本 (営2=池田) 33  竹之内 (営2=法政)
19  河野 (文2=法政二) 24 斎藤卓 (社2=大宮西) 37  中山 (人2=履正社)
21  髙氏 (文1=愛産大工) 25  佐藤 (営2=法政) 39  増野 (人2=大手前高松)
20  鎌倉 (法2=日本文理) 26  西山 (法1=市立和歌山)    
27 中村浩 (営2=多良木) 31  宇草 (営1=常総学院)    

戦評

 春季リーグ戦を終え、迎えた新人戦。対する相手は明大だ。法大の若き戦士たちは「借りを返そう」と意気込み今日この日を迎えた。
 先発は昨秋の新人戦で2勝を挙げた森脇一樹(経2)に託された。対する明大は髙橋裕也が先発のマウンドに上がった。

 試合は1点を先制し迎えた2回。先頭の中山翔太(人2)が振り抜いたバットから放たれた打球は右方向へと舞いスタンドへ。豪快な一打で追加点を挙げ、試合の主導権を握った。
 しかし2点をリードしたまま迎えた6回、明大4番の佐野悠太に四球、5番山本恵汰に安打を浴びると、守備のミスもあり1死満塁にしてしまう。その後二ゴロの間に1点を返され、なおも続く同点のピンチをなんとかしのぎたい森脇だったが、8番氷見泰介の遊ゴロを遊撃手の福田光輝(人1)が悪送球。2人の走者を還してしまい、逆転を許してしまった。
 負の連鎖をひっくり返したい法大は2回に本塁打を放った中山が打席に立つ。すると今度は見事な左越え本塁打を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 法大は好機を作るものの決定打を欠き、決着がつかないまま9回が終了。連盟規定により無死一、二塁から始まるタイブレークに突入した。
 10回に2点を取り合い、なおも同点で11回表。河野太一朗(文2)が無失点で抑え、試合の流れを引き寄せる。その裏、先頭の原田が犠打で1死二、三塁とサヨナラの大チャンスを演出。しかし続く吉岡の初級に三塁走者の福田光が飛び出しタッチアウト。吉岡も三振に倒れ、無得点で終えた。
 12回表。力尽きたのは法大だった。3番高瀬雄大から4連打浴び、4点を勝ち越される。その後新井悠太朗(営1)の好リリーフで後続を打ち取るも、その裏の攻撃を無得点に抑えられ、宿敵相手に粘り負けを喫した。

 先制するも守備のミスから逆転され、その後は2度同点に追いつき粘りをみせたものの、最後の最後で力尽きた法大。ミスが目立った試合となった。長く遠ざかるリーグ優勝には、新戦力の台頭が欠かせないであろう。「今後下級生が上級生に混じって軸になってもらわないと困る」(金藤学生コーチ)と奮起を促した。
 まだ見ぬ景色を見るために。8季ぶりの悲願をつかみ取るため、若き法大ナインのさらなる成長を期待したい。(山口有沙)

クローズアップ

中山翔太 (貴重な右打者の〝大砲候補〝)

 延長12回、3時間を超える熱戦に敗れ、1回戦で姿を消すこととなった法大。しかし収穫もあった。「法政は右バッターがいないと言われる」(金藤学生コーチ)中で、右打者の中山が2本塁打。一本目は狙っていた直球に合わせ逆方向に、二本目は「打てるなぁという感じで打った」と左翼スタンドに弾丸ライナーで突き刺した。「やってやったぞ」。いずれも186センチの体のごとく、大きな存在感を放った。

 中山の持ち味は、なんといってもそのパワー。ケガをし、戦列から離れていた期間には筋肉トレーニング専用の雑誌を買い、様々な方法を練習に取り入れた。試行錯誤を繰り返しながらも取り組み続けた結果、体重も約10キロ増加。体は一回り大きくなり、飛距離もさらに伸びた。

 賜杯奪還を目指すべく夏はさらに厳しい練習に臨む。中山も「もっとパワーをつけて軽々ホームランを打てるようになりたい」と意気込む。そして来季に向けての意気込みを聞かれこう続けた。「4番でホームランを打ちまくります」。貴重な右打者、そして〝大砲候補〝のこれからに、期待せずにはいられない。(井手一樹)

 

監督・選手コメント

金藤大喜 コーチ

―12回の熱戦の末、あと一歩及びませんでした

誰がどう見ても負ける試合ではないですよね。新人戦ならではの大味な試合というか、一言で言えば勝てる試合でした。初回の先制から試合の中の雰囲気を見ても負ける雰囲気はなかったです。ミス、ボーンヘッドが出たことが今回の敗因だと思います。

―先発の森脇投手の印象は
ここ最近状態が良くて、もう森脇しかいないというのがありました。それに応えてくれたので、ナイスピッチングだったと思います。

―中山選手は右翼と左翼に本塁打を放ちました
正直ここまでの結果が出るとは思っていなかったです。法政は右バッターがいないと言われているので、将来を見据えて中山みたいな選手が軸となってやってくれればと。その期待も込めて試合で経験させたいと思いました。

―新人戦のスタメンはどのように決めたのでしょうか
学生コーチの僕と赤木で話し合って決めました。紅白戦とオープン戦をやって、状態がいい選手を使いました。

―1番から5番まで左打者を起用したことについて
ある程度相手の投手が右投げが来ると予想できていました。その中で左打者を固めたのが本音の部分です。

―11回にミスから得点機を逃した後、12回に守備につく際に円陣を組んでいましたが
ミスの後で、この流れのまま行ったら負けるのが目に見えていたので、もう一回リセットしてやり直そうと思いやりました。

―試合後ミーティングでどんなお話をされたのでしょうか
リーグ戦ではこんなことはあってはいけないことなので、今のうちに経験できたことは良かったということ、今後下級生が上級生に混じってチームの軸になってもらわないと困るので、私生活とかそういう部分からしっかりやっていこうと話しました。

中村浩人 主将

―今日の試合を振り返って
勝負どころの弱さが出たと思います。こちらが相手よりミスをしたら負けるので。

―先制でつかんだ流れを、ミスで渡してしまったということですか
そうですね。

―先発の森脇投手は
よく投げてくれたと思います。

―試合後のミーティングではどのような話をされましたか
明治に劣っているところはそういう勝負どころの弱さと、一球への執着心。そういう話です。

―リードで意識したことは
経験が浅いピッチャーたちなので、自分で引っ張っていくつもりでいました。あとはベンチで声をかけたりと、コミュニケーションはとっていました。二人でしっかり話し合いはできたと思います。

―今日は責任者としての出場でしたが、いつ任命されたのですか
リーグ戦の東大が始まる前くらいに、金藤さんに言われました。

―責任者になっての意識の変化は
2年生は引っ張っていかなければいけない立ち位置なので。それほど意識は変わっていないですけど、自分が引っ張っていかなければとは思いました。

―秋のシーズンに向けて
相手より1点多く取れば勝ちのゲームなので。勝負どころの強さと、負けない野球ができればと思います。

森脇一樹 投手

―今日の試合を振り返って
3失点した回、1アウトをとってからフォアボールを出してしまい、それで守備のリズムを崩してしまったのは、自分もなにかできたんじゃないかなと反省してます。

―味方のエラーで得点されるも自責点は0に抑えました
結果をみたら負けているので。味方のエラーをカバーしてこそがピッチャーだと思うので、そこを反省して次に活かします。

―今日のピッチングの調子は
ブルペンから球は走っていたのでどんどんストライクゾーンで攻めていこうと思っていました。とりあえず長打を打たれないように意識していました。

―自身もマウンドに上がる機会があったリーグ戦を振り返って
春初めてリーグ戦という舞台に立ってみて、緊張感といったり自分の思っているようなプレーができないというのがリーグ戦だと思い知りました。練習から常にリーグ戦を意識して秋に向けて頑張りたいです。

―リーグ戦を終えて今日の新人戦に向けて意識したことは
リーグ戦では明治に負けて優勝を逃しているので、新人戦では絶対にその借りを返そうと思っていたのですごく悔しいです。

―2年生内でなにか話は
2年生がこうやって主力で出ているので1番は今の4年生を最後秋に優勝をさせるために少しでも力になれたらいいと思うんですけど、やっぱり2年生の中でもあいつが出てるんだから負けてられないっていう気持ちはあります。全員が切磋琢磨してこれから頑張っていけたらいいなと思います。

―夏の練習で強化していきたい部分は
まずは走り込んで体力をつけた上で技術面の方をレベルアップしていければいいなと思います。

―秋リーグに向けて
秋では絶対に明治に勝って優勝して、4年生を胴上げさせてあげたいと思います。

中山翔太 外野手

―今日の試合を振り返って
勝てる試合でしたけど自分たちのミスで負けてしまいました。

―勝てる試合でしたけど自分たちのミスで負けてしまいました。
下級生しかいないので思い切り楽しんでやろうということをみんなで話しました。

―2本の本塁打を放った感想は
やってやったぞという感じです。

―1打席目は右方向への本塁打でした、その打席を振り返って
あの場面では真っ直ぐしかないと思っていたので、思い切り振ろうと思って振ったら入りました。狙っていました。

―2本目の本塁打は左方向でした
自分でも上手く説明できないですけどあの打席は調子良いときの感覚があって、打てるなぁという感じで打ちました。

―打撃で意識すること
とにかく思い切り振ることです。ここ最近の打撃の調子も良かったです。

―筋肉を付けるためのトレーニングについて
筋トレの雑誌を買っていろんな人のトレーニングを取り入れながら毎日試行錯誤しながらやっています。

―何をきっかけに肉体改造をしようと思ったのか
半年間けがをして、やることが筋トレしかなかったのでやろうと思いました。12、3キロ増えました。

―目標とする選手は
ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手です。映像を見たりしています。

―これから夏場に取り組みたいこと
もっとパワーをつけて軽々ホームランを打てるようになりたいです

―来季に向けての意気込み
4番でホームランを打ちまくります。

 

フォトギャラリー

  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退中山は2本のホームランを放った
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退悠々と生還しベンチへと向かう中山
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退指揮官を務めた金藤学生コーチ
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退先発の森脇は苦しみながらも7回を投げ抜く
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退2番手・上條は好リリーフをみせた
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退3番手の河野も粘投するが、踏ん張りきれず
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退新井悠は少ない打者ながら、懸命の投球
  • 【硬式野球】東京六大学野球春季新人戦 1回戦 対明大  投打に奮闘するも延長戦の末、初戦敗退試合後の挨拶をする中村浩主将
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み