【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 1・2年生コメント

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大2回戦
2016年10月23日(日)
神宮球場

4勝8敗の勝ち点1、5位という順位で今年度の全試合を終えた。東大2回戦をもって4年生は引退。優勝への思いは次代に受け継がれる。戦い終えた直後の選手たちに、お話を伺った。

kobayashi
小林満平 #24

選手コメント

大西千洋 外野手

—今季を振り返って
今季はバッティングフォームを変えたりしてなかなか調子が良くなくて、自分の役割を果たせないことが多かったです。でも、最後は役割を果たせたかなと思います。

—今日で4年生は引退となります
優勝できなかった悔しさがやっぱりあると思うので、その悔しさを自分たちが晴らしたいと思います。

—特に思い出深い4年生などはいますか
森川さんは日本代表のときに一緒でよく話をしていて「キャプテンっていうのは大変だけどやりがいがある」とおっしゃっていました。これからは自分がチームを引っ張っていかないといけない立場になるので、そこをよく考えながら頑張りたいです。

—来季の目標は  
やっぱり優勝できるように、しっかり自分のやるべきことをやっていきたいです。

小林満平 内野手

—今季を振り返って
5位という結果がすべてなので、チームとしても個人としても課題の残るシーズンでした。

—個人としての課題とは  
バッティングの調子が開幕前から春よりは良くなかったんですけど、(金子)凌也さんのけがもあり、3番だったり1番だったりすごくいい打順で打たせてもらっていました。序盤のほうはよかったんですけど、最後まで粘りきることができなくて、3割もきってしまってすごく悔しいです。

—4年生の柴田選手が引退となります
本当に一番良くしていただいた先輩ですし、セカンドとファーストでいつも話をしながら守っていたので、もうそれができないと思うとすごく悔しいんです。これからは(柴田)圭輝さんに良い報告ができるように頑張ります。

—主将の森川選手について
下級生が多く試合に出てる中で、森川さんが伸び伸びとプレーしやすい環境をつくってくださいました。みんなから慕われてリーダーシップもある良いキャプテンだったと思います。

—来年は現2年生が主力となっていくと思われます
下級生のときから試合に出させてもらっている以上結果を出す責任があります。周りも自分たちの代に期待してくれていると思うので、この冬3倍も4倍も死にものぐるいで練習して絶対に勝ちます。

—改めて来季の目標
チームの優勝が一番なので、まずはチームが優勝できるように頑張っていきます。

川口凌 内野手

—4年生と戦う最後の試合でしたがいかがでしたか
最後にかける気持ちというのが試合前から伝わってきましたし、何か残してくれたものはあるかなと思います。

—具体的には
森さん(森川)は最後のミーティングで「負けず嫌いになれ」って言っていて「相手のチームにも負けちゃいけないし同じチームの選手にも負けちゃいけない。レギュラーをしっかりつかめ」って言ってくれました。

—今季を振り返って
本当に悔しいシーズンでした。

—来年は上級生としてチームを引っ張る立場になりますが
自分は1年生から試合に出させてもらっているので、来シーズンはその2年間の経験を生かして自分がチームを引っ張るくらいの気持ちでいきたいです。

—この後に控える新人戦の意気込みを
新人戦は絶対優勝します。リーグ戦で溜まったうっぷんを晴らします!

伊藤寛士 捕手

―初先発の内沢投手を好リードしました
内沢の持ち味は真っすぐなので、その持ち味を最大限生かせるようにリードしました。東大がストレートを張って打ってきていたんですけど、それでも内沢の真っすぐなら押せると思ったので、大事なところでは真っすぐで押していこうと思っていました。

―内沢投手の良さは
身長があるので、打者から見て角度があるので打ちづらいと思います。スピードが特別速くはないですけど、威力がある真っすぐを投げるので、真っすぐ中心でいきました。

―右打者に対してスライダーを多く投げさせていました
タイミングを外せてストライクが取れる球がスライダーでした。結構曲がり幅もあるので、カウントを取ったり、バッターの目線を変えたりという目的で、今日は多めに投げました。

—打撃では下手投げの投手にうまく対応しました
ここ最近自分の間で打てていなくて、いつも逆方向を意識しすぎてしまっていました。今日はどんなピッチャーでも関係なくポイントを前にして打ってみようかなと。それがうまくはまりました。

―4年生は今日で引退となります
1年生ながらこの秋のリーグ戦に使っていただいて、4年生の方から教えていただいたことも多くありました。リーグ戦は5位という結果で4年生が引退してしまうんですけど、それを恩返しのつもりで来シーズン頑張りたいと思います。

―同じポジションには主将の森川選手がいましたが
キャッチングだったり配球だったり、入ったばかりのころは大学生の感覚が分からなかったんですけど、そのなかで経験の多い森川さんから色々教えていただいたことが今活きていると思います。

―新人戦、来春に向けて
とにかく今シーズンはバッテリーとして失点が多くなってしまったので、次の春までに話し合いをして、いかに失点を少なくしていくかを考えたいと思います。

内沢航大 投手

ー今日の試合を振り返って
初先発でしたが結構落ち着いてできました。そこが最終的にゼロに抑えられた要因かなと思います。

ー四年生との思い出は
入部当初、つらい練習もあったがアドバイスなど声を掛けてもらい、とてもやりやすい環境の中で試合も練習もできました。

ー森川主将に対して
チームのこともあるなかで、1年生の自分にも声を掛けてくださってやりやすい環境をつくってもらいました。ありがたかったです。

ー伊藤寛士捕手との1年生バッテリーでしたが
2人でいろいろ考えながら、ベンチの中でも会話しながらバッターを探って抑えられました。

ー今後のチームについて
今回のリーグ戦を振り返って、結構負けが続いていたのでピッチャーが引っ張って勝っていけるようなチームにしたいです。

ー今後の個人の目標
勝てる投手に、三振の数というよりもチームのために投げることを意識して、どんな場面でも抑えられるようにしたいです。

フォトギャラリー

  • kobayashi小林満平 #24
  • ohnishi大西千洋 #1
  • kawaguchi川口凌 #2
  • itoh伊藤寛士 #32
  • utchisawa内沢航大 #18
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み