硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対早大 3番手の山下輝が好投を見せるも序盤の失点が響き、同率1位の早大に敗戦を喫する 順位を3位に落とし残り2戦へ 

春季フレッシュリーグ
2018年5月20日(日)
神宮球場

優勝も手に届く範囲にあるフレッシュリーグ。相手は同じく20日の時点で1位の早大だ。先発の古屋敷匠眞(営1)は立ち上がりから2点を失い、3回にもピンチを作り無念の降板。続く柏野智也(営2)も四球が絡み悪い流れを止められず。山下輝(営1)が本領を発揮しその後は相手打線を封じ込めるも、打線も勢いに乗れず序盤に取った2点以降追加点は1点のみ。優勝に向け痛い敗戦となった。

yamashita1
救援登板で好投した山下輝

試合結果

トータル試合結果(連盟規定により7回で終了)

 1234567HE
法 大 0 0 2 0 0 1 0 3 8 0
早 大 2 0 3 0 0 0 × 5 3 0

(法大)●古屋敷、柏野、山下輝-杉浦
(早大)宮本、〇結城、中野-小掛
[本塁打]無し

 

打撃成績

打順位置選手1234567
1 (7) 杉村 4 2 0 一ゴロ   三安 遊直   右前安  
2 (8) 片瀬 4 1 0 左飛   投安   三振   左飛
3 (6) 中村迅 4 1 0 右翼線二安   三邪飛   遊ゴロ   二ゴロ
4 (9) 村田 4 1 2 一ゴロ   中前安②   三邪飛   二直
5 (5) 羽根 3 1 0   中前安 遊ゴロ     遊飛  
6 (D) 立花 2 1 0   遊併殺打   左前安   四球  
7 (4) 中原 2 0 0   左飛   三犠打   中飛  
8 (3) 小谷 2 1 0     三ゴロ 左前安   四球  
9 (2) 杉浦 0 0 0     死球 四球      
  2 後藤 0 0 0           四球  
    25              

 

投手成績

  球数 打者
古屋敷 2 0/3 50 11 2 3 3 4
柏野 1 32 7 1 2 2 1
山下輝 3 41 9 0 4 0 0
6 123 27 3 9 5 5

 

ベンチ入りメンバー

11 柏野智也(営2=広陵) 2 宮本隆寛(人2=健大高崎) 8 立花海都(文2=岡山理科大附)
15  落合竜杜(法2=常葉菊川) 3 永廣知紀(営2=大阪桐蔭) 9 村田雄大(人2=横浜)
16 山下輝(営1=木更津総合) 4 杉村泰嘉(文2=広島新庄) 28 片瀬優治(人2=法政二)
17 川合隼人(経2=掛川西) 5 小谷敦己(文2=倉敷商業) 29 小池智也(営1=八戸学院光星)
18 古屋敷匠眞(営1=八戸工大一) 6 中村迅(営2=常総学院) 36 岡田悠希(1=龍谷大平安)
22 杉浦徹(営2=Cathedral Catholic) 24 平柳圭汰(経2=聖望学園) 37 神野太樹(キャ1=天理)
27 後藤克基(法1=滋賀学園) 26 中原輝也(人1=尽誠学園) 38 諸橋駿(法1=中京大中京)
32  多田遼真(理工2=長生) 34 佐竹光太郎(人2=法政二)    
1 羽根龍二(社2=日大鶴ケ丘) 7 村上裕(文2=福岡工大城東)    

 

戦評

フレッシュリーグも丁度中間にあたる第3戦。今日の試合は、ミスからピンチを作り失点するケースが目立つ敗戦となった。

法大の先発は、最速152㌔と開幕前までリーグ戦での活躍も期待されていた注目のルーキー古屋敷匠眞(営1)。
huruyashiki
ここで、アピールをしてリーグ戦初出場につなげたいところだ。ところが、初回から制球が定まらない。2番打者に高めの球を弾き返され中前安打を許すと、盗塁でチャンスを広げられる。次打者には四球を許し、4番打者には追い込んだ後の甘い球を右翼線への二塁打にされ、あっさり先制を許してしまう。古屋敷は2回を3人で抑えるも、続く3回には先頭から2者連続四球とし、ここで降板。時折、力のある球で三振を奪う場面があり豪腕の片りんを見せるも、リーグ戦出場には課題が残る結果となった。古屋敷の後を引き継いだのは柏野智也(営2)。しかし、代わって最初の打者に四球を許しピンチを作ると、またしても追い込んでから4番打者に中前に弾き返され1点を追加される。さらに暴投や振り逃げでの失点など要所でのミスが響き、この回3点を追加されてしまった。

一方の打者陣は、3回に死球と2つの安打などで2死満塁の好機を作ると、打席には4番村田雄大(人2)。2ボール2ストライクと追い込まれてからの5球目だった。変化球に体勢を崩されながらも中前に持っていく技ありの同点適時打を放つ。さらに勝ち越しを許した後の6回にも立花海都(文2)が相手の暴投を見て一塁から一気に三塁へ。さらに、相手捕手が三塁送球を暴投の間にそのまま本塁に生還し、1点を返す好走塁を見せた。7回までに8安打とまずまずの結果を出したが、試合は7回の法大の攻撃時で大会規定の2時間に到達し、ここで試合終了。法大が今季フレッシュリーグ初黒星を喫した。

特に今試合、課題として挙げられたのは『四球』の数。5失点した序盤3回までに許した四球は、5つ。これによって自ら走者をためてピンチを作り失点しまう場面が多かった。リーグ戦での出場が期待される若手投手が多く出場するフレッシュリーグ。こうした場面を克服し、リーグ戦ベンチ入りを掴み取って欲しいところだ。それでも収穫は多い。打者陣では、村田が勝負強い打撃を見せ、1番を打つ杉村泰嘉(文2)がマルチ安打と良い動きを見せている。投手陣も古屋敷や山下輝(営1)など、粗削りな部分も多く残るが、飛躍の可能性を感じさせた。フレッシュリーグも残り2戦。次戦は、リーグ戦の早慶戦まで全て終えてからの試合ということもあり、少し間が空く。この期間でしっかり鍛練を積み、次世代のスターが結果を残してくれることを期待したい。(具志保志人)

 クローズアップ:山下輝

先発の古屋敷匠眞(営1)、救援の柏野智也(営2)がともに奮わず流れの悪いなか、4回から6回まで三者凡退に抑えた山下輝(営1)。「ストレートが走っていた」と、先日の東大戦と打って代わって、圧巻の投球を披露した。

前回の東大戦では5回を無失点に抑えたものの、制球が定まらず四死球も3つ。持ち味の直球も冴えなかった。そこから1週間の間に、山下輝はフォームのバランスを修正。それが功を奏してか、今回の早大戦では140㌔中盤の直球がテンポよく良いコースに決まる。気付けば打者9人に対し4奪三振と、それまで5点を取っていた相手の勢いを止めた。

フレッシュリーグで結果を残した今、リーグ戦のベンチ入りも可能性として考えられる。ベンチ入りをつかみとるためにライバルとなるのは「平元(銀次郎、営1)です」。直球も変化球も巧みに使いこなせる、同じ1年生左腕を上回る投球を見せなくてはベンチ入りは難しい。だが、「真っ直ぐだけは負けたくない」と強気に語る山下輝。持ち味の直球をさらに磨き、リーグ戦初登板なるか。1戦1戦、着実に成長を見せる左腕の今後の活躍が楽しみだ。
(中西陽香)
kuro-zu

選手インタビュー

古屋敷 匠眞 投手

ー登板を振り返って
先発を任されたんですけど、今日の結果を受けてこれからもっとやっていかないといけないことが見つかったので、次の登板までにしっかり準備してやっていきたいと思います。

ー先発として試合前に意識したことは
「優勝しよう」ということでやっているので、試合を作って最少失点に抑えようと思いました。ですか、結果的には良いピッチングができなかったので、これからの課題にしていきたいです。

ー立ち上がりから崩れましたがその要因は
緊張など、完全にメンタルの弱さだと思います。

ー2回は三者凡退に抑えました
2回は特に何も考えずに、思い切り腕を振ることだけ考えて投げられたのは良かったと思うんですけど、次の回にまた(色々)考えてしまって。メンタルの方で不安定な部分があるので、そこをしっかり鍛え直していきたいです。

ーその後の3回では二者連続で四球を与えました
1個フォアボールを出した後で、またフォアボールを出したらいけないなという思いがあって、それがマイナスに働いたのではと思います。

ー今後具体的に修正したい点は
ボール自体はそんなに悪くなかったので、メンタルだけだなと思います。

ー次回登板に向けて
次の登板では今日ダメだったところを修正して、良いピッチングして、信頼をもらえるように頑張りたいです。

 村田 雄大 外野手

ー今日の試合を振り返って
良いチームでやっているので、負けてしまったのが悔しいというのが率直な感想です。

ー3回に一時同点となる適時打を放ちました
フォークのような、落ちる球だったと思います。ピッチャーの足元にいったので、「抜けてくれ」という気持ちでした。

ー現在の調子は
初戦の慶応戦はだめだったのですが、徐々に上がってきているので、これを維持して次につなげたいと思います。

ーここまでの3試合全てで4番を任されています
やはり任されている以上はチームの勝ちに貢献できるようなバッティングをしたいと思っているので、そういったことは意識してやっています。

ー今日チームとして出た課題は
今日は自分たちが崩れてしまってこういう結果になってしまったので、チーム全体でもう一回、入りというのを意識して、自分たちが崩れないようにやっていきたいと思います。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
勝ちたいので、自分の力で勝たせられるようにやっていきたいと思います。

山下 輝 投手

ー今日の試合を振り返って
前回先発をさせてもらったんですけど、その時は全然真っ直ぐも走っていなかったので、その反省を生かして今日は投げる機会があれば良い投球をしたいなと思い(マウンドに)上がりました。

ー前回から取り組んだことは
1週間あったので、もう一度フォームのバランスを見直して。それが、結果が良くなったきっかけかなと思います。

ー前回は緊張したと仰っていましたが、今日は
2回目ということで、全然緊張はなくて。いつも通り投げられたと思います。

ー流れが悪いなかでの登板となりました
自分がなんとか変えようということで、思い切りマウンドで投げました。

ープレーで意識したことは
前回がああいう形だったので、今回は思い切り腕を振ろうということで。ストレートも結構走っていたので良かったです。

ーチームとしては明大、早大を追いかける形となりましたが
あと2試合、「負けない」というのが一番大事だと思います。チームが勝てるように頑張りたいです。

ーリーグ戦登板も可能性はありますが、アピールしたい点は
入る機会をもらえればやることは今日と変わらず、しっかり全力で腕を振ることだと思うので、入れれば頑張りたいです。

ー次に向けて
残り2試合あるので、そこで投げる機会をもらえたら、今日みたいな自分の投球ができれば、チームも勢いで勝てると思うので、しっかり勝てる投球をしたいと思っています。

フォトギャラリー

  • nakamuraj1回に二塁打を放った中村迅
  • hane2回に中前安打を放った羽根
  • katase毎試合安定し安打を放つ片瀬
  • urata2打点を挙げた村田は一塁上で喜びを見せた
  • kashino2番手で登板した柏野
  • tatibanaリーグ戦でスタメン出場も果たした立花
  • kodani力強い打撃が光る小谷
  • yamashita1しっかり腕を振る力投を見せた山下輝
 

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み