硬式野球

【硬式野球】秋季リーグ開幕直前特集 第5回 ~逆襲を期す3年生投手編~


2017年9月6日(木)
法政大学野球部合宿所

最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第5回は上條将希、河野太一朗、森田駿哉、森脇一樹の4人。昨季の雪辱に燃える彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

morita800 R
オープン戦に復帰登板した森田

選手インタビュー

 上條将希 投手

ー昨季は出場の機会にあまり恵まれなかったと思うのですが、振り返っていかがでしたか
ピッチャー陣自体はよかったので、このまま秋につながっていけばいいなと思っています。

ーフォームを改善したと伺いましたが、今はどうですか
まだ完成しきれてないので、今回も出場できるか分からないですけどしっかり固めていきたいとは思っています。

ー夏に強化したことは
トレーニング重視で、下半身強化に取り組みました。

ー夏休みのオフは何をしましたか
めっちゃ怖かったですけど(笑)、ザ・マミーを観に行きました。ホラーとか怖いけど結構好きなので。森田とか、ピッチャー陣で結構仲いいので一緒に行くことが多いです。

ー1年生には左腕投手が多いですが、レギュラー争いに関しては
抜かれたくないという気持ちはあります。上級生なのでしっかり引っ張っていかなきゃいけないというのもあるので複雑な気持ちではあります。

ー特に期待している投手は
鈴木(昭汰,キャ1)、柏野(智也,営1)は勢いがあるので頑張ってもらいたいです。

ー今の調子は
全然良くないので、これからどんどん上げていければなと思っています。

ー具体的に修正したい点は
毎回なのですが自分は制球力がないので、そこをしっかり修正していければいいなと思います。あと、上体のブレが結構多いので平行にしっかりリリーフだけに持っていけるようにしたいなというのはあります。

ー真木(将樹)コーチからはどんなアドバイスを
結構細かいことを指導を受けるのですが、やはり制球力がないのでなるべく力み過ぎないようにとか、腕の振り方とかアドバイスをもらっています。

ー春は同期の菅野(秀哉=キャ3)選手が最優秀防御率を挙げられましたが
同期があれだけ活躍しているので悔しい気持ちはあります。でも自分らで底上げしてピッチャー陣でいい方向に持っていきたいと思っています。

ー個人の目標は
リーグ戦に出場して、まだ勝利を挙げられていないので勝ち星を挙げて、優勝に貢献したいというのは1番思っていることです。

ーチームの目標としては
やっぱり相手に先制点を与えないこと、先に自分たちが取って、リズムを作っていこうといことは常々言われているので、そこだと思います。

ーファンへのメッセージをお願いします
優勝からだいぶ遠ざかっているのですが、今年は優勝できるようなチーム作りができているので、本当に優勝を期待して応援してもらいたいです。

(取材:大平佳奈)

kamizyou R

上條将希(かみじょう・まさき)
キャリアデザイン学部3年 1996年6月27日生まれ
埼玉県出身・市立川越
172cm68kg 左投左打
スライダーを武器とする小柄ながら力のある左腕投手。昨季は出場することができず悔しいシーズンとなったが、今季は自身初となる勝ち星を挙げたい。

河野太一朗 投手

ー昨季を振り返って
最初連敗してて、明治戦から連勝できたので、優勝はできなかったですけど明治戦からの心持ちでやってれば自ずと結果はついてくるかなと思います。

ー個人的には
登板がなかったので悔しい思いが一番ですけど、自分を見つめる良い機会になったかなと思います。

ー登板がない中どのような心境で試合を見ていましたか
誰が投げるかわからないので、もちろん投げる準備はしていました。いつでも行けるようにしていました。

ー投手陣が改善した理由は
去年は投手で負けていたいう意識が投手陣にあって、それを冬に意識して連取してきた成果ですかね。

ー足りなかったところは
春のオープン戦とかも勝負どころで結果が出なかったのでそういうところですね。

ー夏に取り組んだことは
フォームの修正をしていました。安定させることですねフォームを。

ーオープン戦の調子は
最初は良かったですけど、最近あんまりよくなくて、なんとか調整していきたいと思います。

ー北海道キャンプについて
例年は2週間とかなんですけど、今年は5日間でほとんど試合だったので、例年より集中してできたかなと思います。

ー1年生投手との競争となりますが
自分も若い学年から投げてきて、今の1年生も必死だと思うのでそれに負けないようにしたいです。

ー今季の目標は
リーグ戦で優勝して日本一です。個人的には春投げてないので、秋は多く投げて防御率0点台でいきます。

ーキーマンは
菅野、長谷川(裕也,経4)さん、熊谷(拓也,キャ4)さん以外の投手ですね。

ー秋への意気込みを
優勝できるように頑張ります。

(取材:石川大悟)

kawano R

河野太一朗(かわの・たいちろう)
文学部3年 1996年6月14日生まれ
東京都出身・法政二
171cm75kg 右投右打
気持ちのこもった投球が持ち味の右腕も昨季は登板なし。今季こそピンチの場面でシビれる投球を見せたい。付属校の星がチームを日本一へと導く。

森田駿哉 投手

ー昨季を振り返って
初めの2カードが響いたので、ここ何季も序盤に苦しんでいるので、そこはしっかりしないといけないな明治戦に向けて意識を高めていると思います。

ー登板がありませんでしたが
悔しいシーズンになのは間違いないので、結果で返したいと思います。

ーオープン戦で復帰されましたが
対外試合で投げるのが1年生の時の東大戦以来だったので、緊張する部分もあったのですが思ったよりも落ち着いて投げれたので、復帰初戦にしては良かったかなと思います。

ー怪我する前との違いは
変化球を使うことなく、まっすぐでカウントとったり、抑えたりできたので、まっすぐの精度が上がっているのではないかなと思います。

ー痛みや違和感はありますか
今の所、痛みは出ていないので、維持していくのが大事かなと思います。

ー投げられなかった時期はご自身にとってどういう意義がありましたか
こんなに投げられなかったのは初めてなので、技術的なことから離れて、肉体的、精神的なことを一から作り直せたので、自分にとってはプラスになったのかなと思います。

ー気持ち的には
悔しい気持ちはもちろんなんですけど、しっかりケガに向き合って、復帰した時に以前よりも格段に良くなっていることが一番大事だと思っていました。

ー真木コーチの指導について
難しいこともあるのですが、いろいろ吸収して良くなっていくことを自分で見つけていくのが大事かなと。投げ方のことや体の使い方を指導していただいていますね。

ー同期の菅野投手の活躍について
やっぱりすごいなと負けたくないと思います。チームメートと争う訳ではないですが、負けてられないなと思います。お互い切磋琢磨していければなと。

ー夏に取り組んだことは
やっぱり投げることですね。投げられるようになったので。

ー今季の神宮復帰について
そこまで本調子ではないのですが、自分自身としては投げたいので、1試合でも多く投げられるように調整していきたいです。

ー今季の目標は
やっぱり日本一ですね。4年生の方と日本一になりたいです。今年優勝できれば来年からも勝っていけると思うので、今季の結果が大事かなと思います。それに貢献していきたいです。

ー個人的には
最低限としては神宮で投げることですね。あとは勝ちをは言わないですけど、しっかり抑えたいです。

ーキーマンは
投手陣ですね。その時投げている投手が抑えることが大事かなと思います。

ーファンの方に一言お願いします
自分自身期待されながらも復帰できていなかったので、今季こそは復帰して活躍していつ姿を見せられるようにしたいです。

ー意気込みをお願いします
今季は勝負だと思っているので、チームが日本一なれるように貢献していきたいです。

(取材:石川大悟)

 morita R

森田駿哉(もりた・しゅんや)
経営学部3年 1997年2月11日生まれ
富山県出身・富山商業
184㎝・84㎏ 左投げ左打ち
1年春の開幕戦で斎藤佑樹(早大,現日本ハム)以来の開幕戦初勝利をあげたが、その後はケガに苦しみ登板なし。今夏待望の復帰登板を果たした。プロも注目するその高い素質を再び見せることができるか。

森脇一樹 投手

ー夏のオープン戦を終えて
社会人チームと対戦した時もいい結果が残せたので自分なりに手応えは感じています。課題としては自分で勝負を決めきれなかった場面があったので自分にしかないアピールポイントを見つけられればと思っていますね。

ー直球の高低への投げ分けが丁寧にできている印象があったが
球速が速い方ではないので低めに投げるという意識はしています。

ー投球中のテンポも意識していますか
テンポ良く投げると野手も守りやすいので低めに投げて打たせて取るというスタイルを意識していますね。

ー夏のチームとしての課題は
しっかり勝ちきるというか終盤の粘りを大事にしていましたね。

ー投手の立場から見て野手の調子は
理想としては相馬(優人,営2)や向山(基生,営3)が出塁して中山(翔太,人3)が返すという形が理想かなとは思っていますね。

ーチームのムードメーカーは
いつもベンチから声を出している町田(大輔,社4)さんが印象的ですね。

ー投手陣の調子は
だいぶ調子は上がってきていると思います。先発がゲームを作って中継ぎも自分の役割を果たすというイメージですね。

ー今季の個人の目標は
まずはベンチ入りですね。走者を背負った場面で登板することもあると思うのできっちり守って次の攻撃に繋げていけたらと思います。

ー今季でアピールしていきたいことは
去年の秋、今年の春と少し苦い思い出はあるので同じ失敗を繰り返さないという目標はありますね。

ーチームの雰囲気は
すごくいいですね。オープン戦で勝利できていることが大きいと思います。

ー今季の意気込みをひとことをお願いします
中継ぎとして貢献し日本一になります!

(取材:梅原早紀)

moriwaki R

森脇 一樹 (もりわき・かずき)
経済学部3年 1996年4月14日生まれ
静岡県出身・掛川西
175cm69kg 右投左打
安定した制球力が持ち味の右腕。抜群の笑顔で仲間からの信頼も厚い。昨季の悔しい経験を糧にチームへ貢献しようとする想いは人一倍強い。

体育各部一覧ページへ