ラグビー

【ラグビー】関東大学ラグビーリーグ戦 対流経大 最後まで意地を見せるも、外国人選手を中心とした力強いアタックに苦戦し2敗目を喫する

関東大学ラグビーリーグ戦 対流経大
2016年10月2日(日)
足利市総合運動公園陸上競技場

前節の中大戦では粘り強いディフェンスからリーグ戦初勝利を収めた法大は、昨季リーグ戦を2位で終えた流経大との試合に臨んだ。前半の早い時間に先制を許し主導権をにぎられ、その後も相手の力強いアタックに苦戦を強いられる。反撃を試みた後半は、前半に比べてマイボールをキープしアタックの時間が長くなるも点差がなかな縮まらない。それでも最後まで諦めなかった法大はロスタイムに意地を見せ、最後はPR金子がトライを決めたが連勝とはならなかった。

IMG 8672 R
ロスタイムにトライを決めて意地を見せた

試合結果

トータル試合結果

 

26
法政大学

07

前半 26 57
流通経済大学
19 後半

31

 

ポイント詳細

1/3 4/5
1/2 G 3/0
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

 No. ポジション 選手氏名 学部/学年 出身校 
1 PR  黒田圭汰  社3  報徳学園
2 HO  川越藏  現2  高鍋
3 PR  土山勇樹  社2  東福岡
4 LO  斉田倫輝  経3  仙台工業
5 LO  牧野内翔馬  社4  東福岡
6 FL  大塚翼  4  日川
7 FL  松村拓海  スポ4  國學院久我山
8 NO.8  増田和征  経3  京都成章
9 SH  根塚聖冴  経2  京都成章
10 SO  林修兵  社4  伏見工業
11 WTB  北島遥生  現3  常翔学園
12 CTB  矢澤巧久留  社4  御所実業
13 CTB  杉本悠太郎  経3  國學院久我山
14 WTB  尾崎達洋  社3  桐蔭学園
15 FB  井上拓  社1  御所実業
16 Re  李承記  経2  大阪朝鮮
17 Re  大澤翔舞  営3  長崎北
18 Re  金子崇  社3  東福岡
19 Re  ウォーカーアレックス拓也  社1  東福岡
20 Re  佐々木嵩穂  スポ3  桐蔭学園
21 Re  坂本泰敏  経4  常翔学園
22 Re  小幡悌己  経4  石見智翠館
23 Re  蛯名悠  現4  浦和

 

戦評

 中大に見事勝利し、1勝1敗となった法大の今日の相手は昨季リーグ戦2位の流経大戦だ。昨季敗れた強豪相手に勝利を収めて、リーグ戦優勝に近づきたいところだ。

 法大のキックオフで始まったこの試合。法大は体の大きさで勝る流経大の強力なアタックを受け、防戦一方となる。耐えたい法大だったが、前半5分、自陣でのマイボールスクラムからボールを奪われ攻められると最後は相手のCTBムゼケニエジ・タナカ・ブランドンにゴール右にボールを置かれ0-5となる。さらに、同15分に自陣ゴールライン10m付近のスクラムからフェイズを重ねられ、最後は相手FWに飛び込まれトライを許す。ゴールも成功しスコアは0-12。そして、同22分は、先制トライを決めたブランドンに法大のBK陣が寄ったところで余った選手にボールを展開されトライ。ゴール成功で0-19となる。さらに同34分にはバックスのサインプレーからオフロードでボールをつながれトライ。リードを広げられてしまう。意地を見せたい法大は前半40分、ラストワンプレーというプレッシャーのなか敵陣22mライン付近のスクラムから展開。SH根塚(経2)からパスを受けたPR黒田圭汰(社3)がゲインすると最後はHO川越蔵(現2)がゴール右に飛び込みトライ。ゴールも決め7-26で前半を折り返す。

IMG 8351 R
PR黒田が懸命にゲインする

  迎えた後半。流経大のキックオフで始まるとそのボールを取られてしまい、そのままノーホイッスルトライを決められる。法大は前半最後に1本返し流れを取り戻しかけただけに痛いトライとなってしまった。さらに、同7分にはフェーズを重ねられトライ、そして10分にはパスをインターセプトされ、独走トライを決められる。7-43となる。ここで、法大は円陣を組み気合を入れ直した。この円陣が功を奏したか。法大は同15分相手のブレイクダウン付近のDFの立ち遅れを見たSH根塚がそのままボールを持ち突破。中大戦でも見せた根塚の得意とするプレーである華麗なランニングで相手FBもかわしゴール左にトライ。ゴールも成功で14-43となる。さらに、法大は敵陣のマイボールラインアウトからフェーズを重ねると最後は途中からCTBで出場した小幡がクロスに走り込み相手DFをかわしトライ。21-43となる。この勢いで追いつきたかったが、同35分には相手のFWにブレイクダウン付近を突破され、同38分には流通経済大が蹴ったハイパントを取られフェーズを重ねられトライを決められ21-57となる。同40分には流通経済大はショットを狙い試合を終わらせようとした。しかし、ショットは失敗しボールは法大へ。自陣ゴールラインからカウンターを仕掛け、一気に敵陣へ入る。満身創痍の体をぶつけ続けボールを保持し徐々に相手ゴールラインに近づく法大。集中力も切れてきたのか、相手のペナルティにも助けられ最後はFWのピック&ゴーで途中出場の金子崇(社3)が飛び込みトライ。ゴールも決め28-57。ここでノーサイドを迎えた。

IMG 8545 R
途中出場のCTB小幡がトライを決めた

 大柄の外国人選手を含め体の大きさで勝った相手を倒しきれず、オフロード等でつながれてしまったことは今後課題かもしれない。しかし、スクラムやラインアウトは非常に安定していたように見えた。ラストワンプレーで敗戦が決まっても流経大相手に約10分間攻め続け最後にトライを取りきったことは今後のリーグ戦につながるに違いない。次戦は昨季のリーグ戦王者・東海大。法大ラグビーを見せつけ王者に一泡吹かせる戦いを期待したい。(藤原陸人)

選手コメント

坂本泰敏 主将(SH,途中出場から流れを変えた)

―今日の試合を振り返って
自分たちの強みを出す時間が少なかったので、相手のペースに飲まれすぎていたと思います。
 
―前半はマイボールをキープできなかったが
基本的なパスミスからつながれていたので、マイボールをキープして継続していこうと話していたんですけどああいう形になってしまいました。
 
―外国人選手の対策について
徹底的にFWとCTBの二人はダブルタックルで倒しにいこうと話していたんですけど、逆にそこでゲインを切られてしまいました。(タックルの)最初の入り方が良くなかったので、
そこはしっかりと改善していきたいと思います。
 
―セットプレーは安定していたが
そうですね。ラインアウトは良くて、スクラムはなんとか出したような形だったのでまだ改善の余地はあると思います。
 
―後半はキックオフ直後やインターセプトからトライを許してしまった
ああいうところで普段だったらリズムを取り戻してプレーできていますが、今回はそれが簡単にダイレクトで取られてしまったので良くなかったですね。
 
―ロスタイムでのトライについて
あそこはこのままで終わることはできなかったので、自分たちの意地で何も言わずに全員で取り切ったのは次につながると思います。
 
―坂本選手は今季のリーグ戦初出場でしたが
出場するしないにかかわらず全ての試合で100%の準備はしているので、特に意識することはなかったですね。もっと僕が入った時点でチームに勢いをもたらすことができれば良かったなと思います。
 
―昨季リーグ戦王者である東海大との次戦に向けて
逆に今日流経大に負けてしまって、いいことを学べたと思います。東海大も同じように強い外国人選手が2人いておそらくより規律の取れたいいチームなので、今回学んだことを積み重ねて、絶対勝ちに行く気持ちを持って最初から取り組んでいきたいと思います。
 

松村拓海(FL,激しいタックルでチームに貢献)

―今日の試合を振り返って
次の選手権出場に向けてすごく大事な位置づけの試合だったので、"must win"ということを掲げて絶対に勝とうという気持ちで臨んだんですけどやっぱり流経第の良いディフェンスであったりしつこいプレッシャーにこっちがミスを犯してしまって自分たちの形に持っていけなかったのかなと思います。
 
―中大戦での負傷から今日はスタメン出場でしたが
すごく心配されていたんですけど、全然大丈夫だったので今日は僕の中でもそこは気にせずに全力でプレーできました。
 
―セットプレーについて
僕たちの強みと弱みというのがあって、それはラインアウトのところでプレッシャーをかけれたというところが強みで良かったと思うんですけど、逆にスクラムでプレッシャーを受けてしまったり、そういったところがまだ弱みとしてあるかなと思います。
 
―失点は多かったものの法大ペースでやれていた印象の後半戦。前半を終えて心がけたことは
後半に向けて、前半で出たブレイクダウンでプレッシャーを受けたところを修正していこうというのがあって、それはキャリアーが相手のタックルをまともに受けない様にずらしていくだとか、しっかり順目に走り込んでいくだとか、そういうところを徹底しようと話していました。そういった部分ができた結果、マイボールを継続できたというのが失点は多かったんですけど、法大がペースを握れた原因だと思います。
 
―最後のロスタイムでの10分間ほど続いた攻撃。その時の心境は
正直かなり苦しくて、心の中では早く終わってくれないかなというところもあって、でもやっぱり負けたくないっていうかここで折れたくないなっていうのがあって、それはみんな一緒だったと思うので、辛かったんですけど絶対に乗り切ろうと思ってやってました。
 
―ご自身の見て欲しい部分は
タックルですね。タックルが一番好きでそれがやっぱり自分の自己表現というかチームのエネルギーになると思うのでそこだけは大事にしていくので是非見て欲しいです。
 
―次戦、東海大戦に向けて
相手はチャンピオンなのでこちらはチャレンジャーとして相手の油断している隙をついて今年一番の試合をして、ビッグゲームになるように頑張っていきたいと思います。

 

矢澤巧久留(CTB,先発出場し、接点で強さを発揮)

―今日の試合を振り返って
相手の強い選手に走られたところを1回で止められずに得点に結びつけられました。タックラーの精度が悪かったのかなと思います。
 
―中央大戦後練習してきたことは
(80分間)走り切るフィットネスとタックルです。
 
―流経大の印象は
体の大きな選手が多いです。オフロードパスとかでボールをつながれることを防ごうと話はしていたが、つながれて得点されたことは辛かったです。
 
―相手BKは外国人選手を含めて非常に大きな体をしてましたが、やはり意識したことは低いタックルですか
そうですね。低いタックルで1発で相手を仕留めることと、オフロードパスをされないように2人目のタックラーが早く寄ることを意識していました。だけどもう少し練習が必要かなと思います。
 
―法政BK陣のアタックとディフェンスについて
アタックはもっとできたなと思います。ディフェンスはBKだけで止めれないところもあったりしたのでコミュニケーションが足りなかったと思います。
 
―リーグ戦始まって矢澤選手の出場機会が増えてますが要因は
プレーさせてもらってるのは、接点で前に出る強さとディフェンスで前に出るところだと思うしそこは自分の強みなので、今後の試合もその強みを出してプレーしていきたいです。
 
―前後半ともに法政はラストワンプレーでトライを取ってますが今後につながる価値あるトライなのでは
後半のラスト1本のトライは法政らしさが出たと思います。これを東海大戦に繋げられるように今週しっかり練習していきたいと思います。
 
―次戦の東海大戦にむけて意気込みを
もう後がないと思って、もっともっと厳しい練習をして必ず勝って笑顔で終われるように頑張りたいです。
 

フォトギャラリー

  • IMG 8672 Rロスタイムにトライを決めて意地を見せた
  • IMG 8258 R先発出場を果たした4年生のFL大塚
  • IMG 8412 R前節のけがから復帰したFL松村
  • IMG 8628 RFL佐々木は途中出場で存在感を発揮した
  • IMG 8622 R鋭い突破を見せたWTB北島
  • IMG 8566 R今季リーグ戦初出場のSH坂本
  • IMG 8455 R持ち味のランでトライを決めたSH根塚
  • IMG 8580 R相手のアタックには苦戦した
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み