硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季リーグ戦 第4週 明大2回戦 ついに法政にも春が来た!! 菅野7回0封&森のリーグ1号で宿敵から勝ち点奪取!!!

東京六大学野球 春季リーグ戦 第4週 明大2回戦
2017年4月30日(日)
神宮球場

昨日の試合、初勝利を上げた法大。今度は、今季初の勝ち点奪取に向け、「血の法明戦」第2ラウンドが始まった。試合は、先発菅野が7回を無失点の快投を見せると打撃陣が3回から7回まで毎回得点で菅野を援護した。最後は昨日に引き続き、熊谷が2回を圧巻の投球で締めくくった。これで貴重な勝ち点を宿敵明大から奪い勢いをつけて慶大戦に挑む。

top R
颯爽とダイヤモンドを駆け回る森主将

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
法 大 0 0 1 1 1 1 1 0 0 5 11 0

(明大)●森下暢(1勝1敗)、石毛、三輪、高橋、入江-清水風、西野
(法大)〇菅野(1勝)、熊谷-鎌倉、中村浩
[本塁打]森1号ソロ(5回=森下暢)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (6) 相馬 4 1 1 .350 遊内安   中犠飛①   一ゴロ ニゴロ   遊ゴロ  
2 (7) 3 1 1 .294 投犠打   空三振   左越えソロ①   ニゴロ    
3 (4) 川口 4 1 0 .185 二ゴロ   右飛   右前安   空三振    
4 (3) 中山 4 2 0 .286 空三振     右前安 空三振   中前安    
5 (5) 小林 2 0 0 .192   一ゴロ   投ゴロ          
  H5 福田 2 1 0 .400         一ゴロ   右前安    
6 (9) 大西千 3 3 1 .412   四球   左翼線三①   ニ内安 遊内安    
7 (2) 鎌倉 3 1 1 .200   ニ併   ニ直   左翼線ニ①      
  H 大崎 1 0 0 .000             一ゴロ    
  1 熊谷 0 0 0 .000                  
8 (8) 舩曳 3 1 0 .235     右翼線ニ 敬球   見三振   空三振  
9 (1) 菅野 2 0 0 .000     投犠失 空三振   一ゴロ      
  2 中村浩 1 0 0 .000               中飛  
    32 11 4 .223                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 7 102 27 4 7 4 0 1.17
熊谷 2 29 6 0 3 0 0 5.17
9 131 33 4 10 4 0 3.23

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ4=日大三) 22 駒場(文4=鹿沼) 25 福田(人2=大阪桐蔭)
12 河野太(文3=法政二) 27 中村浩(営3=多良木) 33 斎藤卓(社3=大宮西)
13 菅野(キャ3=小高工) 2  川口(人3=横浜) 1 大西千(キャ3=阪南大)
17 熊谷(キャ4=平塚学園) 3 相馬(営2=健大高崎) 8 清水ニ(法4=中京大中京)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 4 俵積田(人4=阪南大) 29 舩曳(キャ2=天理)
19 長谷川(経4=聖望学園) 5 原田(法3=春日部共栄) 37 中山(人3=履正社)
34 柏野(営1=広陵) 6 大崎(法4=智辯学園) 42 竹之内(営3=法政)
36 落合(法1=常葉菊川) 7 小林(法3=中京大中京)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 23 町田(社4=桐蔭学園)    

 

リーグ戦結果(04/30現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――   △◯●●   △◯◯   7 3 2 1 .600
  ――   ◯◯ ●● ◯◯ 6 4 2 2 .667
△●◯◯   ――     ◯◯ 6 4 1 2 .800
  ●●   ―― ◯◯ ◯◯ 6 4 2 2 .667
△●● ◯◯   ●● ――   7 2 4 1 .333
  ●● ●● ●●   ―― 6 0 6 0 .000
 

戦評

「長いトンネルを抜けた」。長く苦しみを味わってきた法大戦士たちの前に、ついに待ちわびた景色が広がった。

血の法明戦2日目。宿敵相手に今季初の勝ち点奪取への期待が高まる今試合、オレンジ色に染まったスタンドはいつにも増して熱気に包まれていた。 そんな会場の熱い期待を背負い、マウンドに上がったのは今季初先発の菅野秀哉(キャ3)だ。 両者ともに2回までは1安打無失点と、均衡した投手戦。しかし3回、舩曳海(キャ2)の二塁打を皮切りに、法大の圧巻の連続得点劇が始まった。
tati R
明大の犠打失策で無死一、三塁の好機とすると、相馬優人(営2)がフルカウントからファウル4球まで粘ったのち、10球目で犠飛を放ち、舩曳が生還。先制点を挙げることとなったこの打球は、チームを勢い付けるものとなる。続く明大の攻撃。今日は取ったら取り返される法大ではなかった。5番平塚大賀が左前へ反撃打を放ったものの、菅野はものともせず安定したピッチングを続け、無失点で抑えた。 4回、大西千洋(営3)が放ったのは持ち前の俊足をも活かした適時三塁打。「自分のスイングができた」と、本来の自身の姿を取り戻した。続く5回、主将・森龍馬(キャ4)の打席が回り、放たれた打球は、見事なアーチを描き、自身リーグ戦初の本塁打で追加点を挙げる。

まだまだ法大の快進撃は続く。6回、二塁内野安打で出塁した大西千の後、「1球目から千洋が走れるように工夫していこう」と意気込み打席に入った鎌倉航(法3)が適時二塁打を放ち、さらなる追加点を挙げた。 ここまで明大打線を完全に封じてきた菅野であったが、7回表、久々に四球を許すと、明大吉田優樹が左翼へと安打を放たれると痛恨の捕逸。焦りからかまたも四球を許すと、1死満塁のピンチをつくってしまう。いつもであれば、ここで得点を許してしまうような展開であったが、この日の法大は違った。代打河野祐斗の三ゴロを三塁手福田光輝(人2)と一塁手中山翔太(人3)の好守で、併殺に取りこの回を終えた。ここまで耐え抜いてきた菅野をチーム全員で援護。1得点も与えないというチーム全員の共通認識が、形となって現れた瞬間だった。
run R
7回の攻撃、スタンドからは応援歌「チャンス法政」が流れ続けた。中山、福田、大西千の見事な3者連続安打で満塁の好機を創出すると、2死満塁の場面で、明大は高橋に交代。するといきなりの暴投で、中山が生還しダメ押しを決めた。 7回まで終え、得点を見れば5回連続得点と、今までの法大からは想像もできないようなゲーム。先発菅野もここまで無失点7奪三振と、言い分のないピッチングを披露。 8回からは昨日も見事抑え切った熊谷拓也(キャ4)がマウンドへ。いきなり三振を奪った上、自身最速の152km/hを連発。最終回も三者凡退に抑え、菅野、熊谷の完封リレー。完全勝利で血の法明戦に幕を閉じた。 明大相手に見事な5回連続得点、完封試合。苦しみに耐え抜いた故、チームは花開いた。昨年から1番の課題として上がっていた投手陣であったが、今カードでは見事な試合を作ってくれた。例え投手が崩れたとしても、法大が誇る強力野手が「1つのアウトを全員で連携してカバーしあっていく」。全員で、打たれない野球を完成させた。

法大の低迷時代はもう終わり。残すカードは慶大、東大。4試合全てを、今日のような試合で勝利をみせる。(山口有沙)

クローズアップ

大西千洋 (猛打賞でスピードスター復活 王座奪還へ欠かせない”ピース”の1人)

法大不動のリードオフマン、大西千洋(営3)。昨年は、日本代表にも選出されるなど大学野球を代表する選手にまで成長。今季は、間違いなく法大優勝への鍵を握る人物のはずだった。しかし、明大戦直前までの打率は.2割。本塁打を放つ場面もあったが、いまひとつの結果だった。打順も上位から下位に落ち、立大3回戦では先発からも外されてしまう。チームも大西千の不振と同じくして、2カードを立て続けに落としてしまった。それでも空き週を挟んだこの2週間、大西千は「焦りはなかった」と話す。バットは振れている。この冬取り組んだことを信じて、練習に明け暮れた。そして向かえた明大戦。大西千は、ダイヤモンドを駆け抜けた。2試合で7打数5安打。チームも連勝で勝ち点奪取を果たす。青木監督も「あれぐらいやってもらわないといけない選手」と復調を喜んだ。復活を誓って臨んだリーグ戦も残りわずか。大西千が本来の1番に戻ってきたとき、かつての強豪法大野球部が戻ってきているだろう。(具志保志人)

closeup R

 監督・選手インタビュー

青木久典監督

ー今季初の勝ち点を取ることができました
 長いトンネルを抜けたなと思います。今日もプロ併用日ですから、9回で決めなきゃいけない中で菅野がゲームを作ってくれました。そこが一番大きい所でしたね。

ー先発の菅野投手が好投をみせました
やっと暖かくなって、体も癒えてきたので、このタイミングだと思って先発させました。良かったですけど、回が進むにつれて、へばってましたからそこが練習不足のところが響いてきたのでしょう。それでも良く初先発でチームを勝ちに導いてくれたなと思います。

ー7回の先頭打者の四球でマウンドに向かわれましたが
 点差はありましたけど、球が抜けていたので。嫌な感じがして、本人に点差のことについてや体力の面で激励をしにいきました。

ー7回は善波監督も代打攻勢を強めたので、勝負のイニングとなりました
 そうですね。百戦錬磨の監督ですから、あそこが勝負所だったと思います。

ー7回は福田選手と中山選手の好守が光りました
 福田もいいプレーをしたとは思いますけど、今日は中山の守りじゃないでしょうか。今日は再三低い送球を身を呈して、なんとか止めてやると思いで死守してましたから。チームを救ってくれたと思います。

ー先制の場面は舩曳選手の長打から始まりました
彼の力量からしたらそれくらいやってくれると思いますし、非常に勝負強い所があるので。フライのお見合いのことをあったから、余計に燃えるものがあったと思います。

ー先制の犠飛を放った相馬選手もいい粘りがありました
 彼は勝負強さもありますし、あれだけ粘られると投手も苦しいですから。本当にチームに勢いをつけてくれたと思います。

ー大西千選手の適時打を大きかったと思います
 大きかったですね。小林に犠打のサインを出したんですけど、決まらずに大西を追い込まれて。厳しいなと思っていたですけど、本当に粘りよく食いついてくれてね。2点目は大きかったと思います。

ー大西千選手も本来の姿を取り戻しつつあります
 そうですね。皆さんが望むのは、そういうプレーだと思いますし、あれぐらいやってもらわないといけない選手だと思います。

ー復調の要因となったものは
 特に言葉はかけてません。ただ試合を重ねていく内に、変えられたり、舩曳が出てきたりというようなことが暗黙的に伝わったのではないでしょうか。彼もばかじゃないですから、このままでダメということで、練習の取り組み方や考え方を変えて今に繋がったと思います。

ー森選手のリーグ戦初本塁打については
 あれも大きかったですね。本当にキャプテンだからこそ打ってくれたなと。チームをいつも鼓舞するだけはありますね。

ー中山選手もマルチ安打で復調の兆しがみえますが
 方向がものすごくいいですからね。ボールに対して素直に入ってると思うので。

ー中山選手は五厘刈りで臨むなど気合いが入っていたと思います
 自分の考えですよ(笑)。怖いでしょ(笑)。

ー不振が続く小林選手は今こそ踏ん張りどころだと思います
 出続けるということは本当に大変なことだと思いますし、その中でも、チームに必要だと思われるような仕事をしていかなきゃいけないですから。ここはしっかり、自覚を持って取り組んでもらいたいと思いますね。

ー今季初の完封となりました
一番良かったのは投手陣ではないでしょうか。明治という嫌らしくもあり、しぶといチームを0で抑えましたから。

ー最後にファンに向けてメッセージをお願いします
 今日もたくさんの方々が来ていただいたということにいつも感謝しておりますし、それが本当に力になってるので勝ち点が取れました。慶応戦に向けてはこれを力にしてしっかり準備をしていきたいと思います。

森龍馬 主将 (5回にリーグ戦初アーチとなるソロ本塁打を放つ)

―今日の試合を振り返って
2連勝して勝ち点をとれたということは、本当にチームにとっては大きいことだと思うので、良かったと思います。

―明大からいい形で勝ち点をとることになりましたがその要因はどこにあると思いますか
本当に皆の絶対に勝つんだという気持ちが1つになったからじゃないかなと思います。

―5回には本塁打を打ちました
本当にもう食らいついていこうということで上手く反応できて、入るとは思いませんでしたが、皆さんの声援が後押ししてくれたと思います。

―3回に左中間へのフライを落球される場面がありましたが
 これに関しては、声の掛け合いが足りなかったと言いますか、実際声を出してはいたんですけど、神宮球場という応援のある舞台で、声が聞こえたのが本当にギリギリになってしまって。それでお見合いしてしまったという感じなんですが、声だけじゃなくて、ジェスチャーとかも加えて修正していきたいなと思います。

―先発として好投した菅野選手についてはどう思われますか
本当によく粘ってくれて。後で「ナイスピッチング」と言ってやりたいと思います。

―熊谷選手は最速の152㎞/hがでました
 あいつも意地だと思うので、本当に4年生の意地を見せてくれたと思うし、素晴らしいピッチングだったと思います。

―チーム的にも今までとは違った好守備が続きましたが、その要因はどこにあると思いますか
本当に1つのアウトを全員で連携してカバーしあっていこうというところじゃないですかね。今日も悪送球をファーストが止めたりとか、自分と舩曳のミスの時もピッチャーが何とか踏ん張ってくれたりとか、カバーし合える守備というところが一番だと思います。

―監督さんとは何かお話されたりしましたか
「ナイスバッティング」ということを言っていただきました。

―次に向けて収穫になったことはありますか
本当に試合の入り方だったり、絶対に勝つという気持ちが全面に出ていた試合だったので、これを絶対に忘れず、慶応戦も継続していきたいと思います。

―次の試合に向けて注意していきたいことと、意気込みをお願いします
本当に崖っぷちにいるので、1つ1つ目の前の相手と全力で戦っていくことが僕たちの使命だと思うので、そこを全力で頑張っていきたいと思います。

大西千洋 外野手 (3安打1打点1盗塁の活躍で連日の活躍)

 ー今日の試合を振り返って
今日は打つ方も投げる方も、とても良い試合が出来て良かったです。

ーご自身も猛打賞の活躍でしたが、そこら辺はいかがでしたか
ずっと調子は良かったので。良かったです(笑)

ー足も生かせての猛打賞でしたが
自分のスイングができた結果だと思うので良かったです。

ーここまで結果が出ず、下位に打順を落とされてましたが、明大戦までに取り組んだことは
いや、自分の中では調子悪いとかはなくてずっと良かったので、今までこの冬とかに取り組んできたことをやるだけだと思ってます。

ーでは結果が出ていなかったことに焦りとかはなかったということですか
いや、もう全然なかったです。

ーチームの雰囲気は今までの試合と比べて、この2試合の違いは
今までは、何というか気持ちが入りすぎてる感じがあったので、どっしり構えて自分たちの野球をやろうという事で明治戦からは入っていきました。

ーこれからのリーグ戦、個人としての目標は
やっぱりベストナインを狙っていきたいです。

ー最後に、慶大戦に向けて
慶応戦でもも自分たちらしく戦って、しっかり勝ち点を取れるように頑張りたいと思います。

鎌倉航 捕手 (打っては適時打を放ち、守備では完封勝利に導く好リード)

 ー今日のコンディションは
連戦も続いているので疲れは皆あると思うんですけど、僕自身もそういうのを踏まえてこの冬トレーニングしてきたつもりなので、そんなに意識することはなかったです。

ー今日は勝ち点奪取に向けた試合でしたが、チームの雰囲気はどうでしたか
これが僕たちの本来の野球だと思うので、チームの雰囲気はとても良いですし、みんなすごく明るく野球ができているので、1カード目、2カード目はどうしても勝たなければいけないという堅くなった感じがあって、勝つというところに行き過ぎてしまったと思うので、今は自分たちの野球をやるという風になっていて、すごい良い方向に向いてきているとは思います。 

ー今日は個人としてはどのような意気込みで試合に臨まれましたか
チャンスで回ってきたら1本打つことと、守備ではリズムよく攻撃に良い流れを持ってくるというのが自分の仕事だと思うので、そこを意識しながら強い気持ちでやろうと心がけていました。

ー先発の菅野投手の試合前の調子はいかがでしたか
真っ直ぐには勢いがありましたけど球が少し高くて、そこをどうしようかなと思ってましたけど、前半は勢いでおして中盤は変化球を散りばめながらいけたので、そういった面で僕としても菅野としても良かったかなと思います。

ー3打席目、大西千選手が出塁し、鎌倉選手はバントの構えでしたが、どういう役割を果たしたいと思っていましたか
攻撃の中ではやっぱり千洋は足がありますし、バントとかスチールとか揺さぶりをかけながらという場面だったので、1球目から千洋が走れるように工夫していこうと思っていました。

ー結果は左翼への二塁打となりました
高めのボール球だと思うんですけど、バスターでっていうことで、最近は良い当たりでも野手の正面ということがあるので、監督からも変えていこうと言われていたので、打ち方をバスターにしてみました。監督のアドバイスから的確に打てたかなと思いますし、僕は捕手なので、相手の配球を看ながらしっかり近めの真っ直ぐを打っていけたかなと思います。レフト線に入ってくれて良かったなと思います。

ー今日の打撃結果全体を振り返っていかがですか
打撃自体はしっかりと捕らえられていましたし、悪くないなという感じはありますけど、場面に応じたバッテイングといいますか、1打席目に千洋が走っている場面で打ってしまってゲッツーだったり、2打席目はランナー三塁で返さなければいけないところでニ直だったり、チグハグになってしまっていたので、もう1回自分で頭を整理してやっていきたいと思います。

ー今日の明大の印象はいかがですか
自分たちの野球をやれたらそんな相手のことは関係ないと思いますし、まずは自分のことをやるだけだと思っていました。打撃にしても投球にしても嫌らしいなというのがありますし、秋リーグもあるのでいいイメージを相手に付けられたかなと思います。

ー熊谷投手は昨日の試合から中継ぎに回っていますがそれについてはいかがですか
熊谷さんが後にいるというのは先発投手も心強いと思いますし、真っ直ぐにも勢いがあって、安心感がとてもあります。

ーこれまでの試合で先発出場が多くなっていますが、勝ち点を取ったことはどのように感じていますか
僕らが今までやって来たことができなかったことが1カード目、2カード目だったので、そういう中ではストライクを取ることも苦労しましたし、どうやってストライクを取ろうかっていうところにいってしまったんですけど、昨日と今日で投手がサイン通りに投げてくれたので、そういうところでは手応えだったりやりがいを感じることができました。

ーこれからこうしていきたいという部分はありますか
今日みたいに0で終わることが1番なので、代打を出されないように(笑)。9イニングしっかり守れるようにっていうことがあります。あとはスローイングの精度ですね。やっぱり盗塁はされてしまっているので、もう1個自分のステップだったりということをこれから自分で見直していきたいです。

ー正捕手を務めることで監督から助言はありましたか
1番の持ち味はインサイドワークであったり、配球だったりというところだと思うので、自分はそっちをメインに、次のカードは4の0でも9イニングを0点に抑えていけたらいいと思っているので、バッテイングはバッテイングで、守備と割り切ってやっていきたいと思います。

ー次戦の慶大戦に向けて意気込みをお願いします
勝つというのがやっぱり1番嬉しいですし、野球は勝たないとつまらないので、とにかく勝ちにこだわってやりたいです。これだけ4連敗していた中でも大勢のお客様が見に来てくださったので、ファンの皆さんにいいプレーというか、僕たちが泥臭く勝ちに向かってやっているプレーを見てもらえればと思います。また勝ちに向けて頑張っていくので、応援よろしくお願いします。

舩曳海 外野手 (3回に先制のきっかけになる二塁打を放った)

 ―今日の試合を振り返って
2連勝できたということが一番チームにとっては良かったのではないかなと思います。

―明大からいい形で勝ち点をとることができました
明治戦はピッチャーの方々が頑張ってくれていたので、それが一番の勝因なんじゃないかなと思います。

―3回には先制点のきっかけとなる二塁打を放ちました
 それについては、真っ直ぐ1本に絞って、真っ直ぐきたら思い切り振りにいこうと思って打席に入っていたので、真っ直ぐを1球で仕留めることができて、それのおかげで打てたんじゃないかなと思います。

―3回、明大の渡辺(佳明)選手の左中間への飛球を落球する場面がありました
応援とかがあって、結構声が通らなくて。そこに龍馬(森)さんが走ってきてて、ちょっと龍馬さんに任せた方が良いのかなと思ってしまった自分の判断ミスというか。それで結果落としてしまったので、次は自分が全部とるくらいの気持ちでやっていこうかなと思います。

―相手先発の森下(暢仁)選手はU-18で同じチームでしたが
 そうですね、日本代表で一緒だったので、絶対に打ってやろうという気持ちがあったので。ご飯とかもよく行くので、その時に「打ったったぞ」と言えるように、今日は絶対に打とうと思っていて打てたので、それは良かったと思います。

―次回は慶大戦になりますが、注意していきたいことは
慶応は今上位で。明治も4連勝して、法政に2連敗なので、慶応ものってるかもしれないですけど、法政が連勝して、慶応の勢いを止められるようにやっていきたいなと思います。

―最後に、次戦への意気込みをお願いします
僕の持ち味は何事も思い切ってやることだと思うので、それを絶対に何事も思い切れるように練習から思い切りやっていきたいです。

フォトギャラリー

  • kanno R本来の先発投手に戻ってきた菅野
  • souma Rリードオフマンとして躍動する相馬
  • mori R芸術的なアーチを描く森
  • nakayama R力強いスイングで安打を放つ中山
  • hunabiki R船曳は、先制の足掛かりとなる安打でチームに貢献
  • kamakura R女房役として投手を助ける適時打を放つ鎌倉
  • hukuda R昨日に引き続き安打を放ち好調を維持する福田
  • kumagai R熊谷は自己最速の152㌔を計測
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み