硬式野球

【硬式野球】秋季リーグ開幕直前特集 第3回 ~チームを影で支える4年生編~


2017年9月6日(木)
法政大学野球部合宿所

最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第3回は大崎拓也、駒場嵩弘、町田大輔の3人。脇役ながら重要役割を果たす彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

oosaki800 R
昨季は開幕スタメンに名を連ねた大崎

選手インタビュー

 大崎拓也 内野手

-開幕が近づいていますが、現在のチーム状態はいかがですか
とても良いと思います。春季リーグ戦で6連勝をして、その時の勝ち方の感覚というか、コツみたいなものをを忘れずに試合をこなすことが出来ていると思います。

-同時にチームの雰囲気も良くなっていますか
そうですね。全体的に選手の調子も良いですし、いいムードできていると思います。

-個人としての調子は
順調にきていると思います。

-先日の西武2軍戦では高橋光成投手から安打を放ちました
1軍でも活躍している選手から打てたということは自信にもなりましたし、これからもっと打てるようにしようという気持ちにもなりました。

-オープン戦では1年生と試合に出る機会が多くありました
内野責任者をやっているので、1年生がまだ理解しきれていないサインの確認など積極的に声をかけてコミュニケーションはとりました。

-内野責任者としてオープン戦を通じて意識したことは
取れるアウトを確実に取るという話はしています。ピッチャーが頑張っている中で、取れるアウトを取れないとピッチャーは苦しむので、日頃のノックからそのような言葉はかけています。併殺のときでもしっかりと2つのアウトを取ってピッチャーを楽にできるようにしようというように内野全体に声をかけています。

-それは達成されていますか
みんな意識してやってくれていると思います。

-個人としての今の課題は
自分は今確実にレギュラーと言えるわけではなく、スタメンで誰が出るかわからない状態なので、スタメンでも控えだとしても活躍できるための準備をしてやっていく事だと思います。

-自身にとって最後となる今季で鍵となるカードは
1番大事になってくるのは初戦の明治戦ですね。これまでのリーグ戦では開幕で落としてそのままの流れで連敗してしまうことが多かったので、初戦は大事だと思います。

-初戦に勝てば流れに乗れるということですか
明治に2連勝できれば優勝できる自信はあるので、その日に向けてどういう気持ちで向かっていけば良いかみんな考えています。とにかく明治には勝ちたいです。

-個人目標を教えてください
最後のシーズンとなるので悔いの残らないようにしっかりと自分が活躍できるシーズンにしたいです。

-チーム目標を教えてください
優勝して有終の美を飾りたいです。

-最後に意気込みをお願いします
今まで4年間、必死に頑張ってきたので、チームとしても優勝から遠ざかっているというのもありますし、最後に絶対優勝してこれまでお世話になった人に恩返しをしたいと思います。

(取材:山﨑有馬)

oosaki R

大崎拓也(おおさき・たくや)
法学部4年 1995年7月17日生まれ
大阪府出身・智弁学園
181cm78kg 右投げ左打ち
走攻守のバランスがとれた内野手。チーム内では内野責任者を務め、周囲からの信頼も厚い。最後のシーズンとなる今季で、チームを日本一へと導く活躍が期待される。

駒場嵩弘 捕手

-今のチームの状態は
オープン戦でも結構価値が増えてきたんで、チームとして勝てる雰囲気が出来てると思いますし。いい状態だと思います。

-夏のオープン戦もだいぶ試合数を消化しましたが課題や収穫は
良かった点として、ピッチャーがあまり点を取られずに3点以内で抑えて野手陣が5点以上取るという形で出来てきたのが収穫点かなって思います。1点取った後の2点目3点目を早めにとるという事で、相手ピッチャーがいい中でも打てるようにというという所が課題かなって思います。

-チームとしてこの夏取り組んだことは
チームとして一番重要なのは一人一人個人のレベルアップと、チームとして特にピッチャーとバッターが一丸となって戦えるように意識してきました。

-個人としてこの夏取り組んだことは
自分としては、最後4年間で一度も優勝せずに引退したくないので、なんとしてでも優勝するためにも、自分の練習もですけどキャッチャー陣全体としてのレベルアップを図るのが一番優勝に近いのかなって思って、キャッチャー全員のレベルアップをサポートしたり、先頭で引っ張ったりしました

-チームとしての取り組みの成果は
やってきたことの結果として、勝ちであったり点を取るであったり、目に見える部分で出てきているので、それはいい方向に向かっているのかなって思います。

-個人の取り組みの成果としては
まだまだ技術不足とかで足りない部分はあると思いますが、ある程度は自分が目指してきた位置には来れてるのかなって思います。

-チームの雰囲気はいかがですか
色んな学年が多種多様というか、いろんな個性がいる中でも龍馬(森,キャ4)を中心に明るい雰囲気ですし、やる時はやるといったチームで一体感というのは出てると思います。

-主将の森選手について
常に先頭を引っ張って行ってくれるチームに欠かせない存在ですし、誰よりも野球を知ってると思いますし、本当に頼れるキャプテンだと思います。

-捕手責任者として意識している事は
3年生が今、鎌倉(航,法3)と中村(浩人,営3)が試合に出ている中で、やっぱり迷いとかもありますし、アドバイスとかも必要な中でサポートメインでやってます。

-捕手で成長してると感じる選手は
鎌倉と中村に関しては、春のリーグ戦の悔しさから夏では人一倍練習したり、自分の課題を潰そうと言う姿が見られて、結果として自分の目から見ても、上達してきていると感じます。

-宮崎(佑太,法2)選手について
もともと自分で引っ張るという事がなかなかできなかったですけど、最近ひと夏超えて自覚が出てきたと言うか、自分がグランドに出て引っ張るんだというような雰囲気が出てきたのが試合に出れるようになった要員かなって思います。

-投手陣の調子は
責任者の熊谷(拓也,キャ4)を中心にこの夏、春のリーグ戦の悔しさから、モットより練習してきた中で、熊谷、菅野(秀哉,キャ3)、長谷川(裕也,経4)と三本の柱が出てきて、チームとして投手陣として柱が立ってきて、非常に安定感があるようになってきたと思います。

-今一番調子が良いと感じる投手は
熊谷ですかね。ストレートも早くなってきてますし、より自覚が出てきたというか、チームの先頭に立ってやろうっていうのが態度でも見えるので期待してます。

-期待している投手は
2年だったら内沢(航大,キャ2)が結構面白いなって思っていて、もともとポテンシャルは高いんですど、試合でずっと投げきれないという状態が続いてきた中で、この夏を越えて球速も4~5㌔は早くなったと思いますし、受けててもボールに力強さが増してきているので楽しみです。

-熊谷選手と責任者同士の話し合いは
試合が終わった後に、バッテリーでミーティングとかをして、その日の反省点であったり今後の課題を潰していこうという話をする中で、二人で先頭に立ってここが悪かったなとか、いい点悪い点を挙げて話し合う事をしています。

-今季の目標は
日本一はもちろんですけど、やっぱり最後のリーグ戦なのでありきたりかもしれないけど感謝の気持ちを持って、常に全力でプレーをしたいと思います。

-リーグ戦優勝の可能性は
100%できます!

(取材:中村祐吾)

komaba R

駒場嵩弘(こまば・たかひろ)
文学部4年 1995年6月15日生まれ
栃木県出身・鹿沼高
172cm82kg 右投げ右打ち
捕手責任者として捕手陣をまとめる。捕手陣を支えるリーダーとしてバッテリーを影から支え、感謝の気持ちを持って最終シーズンに臨む。 

町田大輔 内野手

ー昨季を振り返って
はじめは結構打てていたのですが、後半打てなくてそのあと出れなかったという感じなので納得はいってないですね。

ーオープン戦では好調のように見えますが、調子はどうでしょうか
正直もっと打てるかなと思っていたのですが、自分の役割は代打なので、そういう意味では1回のチャンスをしっかりものにできるようにしたいです。

ー夏に強化したことは
オープン戦でも代打で出てたように、1回のチャンスでヒットを打つとか、甘い球を逃さないとかそういうのはすごく注意して練習しています。

ー町田選手といえば元気と勝負強い打撃という印象がありますが
イメージ通りの部分が大きいと思います。元気を出すというのは自分の持ち味だと思いますし、勝負強さに関しては、監督がいい場面で使ってくれているので、そこでしっかり期待に応えられるようにしなきゃなと思っています。

ーオフはどんなふうに過ごしましたか
オフは野球部のみんなで遊びに行きました。海に行ったり川に行ったりしました。

ー趣味が映画鑑賞ということでしたが
映画は好きですね(笑)。最近はスパイダーマンを観に行きました。結構映画は1人映画したいタイプで、周りを気にせずに観に行けるので行きますね。あと、膵臓のやつ(君の膵臓を食べたい)は野球部の奴と2人で観に行ったのですがちょっと泣きましたね。

ー部屋は誰と一緒ですか
1年の羽根(龍ニ,社1)です。僕もなのですが、羽根はスポーツ推薦ではない選手なのでそういった中で活躍してくれるのはすごくうれしいですね。身体もできてきて、将来性もあるし、リーグ戦でもチャンスがあるかなという選手なので期待しています。

ーラストシーズンとなりますが
なかなか同期は試合にスタメンで出られる選手が少ないので、そういう意味では僕ら4年生がチームのために何ができるかということを、みんなで考えてずっとやってきました。それを結果に出せるように頑張りたいです。

ー森主将に対しては
森は1年生の時にけがしてて、僕もけがしていたのでずっと一緒にけが人としてやってきて、いつか頑張ろうと言っていたので、最後は自分もあいつもいい結果を出せればいいなと思っています。

ー今季の個人としての目標
前回はヒットを打つとかそんな感じだったと思のですが、今回は本当に試合を決められるような1本を出せるように頑張りたいです。

ーチームとしては
今年は1回も負けることなく最後、神宮大会で優勝するまで全部勝とうかなと思っています。

ーファンへのメッセージをお願いします
いやぁ、ファンなんているのかなって思いますけど(笑)。僕はもう社会人で野球をやらないので、ある意味最後の有志というか、最後の意地みたいなものを見てもらいたいなと思います。

(取材:大平佳奈)

 matida R

町田大輔(まちだ・だいすけ)
社会学部4年 1995年10月21日生まれ
東京都出身・桐蔭学園
168㎝・68㎏ 右投げ左打ち
ここぞというときに頼りになり、チームには欠かせない代打の切り札。声でも仲間をひっぱるムードメーカーであり、バッティングを磨くため人知れず自主練習をする努力家。野球人生を懸け、ラストシーズンとなる今季に優勝を目指す。

体育各部一覧ページへ