硬式野球

【硬式野球】秋季リーグ開幕直前特集 第12回 ~大きく進化した2年内野手編~

2017年9月6日(木)
法政大学野球部合宿所

最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第12回は相馬優人、福田光輝、安本竜二の3人。この夏さらなる力をつけた彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

souma800 R
眩しい笑顔をみせる相馬

選手インタビュー

相馬優人 内野手

 

-改めて昨季を振り返って
優勝を目指していたので3位という結果に終わったのが悔しかったなと思います。その中で自分もベストナインを取ったりチームも4連敗から連勝できたりしたので、悪くはなく秋につながる春だったのではないかなと思います。

-昨季に見つかった課題は
出だしの悪さですね。調整力が足りませんでした。

-オールスターにも出場されました
どこの大学も春に比べてピッチャーもレベルアップしていたし、バッター陣もすごい調整がうまくて仕上がってる感じだったのでちょっと焦りを感じました。歓迎セレモニーでは宮崎牛や地鶏がめっちゃ美味しかったです。お土産で地鶏いっぱい買っちゃいました(笑)。

-新調したグラブに入っている「スマイル」に込められた思いは
試合を常に楽しんでやりたいタイプなので笑ってる方が楽しくやれるかなと思って。ちょっと結果が出なくなるとすぐ態度に出ちゃうんですよ。だから常に笑っていようかなと思って入れました。

-ここまでのオープン戦を振り返って
はっきり言ってすごく悪くて、まだ仕上がってないので不安ですね。

-西武二軍とのオープン戦もありました
だいたい同世代の選手が出ていたんですけど格が違うなと思いました。体格にしろ、一つ一つのプレーにしろやはり野球を仕事にしているというのもあって野球に対しての考えや思いも違うと思うので、いろいろな面で僕たちの上をいってるなと感じました。

-六大学野球のPRポスター撮影時のエピソードは
テーマは「森主将に従うみんな」で絶対王政だよという感じでした。いろんな角度を見て撮ったんですけど「顔笑ってるよ」って僕すごいダメ出しされました(笑)。みんな恥ずかしがりながらやってたんですけど龍馬(森,キャ4)さんは動じなかったですね。

-今季は相馬選手にとっても大事なシーズンになるのではないでしょうか
ベストナインを取りたいっていうのもありますけど、まずは開幕スタメンを取れるようにしたいです。運良く2週目からということもあり、まだ調整する時間があるので開幕スタメンを絶対に取りたいです。ベストナインは1回だけではまぐれだと思われてしまうので、開幕スタメンを取ったらベストナインももう1回取れるようにやっていきたいです。

-4年生とプレーする最後のシーズンとなります
今の4年生には食事にも連れて行ってもらったり、本当に良くしてもらっているので何としても4年生と優勝したいです。

-初戦までに取り組みたいことは
まずは守備で貢献していきたいです。守備や走塁を期待されてベンチ入りしていると思うので、そこは絶対にミスしないようにしたいです。

-初戦の明大戦が鍵を握るのではないでしょうか
明治のピッチャーの齊藤(大将)さんや森下(暢仁)がユニバーシアードですごくいいピッチングをしていて今乗っていると思うので、そこを打ち崩せるようにしたいです。それで勝ったらこっちも勢いに乗れると思うのでまずはその二人を打ち崩せるようにやっていきたいです。

-個人の目標は
ベストナインです。

-意気込みとファンの方へのメッセージをお願いします
春は3位で応援してくださる方も歯がゆい部分があったと思います。秋はなんとしてでも優勝するので熱い応援をお願いします。

 (取材:下河辺果歩)
souma R
相馬優人(そうま・ゆうと)
経営学部2年 1997年10月21日生まれ
千葉県出身・健大高崎
173cm70kg 右投左打
昨季はリードオフマンとしてチームをけん引。高い守備力に加え好機での一打が光り、2年生ながらベストナインに選出された。元気と弾けるスマイルで今季もチームに勝利を呼び込む。

福田光輝 内野手

ー昨季を振り返って
結構いい感じでバッティングとかもできていたので、よかったかなと思います。

ーオープン戦の手応えは
リーグ戦で打ってみないと分からないですけど、自分の中ではいい感じではあります。

ー以前、考え方を変えるようにしたと言っていましたがそれが今の好調の理由ですか
リーグ戦次第ですけど、オープン戦も結構いい調子できてるので何らかの繋がりがあるのかなと思っています。

ー夏に強化したことは
自分の場合は守備でしっかりリズム作ってからバッティング、というのがあるので夏は結構守備を監督とやっていました。その守備でいい部分につながっているのかなと思います。

ー母校の大阪桐蔭が甲子園に出場していましたが、ご覧になりましたか
オープン戦があってあまり見れなかったのですが、気になって結果は見ていました。本当に自分も頑張ろうと思いましたし、負けてしまったけど自分の母校なので期待している部分もありました。次は自分もリーグ戦を頑張らないとなと思いました。

ー福田選手のアピールポイントは
自分ではバッティングだと思っています。そのバッティングを生かすために守備も頑張らないとなと思っているので、とにかく思い切っていきたいです。

ーバッティングでこだわっていることは
あまり考えすぎないということですね。フリーバッティングの時はすごい考えるようにしているのですが、実戦になったら何も考えずに自分のスイングで思い切りいこうと思っています。

ー個人としての目標は
とにかく秋はシーズン通して出続けることで、その中で自分はもうバッティングでアピールしていかなきゃいけないと思っているので、首位打者を取りたいなと思っています。

ーチームとしては
自分は4年生には本当に全員にお世話になっているし、やりやすい雰囲気でやらせてもらっているので、4年生が優勝できるまで貢献したいと思っています。そのためにも、いいところで打って勝ちを付けられるようになればと思っています。

ーファンへのメッセージをお願いします
春は3位終わっているのですが、今季は4年生も最後で、その分全力で 1日1日取り組んでいきたいと思っているので、応援よろしくお願いします。

(取材:大平佳奈)

hukuda R

福田光輝(ふくだ・こうき)
人間環境学部2年 1997年11月16日生まれ
大阪府出身・大阪桐蔭
175cm73kg 右投左打
攻守に頼れる三塁手。勝負強いバッティングが持ち味。昨年は不調に苦しんだが、昨季慶大1回戦より三塁手として固定された。今季はスタメン定着、そして首位打者を狙う。

安本竜二 内野手

-昨季を振り返って
チームしても3位という結果に終わって、先輩達含めて頼もしい選手が多い中でも、リーグ戦を勝ち切ることの難しさというのを改めて感じました。個人としては、2カードほどベンチに入れさせてもらいましたが、力になれなかったので悔しさはありましたね。

-見つかった課題は
まだまだ根本的な技術が足りないと思っているので、そこを上げていくしかないかなと。

-夏に重点的に練習で取り組んだことは
ずっとバッティングを向上させることを考えてやってました。

-その練習の結果、オープン戦で手応えは感じましたか
少しずつ結果としても表れてきているので、良くなっていると思います。

-今の自身の調子は
リーグ戦に向けて少しずつ良くなっていけばいいかなと思っていて。段々右上がりになってきています。

-学年責任者ですが、どのようにチーム又は学年を引っ張っていますか
自分の学年に40人前後いて人数が多く、いろんな性格の選手がいて、それぞれにいろんな立場があると思うのでそこをうまく考えながら仲間を思いやることだったりとか、いろんな選手に声をかけるとか、そういったコミュニケーションは大事にしています。

-注目している1年生はいますか
投手の鈴木昭汰(キャ1)です。マウンド度胸もあって、まだ1年生ですがしっかり野球のことを考えて野球をやっています。投げるチャンスはあると思うので、投げる時は思いっきりやってほしいなと思います。

-静岡高校の先輩である明大・水野匡貴投手は安本選手から見てどんな投手ですか
高校のときから力強いボールでどんどん押していくイメージがあって、本格派の右投手だと思います。

-対戦したいですか
僕が明治戦でベンチ入りしないと対戦できませんが、もしベンチ入りできたら対戦したいなとは思います。

-自身のアピールポイントは
右打者で、長打が打てることだと思います。

-今季に向けての意気込みをお願いします
4年生とやれるのが最後になるのでそういった意味でも悔いを残さないというのと、4年生の姿をしっかり目に焼き付けて、まだ来年も僕はあるのでそこにしっかり繋げられるようなリーグにしたいなと思います。

(取材:渡辺詩織)

yasumoto R

安本竜二(やすもと・りゅうじ)
経営学部2年 1997年5月28日生まれ
静岡県出身・静岡
179cm80kg 右投右打
長打力が売りの右打者。ガッツ溢れるプレーも持ち味の一つだ。ラストシーズンとなる4年生への感謝の気持ちを胸に今季に臨む。

体育各部一覧ページへ