硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦開幕直前インタビュー 優勝へのカギを握る投手陣② ~落合竜杜選手、柏野智也選手、鈴木昭汰選手、高田孝一選手~

2018年3月16日(金)
法政大学野球部合宿所

4月21日に初戦である立大戦を控える法大野球部。今回は、11季ぶりの優勝に向けて鍵を握る投手陣を取り上げる。上級生に負けじと力をつける下級生投手、落合竜杜(法2)、柏野智也(営2)、鈴木昭汰(キャ2)、高田孝一(法2)の4選手に今季リーグ戦への思いや取り組みを伺った。

takada
今季先発登板も期待される高田

選手インタビュー(50音順掲載)

落合竜杜 投手

ー昨年を振り返って
自分が思ってたより経験が積めた1年でした。

ー昨年は1年生ながらリーグ戦に登板しました
思ってたより緊張しなかったので、普段通り投げれるような印象でした。

ーフレッシュトーナメントでも登板されてましたが、リーグ戦との違いは
リーグ戦は応援とかがすごくて雰囲気が違うと思いました。

ーリーグ戦で印象に残っている試合は
自分が初登板した試合と、(昨季リーグ戦で)東大に負けた試合が春と秋通じて印象に残ってます。

ー昨年のシーズン中に思い悩んだりしたことは
2カ月間調子を維持しなければリーグ戦で戦っていけないので、調子を維持するところが自分のなかで難しい部分だと思いました。

ー中継ぎで登板する時に意識していることは
試合が拮抗している場面で投げたりすることが多いと思うので、自分のチームに勢いを呼び込めるようなピッチングをしたいと思ってます。

ー高校時代から成長したと思う点は
特別変わったことはないですけど、真っ直ぐとか変化球も高校時代に比べたらレベルアップしてると思います。高校に帰ったときに監督や高校のOBから言われて実感できました。

ー冬の間に重点的に取り組んだことは
自分はフォームを固めることと、自分の意識がブレないような、これといったものを見つけるために試行錯誤しながらやってました。

ー昨年のリーグ戦からフォーム変更は
大きいものはないですけど、細かいところは意識を変えながらやってますね。

ー冬の間、真木将樹助監督からのアドバイスは
対左バッターのときに決め球とか、自分の1番武器になるものを見つけろと言われたので、それを意識してやってきました。

ー具体的には
外のコースへのスライダーと左バッターへのインコースの真っ直ぐです。その2つを上手く使えるように意識してやってます。

ーチームの雰囲気は
良い時と悪い時があると感じてます。

ー具体的には
良い時はイケイケでいいですけど、悪かった時には誰かがストップをかけて、そこから切り替えていくのが現時点でなかなかできていないと思います。

ー今季チームの中でどのような役割を果たしたいか
自分としては任された仕事を全力でこなすだけですけど、その中でも自分がチームの勝利に1番貢献できるようにと思っています。

ー今季リーグ戦での目標は
まだ勝利を挙げてないので初勝利です。

ー最後に意気込みをお願いします
ピンチをチャンスに変えられるようなピッチングを存分にしたいと思ってます。
(取材:滝澤智也)
ochiai
落合竜杜(おちあい・りゅうと) 
法学部2年 1999年2月18日生まれ 
静岡県出身・常葉菊川 
178cm72kg・左投左打 
昨年度成績 :6試合 4 1/3回 勝0 敗0 被安打6 与四死球1 奪三振1 自責点1 防御率2.08 
『昨年は左の救援投手として1年生ながらに6試合に登板。冷静な投球が随所で光り、今季も救援争いに名乗りを挙げた落合の活躍に期待だ』

柏野智也 投手

ー昨季を振り返って
1年生という事もあって、思いっきりプレーする事ができたと思います。下級生だからこそ気持ちで投げられたという事もあったので、そういう面でも良かったと思います。

ー昨年は1年生ながら春季リーグ戦から登板機会がありました。高校と比べて感じた違いは
打者のレベルが急激に上がったというのは感じましたね。少しでもコースが甘くなるとホームランや完璧な当たりが格段に増えるので、コントロールが大事だとつくづく思いました。木製バットだと少しでも芯を外せばゴロになったり、バットが折れたりするので、その特性をよく理解して攻めていきたいです。

ーオフの間に意識して練習したことは
今までは上半身の力で投げていた部分もあったんですけど、オフの間に下半身で投げれるように意識してトレーニングをやっていました。効果はまだまだ出ていないですけど、これからあと1ヶ月で完璧に仕上げたいと思います。

ー今季武器にしていきたい球種は
ツーシームを磨いていきたいです。芯を外したりもできる球種なので。

ーオープン戦での調子はいかがですか
あまり良くない感じなんですけど、これから上がっていくと思います。

ー今季の起用法は
今先発は4年生の先輩方が中心になってやっているので、中継ぎでの起用が主になると思います。チャンスがきたらしっかり抑えて、いずれかは先発で活躍したいと思います。

ー1年生の投手も多く入学してきました。仲良くしている後輩はいますか
高校の後輩の平元(銀次郎、営1)とは仲良いんですけど、可愛げのある後輩ばかりです。

ープレーを見て期待している後輩は
古屋敷(匠眞、営1)はめっちゃ球速いです。弾丸みたいです(笑)。1年生でもベンチに入る可能性は十分あると思います。平元は球の質も良くなっていますし、流石だなと思います。

ー春はリリーフの機会が多くなる事が予想されますが、特に意識してプレーしたいことは
ピンチの場面で投げる事が絶対あると思うので、0に抑えてベンチに帰ろうと思います。

ーリリーフは1イニングになりそう
今のところ1イニングだと思うので、回またぎもできるように信頼を得ていきたいです。

ー目標にしている選手、選手像を教えてください
中日の又吉(克樹)投手です。同じサイドスローで、球も速いですし、コントロールも良いので。

ー今季のチームとしての目標は
リーグ戦優勝、全日本優勝です。

ー個人としての目標は
防御率0.00でシーズンを終えられるようにしたいと思います。

ー開幕まで1ヶ月を切りました。意気込みをお願いします
開幕までに不安要素をなくして、自信を持って臨めるようにしっかり練習していきたいです。そのためにも打者やランナーを想定したピッチング練習を心がけてやっていきたいです。

ー最後にファンの皆さんへ一言お願いします
去年もたくさん応援してくださったんですけど、今年の法政は強いと思います。優勝するので応援よろしくお願いします。
(取材:湯浅駿)
kashino
柏野智也(かしの・ともや)
経営学部2年 1998年6月11日生まれ
岡山県出身・広陵
176cm75kg・右投右打
昨年度成績 :7試合 6 1/3回 勝0 敗1 被安打4 与四死球2 奪三振2 自責点2 防御率2.84
『昨年はルーキーながら度胸満点の投球を見せた。サイドから投げ込む威力のある投球で中継ぎエースに名乗りをあげる』

鈴木昭汰 投手

ー昨季を振り返って
けがで春季リーグに出ていなかったので当然秋季リーグは絶対に出たいと思っていて、その目標は達成できたんですけど、東大に2連敗しましたし、僕の結果としても東大戦で1試合、立大戦で2試合投げて思うような投球ができていなかったので正直悔しかった1年かなという感じです。

ー実際にリーグ戦で投げてみて大学野球のレベルの高さは感じたか
高校時代にはあまり苦にしなかったことがこっち(大学)では結構苦で。例えばレベルが高いというのもそうですが、1番打者から9番打者まで気が抜けないというか、そこで苦戦して。やはりレベルが高いので自分としてもスケールアップしないといけないかなと思いました。

ー逆に自信になった点は
とりあえず神宮で初登板できて環境も場馴れができたので、それによって今年の春と秋は有利になるんじゃないかなとは思うんですけど。また今年の冬結構良い状態でやってこれたので、それは一番自信になってると思います。

ー法大での1年間を振り返って
どんなに優勝したいと思って貪欲になってもやっぱりレベルが高いし、他の大学も同じように練習をやっているので、高校時代だったら簡単にできたことが、 大学ではできないのでもっともっとひたむきに頑張らないといけないというふうには思います。

ー冬に取り組んだことは
基本的には体重アップと真っすぐの精度、キレを上げることです。スピードというピッチャーではないので、キレの精度を上げたりとか、ピッチャーをやってるからには先発でやりたいので、それを先発として勝てるような投手になろうということを考えてやってきました。

ーオープン戦を振り返って
4試合投げて無失点で抑えられているんですけど、まだもう少し良くなるんじゃないかと思っています。まだ真っ直ぐの手応えとかはあるんですけど、総合的にはまだもう少し投げていかなきゃいけないなとは思います。

ー新入生について
基本的にはピッチャー陣との関わりが多いんですけど、正直な感想を言うと、良いピッチャーがそろっているので負けてられないなという感じです。三浦(銀二、キャ1)も試合で結構良いですし、甲子園でも活躍してますし、古屋敷(匠眞)は球速いです。

ー第2先発争いに関しては
どちらかというと先発というふうに思われているので、森田(駿哉、営4)さんとか他のピッチャーがいるわけですけど、このオープン戦とかで結果をどんどん残して第2先発を任せられるようにならないといけないとは思います。

ー1年間の目標は
チーム的には春と秋で優勝というのはもちろんなんですけど、チームの優勝に貢献できるように第2先発という形で優勝に貢献したいですし、初勝利も挙げていないので挙げたいです。

ー今季の意気込み
春はチーム一丸となって優勝できるように、大きく貢献できるように頑張りたいと思います。
(取材:渡辺詩織)
suzukis
鈴木昭汰(すずき・しょうた)
キャリアデザイン学部2年 1998年9月7日生まれ
茨城県出身・常総学院
176cm75kg・左投左打
昨年度成績:3試合 6回1/3 勝0 敗0 被安打9 与四死球5 奪三振8 自責点5 防御率7.11 
『昨季神宮デビューを果たしたものの、納得のいく成績は残せず。セールスポイントである強気の投球に磨きをかけ、さらなる成長を遂げるシーズンを目指す』

高田 孝一 投手

ー昨年を振り返って
新人戦で初めて神宮の舞台で登板することができて、マウンドだったり雰囲気だったりというのを味わうことができたので、それが非常に良かったと思います。また去年、フレッシュトーナメントの東大戦で不甲斐ないピッチングをしてから、その苦い経験をバネにしてここまで頑張ってきた部分があるので、今年は神宮でやり返すという気持ちで頑張っていきたいと思います。

ー現在オープン戦では主に先発として起用されています
冬に真木(将樹現助監督)コーチと青木(久典)監督にフォームを一から見直してもらい、ボールとしても、コントロール、球威ともに成果が出てきていると思います。変化球もある程度まとまりをもって投げることができているので、これを継続してさらに上を目指していきたいと思います。

ー昨年は「1年生の期間でしっかりとした土台を作りたい」と仰っていました
ウエイトや走り込みなどのトレーニングをしっかりやることができました。また、この1年間で大きかったのは、大学の環境だったり、選手の雰囲気に馴染むことができたので、そういう意味での土台もできて良かったと思います。

ー現在、先発の候補として挙がっている現状について
2年生になってリーグ戦で投げることを目標としていたので、予定通りといえば予定通りですが、法政には良い投手がたくさんいるので、負けないように頑張っていきたいと思います。

ー現段階での持ち味である直球の完成度は
球速は今の時点でMAXまではいっていないですが、コントロールやボールの勢いという点では順調にきているので、良い段階までいっていると思います。

ーこの1年間での変化球の成長は
去年までは変化球の完成度が低く直球だけのピッチングになってしまい打たれる、という場面が多かったのですが、今年は去年と比べて変化球のコントロール、精度が上がってきているので、変化球を生かした上で直球が投げられていると思います。

ー具体的に自信のある変化球は
やはり1番は直球ですが、今はスライダーがかなり有効に使えています。ストライクが取れて決め球としてもある程度使えているので、そこは収穫かなと思います。

ーその中で今見えてきた課題は
実戦が始まって先発として投げていく中で力の入れどころと抜きどころを理解して投げるという部分と、バッターの反応や仕草を見ながら何を狙っているのか考えて投げるというのは課題として見えてきて、今実際に意識してやっているところです。

ー先輩からのアドバイスは
菅野(秀哉、キャ4)さんには投げている時に意見をしてアドバイスをもらっていますし、森田(駿哉、営4)さんともトレーニングを一緒にやらせて頂いて、いろいろな面でお世話になっています。

ー現在練習で意識していることは
昨年まではただ勢いで投げているだけだったのですが、今年はブルペンや試合の中でもフォームを意識して、フォームが良ければ良い球がいくという思いでやっています。

ー現在は先発起用ですが、先発にこだわりは
高校時代から先発でやっていて、自分としても中継ぎよりも先発の方が自分のリズムで投げられますし、自分の間が取れると思っているので先発にはこだわりがあります。

ー同じ高校の先輩である熊谷拓也(=平29年度卒、現NTT東日本)選手と比較されることが多いと思います
フォームなどの意識はあまりないですが、人として、先輩としての意識は大きいところがあります。法政の投手陣の要としてやってきた人なので、負けないように頑張っていきたいと思います。

ー登板した際に目指す投球は
自分のできることを1つずつやっていって、チームの勝利に貢献できれば良いと思います。

ー今年の個人目標は
具体的に勝利数や防御率を目標としてあげる段階にはなっていないとは思いますが、投げる機会があるなら勝利数というのは優勝に直結するものだと思うので、それにはこだわっていきたいと思います。

ーチーム目標は
ここ最近ずっと優勝から遠のいているので、優勝して、その後日本一になりたいと思います。

ー最後にファンの方々へメッセージをお願いします
今年はチームに貢献できるように頑張っていきたいと思うので、応援よろしくお願いします。
(取材:山崎有馬)
takada
高田孝一(たかだ・こういち)
法学部2年 1998年6月3日生まれ
神奈川県出身・平塚学園
183cm86kg・右投右打
昨年度成績 :リーグ戦出場なし
『昨年はリーグ戦出場がなかったものの、オフの期間から一つ一つ課題に取り組み、着実に成長。持ち味の直球と精度の上がった変化球を武器にオープン戦でも確かな結果を残しており、指揮官からの期待も高い。今一番の成長株が菅野に次ぐ先発投手として神宮の舞台で躍動する』

 

 

体育各部一覧ページへ