硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対立大 4番羽根が猛打の活躍も… 終盤に逆転され連敗を喫する

東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対立大
2017年4月16日(日)
神宮球場

フレッシュリーグの2戦目の相手は立大。4番羽根、宮本隆の適時打などで、リードするも終盤に2番手新井悠が逆転を許して連敗となった。その中でも1年生ながら4番に座った羽根が適時打を含む猛打賞の活躍など、新戦力の台頭が目立つ試合となった。

top R
3安打2打点の活躍も勝利には繋がらなかった

試合結果

トータル試合結果

 12345678HE
立 大 0 1 1 0 0 0 3 0 5 10 1
法 大 1 0 2 1 0 0 0 0 4 7 0

(立大)桜庭、〇中崎-佐藤揮、小松
(法大)高田、●新井悠、磯川‐古山
[本塁打] 毛利1号ソロ(1回=桜庭)、上野1号ソロ(3回=高田)、

 

打撃成績

打順位置選手12345678
1 (9) 宮本隆 3 1 1 空三振   死球 中前安①     一ゴロ  
2 (4) 杉村 2  0 0 左飛   四球 左邪飛        
  H4 永廣 1  0 0             空三振  
3 (7) 毛利 4  2 1 左越え本①   見三振   右飛   二内安  
4 (5) 羽根  3 3 2 右前安   右中間二②   四球   右翼線二  
  R 内藤  0 0 0                
  6 佐藤勇 0 0 0                
5 (6) 中村迅 3 0 0 三飛   右飛   空三振      
  H5 西山 1 0 0             見三振  
6 (8) 札葉 4 0 0   遊ゴロ 三邪飛   遊ゴロ     右飛
7 (3) 小谷 2 0 0   中飛   死球   右飛    
  H 村田 1 0 0               空三振
8 (2) 古山 2 1 0   中前安   捕犠打   遊ゴロ    
  H 伊藤士 1 0 0               遊ゴロ
9 (1) 高田 1  0 0   遊飛            
  H 宮崎 1 0 0       三飛        
  1 新井悠 1 0  0           投ゴロ    
  1 磯川 0 0 0                
    30 7 4                

 

投手成績

  球数 打者
高田 4 64 17 5 7 0 2
新井悠 2 2/3 39 11 3 1 0 3
磯川 1 1/3 21 6 2 0 0 0
9 124 34 10 8 0 5

 

ベンチ入りメンバー

11 磯川(経2=川越東) 4 高津(経2=法政二) 35 宮本隆(人1=健大高崎)
13 新井悠(営2=折尾愛真) 6 西山(法2=市和歌山) 1 毛利(法1=愛工大名電)
14 髙氏(文2=立命館慶祥) 7 高橋(経2=山形南) 8 札葉(経2=川越東)
15 高坂(文2=愛産大工) 23 羽根(社1=日大鶴ヶ丘) 9 内藤(文2=法政二)
17 水澤(営2=広島商) 24 佐藤勇(法1=中京大中京) 28 青野(社2=広島井口)
18 高田(法1=平塚学園) 25 小谷(文1=倉敷商業) 33 村田(人1=横浜)
20 伊藤士(文2=中京大中京) 26 中村迅(営1=常総学院) 36 山野(法1=磐城)
22 古山(社2=法政二) 31 永廣(営1=大阪桐蔭)    
27 宮崎(法2=宇部商) 34 杉村(文1=広島新庄)    

  

戦評

雲一つない晴天で迎えたフレッシュリーグ第2戦。 フレッシュリーグ初勝利を目指す法大はメンバーを大きく入れかえて立大戦に臨んだ。
法大の先発の高田考一(法1)は、初回を2奪三振の三者凡退で切る見事な立ち上がりを見せる。するとその裏、二死から3番毛利元哉(法2)の左越えソロで先制する。しかし、2回二死から6番三井健右に左越え二塁打を打たれると続く7番小倉大貴に中前適時打を浴び同点とされる。さらに続く3回には1番上野貴裕に右越えソロを打たれ逆転を許してしまう。このままでは終われない法大は3回の攻撃で流れをつかむ。先頭の宮本隆寛(人1)が死球で出塁し、続く杉村泰嘉(文1)もボールを見極め四球を選ぶ。1死一、二塁のチャンスで打席には4番の羽根龍二(社1)。初球を見事にとらえ、右中間を破る2点適時二塁打を放ち逆転に成功する。続く4回にも2死二塁から宮本隆の中前適時打で点差を2点に広げる。5回からは左腕の新井悠太朗(営2)がマウンドへ。2イニングを6人で抑え、試合の主導権を握ったかに思えた。しかし7回、3イニング目に入った新井悠が捕まる。三井、小倉に連打を浴びると、8番中崎響介の犠打で1死二、三塁のピンチを招く。代打の佐々木良介を空三振を抑え二死とするも、続く1番上野に中越え2点適時三塁打を打たれ同点とされると、新井悠に代わって登板した磯川雄太(経2)も、代打の山岸哲也に中前適時打を浴び、この回3失点で試合をひっくり返されてしまう。勝利へあとの無い法大はその裏、二死から毛利、羽根の連打で二死2.3塁のチャンスをつくる。一打逆転のチャンスで代打西山翔真(法2)が打席へ。しかし、外角低めのストレートに手が出ず見三振。チャンスを逃すと、8回も三者凡退に抑えられ、連盟規定によりこの回で試合終了となった。連敗と厳しいスタートとなったフレッシュリーグだが、このまま終わるわけにはいかない。名門復活への鍵を握る若手選手たちが、オレンジの誇りを胸に次こそ勝利を掴む。(川北一輝)

 

クローズアップ

羽根龍二 (憧れの神宮で猛打賞 次代の主砲候補だ)

 今日のヒーローは間違いなくこの男だ。1年生ながら4番の座を射止め、猛打賞、打席に立てば必ず塁にでる大活躍を果たした羽根龍二(社1)。

3回、1死一、三塁。「初球から狙っていた」と右中間を突き抜ける二塁打。チームは2得点をあげた。3打席目は粘って、四球を見極め、4打席目には待っていたというスライダーを右翼に二塁打。頼れる4番としての存在感を存分に発揮した。

高校時代、神宮球場を目指した西東京大会ではベスト16。羽根にとって神宮は憧れの舞台だった。初めての神宮となった早大戦では「緊張した」と初々しさをのぞかせたが、今日は積極的に声を出し、チームを活気づけたことが、自分の結果にもつながった。

「法政の4番としてリーグ戦で優勝したい」と試合後もあどけない笑顔で応えてくれた。目標にあげるのは4番として活躍する強打者中山翔太(人3)。法大を背負って立つ未来の4番候補が誕生した。(大平佳奈)

closeup R

選手インタビュー

古山侑杜 捕手

-今日の試合を振り返って
リードしていた場面で、バッテリーで踏ん張り切れなかったです。リーグ戦と同じような展開となってしまったので、チームとして反省しないといけないと思います。

-試合中に意識していたことは
先発が高田で、真っ直ぐに球威がある投手なので、どんどん押していこうと思ってやっていました。

-1安打、バントも成功と存在感を示しました
打順が8番で、次の打者が投手なので、しっかり打って次の打者、次の回に繋げられたことは良かったと思います。

-今日の投手陣の調子は
投手の調子は良かったです。凄くいいボールを投げていましたけど、自分の構えが高かった分打たれてしまったと思います。

-連打を浴びる場面が目立ちました
自分がもっと投手に声をかけてあげられればよかったと思います。

-フレッシュリーグ2連敗となりました
もう負けられないので、今日の負けを引きずらないで、反省を活かして戦いたいです。

-今日のスタメンが決まったのは
前日に言われました。

-ご自身の持ち味は
送球です。ただ、今日はあんまり発揮出来ませんでした。

-今後に向けて
まずは残り3戦全部勝って、負けない法政というのを作っていきたいです。そうすれば、リーグ戦にも繋がると思うので。

毛利元哉 外野手

 ―今日の試合を振り返って
今日は自分も初めてフレッシュのメンバーに入って、早大戦のフレッシュも負けていたので、あと全部勝って優勝できたらという気持ちで臨みました。

―オープン戦では調子がいい印象を受けましたが、リーグ戦ではなくフレッシュリーグに出場ということになった要因はなんだと考えますか
自分も何で外れたか分からないんですけど。でも、最後の方のオープン戦では結果が出てなかったので、それでひょっとしたら交代でかわったのかなとは思いました。

―初回には先制となる本塁打を打ちました
打った球は外のまっすぐでした。でも、自分的にはホームランを狙うという感じではなくて、2死とられたので、とりあえず塁に出ようと強く振ったら入ったので良かったです。

―今日は2安打でしたが、ご自身の調子はどうですか
自分的には悪くないかなとは思いますけど、4打数2安打なので、できたら4打数4安打打てるようになるといいかな、と思います。

―今日は接戦となりましたが、競り負けた要因はどこにあると思いますか
立教はチャンスのときにはちゃんと打ってきているので。でも自分たちはチャンスは作りますけど、しっかりとランナーを返すことができないで残塁のまま終わったりというケースも多かったので、チャンスに強いバッティングができたらなと思います。

―今日の試合で収穫や課題はありましたか
今日はフライばかりあげていた印象があるので、全体的に凡フライみたいなものが多かったので、もっと低めの強い打球だったら相手もエラーをしやすくなりますし、繋ぐバッティングができたりするのかなと思います。

―今日3安打だった羽根選手について
羽根は、練習でも普通にバッティングいいですし、あいつが4番だったのは自分にとってもでかいなと思いますね。

―最後に次に向けて意気込みをお願いします
多分優勝はなくなってしまったと思いますけど、あと全部勝って上位に3位や2位に食い込んでいけたらなと思います。

羽根龍二 内野手

 ー今日の試合振り返って
個人の結果としては1打席目から、前回の試合で1打席目から結果出せなかったので、今回その反省を活かして、調子よくバットを振れたのですが、チームとしてはあと一本出せずに悔しい負け方をしてしまったので、来週は空くのでこれからそれぞれの課題をしっかり振り返って、また次勝てればいいと思います。

ー1打席目は毛利選手の本塁打からの安打でした
ホームランの後って投手は大体ストライクをいれたがる習性があるので、初級というのは1番打ちやすい球だと打席に入る前から思っていて、迷いなくスイングできました。

ー2打席目は2点適時二塁打でした
同じ投手だったので、1打席目入った時に自分的によく球が見えてたので今日はバット振ったら当たるかなと思って、どんどんまた初球から振っていこうと思ったら、いい形で結果出ました。

ー3打席目は8球粘って四球を選びました
投手が変わって、ストレートが早い投手で見極めも難しかったのですが、ここで三振しないように、せめて当てて当てて、粘って粘って、塁に出れば次のバッターにつながるのでチャンスを広げられればと思って打ちました。

ー4打席目は二塁打でした
2球目はスライダーだったと思いますが、スライダー貼っていて、スライダーくるかなと思って、変に引っ張ろうとすると内野ゴロになってしまうので逆方向に粘って打ちました。

ー今日は選球眼が冴えてましたか
そうですね、ほんとにいつもよりよく見えてました。

ーチームとしては負けてしまいましたが
投手としては四死球が少なかったのが良かったと思います。負けはしましたが、自分たちは前回ヒット2本で終わったのですが、今回は何本も打って、チャンスで一打、どういう風に点取るかというのをもっと突き詰めて練習していきたいです。

ー2回目の神宮はどうでしたか
前回、神宮は本当に憧れの舞台だったので、緊張したのですが、内野手で前回出てない人が多く出てたので前回出てる自分から、周りの1年生を盛り上げていけるように声を出したら、自分の結果にも繋がりました。

ー1年生も多く出場していましたが、ライバル心とかは
そうですね、特にファーストの小谷はサードも守っていたり、長打力だったり、自分とキャラが似てるので、小谷には負けないという気持ちで練習しています。

ー1年生ながら4番を任されていますが、将来はどんな選手になりたいですか
リーグも活躍してる中山(翔太,人3)選手のようなパワフルな打撃と声でチームを盛り上げていきたいです。法政の4番として、活躍できるようになりたいです。

ー先輩たちの試合を見て、感化されるものは
序盤に大西(千洋,営3)さんのホームランとか、今まで結果が出なかった時のホームランだったので、さすが習性能力が高いというか、自分が凡打しても次の試合で修正しているというのが先輩たちの凄いところだと思います。

ーやはりリーグ戦に出たいですか
まだまだ守備に不安を抱えていて、自信がないので、今リーグに出ても周りについていけないと思うので、しっかりこの1年で守備を鍛えて、2年春や秋くらいから出場したいなと思っています。

ー守備に不安というのは
送球に難があるので、送球というのを守備では大きく課題としていて、今後の練習でも送球にこだわってやっていきたいです。

ー周りから声をかけられましたか
試合中も、試合終わってからもみんなに「ナイスバッティング、ナイスバッティング」と言われて、試合は負けてしまったのですが、いい結果出せたと思います。

ー次回の目標は
1打席目から今回のように結果出して、今回は二塁打止まりだったのですが次こそホームランを打ちたいと思います。

ー4年間の目標は
法政の4番として、チームのみんなから信頼できるような、チャンスで羽根に回せば必ず打ってくれるというくらいのバッターになって、リーグ優勝したいです。

宮本隆寛 内野手

 ー今日の試合を振り返って
 今日の試合勝てる試合でしたし、自分自身があまり塁に出ることが出来なかったと思います。

ー適時打を放ちましたが
 前の打席まではタイミングが合ってなかったですけど、チャンスの場面でランナー返したいと思って打席に入りました。打ったの外角高めのストレートです。来た球に素直にバットが出せました。

ー大学初安打となりました
 まだスイング不足で上のレベルについていけないと思いますけど、次に繋がると思うのでこれからしっかり打てるようにしたいです。

ーポジションは本職の内野ではなく外野でしたが
 高2のときにライトで出てたので、やりにくさはなかったです。

ー同級生の羽根選手は猛打賞の活躍でした
 羽根は本当に夜も室内で練習してるので、努力してる面が結果に出てると思います。

ー健大高崎の先輩の相馬(優人,営2)選手もリーグ戦で活躍してますが
 先輩が頑張っていて、高校の監督さんにも届いていると思いますし、自分だけ届いてないのはいやなので、明治にいる石毛(力斗)も活躍してるので、負けてられないです。這い上がっていきたいです。

ー相馬選手はどんな先輩ですか
 高校のときから常に教えてもらってばっかでしたけど、本当に優しく教えてもらってます。

ー次戦に向けて
もう1回出させてもらえるなら、役割をしっかり理解して、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。

フォトギャラリー

  • takada R先発した高田
  • mouri Rリーグ戦ベンチ外の悔しさを晴らした毛利
  • hane R羽根は全打席で出塁を果たした
  • huruyama Rスタメンマスクの古山は安打を放った
  • nakamurazin R5番に座った中村迅
  • miyamoto R4点目の適時打を放った宮本隆
  • araiyu R敗戦投手となった新井悠
  • isokawa R3番手で登板した磯川
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み