硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第6回 ~三つ巴の争いを繰り広げる捕手編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第6回は鎌倉航、中村浩人、伊藤寛士の3人。し烈な正妻争いを繰り広げる彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

kamakura800 R
オープン戦で打撃好調な鎌倉

選手インタビュー

鎌倉航 捕手

ー開幕が迫っていますが現在の心境は
自分のできることをしっかりやることと足りないところをいかに補うかというところで、試合中もそうですけど試合が終わったあとも1つでも成長できるようにしたいと思います。調整というよりは自分がもっとレベルアップできるようにと意識しています。

ーオープン戦にも数多く出場されていますが、現在の調子は
 バッティングはだいぶ振れるようになってきたので結果も出てますしこのままいければいいかなと思いますけど、守備で簡単に点を取られてしまっているのでバッテリーでそこはもう1つ詰めていきたいなと思います。

ー冬場の練習で力を入れた部分
けがをしない体作りを1番に可動域だったり一つ一つの筋力であったり、技術もそうなんですけど、どちらかというと体作りの方をメインにやりました。

ー宮古島や鴨川キャンプでの収穫
 数多く振ったり守ったりという中で、自分の中で修正ポイントを見つけることができました。慣れない環境の中でけがをしたり風邪を引いたりすることがなかったので、そういう面でもすごく良かったかなと思います。

ーキャンプでの思い出は
宮古島キャンプの最終日にDeNAのキャンプを観に行きました。高校の同期も行っているので、それが一番の思い出です。

ー法大野球部での2年間を振り返って
1年の春は高校からの延長というかそのままの勢いで行けましたけど、夏場過ぎてからけがもありました。中学の時も高校の時もずっと試合に出てやってきたので、そういう中で外から野球を見る機会ができて自分としては、いい経験になりました。試合に出られない人たちの気持ちも分かって、今試合に出られているのでそういう面では良かったかなと思います。

ー試合に出られなかった時期をマイナスには捉えていないのですね
 そうですね、やっぱりいいときばっかりじゃないと思っているので、先輩だったり同期だったり周りの人たちもそういう声をかけてくれましたし、支えてもらいました。

ー出られなかった時期がある分、今年に懸ける思いが強いのではないですか
 そうですね、龍馬(森,キャ4)さんだったり雄二(清水,法4)さん、俵(俵積田健人,人4)さん、大崎(拓也,法4)さんにずっと1年生のときから面倒見てもらって一緒にやってきて、今年最後なのでなんとか一緒に優勝したいなというのはありますし、そこに自分も加わることができればいいかなと思います。

ー鎌倉選手から見た現在のチームの状態は
良い雰囲気でできていますし、楽しさの中にも緊張感を持って、のびのびやりながら締めるところは締めてできているのですごく良いじゃないかなと思います。

ー投手陣の仕上がりはいかがですか
今日の試合では打たれてしまいましたが決して悪くはないと思いますし、サイン出したり取ったりしているのはキャッチャーなのでそこはキャッチャーが責任持ってやっていけたらもっと良くなると思います。仕上がり自体は本当に悪くないと思うので、さらに精度を上げていきたいです。

ー今季の鍵を握るピッチャーは  
やっぱり熊谷(拓也,キャ4)さんがしっかり勝てることによってチームに勢いがつくと思いますし、熊谷さんがピッチャーのリーダーとしてやってきているので、熊谷さんの調子や結果がチームに影響するんじゃないかなとは思いますね。

ー注目している新1年生は
柏野(智也,営1)は投げっぷりもいいですし、リズム良く投げられるのですごく良いと思います。横浜の村田(雄大,人1)も中山(翔太,人3)みたいな感じで当たったら飛んでいくので面白いかなと思います。

ー今年はどのようにチームに貢献していきたいですか 自分が試合に出て結果を出すというのが一番なんですけど、たとえ試合に出なくても試合に出ている人たちが気持ち良くできるようなサポートも必要だと思いますし、その場その場で自分ができることを精一杯やりたいなと思います。

ー正捕手争いについて
 やっぱりそれぞれ持ち味と言いますか長所が違いますし、自分のアピールポイントをしっかり出していくことが一番だと思っています。中村(浩人,営3)だったり寛士(伊藤,文2)が出たらそれはそれで応援しますし、一緒にリーグ戦までやってきたので、あまり周りを意識しすぎて自分を見失ってもいけないので、基本的には自分ができることをしっかりやろうというそれだけですね。

ー鎌倉選手のアピールポイントは
 ゲームメイクであったり、配球、リードであったりピッチャーとのコミュニケーションの部分だと思うので、そこが一番じゃないかなと思います。目立つ肩だったりバッティングというところではないですけど、結果としてチームが勝ってるようなそんなキャッチャーでありたいと思ってます。

ー今季の個人の目標は
一番は試合に出ることです。やっぱり試合に出てなんぼというところがあると思うので、それも途中からではなく頭から出て9イニング守れるような選手になりたいなと思います。

ーリーグ戦への意気込みも込めて、応援してくださる方にメッセージを
勝ててない中でも毎年スタンドいっぱいに応援しに来てくれますし、僕らもなんとかしようとこの冬頑張ってきました。諦めない野球をしたいと思うので応援よろしくお願いします。

 (取材:下河辺果歩)
kamakura R
鎌倉航(かまくら・わたる)
法学部3年 1996年4月26日生まれ
新潟県出身・日本文理
167cm76kg 右投右打
 高3時には夏の甲子園ベスト4を経験した実力者。けがからの復帰を果たし、1年春以来のリーグ戦出場を目指す。得意とするゲームメイクを武器に正捕手の座を狙えるか。パワフルな打撃にも注目だ。

中村浩人 捕手

 ー昨季をふりかえって
ただ悔しいシーズンでした。

ー出場機会が少なかったですが
春のオープン戦で結果を残せたのですが、いざリーグ戦になると扇の要として、チームに貢献することが全然できませんでした。

ー伊藤士選手について
同じポジションで、他の選手がでたらやっぱり悔しいです。

ーこの冬取り組んだことは
課題が打撃なので、苦手な部分を少しでもなくして、捕手はこいつしかいないなという存在になりたいです。

ー青木久典監督からアドバイスを受けていましたが
置きティーの練習で、バットの軌道とか自分の打つポイントとかをしっかり定めて打つともっと良くなるよという話をいただきました。

ーリード面で意識することは
打たれないことは大事なんですけど、投手が投げやすいようにリードすることと、自分の意思をしっかり伝えること、最小失点を意識することです。

ー意識しているプロ野球選手は
小林(誠司,巨人)選手です。送球の動作とか勉強になりますし、阿部(慎之助,巨人)選手から良い部分を吸収しているので、自分も見習いたいです。

ー期待の1年生は
横浜高校の村田(雄大,人1)です。めっちゃ飛ばします。

ー今季のキーマンは
熊谷(拓也,キャ4)さんです。熊谷さんが先発の柱としていけば、優勝できると思うので、一緒に頑張っていけたらと思います。

ー熊谷投手をリードするポイントは
勢いに乗ったら手がつけられない投手なので、気持ち良く投げさせることです。

ーオープン戦の調子は
鎌倉が調子が良いので、鎌倉の方が出場してますけど、自分がでた時その少ないチャンスをモノにしたいでです。

ー個人的な目標は
エラーをしないこと。また、自分がベストナインを取れれば、優勝が見えてくるので。それが目標です。

ー意気込みを
去年1年間苦しい思いをしてきたので、その思いを晴らすのと同時に、今年が勝負の年なので必ず結果を残して、法政の捕手は中村だと言われるように頑張ります。

(取材:石川大悟)

nakamura R

中村浩人(なかむら・ひろと)
経営学部3年 1997年1月6日生まれ
熊本県出身・多良木
177cm75kg 右投右打
強肩がウリの捕手。昨季は悔しい思いを味わった。課題の打撃を磨いて今季こそレギュラーに。「法政の扇の要」として攻守でチームを鼓舞する。

伊藤寛士 捕手

ー開幕を控えて現在の心境は
今のところオープン戦に何試合か出さしてもらってますけど、まだまったくアピールできていないので、少し焦ってますけど何とか開幕までにもっとアピールしていきたいなと思います。

ー焦ってる理由としては、同じポジションの中村選手や鎌倉選手の存在がありますか
そうですね、捕手は先輩に中村浩人さんや鎌倉さんがいて、今その2人が中心でオープン戦とか結構やっているので、そこに自分も食い込まないといけなくて、秋リーグ戦出させてもらってるので、そこはやはりこの2人に負けることなくどんどん食い込んでいきたいと思っています。

ーそんな先輩2人とはコミュニケーションは取ったりはしますか
そうですね、普段はそんなバチバチしているわけではないので。

ー1年前と比べて気持ちの変化とかはありますか
気持ちの変化というのは、あんまりないですけど自分のなかでは結構リーグ戦も経験させてもらったので去年の今の時期に比べたら余裕を持って配球だったりは臨めているのかなと思います。

ー投手陣に対して求めていることは
すごい細かいことですけど、カウント1-1の時に次の球をストライク投げるかボール投げるかっていうのは違うと思うので1-1からの次の球をストライク取れるというか、直球であったり、変化球であったり1-1という平行カウントから有利に持っていくというのを自分も配球として意識していますし、投手にも要求してやってもらっています。

ー野球部のHPのプロフィールに座右の銘で「中京魂」と書いた理由は
やっぱ僕の野球人生の中で、中京で過ごした3年間っていうのはすごい色んな経験できたし、沢山のことを教えてもらったので、その高校時代の気持ちっていうのは大事だと思って座右の銘になっています。

ーこれは、大藤敏行元監督や高橋源一郎監督にご指導いただいてのことですか
そうですね、大藤先生もそうですけど、高橋監督だったり、今村(陽一)コーチだったり、そういった人たちから色々教わって、今まで小学校、中学校とか野球というものをそんなに教えてくれる人っていなかったので高校入って「野球」ってこういうもんだぞっていうのを教わりましたね。

ー意外と中学校の時から日本代表の経験がありますけど、ほぼ高校時代に色んなことを教わったのですね
中学校の時までは本当にセンスで野球をしてて「野球」ってあんまり考えたことはなかったですけど、高校入ってやっぱり高いレベルに入ってくるにつれて先生方から色んな頭使って野球をやることとかを学びましたね。

ーでは先程の1-1からの次の球を大切にしているといった話も高校時代に学んだということですか
そうですね、高校時代の経験ですね。投手がコントロール良かったのでそういうことを多く考えてましたね。

ー昨季の成績について
秋は結構、リーグ戦の後半に試合出させてもらったんですけど、自分のなかで慣れていなかったというかリーグ戦に出て結果を残せるような精神的な状態じゃなくて、とにかく出て球に食らいついたりだとか必死に必死にやってたっていう感じがありました。あんまり成績は良くなかったですけどリーグ戦っていうものを経験できて去年はまず良かったのかなと思います。

ーキャンプで取り組んだことは
キャッチングを言われてたので、キャッチングをしっかりできるようにっていうのとバッティングも色々タイミングの取り方だとか色々自分で考えながらやってました。

 ーキャッチングの課題というのは具体的には
変化球とかグローブが垂れるというか止まらないことがあったので今もたまに流れることがありますけど、比較的止められるように。六大学の審判ってそういうのを気にすることが多いので、しっかりストライクと見えるようなキャッチングを意識したいですね。

ー高校野球の審判と六大学野球の審判ではストライクゾーンが違ったりしますか
そうですね、はい。個性が強いというか六大学は審判一人一人で変わってきますね。

ー伊藤士選手の持ち味は
キャッチャー面ではサインを迷わずにポンポン出していくタイプなので結構テンポがいいのかなと思います。

ー青木監督から何か声を掛けられたりとかは
特に具体的にはないですが、期待はされてて結構声は掛けてもらってはいますね。でもあんまりそれに応えられていない自分がいるので、それには応えていかないといけないなと思いますね。

ー他大学で対戦したい投手は
森下(暢仁,明大)ですね。

ー高校日本代表で一緒にやってたからですか
そうですね、1回もまだ打席には入ったことはないので。受けたことはあるんですけど打席には入っていないので1回やってみたいなと思いますね。

ー周囲の期待はどう感じてますか
あんまり感じないタイプですけど、期待されているなら結果とか出していかないといけないなと思います。今のままでは絶対にダメなので期待に応えられるようにしたいです。

ーキャッチャーミットに「盗塁上等」と刺繍されていますが、どういう意図ですか
高校時代に結構、肩に自信があったので走れるものなら走ってみろみたいな強気じゃないといけないなと思ったので。

ー今季の目標は
とりあえず、捕手で上にいる2人に負けないこと。そしてその2人に競り勝って正捕手にならなきゃいけないと思っていて勝負のシーズンだと思っているので、その2人に勝てるようにやっていきたいなあと思います。

ー最後に法大を応援してくれているファンの方々に一言お願いします
優勝がだいぶ遠のいているので、バッテリーが弱いとここ数年言われている法政ですけど捕手からしっかり投手陣盛り立てて、とにかくバッテリーが良くて法政が優勝できたと言えるようにやっていきたいかなと思います。

(取材:具志保志人)

kanzi R

伊藤寛士(いとう・かんじ)
文学部2年 1997年6月2日生まれ
愛知県出身・中京大中京
172cm95kg 右投右打
昨季は後半戦から、正捕手に定着。今季は、キャンプから課題のキャッチングの改善に取り組んできた。高校時代から日本代表に選出されるなど経験豊富なリードを持ち味に、六大学2年目のシーズンでの飛躍をを誓う。

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み