硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第9回 ~定位置奪取に燃える2年内野手編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第9回は相馬優人、福田光輝、安本竜二の3人。虎視眈々とレギュラーを狙う彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

souma800 R
チーム1の守備力を誇る相馬

選手インタビュー

相馬優人 内野手

ー昨年を振り返って  
まず、春もベンチ入りさせてもらっていたのですが、試合に出場する機会もなくて悔しい思いをしていました。常に「なんでベンチに入っているんだろう」と感じていて、そこで秋は絶対出てやろうと思いました。頑張って秋出られるようになって結果としては全然満足していないですけど、柳(裕也,明大=現中日)さんからヒットを打ったりして自信はついたと思います。でも、それでもまだまだ通用しないと感じたのでこれからもっとレベル上げていかないと活躍できないなと改めて感じた1年でした。

ー現在の調子は
調整不足でまだあまり上がってきていないので、焦りはあります。

ー冬場の練習で強化した部分は
まず体重を増やすことから始めました。見ててすごく細かったので体重増やしてパワー付けて、力負けしないような体作りに取り組みました。

ー今年は2年生になりますが、どのようにチームに貢献していきたいですか
 まずは試合に勝たなきゃいけないので、そういう面でどんな役割にしろ全うするだけですね。僕の後輩も入ってきたのでしっかりやらなきゃいけないなと思っていて、結局口だけだったらついてこないので自分がしっかりやってから指導したいなと思いますね。

ー今年は背番号が3になりました
龍馬(森,キャ4)さんから受け継いだというのもあって最初の方は正直プレッシャーを感じていた部分もありましたけど、期待されてるからこの番号を貰えるのだと思うので、しっかり結果も出して背番号3にふさわしいプレーをしていきたいと思います。

ー森主将はどんな主将ですか  
めっちゃイケメンです(笑)。リーダーシップがすごくあって、「ついていきたいな」って思える主将ですね。

ー今年の2年生の代の学年責任者は誰なのですか
僕と安本でやっています。

ー今年は健大高崎の宮本隆寛(人1)選手も入学しました
本当にめっちゃ真面目なんですよ(笑)。最初は馴染めるのかな?って心配ですごく声を掛けたりしてましたけど、意外とというか普通に馴染んでくれたのでそこは安心しました。何も考えないで楽しんでくれればいいなと思いますね。

ー開幕が迫っていますが現在の心境は
今年のチームは優勝を狙えるチームでもあると思うので、自分が出ても出なくてもチームに貢献して優勝したいなと思います。

ースタメン争いを勝ち抜くためのご自身のアピールポイントは
守備だと思います。あとはセカンド前に転がすバントができると思うので、バントと守備ですね。

ー今季の個人の目標は
スタメンになりたいですね。それがまず一番ですね。

ーリーグ戦への意気込みも込めて、応援してくださる方に一言お願いします
ここ何年かは優勝から遠ざかっているので、今年は絶対に優勝するので応援よろしくお願いします。

(取材:下河辺果歩)

souma R

相馬優人(そうま・ゆうと)
経営学部2年 1997年10月21日生まれ
千葉県出身・健大高崎
173cm70kg 右投左打
 機動破壊で世間を沸かせた健大高崎高校出身。昨季は1年生ながら9試合に出場。秋季新人戦の優勝にも大きく貢献した。チームトップレベルの守備力を生かし、スタメン争いを制したい。

福田光輝 内野手

-昨年を振り返って
上手くいった部分と上手くいかなかった部分がありましたけど、自分のためになった1年間だったと思います。

-昨春は開幕スタメンでした
出さしてもらっただけですね。ただ、自分の中で得られたものがたくさんあって、秋はあまり出られなかったんですけど、いい投手とたくさん対戦できたので凄いプラスになったと思います。

-対戦した中で一番印象に残った投手は
春の慶應戦の加藤拓也投手(広島)は今まで見たことのないストレートで、完全に力負けしました。

-冬に取り組んだことは
バッティングは自信があるので、守備に費やした時間が多かったです。

-昨年は二塁での出場がありました
自分は今までショートしかやったことが無くて、セカンドに行ったら見え方や角度が全然違いました。でも、試合に出たいという気持ちが多かったので、どこのポジションを任されても頑張ってやろうと思っていました。うまく出来たかはわからないですけど、自分の中では最低限は出来たかなと思っています。

-遊撃手へのこだわりは
ショートは野球を始めた時からやってるんですけど、そんなに強いこだわりは無いです。今はレギュラー確定ではないので、試合に出ること優先で頑張ろうと思っています。

-レギュラー獲得に必要なことは
守備と走塁ですね。守備でも走塁でもスピードが凄い重要だと思うので、自分はそこだけを意識して頑張りたいです。とにかく1歩目ですね。

-オープン戦の調子は
試合によって良かったり悪かったりの繰り返しですけど、試合の後に練習して、常に取り組んできたことを意識してはいます。自分の調子は悪くなくて、気持ちと技術が合わさってきている段階です。

-ここだけは負けないという部分は
バッティングでの気持ちの強さです。ここは負けたくない部分なので。

-後輩も入ってきて意識していることは
特にないですね(笑)。あまり気持ちの部分で先輩だからとかは無いです。

 -開幕までに取り組みたいことは
全部レベルアップしなくてはいけないですけど、中でも守備の安定さとスピードです。実践で少しずつ上げていきたいです。

-今年の目標は
去年1年間は結果は残せていないですけど、いい経験はできたので、気持ちでぶつかっていっていい結果を出したいです。

(取材:川北一輝)

hukuda R

福田光輝(ふくだ・こうき)
人間環境学部2年 1997年11月16日生まれ
大阪府出身・大阪桐蔭
176cm78kg 右投げ左打ち
昨春は1年生ながら開幕スタメンに抜擢された期待の内野手。多くのドラフト指名選手との対戦も経験した。今年は自慢の打撃に加え、守備と走塁も更なるレベルアップをはかり、法政優勝の原動力となる。

安本竜二 内野手

ー昨季を振り返って
1年生ってこともあって、全然戦力的には、チームに全く貢献というか役には立ってなくて、1年経ったので今年はそういった面でもチームに貢献できればいいのかと思います。

ーキャンプで取り組んだことは
まずは、速球に打ち負けないようなバッティングを意識していました。

ー自分の役割、立ち位置は
法政大学は、左打者が多くて僕は右打者なので、そういった意味で貴重な存在に なれるように頑張りたいと思います。打撃力を磨いていきたいなと思います。

ー仲のいい、先輩とか同期とかいますか
礼葉(弘樹,経2)くんです。

ー昨年、出場機会はなくて出れない理由とか自分のなかで分かってたりしますか
いや、まぁ単純に力が足りないので。まだまだっていうことも分かってますし、焦らずちゃんと成長していければいいのかなと思います。

ー他の2年に比べて劣ってると感じるってことですか
2年生と比べてるというか、僕が出るとしたら内野なので、その立ち位置を考えたときに、まだ力が足りてないと思っています。だから周りの選手どうこうではないです。

ー今季の法大は、内野手のレギュラー争いが激化していると思いますけど、そこはどう感じていますか
選手層と言いますか、選手が多いですし皆いつ出ても活躍できるようにっていうのはしているので、僕も自分の長所を持ち味に出していければいいのかなと思います。

ー参考にしている選手は
守備で言ったら川口(凌,人3)さんです。

ーHPプロフィールの方で、特技が周囲を見ることって書いてあったんですけど、これは静岡高校時代の主将の経験があるのですか
それはあると思います。特技って感じではないかもしれないんですけど、まぁ長所っていう感じですかね。

ー今の2年生で学年を引っ張ってる選手とかいたりするですか
いや、多分決まってないです。全然まだまだって感じです。

ー尊敬している人に静岡高校の栗林俊輔監督を挙げていましたが
僕が静岡高校に入って、まぁ野球感であったり、人間的な面であったりを変えるきっかけになったのは、栗林監督のおかげだと思ってるので、そこで3年間野球できたっていうのは本当に財産なのかなって思っています。

ー高校時代が野球人生とって、大きな転機だったということですか
そうですね、間違いなく。

ー人間的な面というのは、どういったことですか
野球人である前に、1人の人間としてあれと教えられて、ただ野球するだけではなくて基本的なことだったり、マナー、挨拶なども一から教えていただいたっという面で成長できました。

ー法大に入学して1年で成長したことは
僕は、元々高校時代は寮生活ではなかったので、そういった意味でこの生活に慣れることから始まって。それもだいぶ落ち着いて、ある意味気持ちの余裕もできたので、そういった意味でここから野球の技術を上げていければなと思います。

ーやっぱり最初は、大学生活に苦労することもありましたか
そうですね。最初は、慣れないことばっかりだったので。

ー勉強面でも苦労されたのでは
慣れてうまくやれたのかなと思います。先輩にアドバイスもらいながらですね。

ー新しい1年生の印象は
やっぱり、名門校から入ってきている選手が多いので、いい選手が多いですし負けないように頑張りたいなあと思います。

ー特にいいと思う1年生は
投手の柏野(智也,営1)。やっぱいい球投げてますし、すごい1年生ですけど堂々としていると思いますね。

ー自分の持ち味は
技術的な面はまだまだなので、気持ちの面ですかね。技術的には劣ってる面が多いと思うので、そういった意味でも気持ちでカバーして強気でやっていかないといけないかなと思います。

ー今年の2年生の雰囲気は
仲もいいですし、まとまりもあって、やる時はやるメリハリがあっていいかなと思います。

ー先輩とコミュニケーション取ることは
多いですか そうですね、1年生の最初の時はやっぱ結構そういった面は苦労することはあったりしましたけど、2年生になって下が入ってきて、そういった意味でも3,4年生ともっとコミュニケーションを取らないといけないかなと思うようになりましたね。

ー最初は先輩が恐かったのですか
恐いというか、自分からそういうのを避けていたというのはあったので。

ーそこは1年間での気持ちの変化として先輩とコミュニケーションを取るようにしているということですか
はい、そうですね。

ー今季の目標をお願いします
春は1回でもベンチに入って、1打席でも多く打席に入って、沢山の経験をしたいかなあと思います。

ー法大ファンに一言お願いします
グラウンドに出たら全力で声出してプレーするので、静岡から来た安本という選手をその日で印象づけられるような存在感を出していきたいなあと思います。よろしくお願いします。

(取材:具志保志人)

yasumoto R

安本竜二(やすもと・りゅうじ)
経営学部2年 1997年5月28日生まれ
静岡県出身・静岡
179cm80kg 右投右打
左の強打者が多い法大打撃陣のなかで、貴重な右打者。状況に応じた堅実な打撃と内野の全てのポジションをこなす器用さ兼ね備える。レギュラー争いの激しい内野手で競争を勝ち抜き、神宮のスタンドを沸かせる。

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み