ラグビー

【ラグビー】リーグ戦開幕直前インタビュー③ 目指すは「リーグ2位」"アグレッシブ"なラグビーで雪辱果たす! 〜BK編〜

リーグ戦開幕直前インタビュー
2017年9月3日(日)
法大多摩キャンパス

今週末9月10日(日)から、いよいよ関東大学ラグビーリーグ戦が開幕する。
今秋目指すは「リーグ戦2位」。初戦の相手は昨年「リーグ戦2位」の流経大と、早速重要な対戦が待ち受ける。
そこで今回、開幕を控えた法大ラグビー部(①首脳陣・②FW5名・③BK5名)へインタビューを行った。
※インタビューはすべて9月3日(日)に行ったものです。

S  24297526
BK5名に心境を伺った(写真:呉洸太)

 

インタビュー

呉洸太(社3,SO/CTB)

現在のご自身のコンディションはいかがですか
夏合宿で2試合やって、同志社大戦はあまり良くなかったですが、大体大(大阪体育大学)戦の前半は自分達の目指してるラグビー出来たので良かったです。現在も良い雰囲気で練習できてるので良かったです。

大体大戦でできた自分達のラグビーとは
練習ではディフェンス中心にやってます。ディフェンスで自分達のペースにしながら、相手のボールを獲って、素早くアタックすることです。

春季大会からスタメン出場続いてますが、その要因はどこにあると考えますか
最近、チームを引っ張っていこうという気持ちが少しずつ芽生えてます。先輩に頼ってたことを3年生になって上級生として引っ張っていくことを意識してます。

個人的に成長したプレーは
ストレートランです。前を見てプレーして、以前は横に流れてましたが、縦に走って、ディフェンスを見て、前にスペースがあれば、自分がゲインして、なければパスをすることを意識してます。

春季大会を振り返って
Cグループでしたが、自分自身納得したプレーを出来たと思います。秋に自分のプレーがしっかり通用するか試したいです。

夏合宿から改善してきたことは
ディフェンスですね。「ノーインサイドブレイク」という内側に抜かれない目標を掲げてて、何度か抜かれたりしましたが、夏合宿でディフェンスを重点的に練習して、ディフェンスは改善出来たと思います。

夏合宿のなかで、個人的に意識したことは
ディフェンスを中心に練習したので、アタックよりディフェンスを意識して、内と外のプレイヤーやFWとコミュニケーションとったりしました。

BKとして意識していることは
今年のBKは接点をテーマに掲げてて、接点でもスピードを上げて、ゲインラインを突破できるように意識してます。

昨年もリーグ戦に出場されましたが、今年は中心選手として期待がかかると思いますが、今年にかける思いは
去年は入れ替え戦をやることになってしまった拓大戦に出場して悔しい思いをしました。今年はそんな思いしたくないので、プレーでもチームを引っ張っていく存在になっていきたいです。

1年生などの下級生も試合に出てますが刺激になりますか
そうですね。1年生が身体張ったり、頑張ってる姿を見ると、僕らも負けてられないなという気持ちになるので、チームとして良いことだと思います。

秋季リーグ戦は初戦、第二戦と流経大、東海大と強豪が続きますが対策は
やっぱりディフェンスを練習したので、流経、東海大にもディフェンスでしっかりプレッシャーをかけることをやっていきたいですね。

CTBとして、秋季リーグはどのようなプレーをしたいですか
今年のCTBの目標から考えるとCTBはタックルする機会が多いと思うので、ディフェンスで身体を張りたいです。アタックでは、自分でゲインしたり、周りを活かしながらアタックしたいです。

注目の選手はいますか
萩原蓮(経3)選手です。縦に走る力やディフェンスが強いからです。アタックの核にもなるし、ディフェンスも上手いので一緒にCTBを組んでて安心してプレー出来ます。

最後に秋季リーグ戦への意気込みを
去年は2試合しか出場してないですが、今年は楽しみなところもありますし、自分のプレーがどれくらい通用するか試せるので、今まで練習してきたことを出し切りたいです。アタックを頑張りたいです。

S  24297526 

 

奈良望(社3,SO/CTB/FB)

ー合宿を終えて率直な感想は
結構キツめの合宿で、ハードなトレーニングをしていたので、確実にレベルアップはしているなと思います。

ー特に強化した部分はどういたところですか
1番はディスェンスですね。いつも失点シーンが多いのでディスェンメインで強化しましたね。

ー合宿のテーマとしては
昔のスタイルを無くして、新しいスタイルにしていこうという話で、「法政スピリット」として、皆でそこを頑張っていて。そこを合宿で鍛えた分、ちょっとでも成長できたのかなと思います。

ー新しいスタイルを築く上で大切になってくることは
アタックもディフェンスも共にアグレッシブにいくというところが1番に掲げたテーマですね。

ー今年から上級生ということですが、昨年までと比べ意識の変化はありましたか
去年までは先輩に頑張ってついて行こうという気持ちだったんですけど、もう3年生で上級生になって、4年生に付きっきりではなく、自分たちからも発信して自分たちでも引っ張っていかないといけないなという気持ちはありましたね。

ーチームの中での自分の役割は
パスはずっと自信を持ってやってきたので、そこのさばきの良さというのと、体も大きい方だと思うので、そこを生かしたプレーが出来ればそこが強みになってくるんじゃないかなと思いますね。

ー今までCTBやFB、合宿ではSOとしても出場されていましたがユーティリティーな部分が強みとも言えるのでしょうか
色々なポジションができるのは強みだとは思うんですけど、SOはあまり経験がないのでやはり難しい部分はあると思うんですけど、これからやっていくうちにもっと慣れて上達していくと思います。

ーそれぞれのポジションに対する手応えはいかがですか
CTBでやっていた時は結構まわりに使われて自分が好きなコースを走ってボールを放ってくれて、そういう面では自分の思い通りにできてやりやすかったというのがあったんですけど、SOを今やっていて、自分が生かす立場なので、そこでの選択が難しかったりはありますね。

ー注目選手は
中村翔(経2)ですね。ハーフ団で僕にさばいてくれるというのがあるんですけど、結構思い切りのいいプレーをするので、ちゃんと欲しいところはくれるし、FWもしっかり動かせているところが見られるので、そういう面ではBKFWも動かすことが出来るし、いくところがあれば自分でもいくし、というのがあるのでそこを見て欲しいですね。

ー個人、チームとしての目標は
チームの目標は1つでも多く勝つというところで、大きい目標はリーグ戦2位なんですけど、その中でも試合に勝たないと試合に勝たないとリーグ戦2位は無いので、いかに試合に勝てるか、どういった試合運びをするのかといったところがチームの目標だと思いますね。個人的には秋シーズンでリーグ戦に出るのが僕は初なので、そこを緊張せずに、SOという新しいポジションで皆を生かしつつプレーをすることが目標ですね。

ー初戦、流経大戦に向けて
流経大もかなりやり込んできていると思うのですが、それに負けないくらい僕らもやり込んできているので、試合に負けないように勝つ気持ちを持って頑張っていきたいと思います。

IMG 3432

 

萩原蓮(経3,CTB/FB)

ー夏合宿を振り返って
練習自体とてもハードだったんですけど、僕自身もレベルアップできてチーム全体としてもレベルアップできたと思うので、自信を持って秋シーズンに臨めるんじゃないかなと思います。

ー個人的に合宿でのテーマは何でしたか
自分の中では、自分の長所でもあるコンタクトプレーを伸ばすというところと、監督たちに言われたことを直して、しっかりチームに貢献できるようなプレーをすることですね。

ーここまできてレベルアップしたなと感じる部分はありますか
接点のスピードがもっと上がったかなと思います。

ー合宿中、特に力を注いだことは
ウエイトですね。

ー上級生としての合宿は昨年までと比べていかがでしたか
去年は怪我で腐ってたので...(笑)。今年頑張って復帰できて、徐々に気持ちも上がってきて、しっかり皆をリードできるように体でチームを引っ張っていこうという気持ちが上がりましたね。

ー合宿ではCTB、FBでスタメンを張っていましたが
たまにFBで、本職はCTBですね。本職であるCTBではあたりに行けるので、自分の強みが活かせます。

ー今季のBKの印象はいかがですか
BKのコーチ陣も去年とは全く違うと言ってくれているので、期待できると思います。

ーどういった部分が「違う」点として挙げられると思いますか
去年は結構個人個人な感じでしたが、今年はBKとして一体となって機能している感じがしますね。

ー自分からみて注目プレイヤーは
土山(勇樹,社3)です。体をよく張るので。

ー今秋の目標は
個人としては1番はチームが勝つことですね。チームの目標は、リーグ戦2位です。

ー初戦流経大戦ではどういった部分が勝利への鍵となりますか
自分の対面が外人なので、体負けしないようにタックルを頑張りたいです。

ーリーグ戦への意気込みをお願いします
一生懸命体を張ります!

IMG 3429 

 

中村翔(経2,SH)

現在のコンディションはいかがですか
2か月前に虫垂炎でお腹を手術しました。菅平(合宿)で復帰して、フィットネスやラグビーの試合勘も戻ってきたので、初戦に向かって良い感じに合わせられてます。

春季大会を振り返って
相手の大学もそこまで強い大学ではなかったですが、法政の土台作りのような大会で、やろうとしてることもあったし、出来なかったこともあったので、それを夏に修正してきました。

出来なかったこととは具体的にはどのようなプレーですか
組織的なディフェンスが出来てないところもあったので、合宿ではディフェンス中心で練習しました。

―SHとしてディフェンスで心がけてることは
ディフェンスの組織化です。ちゃんとチームが機能するように自分が周りを見て指示しないといけません。視野の広さやバッキング(※1)の部分で後ろのバックスリー(※2)とコミュニケーションとってディフェンスすることを心がけてます。

先輩方を差し置いて現在レギュラー出場が続きますが、成長した点は
チームに上手くコミットできるように考えてラグビーしてるので、上手くチームに合ってるのかなと思います。

―SHからみて今年のFWBKの調子はどうですか
合宿中からずっとFWだけ、BKだけ見ても良いですし、連携も取れてます。良い仕上がりだと思います。

リーグ戦ではどのようなプレーをしたいか
自分が一番落ち着いてないとチームが機能しないので、落ち着いて冷静に判断して、チームが上手く行くような方向性で頑張っていきたいです。

リーグ戦注目選手は
注目選手はSOの奈良(望)選手ですね。今年からSOやってるんですが、自分とハーフ団組んでて、やり易いし、フィジカルも強いので注目だと思います。

初戦、第二戦は流通経済大、東海大と昨年の上位校相手ですが、対策は
自分達がやったことを出し切りたいです。練習してきたことしか試合で出来ないので。

最後にリーグ戦と個人とチームのそれぞれの目標をお願いします
個人としては全試合スタメン出場することです。チームはリーグ戦2位が目標です。リーグ戦序盤は、強豪の大学相手が続くところが大事だと思うので、そこで試合を落とさないように戦っていきたいです。

(※1)バッキングある選手がディフェンスラインを抜かれたあと、別の選手が追いかけて戻ってディフェンスすること。
(※2)バックスリーWTBFB3人の総称。

IMG 3430

 

斉藤大智(現1,WTB)

ー初めての大学での合宿を終えて、率直な感想は
初めての合宿で、戸惑いもある中1年生ということで仕事も多くあったんですけど、それをやりつつ練習もやるということで、時期的にもまだ慣れてきている中途半端な時期だったので、必死に合宿を乗り切れるかという感じで、結構大変でしたね。

ー高校の時の合宿と比べてはいかがでしたか
全然違くて、すごくいい環境でやらせてもらえて、高校のラグビー部は人数が少なくて、逆にすごく多い人数だったので、レベルの高いラグビーが出来て内容も濃かったですね。

ー高校時との合宿との違いで驚かされたことは
練習内容が全然違いすぎて、練習時は知らないワードが出てきたりして分からなくて、先輩に聞いたりしてましたね(笑)。

ー合宿を行くにあたり、ここを成長して帰ってこようといったようなテーマは
テーマ的には、自分の持ち味はスピードなので、アジリティとかそういった俊敏生を重視して少しでもスピードを上げることができるように意識してましたね。

ー結果終えてみて
合宿で、元々BチームだったのがAチームに出せてもらって、レベルが全然違くてAチームでやると逆に覚えられることが多くてすごくいい経験になりました。

AチームとBチームとの差で特に大きかったのはどういった部分ですか
Aチームは自分たちのやること全て、戦術に対する理解力があって。Bチームだと戦術がまだ浅い部分があって、チームがやることが出来てない部分がありましたね。僕は最初Bチームからだったので、Aチームに入って自分のせいで足を引っ張ってしまったこともありましたがなんとか必死にくらいついて、同志社戦とかでも頑張りました。

Aチームに上がることができた要因を自らで考えてみると
ボールをもらう回数を増やそうと自分で意識をしていて、積極的にプレーに参加したりだとか、そういった積極性だと思います。

ー春季大会ではリザーブからの途中出場時、積極的に声を出しチームを鼓舞している姿が印象的でしたが心がけていましたか
すごく心がけていました。やっぱり出るからにはプレーだと何も出来なくても、声だけは出そうと思って、がむしゃらに頑張りましたね。とにかくアグレッシブにいこうといった結果です。

ー来週から開幕となりますが、心境はいかがですか
今、練習の中で逆に開幕戦というのを意識しすぎて緊張というのが若干自分の中にあって、開幕戦に対しての気持ちがしっかり定められていないので、やはりもう少しそこを意識して、自分のパフォーマンスを開幕までにしっかり100パーセントまで上げることができるようにしっかりやっていきたいです。

ー1年生としてのリーグ戦出場に期待がかかりますが
1年生だから出来ないといったことは自分は嫌いなので、逆に1年生だからやってやるというか、自分が逆に上に立つくらいの気持ちでいきたいですね。

ー尊敬する先輩は
北島遥生さんです。プレーから全てがパーフェクトですね。目指したいです。

ー今季の目標は
チームとしてはリーグ戦2位なので、それを突破するのと、個人的にはトライゲッターという役割で、必ず試合ではトライを取りきって、チームに貢献できればと思います。

ー最後に開幕戦に向けて意気込みをお願いします。
一心不乱に、何事にもチャレンジして全力で自分のパフォーマンスが発揮できるように、チームに貢献できるようにトライを取りきって頑張っていきたいです。

 IMG 3442

 

 

 

体育各部一覧ページへ