ラグビー

【ラグビー】第52回全国大学ラグビー選手権大会 セカンドステージ第3戦 対関大 遠かった1トライ 最終戦はチャンス生かせず関大に敗れ、セカンドステージ2勝目はならず

第52回全国大学ラグビー選手権
2015年12月27日(日)
皇子山総合運動公園競技場

セカンドステージ1勝1敗で迎えた今季の最終戦は、定期戦で敗れている関大との一戦。先制点を奪ったものの、関大の素早いアタックに押され前半に4トライを許す。後半は巻き返し1トライ差まで迫るも、ラインアウトミスなどで勝機を逸し敗戦。大学選手権セカンドステージはプールA3位で終え、今季の戦いに幕が下ろされた。

zfvo R
最終戦を終え、スタンドに挨拶する選手たち

試合結果

トータル試合結果

 

24
法政大学

7

前半 22 29
関西大学
17 後半

7

 

ポイント詳細

1/2 4/1
1/2 G 1/1
0/1 PG 0/0
0/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 越田勝利  経4  石見智翠館 
2 HO 前島利明  スポ4  日川 
3 PR 土山勇樹  社1  東福岡 
4 LO 牧野内翔馬  経3  東福岡 
5 LO 吉村公太朗  経4  崇徳 
6 FL 斉田倫輝  経2  仙台工 
7 FL 松村拓海  スポ3  國學院久我山 
8 NO.8 増田和征  経2  京都成章 
9 SH 金子峻大  経4  國學院栃木 
10 SO 林修兵  社3  伏見工 
11 WTB 東川寛史  経2  東福岡 
12 CTB 金井大雪  経1  深谷 
13 CTB 新谷大樹  社4  日川 
14 WTB 中井健人  スポ1  筑紫 
15 FB 萩原蓮  経1  東福岡 
16 Re 黒田圭汰  経2  報徳学園 
17 Re 大澤翔舞  営2  長崎北 
18 Re 金子崇  社2  東福岡 
19 Re 塩見伊風  社1  長崎北 
20 Re 堺光弘  現4  東福岡 
21 Re 根塚聖冴  社1  京都成章 
22 Re 杉本悠太郎  経2  桐蔭学園 
23 Re 桶谷建央  経4  日大習志野 

 

戦評

前半、互いにミスが続く中、先にトライを奪ったのは法大。敵陣でのラインアウトからモールで攻め込む。左に展開し、WTB東川がトライ。先制し、流れをつかみかけたかに見えたが、ここからは関大ペースとなる。たてへのアタックでゲインされると、左サイドを割られトライを許す。法大はタッチキックミスなどでチャンスを生かせずにいると、27分にも関大BKにトライを奪われる。直後の29分にも中央付近のスクラムから一発でディフェンスラインの突破を許し3失トライ目。前戦と同様、前半は受けに回ってしまい、流れを断ち切れない。LO牧野内のファインプレーで敵陣でのターンオーバーとなった場面でも、得点に結び付けられなかった。前半終了間際、独走する選手への危険なタックルでSO林がシンビンとなると、続くプレーでFWにトライを決められ5-22。苦しい前半となった。

zrie R
ブレイクダウンでのLO牧野内

zt R
PR越田、学生最後の試合となった

後半、法大が逆襲に出る。2分、フェーズを重ね、敵陣へ攻め込みHO前島がトライ。いきなりのトライで8点差へ詰め寄る。8分には自陣での関大ボールスクラムから短いキックパスを決められトライを許し、再び15点差となるも、ここから奮起を見せる。14分、正面のPGをFB萩原が決めて点差を縮めると、なおもボールをキープし続け、法大優位の時間が続く。ラインアウトからのモールでFL斉田抑えて、トライ。ゴールも決まり24-29、2試合連続の逆転勝利が見えてくる。その後もSO林のランなどでゲインし、攻め続ける。しかし、ゴール前まで攻め込み、FWでトライを狙うも、ラインアウトミス、ハンドのペナルティなどで、チャンスを潰し続けてしまう。BKで勝負を試みた場面でも、インゴールを超えることができない。残り4分となったところでWTB中井が自陣から一気にゲイン、チャンスを作る。関大がペナルティを犯すと、法大はラインアウトでの勝負にかけた。しかし、このラインアウトもボール確保できず、タッチに蹴出され、ノーサイド。関大フィフティーンが喜びに沸く中、法大の最後の試合に終わりが告げられた。

zre0 R
HO前島のトライ

ziewfj R
最後までハードワークに徹したLO吉村主将

zmrw R
SH金子、最後まで攻め続けたが逆転ならず

zfvo R
今季の戦いを終えたチーム

zmr R
谷崎監督と握手を交わすCTB新谷

再三チャンスを作るもあと1トライを奪えず、結局終盤の20分間はスコアを動かすことができなかった法大。細かなミスと、「研究されていた」(越田)というラインアウトでボールを失ってしまったことが痛かった。しかし、それ以上に「前半に取られすぎた」という吉村主将の言葉の通り、立て続けに奪われた4トライの点差が、後半、追いかけるチームにとって、重くのしかかった。この結果、法大はプールA3位で大学選手権を終えた。

春季大会、リーグ戦では苦しい試合が続き、もがき続けた今シーズン。前半にリードを許し、ペースを握られてしまうという展開で、勝利を手離した試合が目立った。しかし大学選手権では意地を見せた。第2戦の中大戦では我慢強く攻め続け、リーグ戦で敗れた相手に逆転勝利。ボールを持てば得点につなげる力は、確実にチームにはあったはずた。それだけに「もっとできた」という思いがチームには渦巻いていただろう。

FWではFL斉田、No.8増田、BKではSO/CTB金井、WTB中井、FB萩原ら、若い選手がレギュラーを張り続けた。消化不良の今季を来季以降に、なんとしてでも生かしていきたい。来季のリーグ戦、そして全国の舞台でこの悔しさを晴らし、「法政復活」を期す。(高津勇佑)

選手のコメント

谷崎重幸 監督(共同記者会見)

―総括
試合の入りとしては良かったのですが、前半は楽に取られすぎたという印象です。ちょっと受けてしまったところで、ミスもあって得点を続けられてしまったというところがあると思います。後半、本来の形を思い出して前に出ていけていたとは思うんですけれど、関大さんのディフェンスの意識の前に勝利に届かなかったのかなと思います。全力は出したと思いますが、残念でした。

吉村公太朗 主将(共同記者会見)

―総括
法政とってのラストゲームでしたので、4年生全員が全力を出そうと臨みました。ですが、前半にトライを取られすぎてしまいました。後半は巻き返しを図りましたが、ラインアウトで最後まで得点を取りきることができませんでした。自分の選択ミスもあったのかなと思いますし、最後にチームをまとめ切れず、チームの統一という部分で関大さんに負けてしまったのかなと思います。

前島利明(HO,FWリーダー)

―今日の試合を振り返って
ミスなどもあったので、こういう結果になったかなという感じですね。

―試合の入り方についてはいかがでしたか
この何試合かは前半悪くて後半いいという形が続いていて、やっぱり前半の入りから集中するという形を意識してきました。なので、前半は先制することができたんですけど、そこから中だるみの時間が続いてしまいましたね。

―前半は相手に突破を許す場面が見えましたが
そうですね。コミュニケーションのミスからゲインされて、そのままトライという形が多かったので、そこは試合中に話して修正していったんですけど、少し遅かったと思います。

―ハーフタイム時に監督に言われたことについて
もう一度試合前と同じ確認ということで、積極的に戦おうということを言われました。

―後半は法大がボールを持つ時間も長ったと思いますが
本来は前半から自分たちがボールを持ってプレーしたかったんですけど、法大が受けに回ってしまった場面もあったと思います。

―今季はあまり見られなかったラインアウトのミスが目立ちましたが
試合中に相手が対応してきて、それに自分たちが対応できなかったということだと思います。こっちがワンパターンだったのも原因だったと感じています。

―今季を振り返って
個人としてはやり残したこともありますけど、やってきたことは出せたんじゃないかなと感じています。チームとしては昨季がリーグ戦3位で、昨季の順位よりも上に行きたかったんですけど、こういう結果だったので、来年の選手たちは自分たちの背中を見て、もっと育っていって欲しいなと思いますね。

金子峻大(SH,BKリーダー)

―今日の試合を振り返って
前回の試合も前半が悪かったので、今回の試合は前半を意識しようって話だったんですけど前半で結構トライを取られてしまって、思うようなゲーム展開が出来なかったかなって思います。

―前半はワンプレーで一気にトライを奪われることが多かったことについて
全員が抜かれても戻るっていう意識が足らなかったかなって思います。

―ハーフタイムではどういうことを話し合われましたか
前回の試合も後半で立て直したので目標がオールアウトってことだったので、全部出しきろうとなりました。今シーズン最後の試合、残り40分しかないんで全力でプレーしようって話し合いました。

―後半の追い上げについて
みんな火が付くといいプレーが出るので、それが前半からできたらなという悔いもあります。でも、それは練習の成果なのかなと思います。

―今日の試合が大学生活最後の試合。どのような思いで臨んだか
去年と違って最終学年でチームを背負う立場でBKリーダーとして背負いすぎてけがばっかりしてしまって、もう少しラグビーしたかったなって思います。

―今年一年を振り返って
春から比べると強くなってきたのでもっといい試合ができたこともあったんですけど、自分はけがさえなければ悔いは無かったですね。

―同期に対して
トップリーガーだったり他の企業だったり行くと思うんですけど、ラグビーでまた敵としてあったら全力で戦いたいなと思いますね。

―後輩に向けて
けがをしてほしくないです。四年間あっという間なんで毎日毎日を全力で過ごしてほしいなと思います。

越田勝利(PR,強烈なタックルを見せた)

―試合を振り返って
良くも悪くも今年1年間の全てが出た試合だと思います。ミスとかもそうですけど、今年できていなかったところが出てしまったという感じです。

―課題であった試合の入りは
今までよりは意識できていて、良かったと思います。

―ラインアウトにこだわった印象でしたが
ラインアウトは相手に良く研究されていました。そこをしっかり取れなかった部分は大きかったと思います。モールも相手はすごく低くて、自分たちは固まりきれなかった感じでしたね。

―激しいタックルもありました。個人のプレーを振り返って
アタックでもディフェンスでも、自分からどんどん前にいけたのは良かったと思います。

―今年を振り返って
ほとんどが法政の良くないところが出て負けるという試合だったと思います。来年のチームはそこを突き詰めて、改善していってほしいと思います。

―最終戦
そこまで実感はなくて、終わったんだなというくらいですね(笑)。僕はトップリーグに向けてもう動き出さなくてはいけないので、そこを頑張っていきたいと思っています。

―後輩の皆さんに期待すること
試合に出る、出ないに関わらず、チームとしてまとまっていくというの意識してもらえればと思います。

新谷大樹(CTB,今季はけがもありながら、最後まで激しいプレー)

―試合を振り返って
前半から取りにいこうと言ってはいたんですけど、受けに回ってしまって、関大の圧力にやられてしまいました。ミスも多くて思うようにはいかない入りでしたね。

―今日は先制しましたが、そこから失点を重ねてしまいました
そうですね、先制はしたんですけど。受けてしまいましたね。

―BKのアタックではなかなかインゴールを超えることができませんでしたが
相手の前に出るディフェンスに、うまく対応できなかった印象です。ラインも浅かったと思うので、そこに相手のディフェンスがうまくはまってしまったこともあると思います。

―今年を振り返って
うなぎのぼりにはなっていたんですけど、もうちょっと早くからエンジンがかかっていれば良かったなと思います。結果だけ見たら、やっぱり残念ですよね。

―最終戦を終えて
終わってしまったものはもうしょうがないんですけど、やっぱり悔いはありますよね。不完全燃焼で終わってしまったなという気持ちはあります。

―後輩の皆さんに期待することは
良い選手も多いし、若いチームなので、とにかく思い切ってやっていくしかないと思います。頑張って欲しいですね。

桶谷建央(WTB,リザーブからの出場)

―今日の試合を振り返って
前節の中大戦から試合の入り方が大切だといわれていて、そこの部分を意識していたにもかかわらず、前半の立ち上がりから法大の味を出せなかったのが敗因かなと思います。

―前半は相手に突破を許す場面が何度か見えましが
そうですね。個々の当たりという部分では、自分たちの方が勝っていたと思うんですけど、1人目2人目の寄せが相手は早かったです。なので個で突破されたというより集団で突破された印象ですね。

―後半は法大がボールを持つ時間も長かったと思いますが
そこは前半の修正点だったのでよかったです。でも関大の集団としての力が自分たちよりも勝っている部分があって、少しずつしかゲインできず、最終的にはペナルティでチャンスを失う形が続いてしまったかなと思います。

―ハーフタイムの時にチームで話し合ったことはありますか
ハーフタイムの時は、個々の力で勝っているということを優位的に試合を動かすキーポイントにして、しっかり前に出て行こうと話しました。なので、そこの部分はある程度達成できていたと思います。

―今期を振り返って
個人的なことを言うとリーグ戦ではスタートから試合に出ていたにもかかわらず、選手権では帝京戦以降リザーブが続いたことが個人的には悔しいなと感じました。ただ与えられた時間でアピールしきれなかったのは自分の責任でもあると思っています。でも、このような気持ちは今後必要になると思うので、ラグビーだけではなく、社会人としても生かしていきたいです。

プールA 最終順位

順位大学名勝点得失点
1 帝京大(対1)  21   3   0  +229 
2 中大(リ3)   1   2  -101 
3 法大(ファ1)   1   2  -56 
4 関大(西4) 6 1 2 -72

※帝京大がファイナルステージ進出

各プール1位の計4チームがファイナルステージへの進出権を得る。

[勝点  勝ち=5点、引き分け=2点、敗戦=0点]

[ボーナスポイント 7点差以内の敗戦=1点、勝敗に関係なく4トライ以上を獲得したチーム=1点]

[アドバンテージポイント(セカンドステージスタート時点から加算) 地域所属リーグ戦の1位=3点、2位=2点、3位=1点]

フォトギャラリー

    • zifwv R後半から出場したWTB桶谷
    • zoir R安定感を欠いてしまったラインアウト
    • zr4o9k RチャンスメイクしたSO林
    • zcn R前に出続けたHO前島
    • zivmc Rゴールをすべて決めたFB萩原
    • ZRGI来季も主力となるであろうFB萩原、SO/CTB金井、No.8増田
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み