サッカー

【サッカー】総理大臣杯関東予選(アミノバイタルカップ) 一回戦 法政大1ー0城西国際大 公式戦3連勝達成!セットプレーからの決勝弾で一回戦突破

総理大臣杯関東予選(アミノバイタルカップ) 一回戦 法政大ー城西国際大
2017年7月1日(土)
時の栖スポーツセンター裾野グラウンド

総理大臣杯出場をかけて行われるアミノバイタルカップ。一回戦の相手は千葉県1部に所属する城西国際大であったが、後半に挙げたゴールを守り切り、難なく退けた。二回戦では専修大と東海大の勝者と対戦する。

IMG 1198 R
得点を決めた上田(左)が大西とハイタッチを交わす
 

試合結果

トータル試合結果

1
法政大
0 前半 0 0
城国大
1 後半 0

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
56分 得点 法政大学 上田綺世(末木裕也) 1-0
56分 交代 法政大学 松澤→平山  
69分 交代 法政大学 川崎→高木  
75分 交代 法政大学 上田→橋本  
86分 交代 法政大学 大西→渡辺  
※法大のみ掲載

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
12 GK 吉田舜 社会3・前橋育英高校 2・0
23 DF 関口正大 現福1・新潟明訓高校 2・0
19 DF 加藤威吹樹 経済2・サンフレッチェ広島Y 5・1
DF 前谷崇博 スポ健3・ガンバ大阪Y 9・3
DF 川崎雅哉 現福4・静岡学園高校 10・1
24 MF 大西遼太郎 社会2・ジュビロ磐田Y 2・0
13 MF 末木裕也 スポ健2・ヴァンフォーレ甲府Y 4・0
MF 紺野和也 現福2・武南高校 10・0
20 MF 上田綺世 スポ健1・鹿島学園高校 10・5
28 MF 竹本大輝 経済1・成立学園高校 0・0
18 FW 松澤彰 現福2・浦和レッズY 10・4
サブメンバー
GK 関口亮助 経済4・浦和レッズY 9・0
32 DF 鳥居俊 理工1・東京VY 0・0
33 DF 高木友也 経済1・法政第二高校 0・0
MF 土橋優樹 現福4・川崎フロンターレY 7・0
11 MF 青柳燎汰 現福3・前橋育英高校 8・1
16 MF 渡辺淳揮 社会3・初芝橋本高校 7・0
25 MF 上田慧亮 現福4・前橋育英高校  0・0
26 MF 橋本陸 経済2・西武台高校  0・0
37 FW 平山駿 経済1・三菱養和SCY 1・0

※成績はリーグ戦のみ

 この後に行われた一回戦第2試合は、濃霧による延期が決定。日程なども後日発表されることになった。

マッチレポート

スターティングメンバーはいつもと大差のない顔ぶれ。その中で竹本大輝(経1)が左サイドで公式戦デビューを果たした。城西国際大はカテゴリーが下の相手だが、好調なリーグ戦の勢いそのままの戦いが期待された。
IMG 0948 R

大方の予想通り、試合の主導権を握ったのは法大。最初のチャンスは12分、ペナルティーエリア内のルーズボールに、上田綺世(スポ1)が右足を振りぬくが相手GKの好守に阻まれる。以降は4-5-1のブロックを敷く城西国際大に対し、両サイドバックが高い位置を取りサイドから好機を演出。前半を通して2度、川崎雅哉(現4)のセンタリングに合わせる形を作ったが、共に枠を逸れた。その弊害を被ったのが30分、中盤でボールを奪われるとサイドでのトランジションで劣勢に立たされ、城臺映伍がGKの吉田舜(社3)と1対1になる場面を作られる。このシュートは僅かに逸れ、事なきを得た。その後もボールを掌握し、竹本の鋭い飛び出しや、松澤彰(現2)の振り向きざまのシュートなどでゴールを脅かしたが、結局0-0で折り返す。
IMG 1135 R

迎えた後半は「ハーフタイムに自分たちの中でじれずにやり続けようと(話した)(大西遼太郎)」とリスクマネジメントをしつつ、徐々に攻勢を強める。そして56分、末木裕也(スポ2)の左コーナーキックに上田が合わせて先制に成功。ルーキー離れした1年生ストライカーは、これで3戦連発となった。
直後に平山駿(経1)を投入したベンチは、リーグ戦では出番に恵まれなかった選手を積極的に起用。高木友也(経1)や橋本陸(経2)がピッチに立ち、その左サイドから攻撃を活性化する。大きなチャンスを作ることはできなかったが、2点目を狙う姿勢を明確に打ち出し、相手陣地で試合を進める時間が続いた。
ストッパーの徳元悠平からの高質なフィードを起点に、終盤15分間は反撃の姿勢を見せる城西国際大。81分には2列目の飛び出しにヒヤリとさせられ、その直後にも決定的なシュートを浴びた。法大は86分に渡辺淳揮(社3)を投入。中盤を安定させ、このまま相手の攻撃をシャットアウトすることに成功した。総理大臣杯に向けた重要な船出を勝利で飾り、二回戦へと駒を進めた。
IMG 1198 R

昨年は一回戦で東京都リーグ所属の大東大に足元を掬われたが、今年はしっかりと勝利し二回戦進出を決めた。ここから先は関東1部のチームとの対戦が組まれている。二回戦の相手は、一回戦第2試合延期の影響で未定だが、この日以上に一筋縄ではいかないだろう。全国出場へ向けた本当に厳しい道のりは、ここから始まっていく。(下田朝陽)

 

選手コメント

大西遼太郎

―試合を振り返って
昨年も1回戦で負けていて、相手は千葉県1部のチームでしたし、絶対に難しくなるのは分かっていました。その中で勝利出来て良かったです。

―攻めても点が入らない時間が続きました
とにかく先制点を取るのが大事だとチームで話をしていました。本当は前半に取りたかったのですが取れなくて、ハーフタイムに自分たちの中でじれずにやり続けようと。それで先制点を取れたので、ハーフタイムで修正出来たのが良かったと思います。

―ボールを持つ時間が長い中で相手の守備にはどのような印象を
割と裏が空いているなと思っていました。そのイメージがあったので、どこかタイミングがあれば狙っていこうと考えていました。実際ありましたが、自分の質が悪くて通らなかったので、それはもっと上げられるようにやっていきたいです。

―これで公式戦3連勝ですが
リーグ戦で4試合勝てなくて、メンバーがガラリと変わりました。3連勝の内の最初のゲーム、流経大戦の前に自分たちでミーティングをして、そこでより身が引き締まりました。皆の思いを聞いて勝ちに対する思いが強まったと思います。

―出られなくなった選手もいる中でどのようなプレーを見せたいですか
自分の特徴を出すのはもちろんなのですが、チームのために出来ることをしっかりとやりたいです。具体的には献身的にやるのが特徴だと思っているので、それを出していきたいです。

―次節に向けて
リーグ戦と違ってトーナメントは勝ちにこだわらないといけないです。なのでそれを最優先にして頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 0948 R前節からスタメンを1人変更して臨んだ
  • IMG 1010 Rデビューから3試合連続出場の関口
  • IMG 1013 R上田はこの日も決勝点を記録
  • IMG 1018 R献身的なプレーで中盤を支える大西
  • IMG 1047 R竹本は初ゴールのチャンスもあった
  • IMG 1057 R試合を通して攻撃の起点となった紺野
  • IMG 1212 R加藤ははつらつとしたプレーを披露
  • IMG 1277 R橋本は左サイドで躍動

 

 

体育各部一覧ページへ