硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 4年生コメント

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大4回戦
2017年10月31日(火)
神宮球場

立大4回戦をもって4年生は引退。一枚岩で戦ってきた日々を終え、それぞれの進路へと進む。この4年間、彼らはどのような思いを胸に過ごしてきたのか。お話を伺った。

iwski800 R
岩崎巧 #14

選手コメント

新井諒 投手

ー法大での4年間を振り返って
自分は公立校から法政大学に入ったので1年生の頃からレベルの高さについていくのが精一杯でしたけど、リーグ戦でも投げることができてこの先も上の世界で野球ができることになりました。レベルの高い六大学でプレーできたことはこれからも自信につながると思うのでとても貴重な4年間でした。

ー同期の存在は
全員が仲がいい恵まれた代だと自信を持って言えます。野球になるとキャプテンの森(龍馬,キャ4)を中心にすごいまとまっていたし、オフの日は4年生全体で遊んだりもしました。本当に恵まれた代でした。

ー4年間で一番印象に残っていることは
 ピッチャーが原因で負けていると言われて辛い時期があって、3年生の夏頃に「投手陣が一体となって練習していこう」という意識で毎日練習していたことが思い出深いです。投手というと個人個人という感じがするかもしれませんが、その時は投手陣で団結していい練習ができていたと思います。

ー後輩に伝えたいことは
一1個下も2個下もとても力のある選手ばかりで絶対優勝できると自分自身は思っているし、紅白戦で投げていても2年生、3年生は怖い打者ばかりです。優勝から遠ざかってしまっているのでかわいい後輩たちには優勝してほしいです。

ー特に期待している後輩は
3年生の上條(将希,キャ3)です。2年生の頃は結構投げてましたですけど、3年生になって本人ももがいている部分があると思うので、4年生で復活して投げている姿を見せてもらいたいです。

ー応援してくださった方へのメッセージを
OBの方も応援団の方も法政を愛してくれていて心の底から応援してくれているのを毎試合感じていました。応援してもらえる中でプレーできたことは力にもなりましたし貴重な経験にもなったので心から感謝しています。今度は自分がOBとして応援していきたいです。

ri R

新井諒(あらい・りょう)
人間環境学部4年
1995年11月27日
埼玉県・宇都宮商
180cm 80kg 右投右打
通算成績:3試合0勝0敗 2回1/3 2奪三振 防御率11.57

岩崎巧 投手

ー法大での4年間を振り返って
一言で言うといろいろなことを勉強できて自分の未熟さに気づけて良かったかなと思いました。法政に入ろうと思ったきっかけは、正直高卒プロも考えていたのですがプロに入って勝負すると考えたときに「なにか足りないな」と思って。そのなにかを追求するために法政に入って、4年間過ごしてきた中でけがもあって思うようにできないこともありましたけど、上級生になるにつれて自分には何が足りないのかが分かってきました。そういった意味ではすごく充実していて、これまで自分の中で順調にことが進みすぎていた分、すごい選手の中でもがくことができてこれからにつながる経験になったと思います。

ー今後の進路は
縁あって社会人でも野球を続けられることになったので、自分に足りない部分を克服して最終的には自分が野球始めた頃から目指してきたプロ野球の世界に飛び込んでいきたいなという気持ちはあります。

ー後輩に伝えたいことは
高校時代、チームの中心であったり県や地域で騒がれてきた選手が多いと思いますけど、法政大学の野球部はそういう人が集まっているので試合に出られる人と出られない人がいると思います。出られるからやるとか出られないからやらないのではなく、今の自分には何が必要なのかを考えて今の自分とこれからの自分を比較して、周りに影響されずに自分はどういう選手になりたいかを考えて頑張ってほしいです。僕たちは4年間優勝を経験せずに引退することになるので、一度でも神宮で優勝してほしいなという気持ちはあります。

ー応援してくださった方へのメッセージをお願いします
 ファンの方々の期待に添えるような成績ではなかったですけど、それでも温かく法政大学野球部を見守ってくださった方々にすごく感謝しています。そういった方々の応援があったからこそ僕たちも神宮で堂々とプレーできたのでこれからもよろしくお願いします。

iwski R

岩崎巧(いわさき・たくみ)
経営学部4年
1995年4月28日
群馬県・前橋商
181cm 83kg 左投左打
通算成績:3試合0勝0敗 2回 1奪三振 防御率4.50

 宮本幸治 投手

ー今日の試合を見ていて
 いい試合だったと思います。

ー最後は同期の熊谷(拓也,キャ4)選手が締めました
あそこは熊谷しかないと思ってたので、よかったと思います。

ー4年間を振り返って
 あっという間でしたけど、みんなとやれて良かったです。

ー同期の存在は
 このメンバーでやれたので楽しかったです。

ー六大学野球で投げてみて
 力不足だったなと思います。みんなが出てる姿をみると野球っていいスポーツだなと感じました。

ー進路は
 野球はやらないですけど、そのうちまた野球に携われたらと思います。

ー最後にファンへのメッセージをお願いします
 法政大学は応援されるようなチームだと思うので、またたくさんの声援お願いします。

miymoto R

宮本幸治(みやもと・こうじ)
経営学部4年
1996年1月11日
富山県・富山一
178cm 82kg 右投左打
通算成績:7試合2勝0敗 7回1/3 7奪三振 防御率6.14

渡辺悠大 主務

―今日で、4年間が終わり引退となります
4年間長かったなと本当に思いますね。1年生の辛い時期から始まって、最後は優勝できず笑顔で終われなかったのが残念ですけど、4年間は本当に充実した4年間だったので、かけがえのない仲間と出会えて良かったなと思います。

―最後は4年生の熊谷選手が試合を締めました
高校からの後輩の河野(太一朗、文3)が投げて、良いピッチングで球も走っていても、やはり最後は熊谷で締めてほしいという思いがありましたけど、監督もその思いは一緒だったみたいで、最後熊谷が締めてくれて本当に良かったなと思います。

―試合が終わった瞬間はどのような気持ちでしたか
ピンチがあったりチャンスがあったり、今日はそういう試合だったですけど、終始4年生は楽しく、良い意味で開き直って試合ができていたと思うので、本当に色々4年間のことがよみがえってきたりしたんですけど、最後は勝って笑えて良かったなという思いでした。

―10季ぶりの優勝こそ逃してしまいましたが、この1年間は特に優勝を目指してきた1年だったと思います
そうですね。龍馬がキャプテンになって『PRIDE』という目標を掲げて。うちって秋が5位で春は少し良い順位といったように、良いときと悪いときがハッキリしていたので、そういうところを直していこうとずっと話していて。自分なりに選手たちの練習する場を調整したり、というのが役目だと思っていたのでやってきて。後悔する部分ももちろんありますけど、負けてはしまいましたけど、それでも良かったじゃないですかね(笑)。楽しかったです。4年間。

―マネージャーという立場は選手とも学生コーチとも違った立場ですが、マネージャーだからこそ得られたものはありますか
マネージャーって、野球部ではありますけど、選手とは全く違う部活みたいなそういう感じなので、僕は『2手先を読む』というのをずっとやってきて、それをずっと常々意識していたので、選手の考えていることの先を読むというか。そういう力が身に付いたのかなと思います。

―「かけがえのない仲間」と仰られていましたが、その仲間に向けてメッセージをお願いします
4年間優勝はできなかったけど、僕らの関係は4年間だけじゃなくてこれからもずっとだと思うので、これからも仲良くしてください!

―後輩たちへもお願いします
特に後輩のマネージャーたちへ、少し人数が多くて人間関係が難しい部分もあるとは思いますけど、みんなで1つのチームなので、力を合わせて頑張って下さい。

―ずっと「マネージャーは裏方ではない」ということを仰ってきたと思うのですが、4年間を終えてみて改めてこの言葉についてどう思いますか
自分がもう少し頑張れば、もっと上の順位に行けたんじゃないかなとかそういう振り返れば後悔している部分はたくさんあるので、もしそういう部分を直していけていたらもうちょっと順位が上がったのかなとは思いますけど、ずっと『裏方ではない』と思ってやっていたことは、それは間違いではなかったと終わって言えると思います。

―マネージャーは監督と違う側面で関わりがあったと思いますが、どのような存在でしたか
監督も自分にしか話せないことはたくさんあったと思うし、自分も監督にしか話せないことはたくさんあったし、監督と阿吽の呼吸で活動するというのが主務の一番重要な役目だと思うので、監督も気分が上がっているときと下がっているときとあると思うので、そういう中で、監督が何を考えているのかなどを考えて。監督が「右を向け」と言って右を向かないとチームはよくならないと思うので、監督のやりやすいように環境を整えたりしていました。

―ご家族も支えてくださったと思います
選手ではないのに、これだけ支えてもらったというのは大きいし、自分のやりたいことをずっと昔からやらせてもらっていたので、本当に感謝しかないというか。もう22歳でいい大人ですけど、それでもやりたいことやらせてもらっているので、感謝の気持ちしかないです。特に僕は一人っ子なので。本当に両親も、自分が選手をやめたりしたことで色々あったと思いますけど、マネージャーとしてでも最後まで応援してくれたのは大きかったです。

―今後の進路は
僕は商社に行く予定です。全然野球は関係ないですけど、今後は海外などでも、日本で学んだマナーなどを生かせればいいなと思います。

―最後に応援してくださったファンの皆さまへ一言お願いします
法政大学は、他の大学に比べて法友(体育)会だったり後援会だったりその他団体の方が色んな仲間を引き連れて応援に来てくださることが多くて。毎週毎週色んなイベントを開いて頂いて、応援席が平日でも休日でもいつもオレンジ色に埋まっていて、本当にベンチから見るその景色はまぶしかったですし、負けていたこともありますけど応援してくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

渡辺悠大(わたなべ・ゆうだい)
法学部4年
1995年5月10日
神奈川県・法政二
177cm 66kg 右投右打

体育各部一覧ページへ