硬式野球

【硬式野球】他大学インタビュー 立教大学野球部②~田中誠也選手、藤野隼大選手、中川颯選手~

2018年4月3日(火)
立教大学野球部寮『智徳寮』

第2回目の今日は、若き左腕エースである田中誠也選手、ベストナイン獲得など昨年が飛躍の年となった藤野隼大選手、そして主にリリーフとして昨春リーグ優勝を支えた中川颯選手の3人に話しを伺った。

tanaka
今年もエースとしての活躍が期待される田中

選手インタビュー

田中 誠也 投手

ー昨季を振り返って
昨季は春優勝して秋4位という結果だったんですけど、春に良い思いした分、秋に悔しい思いをしたというのが率直な感想で、その秋の4位の悔しさを持ってこの春まで練習してきました。

ー個人としては
春ベストナインをとることができて、秋は何もタイトルとかとれなかったんですけど、年間通して投げ抜けたということは良かったと思います。

ー課題は
相手の1戦目のエースのピッチャーに勝ちきることができなかったというのが悔しさであり、課題です。

ー冬に取り組んできたことは
投げ込みをしてしっかり1から土台を作り直すことを意識してやってきました。

ーエース、上級生としての自覚も十分
そうですね。もう上級生にもなったので先輩についていくんじゃなくて、自分が引っ張っていけるような存在になりたいなとは思っています。

ー立大投手陣の状態は
全体的にキャンプから良い調子できていると思うので、このまま調整してリーグ戦に向かいたいなと思います。

ーイチオシの投手は
橋本敦也さんという4年生のピッチャー陣のチーフというかリーダーの先輩なんですけど、そのピッチャーが調子とても良いので投げたときは注目してもらいたいなと思います。

ー法大打線の印象は
去年から残っている主力ばっかりなので、自分の中では一番今季打線が良いチームじゃないかなと思ってるので、しっかり警戒して投げないといけないなとは思っています。小林満平(法4)さん、中山(翔太、人4)さん、向山(基生、営4)さんはやっぱり警戒しなきゃいけないなと思います。

ー同期の福田光輝(人3)選手と連絡をとったりは
たまにしますね!なかなか会う機会とかはないんですけど、リーグ戦の日に神宮で会うときは結構話したりします。

ー今季の目標は
去年1年間投げてこれた経験をしっかり生かして、今年も1年間投げきることと、その中でしっかり結果を求めてやっていけるように頑張っていきたいと思います。最優秀防御率を狙えるように頑張ります。
(取材:渡辺詩織)
tanaka2
田中 誠也(たなか・せいや) 
コミュニティ福祉学部3年 1997年10月27日生まれ 
大阪府出身・大阪桐蔭 
173cm65kg 左投左打 
『昨春は2年生ながらエースとして活躍し、チームを日本一へと導いた。上級生となる今季は最優秀防御率を目標に、さらなる高みを目指す』

 藤野 隼大 捕手

ー昨年を振り返って
59年ぶりに日本一になれましたし、勝ちというのを経験できましたし、秋は4位という結果で接戦での勝ち方とか接戦で試合を落としたりとか1年間通してみてすごくいろんなことを経験できた充実した1年だったと思います。

ーベストナイン獲得など藤野選手にとって大きな1年でした
初めてのリーグ戦で優勝することができて、その年のうちにベストナインを取ることができたのでもちろん大きな経験を積ませていただいた1年間でした。

ー1年を通して見つかった課題は
打者としての成績は秋なんかはすごく良かったんですけど、まだまだキャッチャーとしての能力が足りないなと思っています。まだまだ配球面だとかそのあたりの勉強が必要だなというふうに思いました。

ーオフの間に取り組んできたことは
ピッチャーとの話を密にしてそれぞれの課題だとか、さっき言った配球じゃないですけど、そういう形を確立できるようにコミュニケーションをとって、守備の面でのレベルアップを図りました。もちろんバッティングも打てるに越したことはないので、しっかり数を振って打力向上に努めました。

ー開幕まで残りわずかです
技術に関してはそう大きくは詰められないと思うので、ピッチャーとのコミュニケーションだとかそういう考えとか、それ次第で変えることができることをしっかり詰めていこうかなと思います。

ー立大の現在のチーム状態は
全体練習でもすごく明るくできてますし、先輩後輩でも分け隔てなくしっかり話すことができて、いい状態だと思います。

ー調子の良い投手は
最上級生の橋本(敦也)さんがいるんですけど、すごく状態が良くて。去年は神宮で投げて出てなかったのでそれを悔しさにして今状態がいいです。

ー下級生では
新入生の川端(健斗)くんが何回かオープン戦でも結果を出していますし、実績もあるので期待している投手の1人です。

ー法大の印象は
去年のキャプテンの森(龍馬=平29年度卒、現明治安田生命)さん以外ずいぶんスタメンに残っていて、ベンチにいる選手でもすごく層が厚くて、正直すごく警戒じゃないですけど、すごく恐いチームだなと思っています。

ー特に警戒する選手は
向山(基生、営4)さんと中山(翔太、人4)さんですかね。向山さんはやはりキャプテンだし、そういう人に打たせるとチームに勢いがつきますし、中山さんも一発があるバッターなのでそういう所は抑えるべき人をしっかり抑えるということで、その2人を抑えていきたいと思います。

ー自身の持ち味は
肩は自分でも強みだと思っています。

ー今季の目標をお願いします
今季は個人として結果が出ればもちろんいいんですけど、個人の結果よりはチームが勝てるための守備だとかバッティングというのをして、去年の優勝が偶然と言われないようにしっかり春のリーグ戦の連覇を目指してやっていきたいと思います。
(取材:渡辺詩織)
fuzino2
藤野 隼大(ふじの・はやた)

経営学部3年 1998年1月7日生まれ
埼玉県出身・川越東
181cm83kg 右投右打
『昨春にリーグ戦初出場を果たし、昨季はベストナインも獲得するなど飛躍の1年となった。誰もが認める強肩とパンチ力のある打撃でチームを引っ張る』

 中川 颯選手

ー昨年を振り返って
六大学野球の厳しさを知らされて、自分の中では成長出来た1年でした。春は優勝を経験させてもらったのですが、秋は調子が良くなくて、点も取られて大学野球がそんなに甘くないんだぞと思い知らされました。

ー大学野球の厳しさを思い知らされたとは
高校野球や今までやってきた試合より、大会自体が長い期間で、後半にバテてしまって甘い球を投げてしまったりしました。

ー大事な場面での投球が多かった様に思います
そこで抑えるのが自分の持ち味だと思うのですが、昨季はそれができなかったので、今年は春秋しっかり投げ切れるように頑張りたいです。

ー昨春、優勝を経験して
目指していたところではあるのですが、入学してからこんなに早く経験できると思っていなかったので、半分嬉しくて半分驚いています。

ー日本選手権では最優秀投手賞を獲得しました
賞のことは全然考えてなくて、春はまだ入部したばかりだったので、とにかくチームに迷惑をかけないようにということで必死でしたね。

ーご自身の持ち味は
気持ちで負けたら押されてしまうと思うので、相手よりも気持ちで上に持っていけるように意識してやっています。

ーサブマリン投法になったきっかけが、元千葉ロッテの渡辺俊介(現新日鉄住金かずさマジック)選手と伺いました 
元々、小学校の頃から肩があまり上がらなくて、サイドスローで投げていたのですが、ちょうど中学に入る頃に日本シリーズで渡辺選手を見て、ちょっと真似してみようという感じでやってみたら良い感じにはまったので、そこからずっと続けています。

ー高校時代はエースで4番でしたが、現在打撃の方は
今は投手としてしっかり役割を果たして、その後にバッティングの方も自分の力が必要となればやっていきたいです。そこは監督さんと相談しながら決めたいです。

ー打撃練習はしていますか
投手陣のバッティング練習として、やってますね。

ー今季の目標は
個人としては防御率0点台。チームとしては、去年パレードを経験してもう一度やりたいなと強く思っているので、まずはリーグ戦で優勝したいです。その後全日本選手権も優勝して、もう一度パレードをしたいというのが目標ですね。

ー法大の印象
高校時代からすごいメンバーが集まってるなという印象です。個人の力はすごいと思うので、そこにチーム力がついたら手強いだろうなと思います。

ー特に警戒する選手は
川口(凌、人4)さんは結構自分が苦手なタイプのバッターです。どこに投げても、当てられそうなので怖いですね。

ー最後に今季の意気込みを
個人としてはあまり考えすぎずに、防御率0点台だけを目指してチームに貢献できるように。チームとしては、去年の春みたいに全員の力で優勝できるように頑張ります!
(取材:大平佳奈)
nakagawa2
中川 颯(なかがわ・はやて)
コミュニティ福祉学部2年 1998年10月10日生まれ
神奈川県出身 ・桐光学園
184㎝80㎏ 右投左打
『130㎞前後の直球、変化球を投げ分ける技巧派投手。昨春の全日本選手権では、ルーキーながら最優秀投手賞を獲得するなど、今季注目の若手サブマリン』

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み