硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 立大1回戦 法大に球春到来!粘りを見せるも一歩及ばず、、開幕を勝利で飾れず今季初勝利は明日へ持ち越し

東京六大学野球春季リーグ対立大1回戦
2018年4月21日(土)
神宮球場

いよいよ春季リーグ初戦を迎えた法大。先発は菅野。2回、立大打線に本塁打を含む3失点を喫するが、その後は安定した投球を見せる。打線は立大のエース・田中誠也をなかなか攻略できずに沈黙。9回2死、二塁の場面で途中出場の福田光輝(人3)が右翼スタンドへ起死回生の2ラン本塁打を放ち1点差に迫るが、後続が倒れ敗戦。開幕戦を白星で飾ることはできなかった。

DSC 8619 R
エースとして開幕戦先発を任された菅野

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 8 0
立 大 0 3 0 0 0 0 0 0 × 3 8 1

(立大)○田中誠(2勝0敗)、中川₋藤野
(法大)●菅野(0勝1敗)、石川-中村浩
[本塁打] 三井2号ソロ(菅野=2回)、福田2ラン(中川=9回)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8) 向山 4 0 0 .000 右飛   二ゴロ   三ゴロ     右飛  
2 (6) 川口 4 0 0 .000 左飛   遊ゴロ     二ゴロ     右飛
3 (9) 小林 4 0 0 .000 三失   捕ゴロ     中飛     三振
4 (7) 中山 4 2 0 .500 遊飛     右中間二   中飛     右翼線二
5 (5) 吉岡 3 1 0 .333   左飛    三振      遊安    
  大西千 0 0 0                  
  福田 1 1 2 1.000                 右本②
6 (4) 相馬 4 2 0 .500   左安   三直     右飛   右安
7 (3) 安本 3 0 0 .000   右飛     空三振   三振    
  毛利 1 0 0 .000                 中飛
8 (2) 中村浩 3 2 0 .667   右安     左中間二     三振   
9 (1) 菅野 2 0 0 .000   三ゴロ     右飛        
  札葉 1 0 0 .000               三ゴロ  
  石川 0 0 0                  
    34 2 .235                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 7 80 28 8 5 0 3 3.86
石川 1 12 3 0 2 0 0 0.00
8 92 31 8 7  0 3 3.38

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 27 中村浩人(営4=多良木) 24 佐藤勇基(法2=中京大中京) 
13 高田孝一 (法2=平塚学園) 32 伊藤寛士 (文3=中京大中京) 25 清水俊作(文3=佼成学園)
14  朝山広憲(法3=作新学院) 2 川口凌(人4=横浜) 37 中山翔太(人4=履正社)
16 石川達也(キャ2=横浜) 3 相馬優人(営3=健大高崎)  1 大西千洋(営4=阪南大)
17 菅野秀哉(キャ4=小高工) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園) 8 斎藤卓拓(社4=大宮西)
19 河野太一朗(文4=法政二) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電)
21  森田駿哉(営4=富山商) 6  福田光輝(人3=大阪桐蔭) 31 札葉弘樹(経3=川越東)
26 三浦銀二(キャ1=福岡大大濠) 7 小林満平(法4=中京大中京)    
20 鎌倉航(法4=日本文理) 23 安本竜二(営3=静岡)    

 

リーグ戦結果(4/21現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――     ○○   3 3 0 1 1.000
  ――       1 1 0 0 1.000
    ――     ○○ 2 2 0 1 1.000
●●     ――     2 0 2 0 .000
      ――   1 0 1 0 .000
  ●●     ―― 3 0 3 0 .000
 

戦評

今年は絶対的エースと主砲を要し、11季ぶりの優勝へと期待が高まる中迎えた開幕戦。勝って勢いをつけたい法大だったが、序盤に3点を取られる苦しい展開に。最終回に執念の追い上げを見せるも一歩及ばず、悔しい開幕黒星スタートとなった。

先発を任されたのはエースの菅野秀哉(キャ4)。初回は立大打線を、わずか5球で抑える上々の立ち上がりを見せる。しかし2回、早々に菅野が立大打線につかまる。先頭打者の三井健右に内角の直球を完璧に捉えられ、打球は右翼席へ。2号ソロ本塁打により早くも先制を許してしまう。ここで悪い流れを立ち切りたい菅野だったが、続く5番・飯迫恵士には打ち取った打球を内野安打に、6番・藤野隼大には右中間適時二塁打を打たれ、2点目を喫する。また、犠打で1死三塁の場面を作られると、8番の投手・田中誠也にも右前適時打を許しこの回3点を取られてしまう。

打線は序盤、中盤と得点圏にランナーを置くも、得点につなげられず、あと1本が出ないまま終盤までもつれこむ苦しい展開に。7回には先頭の吉岡郁哉(営4)が内野安打で出塁。確実に1点でも返したいところだったが、代走・大西千洋(営4)が一塁でまさかの牽制死。ここでも好機を潰す形となってしまった。

しかし、菅野は失点した2回以降、落ち着いた投球で本来の姿を取り戻し始める。直球を狙って初球から積極的に振ってきた立大打線に対し、「途中からは変化球も投げて打ち取ることができた」と振り返る。味方の攻守も光り、8回までスコアボードにゼロを並べる好投を見せる。

そして迎えた9回の攻撃。8回から登板の2番手・中川颯からなんとしても点を奪いたい打線だったが、先頭の2人があっさりと凡退。しかし、2死から4番、中山翔太(人4)が執念の右翼線二塁打で出塁すると、続く打者は7回裏から守備で途中出場の福田光輝(人3)。「思い切っていくだけだなと思っていた」と語った福田が振り抜いた打球は右翼手の頭を大きく超え、スタンドに突き刺さる2点本塁打に。これで1点差とし、一気に盛り上がる法大ベンチ。続く相馬優人(営3)も右前安でつなぐと、球場の雰囲気も徐々に変わり始める。その中で迎えるは代打・毛利元哉(法3)。勝負はフルカウントまでもつれ、一塁走者の相馬は自動スタートという形に。外野の間を抜ければ間違いなく同点という場面だったが、振り抜いた打球は虚しくも力のない中飛となり試合終了。最後の最後に見せ場を作った法大だったが、結果は悔しい開幕黒星スタートとなってしまった。

序盤からリードを許し、敗戦という形となった今日の試合。副将の中山は「後半からみんな地に足が着いてきた」とチームの状況を冷静に振り返った。明日は法大が序盤から主導権を握る試合展開での勝ち点獲得につながる勝利を期待したい。(山﨑有馬)

 クローズアップ

9回裏、2死2塁。立大先発、田中誠也の好投を前に無失点に抑えられ、完封勝利まであとアウト1つ。打席に立ったのは、8回途中出場の福田光輝(人3)だった。「入ったな」。打った瞬間に手応えをつかんだ3球目の直球は、右翼方面へアーチを描き、スタンドへ一直線。法大としてこの日初得点、2打点を挙げ、土壇場で1点差に詰め寄る好機を演じた。

名門、大阪桐蔭では主将を務め、甲子園にも出場。法大入部後には、1年春からリーグ戦に出場した。だが、大学野球の厳しさを痛感させられ、1年次は7試合無安打と、本来福田の持ち味である打撃が不振に陥ってしまった。しかしこのことが、福田にとって自身を見つめ直すきっかけとなった。打撃では、ただ振るだけではなく攻撃を考えたバッティングを意識し、守備でも積極的に声を出した。すると徐々に本来の調子を取り戻していき、昨春に初安打、昨季は10試合で先発出場を果たした。

先発出場とはならなかったものの、リーグ戦自身初の本塁打となった今日の開幕戦。「神宮だとやれる気がする」。そう語った背番号6が、今季真骨頂を発揮してくれるに違いない。(大平佳奈)
DSC 9276 R

選手コメント

向山 基生 主将

―今日は法大の今季初戦となりましたが、どんな意気込みで臨まれましたか
やっぱりこの何シーズンかは初戦に勝てていないので、自分たちはすごく意識して試合に臨みました。
 
―今日のコンディションは
調子は良かったです。
 
―主将として初めて迎えるリーグ戦でしたが、緊張などは
緊張は全くしなかったので、いけるかなと思ったんですけど、切り替えて明日頑張りたいです。
 
―試合前のチームの雰囲気は
チームはすごく良い雰囲気になっていましたし、雰囲気が良かったので勝てると思っていました。
 
―立大の先発・田中誠也選手は、投手として戦前どんな印象を持っていましたか
やっぱり自分から崩れないですし、大量得点を取れる投手でもないので、すごく良い投手だと思っていました。
 
―打線はどういう風に田中投手を打ち崩そうと思っていましたか
チャンスは少ないと思っていたので、その少ないチャンスを生かしたいと思っていました。
 
―今日の先発、菅野選手をご覧になって
2回の失点は防げたかなと思っているんですけど、それ以降はエースらしいしっかりとした投球を見せてくれたと思います。打線がしっかり支えていきたいです。
 
―向山選手は本日無安打でしたが、今日のご自身の打撃を振り返って
明日に向けて切り替えていきたいと思います。
 
―9回の攻撃、1点差に迫る反撃をみせました
負けてはいけないんですけど、(食らい付いていくような)ああいう試合をこれからしていかなければいけないと思うので、すごく良い粘りで次に繋がっていければと思います。
 
―立大のチーム全体の印象は
勢いで来るチームだと思うので、明日は流れに乗らせないようにしっかり抑えたいです。
 
―明日に向けて、今日の試合を通しての改善点は
今日の1~3番で打った4年生選手が奮起できればなと思います。
 
―明日の試合への意気込みを
絶対勝ちます。
 

菅野 秀哉 投手

―今日の試合を振りかえって
2回というのが、本当にもったいないなというのが一番の印象です。

―近年落としている開幕戦ですが、今日の試合にはどう臨んだ
最近開幕戦落としているので、今回はしっかり自分が投げて何としてでも抑えたかったんですけど。本当に2回がもったいないなと思います。
 
―接戦の末、開幕戦を落とす結果となりました
自分が先制されてしまったので、3点という結構大きい点数だったので、本当に申し訳ないなと思うんですけど、最後に2点取ったので、明日につながる試合にはなったと思います。
 
―もったいないと仰られてる2回ですが、三井(健右、立大)選手にその回の先頭本塁打を許しました
4番からということで、1発だけは注意して投げようという話をしていたので、そこで1発を打たれてしまったのは自分の甘さだったのかなと思います。
 
―その後立て直せず2点を取られてしまった要因は
次のバッターをしっかり打ち取れれば2点は無かったと思います。点を取られた次のバッターをいかに抑えるかが大事だなと思いました。
 
―調子は
調子は、スピードは出てなかったんですけど、そんなに悪くはなかったです。
 
―相手打線は初球振ってくる印象でした
ストレートを待っている印象だったので、途中からは変化球も投げて打ち取ることができたので、考えて投げないとなというのはありました。
 
―明日以降も登板の可能性があります。残りの試合に向けて一言お願いします
明日もありますし、まず明日勝って。(明日)投げるチャンスがあればしっかり抑えて3戦目も先発して、勝ち点1を取れるようにしていきたいなと思います。

中村 浩人 捕手

ー今日の試合を振り返って
負けて、立大にワンチャンスをものにされてしまって、そのままうちも反撃できずに負けちゃったんですけど、最後の粘りは明日に絶対つながると思うので、明日絶対勝ちたいと思います。

ー初戦をどんな気持ちで迎えましたか
 最初は緊張したんですけど、初戦を絶対取るぞという気持ちで臨んでいました。勝てなかったので悔しいんですけど、明日は勝ちます。
 
ー2回と5回に安打を打ちましたが、どちらも初球打ちでした
 狙い球しっかり絞って、それが安打コースに飛びました。安打を打てたのはうれしかったので、明日も打てたらいいです。
 
ー明日の試合へ向けて
 明日負けたら勝ち点を落としてしまうので、まずはどんな形でも絶対勝って、月曜日に持ち込みたいです。

川口 凌 内野手

ー今日の試合を振り返って
やっぱり打つべき人か打たないと勝てないなと思いました。

ーチームの雰囲気は
良いと思うのであとは僕たち4年生がしっかり仕事をすれば良いかなと思います。
 
ー打線について
この前の試合もそうですし、今日の試合もそうですけど、やっぱり早め早めに点を取らないと相手のリズムにどんどんなってしまうので、明日勝って明後日も(試合を)やるつもりなので、早め早めにしっかり打っていきたいです。
 
ー今季から川口選手が遊撃、相馬選手が二塁を守っています
相馬がけがしてるときに僕がショートをやったら、そっちの方がいい動きをしてるんじゃないかということで(二遊間が)逆になりました。
 
ー最終回の追い上げについて
僕たちより下の代の選手がしっかり自分の仕事をしているので、それを見習って明日いい仕事できるように頑張ります。
 
ー自身の調子は
調子は悪くないので、結果を欲しがらずにしっかり自分の仕事をやりたいと思います。
 
ー法大ファンへ
スタンドの皆さんが応援してくれるとすごく僕たちの力になるのでこれからもスタンドいっぱいにしてほしいですし、僕たちが結果で返すしかないので期待してもらいたいです。
 
ー明日への意気込み
頑張ります!
 

中山 翔太 内野手

ー今日の試合を振り返って
序盤に嫌な形で先制されてそのままチームでズルズルいってしまったという感じです。
 
ー試合前のミーティングで何かお話は
みんな経験してきてるんで、普通に練習試合の通りにやろうという感じです。
 
ー今日の調子は
いつも通り良かったです。
 
ー立大先発の田中誠也選手の印象は
コーナーにしっかり投げて来るんで、自分の打つ球を絞って行こうと思ってました。
 
ー第二打席、右中間二塁打がありましたが
ちょっと高めに浮いたので思い切って打とうと思いました。
 
ー第3打席、相馬優人選手の三直で併殺になってしまいました
自分の判断が早めに抜けると判断してしまったんで、そういうところを明日しっかりやって行きたいです。
 
ー第4打席は右翼線二塁打を放ちました
次につなぐことだけを考えて行ったんで、それが良かったと思います。
 
ー球種は
真っ直ぐです
 
ー今日は真っ直ぐを狙っていたんでしょうか
高めに浮いてたんでそれが絶好球だっただけです。
 
ー今日の安打は2本とも二塁打。開幕前に走塁も意識するという話がありましたが
これからも、もっと意識して次の塁を狙って行こうと思っています。
 
ー守備が本職の外野に戻りました
どこ守っても自分のできることをしっかりやろうと思っているだけです。
 
ー今日の収穫や反省は
後半からみんな地に足が着いてきたって感じだったので、それを明日の初回からいけるようにしたいです。
 
ー明日に向けて一言
絶対勝ちます。
 

福田光輝 内野手

ー今日の試合を振り返って
チームとしては負けてしまったのですが、自分自身打てたので次につながる試合ができたかなと思います。
 
ー9回表、打席に入った時の心境
今日はスタメンで出てないですし、思い切っていくだけだなと思っていました。ヒット出るかなという感じだったのですが、打てたので良かったです。
 
ー本塁打を放った時の感触は
打った瞬間に「入ったな」と思いました。
 
ー先発出場とはならなかったが
昨季が終わってからこの試合に出るために準備してきて、スタメンで出ることはできなかったですけど、神宮だとなんかやれるような気がして。去年までとは違うものが自分の中で今日あったので、本当にそれは良かったです。
 
ー去年までと違うとは、上級生としての自覚という部分か
そうわけではないのですが今日は4年生も固かったですし、3年でしっかりいこうとなっていたので打ててよかったです。
 
ー持ち味の打撃がアピールできたのでは
まだ1打席しかやっていないので分からないのですが、ここからまだまだ連戦が続くので、しっかりその中で自分のバッティングができたら良いなと思っています。
 
ーチームとしては開幕黒星となりました
明日から切り替えてやらないといけないと思いますし、このチームは4年生で成り立っているので、自分たちもついていくだけじゃなくて協力しあいながら、4年生と一緒に試合ができたらなと思います。
 
ー8回裏に守備で途中出場した時、監督から何か声を掛けられたりは
結構急に「福田いくぞ」と言われたのですが、いつでもいけるように自分の中で気持ちの準備ができていたので、よかったです。
 
ー今後、どのように出場していきたいか
自分はしっかり守備で声を出して、バッティングでもいいところで打っていきたいです。何よりも4年生と優勝したいので、1戦1戦しっかり頑張っていきたいです。
 
ー明日への意気込み
もう切り替えて自分たちはやるしかないので、全員が冷静に、思い切ってしっかり今日から準備していきたいです。

石川達也 投手

―今日の投球を振り返って
デビュー戦でしたが、一番良い投球が出来ました。
 
―3点差の場面での登板、どのような気持ちでマウンドに立ちましたか
1点も相手にあげてはいけない状況で、味方の逆転を信じて投げるだけでした。三者凡退という一番良い結果を出せたので良かったです。
 
―リーグ戦初登板、緊張は
特になかったんですが、1点も相手に与えられない場面だったので、『抑えてやる』という気持ちで挑みました。
 
―今日は2三振を奪う好救援。直球が良かったように見えたが
そうですね。自分も驚いたんですが、今まで143キロだった直球が今日は146キロ出ました。調子が良かったと思います。
 
―先制本塁打を打っていた4番の三井健右選手からも三振を奪った
エースの菅野さんが打たれていたので、その借 りを返すという気持ちで腕を振りました。
 
―リーグ戦のメンバー入りを果たすために一番練習してきたことは
左肩の調子が悪かったので上半身を重点的に鍛えるということと下半身主導で投げるために特にウェイトトレーニングをしっかりやりました。
 
―石川選手が『対戦したい投手』にあげていた中川颯選手との対戦
初登板で対戦できてとても嬉しかったですが、また対戦する機会もあると思うので、その時は負けないように頑張ります。
 
―今季の個人目標は
とにかく0で抑えることを目標にして、防御率は0.00で今季を過ごすことです。
 
―チームとしての目標は
リーグ優勝から遠ざかっているので、リーグ優勝して先輩方を日本一に導いていければいいかなと思います。
 
―明日に向けて一言
初戦でかたかったところもあったと思いますが、最終回は勢いに乗っていたので明日、明後日も勝てればと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 8667 Rマルチ安打を記録した相馬
  • DSC 8687 R5回に技ありの二塁打を放った中村浩
  • DSC 8726 R2本の二塁打を放った中山
  • DSC 8618 R菅野は7回3失点の投球を見せた
  • DSC 8969 Rリーグ戦で初めて主将として臨んだ向山は無安打に終わった
  • DSC 9006 Rこの試合がリーグ戦初登板となった石川
  • DSC 9361 R本塁打を放った福田を出迎えるベンチの選手たち
  • DSC 9431 R一打逆転の場面で代打出場した毛利。中飛に終わった
 

 

 

体育各部一覧ページへ