ラグビー

【ラグビー】第52回全国大学ラグビー選手権大会 セカンドステージ第1戦 対帝京大 帝京強し・・・ 1トライに封じ込められ、セカンドステージ初戦は力負け

第52回全国大学ラグビー選手権大会
2015年12月13日(日)
ケーズデンキスタジアム水戸

いよいよセカンドステージが開幕。ファーストステージを戦い、連戦が続く法大の初戦の相手は、春に完敗を喫している、王者・帝京大だ。接戦に持ち込みたいところだったが、序盤から連続トライを許す苦しい試合運びとなる。チャンスをつかむ場面もはあったが、前半の初トライ以後、得点を奪えず、大差での敗戦に。それでも春と比べて失点を大幅に減らせて見せ、次戦以降に向けて収穫も得られた試合となった。

IMG 7352
No.8増田

試合結果

トータル試合結果

 

7
法政大学

7

前半 42 66
帝京大学
00 後半

24

 

ポイント詳細

1/0 6/4
1/0 G 6/2
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 前島利明  スポ4  日川 
2 HO 川地光節  社4  筑紫 
3 PR 越田勝利  経4  石見智翠館 
4 LO 牧野内翔馬  経3  東福岡 
5 LO 吉村公太朗  経4  崇徳 
6 FL 斉田倫輝  経2  仙台工 
7 FL 堺光弘  現4  東福岡 
8 NO.8 増田和征  経2  京都成章 
9 SH 金子峻大  経4  國學院栃木 
10 SO 林修兵  社3  伏見工 
11 WTB 桶谷建央  経4  日大習志野 
12 CTB 金井大雪  経1  深谷 
13 CTB 杉本悠太郎  経2  國學院久我山
14 WTB 中井健人  スポ1  筑紫 
15 FB 尾崎達洋  社2  桐蔭学園 
16 Re 黒田圭汰  経2  報徳学園 
17 Re 金子崇  社2  東福岡 
18 Re 土山勇樹  社1  東福岡 
19 Re 佐々木嵩穂  スポ2  桐蔭学園 
20 Re 松村拓海  スポ3  國學院久我山 
21 Re 根塚聖冴  社1  京都成章 
22 Re 東川寛史  経2  東福岡 
23 Re 和田源太  経3  御所実 

 

戦評

法大のキックオフで試合が始まる。帝京大がボールをキープすると、タックルが届かずボールを奪い返せない。3分にモールから相手に先制点を奪われる。6分にも相手にディフェンスの間を抜かれてトライを許す。その後も連続してトライを許す法大。迎えた25分。相手が落としたボールを奪うと左サイドを攻め上がる。その後右サイドに振りCTB杉本が押し込む。ここはトライとはならなかったが、SH金子がすぐにパスを送る。そこに駆け込んだCTB金井が持ち込みトライ。FB尾崎のゴールも決まり7点を返す。しかし、その後は法大ペナルティからトライを許し、7-42で前半を終える。

IMG 7256
吉村主将㊧と坂手主将(帝京大)

IMG 7295
FL堺は久々の先発出場

後半も終始、帝京大ペースで試合が進む。前半同様、序盤からトライを奪われる。途中出場のFL松村をシンビンで欠く苦しい展開の中で18分。相手のオーバーザトップから敵陣5m付近でのラインアウトを得る。ここでボールをキープし、徐々にトライへ向かうもオフサイドを取られチャンスを潰してしまう。25分にはWTB東川が、サイドから相手のディフェンスの間をすり抜け前線に運ぶも、奪われてしまいトライにつながらない。このチャンスを逃すとその後は自陣でのプレーが続き、連続トライを決められノーサイド。7-66。相手に10トライを許す大敗となった。

IMG 7303R
PR越田、後半は前に出続けたことを収穫に挙げた

IMG 7352
No.8増田、粘り強くボールを前に運んだ

大会7連覇を目指す王者帝京大に対し、パワー、スピード、テクニック全ての面での差を見せつけられた試合になった。相手のペナルティからチャンスを作るも、自分達のペナルティでチャンスを潰してしまい、1トライしか奪えない展開に、No.8増田は「アタックの方向性がチーム内で統一されていない」と攻撃面の強化を課題に挙げる。また、一年間課題として挙がっている試合の入りもこの試合では修正することができず、この先の試合に不安の残る結果となった。それでも後半は前にプレッシャーをかけ続け、相手のチャンスをつぶしにいけたことは収穫か。この敗戦で目標のファイナルステージ進出は厳しくなってしまったが、残り2試合、一戦必勝を期す。まだまだ法大の戦いは終わらない。(飯田翼)

選手のコメント

谷崎重幸 監督

―総括
去年の最終戦、今年の最初が帝京さんだったということで、今年一年間の努力を試す試合だったと思っていました。80分間を終えて、後半は前半より失トライは少なかったというところはよかったと思います。前半は試合の入りで受けてしまって、チャレンジャーとしての準備ができていなかったところがあったかと思います。ですが、20分あたりから自分たちの力も発揮できたのかなと思います。ただ、もう2、3本くらいとれるところはあったかと思いますが、そこは帝京さんの前ではそんなに簡単に取れないのだなと実感させられました。あとの2試合ではしっかりと取っていきたいと思います。

―帝京の印象
手堅く、ギャンブルなしに、攻撃されたという印象です。ディフェンスも、チーム意識というものをとても高く感じました。

吉村公太朗 主将

―総括
法政としてはセカンドステージの初戦ということで、ここから3連勝してファイナルに出場することを目標としていました。チャレンジャーとして、帝京さんにもできるだけ接戦に持ち込んで勝ち切る、ということを意識して試合に臨みました。今日はブレイクダウン周辺の反則を多くとられてしまいました。また、FWで近場を破られてしまったという印象です。アタックでもBKとFWの連携がうまくいかなかった部分があるので、あとの2試合では修正して臨みたいです。

―帝京の印象
個ではなく、組織的にシンプルなプレーを選択してきたという印象です。組織としての動きの連携が統率されていたので、それが帝京さんの強みだと思います。

―昨年、今春と比べて、帝京との差が縮まった部分があるとすればどこか
春は、ディフェンスで受けてしまって、押し切られるという場面が多くありました。今年一年間、ディフェンスにフォーカスしてきましたし、ブレイクダウン周辺のプレッシャー、ラインディフェンスも修正できていたと思うので、そこが点差が縮まった要因ではあると思います。

越田勝利(PR,最後の大学選手権となる)

―今日の試合を振り返って
自分たちの簡単なミスやペナルティから、相手に何度もゴール前まで行かせてしまったことが、このような結果になった原因だと思います。なので、今後はミスやペナルティを減らしていくことが大事だと感じました。

―今日のゲームプランについて
今までの試合を通して積み上げてきたものをしっかり出すというのが、帝京大との試合に臨むにあたって掲げたことですね。

―今日の試合でも入り方に課題を残す内容となりましたが
そうですね。自分たちのペナルティから相手にトライを許して、流れに乗せてしまったのは反省点です。

―後半に入ってDFが前に出始めたことについて
今までの試合でも待ってしまうことが多くて、そういう時にゲインされていたので、とりあえず前に出ようと決めていました。その部分に関しては、確実に次につながる収穫だったと思います。

―前半が終わって話し合ったことはありますか
とりあえず前に出ようと話し合って、気合いを入れました。

―過密日程が続いていますが、チームのコンディションはいかがですか
その時の疲労の強度によって、練習を軽くしているので、回復できていると思います。

―強豪校との試合で見えた課題はありますか
自分たちのミスや反則から、相手にチャンスを与えてしまうことですね。

―中大戦に向けて
今日の後半にやったような前に出るプレーで流れに乗って、相手を圧倒したいと思います。

増田和征(No.8,持ち前の突破力でゲインを図る)

―今日の試合を振り返って
今日の試合に勝たなければ次のファイナルステージに出ることができないので、勝とうと意気込んでいきました。でも相手のフィジカル面の強さっていうのに圧倒されて、自分達のラグビーが出来なかったというのが少し悔いが残りましたね。

―試合の入りで連続トライを許しましたが
想定内というか、十分な力の差っていうのがあるので相手の実績から考えても想定内でした。それほど大きなショックっていうのは特になかったです。

―シンビンの影響で14人になり、そこで失点を許さなかったことについて
ペナルティにしてはチーム全体としてどうしても多くなってしまっていたので、チームシンビンという形なんですけど、仕方がない部分だったと思います。

―ペナルティが多くボールを失う場面が多かったですが
自分達もギリギリのプレーをして、相手にプレッシャーを与えようと意気込んで試合に臨んでいったんですけども、それがギリギリではなく、いきすぎてしまったっていうことで、レフリーとコミュニケーションが取れずそういう形になってしまいましたね。

―相手への印象は
組織がしっかりしているので、全員が同じ方向を向いて同じ攻撃の仕方っていうのを統一してて、自分達はバラバラになってしまう部分がどうしてもあったので、そういう意味で組織力は一番だと思いますね。

―春期大会で対戦したときから失点を減らす結果となりましたが
そこは大きな進歩だと思いますね。ブレイクダウンについてはそこのギリギリのプレーだったりとか、相手の思い通りにさせなかった部分っていうのが多少あったと思うので、アタックの機会が少なかったのでありながらそういう風なスパンで進めたっていうのは大きな進歩だと思います。

―連戦続きですがコンディションはどうですか
しんどいですけど自分達が招いたことなので、仕方ないと思いますね。特に個人的には問題ないです。

―今日の試合から出た課題は
やっぱりペナルティが多かったので、そこの部分をレフリーとどうマッチングしていくかっていう部分で修正していくっていうのと、アタックの方向性について帝京大のように統一してアタックしていくことが課題だと思います。

―次の試合に向け意気込みを
勝ちます!

金井大雪(CTB,唯一のトライを挙げた)

―今日の試合を振り返って
帝京大学ということで、強い相手にチャレンジするという立場だったので、思い切ってしっかり戦っていこうということでしたが、序盤に帝京の圧力に耐え切れずに簡単にとられてしまうということがあり、そこでズルズルいってしまってこういった結果になってしまったのかなと思います。

―春の帝京戦はU20日本代表としての活動で出場されていなかったということで、初の帝京戦となりましたが、どういった心境で挑みました
6連覇中の強い相手ということで、自分自身初めての相手だったので、しっかりチャレンジしてどこまで通用するかというのを試したいなという心境でした。

―初めて帝京から奪ったトライ。そのシーンを振り返って
皆がうまく連動していいところまで持ってきてくれたところにたまたま前が空いていました。いいとこ取りさせてもらった感じです。

―前半で6トライ6ゴールを許してしまいました。ハーフタイムでの会話、また監督からの指示等はありましたか
まだやれるだろう、もう一度しっかり引き締め直して修正していこうという話をしました。

―毎週試合が続くなかでのチームの状態、また今のところ全試合フル出場の金井選手個人のコンディションはいかがですか
けが人もでてきて、けがを抱えながら出場している選手も多い中で、1週間という期間でどれだけ回復して次の試合に挑めるかということが大切だと思います。来週もすぐに試合なので、この後からしっかり回復して頑張りたいと思います。

―今日の試合を振り返って得た課題、そして次の試合に向けて一言お願いします
セカンドステージ3連戦の初戦で帝京という強い相手とやれて、相手から学ぶものも多かったのでそこを学びつつ、今日やりきれなかった自分たちのラグビーというものを出来るといいなと思います。しっかりと自分たちのチームの実力が出せることを目標に、次も頑張りたいと思います。

プールA 順位

順位対戦校勝点得失点
1 帝京大(対1)   1   0  +59 
2 中大(リ3)  +12 
3 関大(西4)  -12 
4 法大(ファ1)  -59 

 

各プール1位の計4チームがファイナルステージへの進出権を得る。

[勝点  勝ち=5点、引き分け=2点、敗戦=0点]

[ボーナスポイント 7点差以内の敗戦=1点、勝敗に関係なく4トライ以上を獲得したチーム=1点]

[アドバンテージポイント(セカンドステージスタート時点から加算) 地域所属リーグ戦の1位=3点、2位=2点、3位=1点]

フォトギャラリー

  • IMG 7365CTB金井のトライが唯一インゴールを超えた
  • IMG 7373WTB中井、帝京ディフェンスからトライは奪えず
  • IMG 7394LO牧野内、闘志を見せるプレーだった
  • woeafFBは尾崎がスタメン
  • IMG 7381途中出場のPR土山
  • image2WTB桶谷、走力を見せつけることはできず
  • IMG 7338SO林
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み