硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 東大1回戦 ルーキー・三浦銀二がリーグ戦初完封!打線も12安打7盗塁 好機をものにし8得点と大勝!!

東京六大学野球秋季リーグ戦対東大1回戦
2018年10月20日(土)
神宮球場

ピンチを背負ったのは初回のみだった。初回に、先発の三浦銀二(キャ1)は押していった直球をとらえられ1死満塁のピンチを背負うも、後続を二者連続三振に切って取る。その後は変化球中心の安定した投球を披露。打線は、1回裏に中山翔太(人4)が先制打を放つと、小林満平(法4)が前打席出塁、向山基生(営4)が猛打賞、チーム全体で7つの盗塁を決めるなど、猛攻し8得点を挙げる。三浦はリーグ戦初完封初安打を記録し、チームは8-0で快勝。明日の第2戦へ弾みをつけた。

IMG 6503 2
リーグ戦初完封で勝利を挙げた三浦

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 2
法 大 1 0 2 2 0 0 2 1 × 8 12 0

(東大)●小林大、小泉-三鍋
(法大)〇三浦-中村浩
[本塁打]

 

打撃成績

打順位置選手打率12345678
1 (7) 宇草 4 0 0 .302 右飛 中飛   二ゴロ   二ゴロ    
  78 舩曳 1 1 0 .333               二安
2 (9) 小林 1 1 0 .415 死球   左前安 死球     死球  
  H 佐藤勇 1 0 0 .500               一邪飛
  7 大西千 0 0 0 .000                
3 (8)9 向山 5 3 2 .327 遊ゴロ   二ゴロ 中前安①     中前安 左越え三安①
4 (3) 中山 3 2 2 .294 左前安①   四球 左翼線安①     中飛 死球
  3 原田 0 0 0 .000                
5 (2) 中村浩 2 0 0 .244 死球   二ゴロ①   遊ゴロ   右犠飛① 四球
  2 古山 0 0 0 ---                
6 (6) 川口凌 4 1 0 .362 一直   右前安   二ゴロ   四球 左飛
7 (5) 吉岡 3 0 0 .280   一ゴロ 遊失①   中飛      
  H 清水俊 1 1 1 .667             左前安①  
  5 福田 0 0 0 .167                
8 (4) 相馬 4 2 0 .333   中前安 中飛     遊ゴロ 右前安  
  4 斎藤卓 0 0 0 ---                
9 (1) 三浦 3 1 0 .067   投犠打   二直   中前安   三ゴロ
    32 12 7 .298                

 

投手成績

  球数 打者 防御率
三浦 9 132 34 7 10 1 0 1.99
9 132 34 7 10 1 0 2.70

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 22 古山侑杜(社3=法政二) 25 清水俊作(文3=佼成学園)
13 高田孝一(法2=平塚学園) 27 中村浩人(営4=多良木) 37 中山翔太(人4=履正社)
15 新井悠太朗(営3=折尾愛真) 2 川口凌(人4=横浜) 1 大西千洋(営4=阪南大)
16 石川達也(キャ2=横浜) 3 相馬優人(営3=健大高崎) 8 斎藤卓拓(社4=大宮西)
17 菅野秀哉(キャ4=小高工) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電)
19 河野太一朗(文4=法政二) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄) 28 宇草孔基(営3=常総学院)
21 森田駿哉(営4=富山商) 6 福田光輝(人3=大阪桐蔭) 29 舩曳海(キャ3=天理)
26 三浦銀二(キャ1=福岡大大濠) 7 小林満平(法4=中京大中京)    
20 渡邉雄太(キャ2=いなべ総合) 24 佐藤勇基(法2=中京大中京)    

 

戦評

 12季ぶりの優勝に向け、この東大戦は勝ち点を落とすわけにはいかない法大。次世代エース・三浦銀二(キャ1)の好投で歓喜の瞬間をたぐり寄せられるか。多くのファンが応援席をオレンジに染め、舞台は整った。

 初回、三浦の立ち上がりを東大打線が襲う。2本の安打と1四球を許し、1死満塁のピンチ。しかし、窮地から立て直すことができるのが彼の真骨頂だ。続く5番、6番打者を二者連続で三振に切って取り、得点を与えず初回を終える。

 早く三浦に援護点を与え、楽にさせてあげたい打線はその裏、2死二塁の好機で4番の中山翔太(人4)に打順が回る。東大・先発の小林大雅の3球目、変化球を軽くバットに当て打球は三遊間へ。見事に破り先制点を挙げる。
IMG 6625 2
先制の適時打を放った中山

その後、中山は続く中村浩人(営4)の打席で捕手の隙を突き二盗を成功。4年間のリーグ戦で初の盗塁を記録し、足でも存在感を示した。

 その後も法大ペースで試合は進む。3回裏、5番の中村浩の打席で2死一、三塁の場面から併殺崩れの間に得点。その後7番・吉岡郁哉(営4)が放った打球は遊撃手の失策を誘い、その間に得点を挙げ3-0とする。 4回には3番・向山基生(営4)が中前へ適時打。続く中山も本日2打点目となる左翼線への適時打を放ち、2点を追加。5-0となり、十分なリードで前半戦を折り返す。

 一方、先発の三浦は威力ある直球と変化球を交えた丁寧な投球で東大打線を圧倒。1回は球数が多かったものの、その後は省エネ投球で球数を増やさず、得点を与えない。リードする中村浩は「最近勝ちを付けられていなかったので、なんとか自分自身がゼロで抑えられるリードを心がけようと思っていた」。上級生がしっかりとルーキー投手を支え、良いバランスを作った結果だった。

 再び法大打線に火が付いたのは7回裏。打率.415と打撃好調の小林満平(法4)がこの日3つ目となる死球で出塁。向山も安打で出塁すると、すかさずダブルスチールを敢行。小林は3個目の、向山も2つ目の盗塁を成功させる。さらに1死二、三塁から中村浩が右犠飛を放ち追加点。8回裏にも向山の中堅への適時3塁打が飛び出すなど、最終的には相手に8-0とリードを広げた。

 三浦は終始安定した投球を見せ、9回で132球を投じ、リーグ戦初となる完封勝利を挙げた。
IMG 7578 2
完封勝利を挙げ、中村浩(右)とハイタッチする三浦

「完封自体はあまり意識していなかった。チームを勝たせることができたという意味ではいいピッチングだったんじゃないかなと思う」。試合後、控えめにこう話したが、確実に今日の完封勝利は野球人生の中で大きな1勝になったに違いない。 明日も勝って連勝し、後は天命を待つのみとしたい法大。今季の戦いを象徴するような、投打がかみ合った、見ごたえのある試合を期待したい。
(岡崎祐平)

 クローズアップ:小林 満平

 序盤から着実に得点を重ね、計8点を取り快勝した今日の試合。その得点の源には小林満平(法4)の存在があった。

 早大との開幕戦ではスタメンに名を連ねなかったものの、2戦目に途中出場で結果を残すと、その後の試合からは2番・右翼手でスタメンに定着した小林。春は絶不調に陥ったが、今季は打って変わって好調をキープしている。今日も1安打(1打数1安打3死球)を放ち、ここまでの打率は.415。自身初となる首位打者のタイトルも射程圏内だ。

 その中で、今日は全打席で出塁を記録。さらに、持ち前の積極的な走塁で3つの盗塁を成功させると、出塁した全てで本塁まで生還し、4得点を記録した。小林は、2番という打順でチームのためにするべき仕事は「頼もしい3、4番が後ろにいるので、自分は塁に出て、走って、相手の投手をかき乱すこと」と語っており、記録としての『得点』を意識して試合に臨んでいる。

 その意識が実を結び、小林はこの最後のシーズンで躍動している。『打点』を挙げる選手が主役として目立つ中、小林は脇役と捉えられるかもしれない。しかし、その役割を着実にこなす選手がいるからこそ、打点が生まれ、チーム全体の得点力につながっていることはは言うまでもない。

 この4年間で、様々な経験を積んできた。法大の頼れるチャンスメーカーは、チームのために最後までその仕事を全うする。
(山﨑有馬)
DSC 6241 2

選手インタビュー

向山 基生 主将

–今日の試合を振り返って
ピッチャーがとても良いリズムで投げてくれたので、野手も細かく追加点を取れて良い流れでゲームができたと思います。

–立大戦から1週間空いての試合でした
自分達ができることは、東大に2連勝することだけなので、その気持ちだけで東大のピッチャーの対策などの練習をやってきました。

–3安打猛打賞の活躍
本当は1打席目に(安打を)出すべきだったんですけど、進塁打も打てたのでそういうチームバッティングがそれ以降(の3安打)につながったかなと思います。

–7回には小林満平(法4)選手と重盗を決めました
(青木久典)監督が『行けたら行け』というサインを出していたので、自分と小林でアイコンタクトをとって行きました。

–今日は2盗塁や三塁打など向山選手の足が光る試合でした
東大戦は(毎回)残塁が多くなってしまうので、そういう意味でどんどん積極的にチーム全体が走れてよかったと思います。

–三浦銀二(キャ1)が1年生ながらリーグ戦初完封勝利を挙げました
結果以上に良いピッチングをしてくれていると思うので、守っていても守りやすいですし、本当に良いピッチャーだと思っています。

–明日の試合に向けて一言
明日、(プレーオフがなければ)リーグ最終戦になると思うので絶対に勝ちたいと思います。

 小林 満平 内野手

–今日の試合を振り返って
去年の秋に敗れている東大だったので、チーム全員で勝ちにいくという気持ちで臨みました。勝つことができて良かったです。

–今日は全打席出塁を記録しました
頼もしい3、4番が後ろにいて、自分は塁に出て、走って、相手の投手をかき乱すことを考えているので、今日はそれができてよかったです。

–2打席目の安打について
四隅に散らして、簡単にストライクを取ってこないピッチャーだというのはわかっていたので、甘い球が来たら1球で仕留めようと思っていました。

–出塁した全てで本塁まで生還し、4得点を記録しました
なかなか打点というのがつきづらい打順ではあるので、得点というのは意識して試合に臨んでいます。それが結果に結びついたので良かったです。

–首位打者のタイトルも射程圏内です
やっぱり意識しないようにしても、してしまうものなので、その意識をかなりした中でも、獲りにいければ良いなと思います。

–次戦に向けて意気込みをお願いします
良い思い出も辛い思い出もこれまでたくさんありましたが、明日は笑って終われるように、初回から全力でいきたいと思います。

 中村 浩人 捕手

–今日の試合を振り返って
先発の三浦が粘り強く投げてくれて、野手も効果的に点を取ってくれたので、すごく良いゲームができていたと思います。

–三浦選手が完封しましたが、どのようにリードしていこうと思っていた
三浦も本当に試合を重ねるごとに成長してきていて。最近勝ちをつけてあげられていなかったので、なんとか自分自身が0で抑えられるリードを心がけようかなと思っていました。0で抑えることができて良かったです。

–チームの雰囲気は
勝つことが本当に使命だと思っていて、監督からもそういう話があったので、試合の入りから良い雰囲気というか、勝つんだっていう気持ちが出ていたと思います。

–空き週の過ごし方
この東大戦に勝たないと今後はないと思ったので、東大戦のためのミーティングを毎週やりましたし、今日投げるピッチャーを想定した練習もやってきました。

–最終イニングに古山選手がマスクを被りました
緊張したと思うのですが、来年出ないといけないキャッチャーだと思いますし、自分自身期待しているので、良い経験ができたのかなって思います。

–明日の試合に向けて
2連勝することが大事だと思うので、明日も絶対勝ちます。

中山 翔太 内野手

–試合前のコンディションは
ベストでいけました。

–2週間で取り組んできたことは
基本に忠実にやっていけたと思います。

–チームとして今日の試合を振り返って
先制できて、中盤、終盤と(点が)取れたのでよかったと思います。

–2安打を放ちました
無駄な力が入ってなかったので、それが結果につながったと思います。

–もう少しで本塁打という当たりもありました
いったかなと思ったんですけど、風に押されちゃいましたね。

–次の試合がリーグ戦としては最後の試合になる可能性もあります
今まで通り、あんまり意識せずに勝ちだけを意識してやっていきたいと思います。

–明日に向けて
もう絶対勝ちます!

清水 俊作 内野手

–7回裏に代打出場で、安打を放ったが
打ち損じてしまったのですが、結果的にヒットになって良かったです。

–今季は4試合に出場し、2安打を記録している
自分の調子としては結構いい感じだと思います。

–今年に入って、徐々に出場回数を伸ばしているが
すごいいい経験をたくさんさせていただいているので、もっとチームに貢献できるようにあと1試合ですが頑張りたいです。

–今日は1年生の三浦投手が完封したが
1年生なのにすごい球をずっと投げていて、心強いです。何としても自分たちが打ってあげなきゃなと思って打席に入っています。すごくいいピッチャーだと思います。

–ベンチで意識していることは
とにかく声を出すことです。ベンチの雰囲気を下げないように声を出すことを意識しています。

–4年生と試合ができるのもあとわずかとなる
寂しいですね。もう少しやりたかったのですが、あと1試合か2試合か分からないですが、4年生と一緒に(プレー)できる時間を大切にやっていきたいと思います。

ー明日の試合に向けて
自分の役割は声を出してチームを盛り上げることだと思っているので、そこはしっかりやって、もし代打で出場できたら自分のベストパフォーマンスをしていけたらなと思います。

三浦 銀二 投手

–リーグ戦初完封となりました
完封自体はあんまり意識していなくて。チームを勝たせることができたという意味ではいいピッチングだったんじゃないかなと思います。

–最初から投げきる予定ではなかった
そうですね。行けるところまでというか、任せられたイニングを全力でいこうとは思っていました。

–優勝へ落とせないカードに向け、空き週に取り組んだこと
去年の秋に(法大が)負けている相手なので、そこは自分の中に気持ちは入れながら、でも(気持ちを入れ過ぎて)舞い上がらないようにというかぎりぎりのところで調整していました。

–立ち上がりは満塁のピンチを背負いました
調子が悪いと分かっていながら、真っ直ぐで押してしまったりとか、工夫して修正できなかったりとかしたので、そこは次の課題としていきたいなと思います。

–中盤から変化球多めでしたが真っ直ぐがとらえられたからですか
そこはキャッチャーともしっかり話し合いながらしっかり変えていけたので、良かったと思います。相手が真っ直ぐ狙いということが分かったので、変化球でカウントを取って、真っ直ぐも見せながらいこうという話を(捕手と)しました。

–打撃でもリーグ戦初安打でした
(狙い球は絞らず)きた球を打とうと思っていました。そろそろ打ちたいなと思っていたので、うれしかったです(笑)。

–優勝も小島(和哉、早大)選手の結果によっては最優秀防御率も可能性がありますが
1年生の段階でこういう優勝争いとか防御率争いに加わっているということがまず幸せなことだなと思います。

–明日は登板はないと思いますが、大事な1戦です。意気込みをお願いします
チームが勝つために、できることを最善を尽くしてやろうと思っています。

フォトギャラリー

  • IMG 6503 2リーグ戦初完封で勝利を挙げた三浦
  • IMG 6865 2全打席出塁し得点に貢献した小林
  • IMG 7091 2猛打賞で二盗塁の向山
  • IMG 7027 2リーグ戦初安打を放った三浦
  • IMG 7352 22打点を挙げた中村浩
  • IMG 7381 2代打で適時打を放った清水俊
  • IMG 6776 2マルチ安打の相馬
  • IMG 7463 2今季初安打の舩曳は一塁上で笑顔を見せた

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み