硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 慶大1回戦 打線は相馬4打数4安打2打点、向山猛打賞を含む12安打を放つも、5回に慶大打線の猛攻を受け逆転負け

東京六大学野球春季リーグ戦対慶大1回戦
2018年4月28日(土)
神宮球場

立大戦を落としている法大にとって慶大戦は1回戦から勝利し波に乗りたい試合。打線は主将向山基生(営4)の出塁をきっかけに福田光輝(人3)、吉岡郁哉(営4)、相馬優人(営3)が安打を放ち課題だった先制点を得る。しかし、5回に先発の菅野秀哉(キャ4)が慶大打線につかまり、終わってみればこの回5失点。その後も1点追加され6-3で敗戦。またも勝利とはならなかった。

tobira
ピンチの場面にマウンド上で話し合うバッテリーと監督
 
 

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 5 0 1 0 0 6 9 1
法 大 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 12 1

(慶大)高橋亮、○高橋佑(1勝0敗)、石井-郡司
(法大)●菅野(0勝3敗)、石川、三浦、朝山-中村浩
[本塁打]嶋田1号ソロ(7回=三浦)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8) 大西千 4 1 0 .250 三ゴロ 四球   投ゴロ   左前安   三振  
2 (6) 川口凌 5 1 0 .167 左前安 右飛   三振   一ゴロ   左飛  
3 (9) 向山 5 3 0 .353 遊安   左前安 左二安     中飛   三振
4 (7) 中山 4 0 0 .353 死球   右飛   三振   中飛   遊直
5 (5) 福田 4 2 0 .400 三振   右前安   中安   四球   遊飛
6 (3) 吉岡 4 1 1 .200 三ゴロ   右前安①   遊併殺打   三振    
7 (2) 中村浩 2 0 0 .455   遊ゴロ 死球     左飛      
  2 鎌倉 1 0 0 .000               三振  
8 (4) 相馬 4 4 2 .429   中前安 中二安②     左前安   右翼線安  
9 (1) 菅野 1 0 0 .000   投犠打 投ゴロ            
  1 石川 0 0 0 .000                  
  H 安本 1 0 0 .000           三邪飛      
  1 三浦 0 0 0 ---                  
  H 斎藤卓 0 0 0 ---               死球  
  1 朝山 0 0 0 ---                  
    35 12 3 .259                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 4 1/3 77 22 6 2 2 4 4.41
 石川 1 2/3 35 8 2 3 1 0 1.50
三浦 2 29 7 1 5 0 1 3.60
朝山 1 14 3 0 1 0 0 0.00
9 155 40 9 11 3 5 3.97

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 27 中村浩人(営4=多良木) 24 佐藤勇基(法2=中京大中京)
13 高田孝一(法2=平塚学園) 32 伊藤寛士(文3=中京大中京) 25 清水俊作(文3=佼成学園)
14 朝山広憲(法3=作新学院) 2 川口凌(人4=横浜)  37 中山翔太(人4=履正社)
16 石川達也(キャ2=横浜) 3 相馬優人(営3=健大高崎) 1 大西千洋(営4=阪南大)
17 菅野秀哉(キャ4=小高工) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園) 8 斎藤卓拓(社4=大宮西)
19 河野太一朗(文4=法政二) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電) 
21 森田駿哉(営4=富山商) 6 福田光輝(人3=大阪桐蔭) 31 札葉弘樹(経3=川越東)
26 三浦銀二(キャ1=福岡大大濠) 7 小林満平(法4=中京大中京)    
20 鎌倉航(法4=日本文理) 23 安本竜二(営3=静岡)    

 

リーグ戦結果(4/28現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――     ○○ ○△○   5 4 0 2 1.000
  ――     ○○ 3 2 1 1 .667
    ――   ○○ 3 3 0 1 1.000
●●   ――     3 1 2 0 .333
●△●     ――   4 0 3 0 .000
  ●● ●●     ―― 4 0 4 0 .000
 

戦評

立大との開幕カードを落とし、優勝に向け何としても勝利を掴みたいこの一戦。打線が計12安打を放ち幾度となく好機を作ったがここぞと言う場面であと1本が出ず、6-3で無念の敗戦となってしまった。

菅野秀哉(キャ4)と高橋亮吾が先発で始まった今日の試合。1回、2回と互いに走者を得点圏まで許す不安定な立ち上がりを見せたが、要所を抑え無失点で切り抜ける。立大との3戦全てで先制点を許している法大。今日こそ先手を取り流れを掴みたい中、3回にその待望の場面がやってくる。先頭の3番向山基生(営4)が左前安打で出塁。4番の中山翔太(人4)は右飛に倒れ1死となるが、続く5番福田光輝(人3)が叩きつけた打球は一塁手の頭を越え右前へ。スタートを切っていた向山は3塁まで到達し、1死一、三塁の好機を演出する。続く打者は6番吉岡郁哉(営4)。変化球に食らいつき放った打球は二塁手の横を抜ける右前適時打に。前カードまで5番起用されてきた男が勝負強さを見せ、今季初打点。チームとしても貴重な先制点を挙げた。ここで終わらなかった法大打線。続く7番中村浩人(営4)は死球を受け1死満塁となり、打席には8番相馬優人(営3)。「本当に何としても点を入れないと流れが乗ってこないと思った」と語った相馬の放った打球は詰まりながらも中前へ。中堅手の柳町達が打球処理を誤った間に2人が生還し、この回一気に3点を奪った。
souma
先発の菅野は先制した直後の4回をきっちりと三者凡退で抑え、ここから法大ペースで試合が進むと思われたその矢先だった。5回に慶大打線の集中打を浴びてしまう。先頭の8番瀬戸西純を四球で出すと、続く高橋佑樹のバントの打球を中村浩が二塁に送球。しかし、これがセーフとなり野選に。続く1番小原和樹には左前安打を許し無死満塁の大ピンチを迎える。続く打者は2番内田蓮。2球目の直球を捉えられ、打球は鋭いライナーで中前へ。大西千洋(営4)の失策も重なり2失点を喫する。なおも無死二、三塁と苦しい状況の中、続く柳町達は空振り三振に抑え1死とするものの、4番郡司裕也には甘く入った変化球を捉えられる。これがフェンス直撃の左越え2点適時二塁打となり4点目を献上。逆転を許したところで菅野は無念の降板となってしまった。

後を任されたのは石川達也(キャ2)。交代直後、5番嶋田翔に右中間適時二塁打を許し1点を献上してしまう。しかし、後続を打ち取り、何とか5回を5点止まりで切り抜けると、6回も無失点で抑える。7回、8回は期待のルーキー、三浦銀二(キャ1)が登板。今日当たっていた5番嶋田翔に左越えソロ本塁打を許したものの、2回を投げ5奪三振の力投を見せた。

一方の打線は何度も好機を作るものの、あと1本が出ない。6回には今日絶好調の相馬と昨春以来の先発出場となった大西千の安打などで好機を作るも2番川口凌(人4)がこれを生かせず。8回にも一、二塁に走者を置き、大西千、川口凌といった上位打線までつながったものの、ここでも走者を返すことはできなかった。気がづけば試合は6-3の3点差のまま最終回へ。表の守りでは朝山広憲(法3)が登板し、危なげない投球で三者凡退に抑え、裏の攻撃に望みをつなげる。しかし、ここまで毎回走者を出してきた打線が最後に沈黙。クリーンアップから始まる絶好の打順だったが、その3人が呆気なく三者凡退に打ち取られ試合終了。またしても白星を挙げることはできなかった。

何度も好機を作りながらそれをものにできなかった今日の法大。個人成績を見れば相馬が4安打、向山が3安打など、打つべき選手が打っている印象はあるが、結果として奪うことができたのはわずか3点。次戦からはここぞと言う場面の一本をものにし、勝利をつかんでいきたい。
(山崎有馬)

クローズアップ:相馬優人 選手

4試合を消化し白星はまだゼロ。11季ぶりの優勝を目指す法大の前にまたもや暗雲が立ち込めている。今日の試合では慶大の投手陣を最後まで打ち崩すことができず、追加点のホームが遠い展開となった。そんな中で相馬優人(営3)は4打数4安打と固め打ちをし、ひとり気を吐いた。

「ずっと僕たちは優勝と言ってきて、その中で立大戦で勝つことができなくて。本当に一戦も落とすことができないので何としても勝とうという気持ちで臨みました」。何としても連敗を止めなければいけないという使命感を背負い、相馬は試合に臨んだ。第1打席に中前安を放ち、迎えた第2打席。6番吉岡が先制となる右前への適時打を放ち、後続も出塁しなおも1死満塁という場面で打席に立った。流れは法大に傾きかけていた。追加点が喉から手が出るほど欲しい状況。「きれいなヒットとかはいらないので、泥臭く1本打ちたい」というバットに込められた願いは結果へとつながった。慶大の先発・高橋亮吾の球に食らい付き、決して良い当たりでは無かったが中堅手の前にポトリと落ちる安打となる。さらに中堅手がその処理を誤り、結果的に2人の走者が本塁に生還。3-0と幸先の良い序盤の立ち上がりに貢献する一打となった。

その後、相馬は第3打席、第4打席にどちらも1死から左前安、右前安と左右に安打を量産。好調をアピールした。しかし彼の後の打線はつながらず、終わってみれば3回の3点がこの試合の全得点となった。試合後、相馬は険しい表情で現れた。4安打を放ったという喜びは1ミリも無く、今日のチームの敗戦を現実として深刻に受け止めていた。「全てが甘かった」。普段できていたプレーもリーグ戦という大舞台になるとミスをしてしまう。「できるはず」という自分たちの甘い考えが敗戦につながったと相馬は振り返った。連敗中のチームを救うためには、選手一人一人が初心に立ち返り、隙を見せないプレーをしていくことが重要である。相馬の言葉から「まだこのチームは終わっていない」ということを強く感じさせられた。
(岡﨑祐平)
kuro-zu

選手インタビュー

 向山 基生 主将

ー今日の試合を振り返って 
先制しようという目標でやっていたので先制できたのは良かったと思うんですけど、自分の盗塁ミスであったり、そういうところで一気に流れを持っていかれてしまったかなと思います。

ー勝ち点に向け大事な試合となりましたが試合前はどのような話を 
先週負けたことは良い意味で切り替えて今日の1勝を取りに行くことを目標にみんなで頑張っていこうと言っていました。

ー勝ち切れなかった要因はどこだと考えている 
今日に関しては流れを(持っていかれたこと)。先週も点を取られた後に取ったり、取った後に取られたりとか。今日であったらミスの後に点を取られたりだとかそういう部分だと思います。

ー3回は向山選手の安打から3得点につながりました 
自分は先頭バッターだったので出ることしか考えていなかったんですけど、後のバッターが良くつないでくれたと思います。

ー菅野選手は5回を投げ切れない苦しい投球が続いています
もうちょい踏ん張ってほしいという気持ちもありますけど、菅野が悪い時は野手が援護したいですし、逆に自分たちがなかなか苦しい時に守ってほしいので、今は野手が頑張りたいと思います。

ー明日に向けチームとしては何を話した 
今日に関しては点差とかイニングのことも考えてしっかり冷静に考えてプレーすれば絶対に勝てるゲームだったと思うので、明日はそういうところを反省して頑張っていきたいと思います。

ー明日に向けて
まだ1回も勝てていないので、しっかりと明日1勝できるように死に物狂いでいきます。

大西 千洋 外野手

ー今日の試合を振り返って
チームとして「トーナメント戦のつもりで1戦も負けないようにやっていこう」ということだったんですけど、序盤にしっかり先制できた良い流れの中で自分たちで崩れていったというか。向こうに流れがいってしまったので悔しいですね。

ー大西選手個人としては昨春以来の先発出場でした
オープン戦からずっと準備はしてきましたし、自分のやるべきことというのはずっと変わらないというか。とりあえずスタメンで出られたことは良かったと思います。

ー試合前に意識したことは
やっぱり久々だったのでちょっと気持ちが高ぶることはあったんですけど、そこは冷静に。あまり力みすぎても良くないので平常心でいこうと思いました。

ー6回には安打も放ちました
後ろにつないでいこうという感じでいました。シンプルに嬉しかったです。

ー明日の試合に向けて
もう絶対に負けられないので、応援してくださっているファンの方々のためにもしっかり勝てるようにいきたいです。

菅野 秀哉 投手

ー今日の試合を振り返って
先制点を取ってもらったので、なんとか勝ちたかったです。

ー試合前の練習の調子はどうでしたか
悪くはないと思っていたんですけど、打たれてしまっているので。あまり良くないのかなと思います。

ー4回までは要所で抑えていましたが、5回の先頭打者からペースが乱れたように見られました
特に気持ちの変化とかはなかったですけど、先頭の四死球が点に絡んでいるというのはずっと言われてきた事なので、出すべきランナーではなかったなと思います。

ー5回のピンチの場面でのタイムでは監督からどんな事をアドバイスされましたか
点差もあるから落ち着いて1つずつアウトを取っていけという話でした。

ー次回までに修正していきたい点は
四死球があったので、減らしていきたいです。先制されなかったという点は良かったと思います。

ー未だ勝ち星がありませんが、チームの雰囲気は
雰囲気は悪くないので、明日勝てるように頑張るだけです。

吉岡 郁哉 内野手

ー今日の試合を振り返って
先制してから逆転されたというのが、とりあえず負けたことが一番悔しいです。

ー1週間で調整してきたことは
初球から振っていくことが自分の持ち味ですが、それが立教戦ではあまりできていなかったので、今日はどんどん振っていこうと思っていたんですけど、やはりどうしても試合になると思っていることに対して体が反応できなくて、気持ちの部分ではまだまだ甘いなというのはあります。

ー3回に先制適時打を放ちました
1打席目のチャンスのときに凡退して、それが本当に悔しくて。次も同じような場面で来たので、次は絶対に返してやるという気持ちで打席に立ちました。

ー打撃の調子は
特に全然悪いわけでもないので、自分の持ち味をしっかり出して積極的にどんどん振っていきたいと思います。

ーチームとしては未だ白星を挙げられていません
落ち込んでいる場合ではないので、もっと明るい感じで自分たちのいつもの野球をできるようにチーム全員で頑張っていきたいです。

ー明日の試合に向けて
本当に負けられないので、一丸となって全員野球で頑張ります。

朝山 広憲 投手

ー今日の試合を振り返って
今日もピッチャーで負けたと思います。ピッチャーがなかなか結果を出せていないので、自分含めピッチャー全員で、ある意味本当に目の色を変えてやらなければいけないなと思いました。

ー朝山選手は防御率0.00と完璧なリリーフ投球を見せています 
去年の新人戦(春季フレッシュリーグ)から神宮で点を取られたことはないので、そういう意味では今日もそうですけど、試合前から0(失点)にこだわって、ランナーを出しても粘ってホームベースを踏ませないようにしようと常に意識してマウンドで投げています。

ー今日は9回での登板でしたがどのような気持ちでマウンドに 
打順が2、3、4番と相手も良い打順からだったので、明日も試合があるので、相手に自分のスイングをさせないというか、明日につながるバッティングはさせないというイメージでマウンドに上がりました。

ー朝山選手含め、リリーフ陣が比較的好調な印象です 
そうですね。比較的僕以外は、下級生の石川、三浦が非常に引っ張っていてくれているので、そこは僕ももっと自分が引っ張っていかなければなと思います。

ー明日も登板の可能性があります。明日に向けて 
明日は本当に負けられない1戦になるので、どんな場面でもいけるように準備はしていますし、チームに流れを呼び込めるような投球ができれば良いなと思います。

相馬 優人 内野手

ー今日はどのような意気込みで試合に臨んだか
ずっと僕たちは優勝って言ってきて、その中で立大戦で勝つことができなくて、本当に1戦も落とすことができないので何としても勝とうという気持ちで臨みました。

ー1打席目は安打で出塁、2打席目は満塁の場面での打席となりましたが、どんなことを考えて打席に入った
あそこは本当に何としても点を入れないと流れが乗ってこないと思ったので、本当きれいなヒットとかはいらないので、泥臭く1本打ちたいと思っていました。

ー2点適時打となりましたが球種や感触は球種は
多分抜けたフォークですね。感触は良かった訳ではないんですけど、良いところに落ちてくれたので良かったです。

ー今日は4安打の固め打ちとなりましたが、今日の試合での好調の理由は
やっぱり気持ちですね。本当に今日のチームの流れが良くなかったので、その中でも何としてでも塁に出ようという気持ちで、打球が良いところに落ちてくれましたね。

ー相手投手陣の印象は
真っ直ぐの球も良くて、その中でも小さく動かしてくる球が特に良かったので、そこを攻略していかないと点も入らないと思いました。

ーチームではこれからどんな戦い方をしていこうと話し合ったか
(今日までの敗戦は)結局全てが甘かったと思うので、それをもっと早く気づければなと思ったんですけど、明日までは時間が無いんですけど、その中で考え方ならまだ考え直すことができるので、甘さを無くそうという話をみんなでしていました。

ー明日の試合に向けて意気込みを
絶対勝ちます。

三浦 銀二 投手

ー試合を振り返って
ホームランを打たれたあの一球だけが痛い失投でしたね。調子は良かったので。

ー今日は奪三振5つと直球、変化球共にキレがあったように感じられました
次の1点を取られてはいけないと思っていたので、いつもより力んで力を込めて投げていました。

ー郡司選手を三振に打ち取った後の嶋田選手への初球が本塁打でしたが、郡司選手を打ち取った後気持ちの変化は
郡司さんは良いバッターと言われているので、三振に取れて少し調子に乗ったというか。いけるぞという気持ちでスッとストライクを取りにいったボールを打たれてしまったので、悔やんでも悔やみ切れないですね。

ー神宮での登板は2回目ですが、マウンドの感覚は
以前の試合よりは緊張することなく、平常心で投げれたのは良かったと思います。

ー次回の登板までの修正点は
ホームランを浴びた一球だけが失投だったので、次の機会までにしっかり修正してから、勝利に貢献できるような投球ができるようにしたいです。

フォトギャラリー

  • kannno先発の菅野
  • oonishi大西千は約1年ぶりとなるスタメン復帰を果たした
  • muko23回、先頭で出塁しチャンスを広げた向山
  • yoshioka先制打を放ち塁上で笑顔を見せる吉岡
  • fukuda前カードから好調を維持し打線をつないだ福田
  • bechi3回の得点時にはベンチ全体で喜んだ
  • isikawa菅野の後に登板し力投した石川
  • asayama昨年から神宮での無失点記録を継続している守護神朝山
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み