硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対東大 13安打の猛攻で最下位回避!! 先発落合"神宮"初勝利で春季最終戦を快勝で飾る

東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対東大
2017年5月31日(水)
神宮球場

フレッシュリーグ最終戦の相手同じ1勝の東大。負ければ最下位という状況で若き法大ナインが躍動した。先発落合が先制されながら5回1失点で試合を作ると、4回に永廣が同点打、5回には2本の適時打など勝ち越しに成功。8回に3点を奪い東大を突き放す。6回からは柏野、髙氏、朝山が無失点リレーをみせ快勝で春季を終えた。

 MG 1858 R
清水俊の適時打に大盛り上がりになる法大ベンチ

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 1
法 大 0 0 0 1 3 0 0 3 x 7 13 0

(法大)〇落合、柏野、髙氏、朝山-伊藤士
(東大)濱崎、●小林、宮本、山本大-大崎、高野
[本塁打]

 

打撃成績

打順位置選手12345678
1 (8) 毛利 3 1 1 空三振   二ゴロ   左犠飛①   左中間二 四球
2 (6) 中村迅 5 2 1 二ゴロ   一ゴロ   右越ニ①   右前安 遊ゴロ
3 (9) 宇草 5 2 1 投内安     右前安 空三振    投併 二ゴロ
4 (5) 羽根 3 1 1 投ゴロ     投犠 中前安①     空三振
5 (7) 村田 5 1 0   左飛   捕邪飛  見三振 右飛   右前安
6 (4) 永廣 3 2 1   右中間三   中前安①   三ゴロ   四球
7 (3) 安本 3 0 0   空三振   空三振   三ゴロ    
  H 清水俊 1 1 1               左前安①
  3 飯泉 0 0 0                
8 (2) 伊藤士 3 2 0   二ゴロ     左前安     中前安②
9 (1) 落合 1 0 0     二ゴロ          
  H 立花 1 1 0         右越二      
  R 内藤 0 0 0                
  1 柏野 0 0 0                
  H 西山 1 0 0             一飛   
  1 髙氏 0 0 0                
  H 青野 0 0 0               四球
  1 朝山 0 0 0                
    34 13 7                

 

投手成績

  球数 打者
落合 5 81 20 6 4 0 1
柏野 2 27 8 2 2 0 0
髙氏 1 23 6 0 1 2 0
朝山 1 10 3 0 3 0 0
9 141 37 8 10 2 1

 

ベンチ入りメンバー

12 柏野(営1=広陵) 32 祝(営2=甲府一) 39 大角(文2=浦和学院)
13 新井悠(営2=折尾愛真) 3 安本(営2=静岡) 1 毛利(法2=愛工大名電)
14 髙氏(文2=立命館慶祥) 5 清水俊(文2=佼成学園) 2 宇草(営2=常総学院)
16 朝山(法2=作新学院) 6 西山(法2=市和歌山) 9 内藤(文2=法政二)
18 高田(キャ2=平塚学園) 23 羽根(社1=日大鶴ヶ丘) 28 青野(社2=広島井口)
19 石川(キャ1=横浜) 24 佐藤勇(法1=中京大中京) 33 村田(人1=横浜)
21 落合(法1=常葉菊川) 26 中村迅(営1=常総学院) 38 立花(文1=岡山理大附)
20 伊藤士(文2=中京大中京) 29 飯泉(営2=法政二)    
22 古山(社2=法政二) 31 永廣(営1=大阪桐蔭)    

 

リーグ戦結果(5/30現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合引分勝率
―― 6/1 4 3 1 0 .750
⚫︎ ―― 6/1 4 1 2 1 .333
6/1 ―― 4 1 2 1 .333
6/1 ―― 4 4 0 0 1.000
―― 5 2 3 0 .400
⚫︎ ―― 5 1 4 0 .200
 

戦評

未だ1勝と苦しむ法大。今日行われたフレッシュリーグ最終戦は同じく1勝しかしていない東大が相手だ。
先発はリーグ戦を経験している落合竜杜(法1)。初回は三者凡退も、その後は走者を背負っての苦しい投球。それでも粘りをみせ3回までは無失点と好投した。しかし4回に先制点を許してしまう。先頭打者に二塁打を許すと走者を犠打で進められ、内野ゴロの間に得点を許した。
 MG 2028 R
法大も反撃にでる。その裏に宇草孔基(営2)が今日2本目となる安打で出塁すると、犠打でチャンスを広げ6番永廣知紀(営1)が中前適時打で同点とした。続く5回には伊藤寛士(文2)、代打立花海都(文1)の連打でチャンスを作る。そして1番毛利元哉(法2)の犠飛、中村迅(営1)の適時打で2点の勝ち越しに成功した。
 落合が5回1失点と好投すると、その後は柏野智也(営1)、髙氏祥太(文2)とつなぎ8回に伊藤士の2点適時打などで3点を追加しダメ押しとなった。 最終回は朝山広憲(法2)が3者連続三振で締め、フレッシュリーグ最終戦を白星で飾った。
 MG 2293 R
2勝3敗と厳しい結果になったものの羽根龍二(社1)の台頭など明るい材料も見えた。この経験を生かして秋はさらなるレギュラー争いが繰り広げられるだろう。そのためには夏に厳しいトレーニングが必須となる。妥協することなく努力したものだけに優勝という最高の結果が待っている。夏を乗り越える頃には一味も二味も違った法大の姿を見ることができるだろう。(石川大悟)

クローズアップ

永廣知紀(2戦連発の三塁打 憧れの先輩と共にリーグ戦へ)

「自信がいい結果につながった」。昨日から好調を維持している永廣知紀(営1)が今日も存在感を発揮した。

 昨日の明大戦では、2点を追う9回に代打で出場。三塁打を放ち好機を演出すると、その勝負強さが評価され、今日の試合ではスタメンを勝ち取った。

 迎えた第1打席は、昨日に引き続き右中間へ抜ける見事な三塁打。点には結びつかなかったものの、チームを勢いづける一打に。そして先制された直後の4回、2死二塁で打席には永廣。フルカウントから振り抜いた打球は中前適時打に。またも永廣の勝負強さがチームに流れを引き寄せた。

 大阪桐蔭高校出身の永廣。一つ上には2年生ながらリーグ戦でレギュラーをつかんだ福田光輝(人2)がいる。「この大学を選んだのも福田さんがいたから。憧れはずっとある」。それほど憧れる先輩から昨日の試合後には「次も頑張れよ」とエールを送られた。その期待に応えるかのような活躍を見せた永廣の次の目標はリーグ戦でのベンチ入り。憧れの先輩と共に戦う日を夢見て、この夏一回りも二回りも成長してみせる。(下河辺果歩)

 MG 1658 R

コーチ・選手コメント

小松裕哉 コーチ (初の監督としてタクトを振るった)

 ー試合を振り返って
 ずっと課題だったチャンスで1本出ないことでしっかり1本出たことが成長したのかなと思います。

ー5回の勝ち越しの場面では集中打が出ました
チームとして大きな収穫ですね。秋にもチームの戦力にならなきゃいけない選手がいるので、夏は踏ん張って秋にAチームに合流してくれればと思います。

ー先発の落合投手が好投を見せました
 リーグ戦でもずっとベンチ入りしている選手なので、これくらいはやってくれると思ったので、予想通りの投球をしてくれたと思います。

ーフレッシュリーグを振り返って
 チームとしては負け越してしまいましたけど、秋につながるいい課題も見つかったと思いますし、フレッシュの中でも成長していったと思うので、今度はリーグ戦も両方取れるように頑張るので、応援よろしくお願いします。

ー今季は羽根選手の活躍が目立ちました
 元々ずっと4番で置こうと思っていました。入部当時はそこまで目立つ選手ではなかったですけど、監督や学生コーチのアドバイスを機にすごく成長した選手なので。今度はフレッシュではなくて、本番のリーグ戦で活躍することを願っています。

ー石川(達也,キャ1)選手もフレッシュリーグで好投をみせました
 彼は頑張るべきだと思います。1勝で満足せずに、リーグ戦で活躍できるまで成長出来る男だと思うので、今後の伸び次第ですかね。

ー毛利(元哉,法2)選手などリーグ戦でベンチ外の選手達について
 彼らには上でやるべき人間だと思っているので、フレッシュに落ちてきたのは残念ですけど、試合経験を積むことはいいことだと思うので、後は本人達が頑張るだけだと思います。

ー小松コーチも監督や三塁コーチなどを経験しました
 初めて監督という立場でやらせてもらって自分自身も成長しましたし、こういって試合を作っていくという監督の目線を感じたので、本番のリーグ戦でも監督より前に指示が出せるようになりたいですね。いい機会だったと思います。

ー秋に向けて意気込みをお願いします
 フレッシュもリーグ戦も完全優勝でいきます!

落合竜杜 投手 (5回1失点の好投で勝利投手)

ー今日の試合を振り返って
ここまで1勝しかしていなくて、東大も同じ状況で絶対に勝たなくてはいけないゲームだったので、自分が粘って試合を作って味方の援護を待つような投球ができました。

ー今日の投球について
先制点を取られたことは反省点ですが、安打をたくさん打たれても粘れたのでそこは自分の持ち味を出せたかなと思います。

ーリーグ戦とフレッシュリーグの違いは
雰囲気ですね。緊張感も違ってきちゃうのですが、その中でいかに自分が試合に入り込んで投げられるのかが大事かなと。自分のモチベーションとしてはリーグ戦と変わらずに投げることができました。

ー初めてのシーズンでしたが
自分がこんなに早くこんな経験できると思っていなくて、本当に良い経験ができたので、これを今後に繋げなくてはいけないなと思います。

ー今季の収穫は
大学のリーグ戦の雰囲気を知れたことと、マウンドに立って試合の雰囲気を味わえたので、そういう経験が一番の収穫です。

ーリーグ戦の結果について
最初連続で勝ち点を逃した時はどうなるかなと思いました。後半は自分は出なかったのですが、チームとして良い雰囲気でまとまって試合ができていたので、こういう感じでやっていけば秋も勝てると思います。

ー来季に向けて
秋もリーグ戦でベンチ入りして、今度はベンチ入りだけでなく大事な場面で任せられる、たくさん投げさせてもらえる投手になりたいです。

 中村迅 内野手 (右翼越えの適時二塁打を含む2安打1打点の活躍)

―今日の試合を振り返って
昨日負けてたので、勝ててよかったです。

―負けたら最下位という状況でしたが、チームではどのように臨みましたか
 とにかく結果にこだわって、一人一人がチームのために、勝つためにということを考えてやりました。

―5回には東大の小林(大雅)選手から適時打を放ちました
1、2打席目に凡退していたので、強い打球を打とうとした結果がああいう結果になってよかったです。

―7回にも右前安打でマルチ安打でしたが、打撃の調子はよかったのですか
昨日打ててなくても使ってもらっていたので、どうにか結果を出そうと思い必死に頑張りました。

―守備では野選がありました
 ゲッツーいけると思って投げましたけど、自分の実力不足でそれてしまったので。秋のリーグ戦までには修正して、ベンチに入れるように頑張りたいです。

―ベンチに入れるようにと仰いましたが、今季もベンチ入りした試合がありました
 まだベンチに入れさせてもらってるだけなので、練習をしっかりして、試合にでられるようにしたいです。

―今季を終えて改善したいことは見つかりましたか
打てない日と打てる日がはっきりしているので、そこを無くして、常に自分のスイングをして、いい打球が打てるようにしたいです。

―夏の間は何に取り組んでいきたいですか
打撃の強化をしっかりしていきたいです。

―秋へ向けて意気込みをお願いします
 まずは、メンバーに入ることを考えて練習していきたいです。

―最後にシーズンを通して応援してくださったファンの皆さまに一言お願いします
応援のおかげで自分たちは活躍することができたので、また秋も応援よろしくお願いします。

永廣知紀 内野手 (同点打を放つ活躍)

ー今日の試合を振り返って
昨日の代打から調子が良くて、自信を持って打席に立ってその自信がいい結果につながったと思います。

ー試合前のミーティングではどんなお話がありましたか
昨日のことは引きずらず、今日の試合が最後なので楽しんで勝っていこうという話がありました。

ー2回には見事な三塁打を放ちましたが、どんな意識で打席に立ちましたか
欲を出さずに軽く飛ばすイメージで打席に入りました。

ー今季は高校の先輩である福田選手も活躍されました  
この大学を選んだのも福田さんがいたからという理由もあるので、憧れはずっとあります。

ーご自身のアピールポイントは
 そんなにホームラン打つバッターでもなく飛ばし屋でもないのでつなぎ役だったり、バッティングだけでなく守備や走塁も全部そつなくこなせたらアピールできるかなと思います。

ー今後の目標は
 ここからオープン戦も始まってくるのでそこから秋のリーグ戦でまずはベンチ入りすることが目標です。

フォトギャラリー

  •  MG 1907 R先発した落合
  •  MG 1834 R昨日に引き続き三塁打、3出塁の活躍を見せた永廣
  •  MG 1940 R8回に中前安打、2打点のダメ押し点を挙げた伊藤士
  •  MG 2142 R気迫ある投球を見せた柏野
  •  MG 2000 R中村迅はフルカウントから粘って、適時二塁打を放った
  •  MG 2017 R明大戦では無安打も、今日はマルチ安打を挙げた宇草
  •  MG 2217 R髙氏は無失点も、2四球と苦しい投球となった
  •  MG 2375 R朝山は最終回を三者三振に抑えた
 

 

体育各部一覧ページへ