硬式野球

【硬式野球】秋季リーグ戦開幕直前特集 第2回 ~チームを引っ張る幹部編~


2017年9月6日(木)
法政大学野球部合宿所

最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第2回は森龍馬、清水雄二、俵積田健人の3人。幹部としてチームを率いる彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

mori800 R
最後のシーズンとなる今季は主軸としても期待される森

選手インタビュー

森龍馬 主将

ー現在のチーム状態は
 オープン戦も、調子が良くてチームの状態としてはいいと思います。

ー開幕2週間前のオープン戦について
 どちらにしても、1点差ゲームを取れたというのは大きなことだと思います。オープン戦では常にやってきたことですけど、投手陣は先制を許さない、野手陣は5点は取ることを目標にやってきたので、それも意識しつつでもリーグ戦では1点差ゲームが増えると思うのでこの間の練習試合に関しては本当に良かったと思います。

ーオープン戦も残りわずかとなりましたが
 今までやってきたをしっかり出して、明治戦に向けて今までやってきたことをしていきたいと思います。

ー昨季を振り返って
開幕から4連敗して、厳しい状況に追い込まれてましたけど、選手同士でも話し合いをしましたし、何か吹っ切れたと言ったらおかしいですけど、より一層勝利への執念が強くなったと思います。春のシーズンとしては悔しいシーズンでしたけど、秋にはつながったと思います。

ー個人的にはリーグ戦初の3割、初アーチを記録しました
個人的に考えたら、打たなきゃいけないと思いますし、もっと打ってればチームの為にもなってると思うので、満足はしてないです。

ーそれでも、リーグ戦初の規定打席に到達しました
 それに関しては今までずっとけがとかがあったので、やっと野球をやってるなという感じはしました。

ー北海道キャンプについては
 北海道キャンプはすごい充実したキャンプになって、社会人だったり、強いチームとの試合でしたけど、自分たちよ理想通りの試合が出来たのですごい自信にはなったと思います。

ー秋に向けて、投手陣は三本柱が中心になってくると思います
 オープン戦でも、頑張ってくれますし、この3人が中心となって頑張ってくれると思いますけど、毎試合全員が調子がいい訳ではないので、そうなった時に投手陣としてカバーし合えるように頑張ってほしいと思います。

ー打線については
 練習試合では5点は取ると決めていたので、みんなすごくバットも振れてきてますし、走塁の部分でと常に先の塁を狙ってるので、細かい攻撃の部分でも神宮でもやれれば結果がついてくると思ってます。

ー期待する選手は
春はけがで出てなかったですけど、向山(基生=営3)がこの秋で万全の状態でやってくれると思うので、秋は一緒に頑張ってくれると思います。

ー個人的な目標は
 個人成績とかでは全くないですね。数字とか関係なく毎試合機能出来ればと思います。

ー卒業後の進路は
 内々定はもらっていて、社会人野球で続けたいとおもいます。

ー最後に意気込みをお願いします
やれることはやってきたので、挑む気持ちを忘れずにやっていきたいと思います。

(取材:渡辺拓海)

mori R

森龍馬(もり・りゅうま)
キャリアデザイン学部4年 1995年4月18日生まれ
東京都出身・日大三
176cm78kg 右投右打
 抜群のルックスと迷いのないスイングでチームを引っ張るイケメン主将。3年時までは怪我などに苦しんだが、昨季は左翼に定着すると、リーグ戦初の3割&初アーチを記録し、今までの努力が報われる結果となった。有終の美を狙う今季は並外れた統率力に加え打線の軸として勝利に導く一打を期待される。

 清水雄二 副将 

ー現段階でのコンディションはいかがですか
まあまあですね。ここからどんどん上げていくだけです。

ー夏合宿で重点的に取り組んだことは
そんなに毎年やっていることは変わらないんですけど、バッティングの面ではみんないい感じに仕上がってきていると思うので、いい感じに夏を乗り切れたのかなと思います。試合も多かったので試合の中での調整といった感じでできましたね。

ー合宿の中での試合は
30試合程やった中で4敗くらいしかしてなかったと思いますね。負けたのが記憶にないくらいで。都市対抗準優勝の社会人相手にも勝ちましたし、いい方向に向いているんじゃないかなと思います。

ー勝てる野球が出来るようになった要因は
投手が長谷川(裕也,経4)だったり熊谷(拓也,キャ4)だったり菅野(秀哉,キャ3)、内沢(航大,キャ2)、落合(竜杜,法1)がよく機能してくれているから守備もいいリズムが作れてきて、打者陣は毎年いいと思うので、そのままいいリズムの分、もっと打てるとは思いますね。

ー特に今季調子のいい選手は誰だと考えますか
向山です。春もスタメンだったんですけど怪我をしてしまったので。秋は向山がキーマンとなるんじゃないかなと思います。あとは毛利(元哉,法2)も結構よくなってきていますね。外野手責任者としてもこの2人には頑張って欲しいです。

ー今となって改めて昨季を振り返ると
開幕戦をちゃんとやっておけばそのまま流れに乗れたんじゃないかなと思います。開幕戦で全てが決まると思っても過言ではないと思うので、この秋の開幕の相手も明治ですし、開幕2連勝できたら優勝できるんじゃないかなと思います。

ー春を踏まえて学んだことは
チームとして春4連敗からの6連勝して、そこから自信がついて、普通にやれば勝てるんだといったところですね。夏のオープン戦も普通にやれば勝てているし、いい流れだと思います。

ー「4連敗」の中で足りなかった部分、そこから「6連勝」を成し遂げることができた要因は
ピッチャーは長谷川がまだ駄目で、守備からのリズムが作れていなくて、打線も全然でといった感じだったんですけど、長谷川が復帰してくれて、長谷川、菅野、熊谷の3人がきっちり投げてくれたことだと思います。秋もそれに尽きるんじゃないかなと思います。

ー副将目線で今のチーム状況はいかがですか
2,3年生が試合に出ることが多いので、逆に、4年生が支えるといった感じになっていて。いい感じではあると思いますね。

ー「支える」というのは具体的にどういった風に支えていますか
ベンチには、自分とかまっちー(町田大輔,社4)とか大崎とかもいるので、雰囲気づくりという面ではいい雰囲気でやれているのかなと思います。

ー副将として辛かったことは
無いです。自分自身そんなに技術も無いので、出れないとかはどうでもよくて。うまくみんなが付いてきてくれたので、辛いと思ったことは無いですね。

ー野球を始めたのはいつからですか
小1からなので、16年目ですね。

ー「16年間」の中でこの1年間はどういった年でしたか
各節々の最後の年は1番思い入れがある年なので、あっという間でしたね。もう最後のシーズンかといった感じです。もう開幕ですからね。もう2ヶ月で引退とは思えないです。

ーラストシーズンへの想いを語ると
自分が出る、出ない関係はなく1回でもいいから優勝を経験して終わりたいなという気持ちです。

ー後輩たちに残していきたいことは
優勝して、勝ち癖をつけて来年にも繋げてもらいたいなと思います。

ー目標はリーグ戦優勝ということですが、意気込みを
みんなやってくれると信じているので、ベンチスタートばかりだとは思いますけど、ベンチにいるまっちーとかといい雰囲気で盛り上げて、後輩たちのサポートができたらいいなと思います。

(取材:山口有沙)

yuuzi R

清水雄二(しみず・ゆうじ)
法学部4年 1995年10月10日生まれ
岐阜県出身・中京大中京
172cm・72kg 右投げ右打ち
チームメイトや監督からも人望が厚い、面倒見のいいチームの「兄貴分」的存在。副将としてチームを支える上、外野手責任者としてプレーの指導も行う。得意とするのは小技。 

俵積田健人 副将

 ―春のリーグ戦を振り返って
チームとしては初めの2カードあまりいい雰囲気でなく、落としてしまって。でもそこから全員で足りないものや、新しく変えなければならないことを話し合って、その後の3カード勝つことができたことは秋につながってくると思います。そういう意味で春は3位でしたけどいい経験ができたと思います。

ーオープン戦を振り返って
チームはとてもいい状態で来ていると思います。野手に関しては試合でノルマ5点という目標を掲げて1点に対する貪欲さが春よりもついてきたと思います。投手陣は先発投手がゲームを作るため崩れないことを意識して投げてくれているのでオープン戦の結果にもつながっていると思います。

ー北海道でのキャンプで特に意識して取り組んだことは
いつもの人工芝のグラウンドではなく、人工芝に比べて難しい土のグラウンドだったので、下半身を意識して、基本的な動作をもう一度再確認しました。その後人工芝に戻った時に土のグラウンドでの経験が生きて、守備も安定してきていると思います。

ーチームの雰囲気はどうですか
良くなっては来ていますけど、これからリーグ戦が近づくにつれてもっと良くなっていくと思います。練習時間も少ない中で自分たちのコンディションを整えつつ、雰囲気を良くして練習に集中できるようにするのも自分たちキャプテン、副キャプテンの仕事だと思います。   ー雰囲気をよくするために心がけていることは 自分たちが先頭に立ってやることで、いいプレーはもちろん普通のプレーでもチームが盛り上がると思いますし、下級生も何人かメンバーに入ると思いますですけど、指導や声かけをすることでさらに盛り上がっていくと思います。

ー副将には森主将から指名されたのか
一応監督から指名して頂いたのですが、森がキャプテンに決まった時に監督との話し合いの中で森が副キャプテンに相応しいということで自分の名前を挙げてくれたという事は聞きました。

ー開幕までにしておきたいことはありますか
特に変わらないです。自分たち4年生にとってはラストシーズンですが1、2、3年は来年以降もありますし、今秋に向けてというのも大事ですけど、この時期からでもまだまだ上手くなりますし、今まで通りやっていきたいです。

ー今季での注目選手を教えてください
向山です。春も向山を注目選手として挙げたんですけど、ケガをしてしまったので。間違いなくオープン戦でもいい状態で来ていますし、首位打者いけると思います。

ー4年生として最後のリーグ戦への意気込みをお願いします
入学してから一度も優勝を経験していないですし、応援してくださるファンの方々、関係者の方々にも恩返ししたいと思っているので、必ず優勝して日本一になります!

(取材:湯浅駿)

tawatumi R

俵積田健人(たわらつみだ・けんと)
人間環境学部4年1995年10月22日生まれ
大阪府出身・阪南大
177㎝74㎏ 右投左打
副将としてチームを支える堅実な内野手。仲間からの信頼も厚く、プレーとベンチの両方でチームを引っ張る縁の下の力持ち。最後のシーズンでの初優勝にかける思いは誰よりも強い。

 

体育各部一覧ページへ