ハンドボール

【ハンド】2018年度関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 第8節 対日体大 決死の追い上げを見せるも、一歩及ばず悔しい引き分け

2018年度関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 第8節 対日体大
2018年5月12日(土)
国士舘大多摩キャンパス

 前節、順天大を相手に痛恨の敗戦を喫した法大。今節対する日体大は現在リーグ4位。先週には全勝優勝が期待されていた早大を下す大金星を上げ、まさに勢いに乗っているチームだ。試合開始からリードを奪われ、その後は1,2点あとを追う展開に。後半には一時は5点差をつけられたものの、怒涛の追い上げを見せ56分には同点に追いつく。勢いそのままに逆転勝利を挙げたいところだったが、チャンスをものにできず25-25で引き分けた。これにて法大は現在3勝1分4敗で6位となった。

DSC 0491 R
終盤はディフェンスから調子を上げた

試合結果

トータル試合結果

25
法政大学
13 前半 15 25
日本体育大学
12 後半 10

 

スターティングメンバー

背番号 ポジション 選手名 学部・出身校 今節得点 今季得点
21 GK 仲村充 社会4・藤代紫水 0 0
3 CB 山本祐輝 社会3・浦和学院 2 32
8 RB 福本直也 経済4・法政二 0 0
5 LB 松岡寛尚 経済3・藤代紫水 4 58
22 RW 本田拓海 社会3・法政二 2 27
18 LW 小林昇太 スポ健3・法政二 6 12
26 PP 柿沼健吾 社会2・藤代紫水 6 6

交代選手

背番号 ポジション 選手名 学部・出身校 今節得点 今季得点
16 GK 深井亮太 理工4・浦和学院 0 0
2 CB 山本晃大 スポ健3・雄城台 4 24
25 RB 本田悠也 社会2・大分 1 7
4 RB 沖山葉太 スポ健4・法政二 0 2
10 PP 黛祐貴 経済4・富岡 0 3

 試合後順位表

順位 大学名 勝-分-負 得点 失点 得失点 勝ち点
1位 早稲田 7-0-1 223 194 29 14
2位 筑波大 6-0-2 234 190 44 12
3位 中央大 5-1-2 226 210 16 11
4位 日体大 3-3-2 217 204 13 9
5位 国士舘 4-1-3 193 199 -6 9
6位 法政大 3-1-4 219 223 -4 7
7位 日本大 3-1-4 219 224 -5 7
8位 順天堂 2-0-6 203 231 -28 4
9位 明治大 2-0-6 181 200 -19 4
10位 東海大 1-1-6 170 210 -40 3

※勝ち点が同点の場合は、対戦間の勝敗によって順位を決定する

春季リーグ戦結果

日付 対戦校 結果 会場
1 4月14日(土) 筑波大 ●19-30(詳細) 日本大八幡山
2 4月15日(日) 東海大 〇34-20(詳細) 日本大八幡山
3 4月21日(土) 日本大 〇34-27(詳細) 国士舘大多摩
4 4月22日(日) 中央大 ●30-38(詳細) 日体大健志台
5 4月29日(休) 国士舘 ●26-29(詳細) 明治大和泉
6 5月3日(休) 明治大 〇26-24(詳細) 日本大八幡山
7 5月4日(休) 順天堂 ●25-30(詳細) 日本大八幡山
8 5月12日(土) 日体大 △25-25 国士舘大多摩
9 5月19日(土) 早稲田 国士舘大多摩

 

戦評

 スターティングメンバーを大きく変えて挑んだ今日の一戦。序盤はなかなか攻撃のリズムを生み出せず、初得点を挙げたのは開始4分。その後も思うようには得点できない展開が続いたが、その中でも今季初スタメンの柿沼健吾(社2)が健闘を見せ、大きく点差を引き離されることはなく持ちこたえる。21分の法大タイムアウト後には3連続得点で同点に追いつき、流れを徐々に引き寄せたかに思えたが、日体大も譲らず、13-15の2点ビハインドで前半を折り返す。

 後半は開始早々、セットディフェンスで連動した動きを見せると、今日好調の小林昇太(スポ3)が決め、快調な滑り出しを見せる。しかし、徐々にペースを握られると41分には17-22の5点差に。ここで流れを変えたい法大はオフェンスで本田悠也(社2)を起用。攻撃の幅が広がり始め、点差を縮め始める。55分には本田悠也が自ら倒れこみながらのサイドシュートを決め1点差とすると、直後の日体大の攻撃も止め、速攻から小林のシュートで25-25の同点に追いつく。終盤ではディフェンスが冴えた法大。山本祐輝(社3)が高い位置でボールを奪い、そのまま持ち込みシュートを打つ最大のチャンスを作るも、相手GKに阻まれ、勝ち越しには至らず。59分の本田拓海(社3)のシュートも阻まれ、試合は残り20秒を残し、同点という展開で法大はタイムアウトをとる。最後の攻撃で何としても1点を取りたい法大だったが、最後の本田悠也のパスは通らず。その直後に試合終了のブザーが鳴り、引き分けに終わった。

 終盤の追い上げで追いつき、何とか勝ち点を獲得することが出来た今日の試合。しかし、終盤の追い上げムードの中、逆転まで至ることが出来なかったことに対する悔しさもあるだろう。次戦が今季の最終戦。相手は現在首位の早大だ。最終戦を勝利の飾り、秋季リーグ、インカレへと良い流れを作っていきたいところだ。(山﨑有馬)

選手コメント

福本直也 (主将)

―試合を振り返って
結果的に悔しい試合になってしまいました。最後の方には追い上げることができてあと一歩だったんですけど、ミスで得点できなかった分で引き分けてしまったので悔しいです。

―今日の作戦は
相手のセンターの大橋選手が相手のチームを動かしている選手なので、そこにいかに嫌な思いをさせるかということで、前に当たりに行ったり、センターに対するクロスアタックを多くしました。激し目に当たることを徹底して、この一週間は練習してきました。それで今回はうまくいったと思います。

―前半はOF・DFのメンバーの入れ替えもあまり見られませんでした
速攻で点を取りたかったのでそうしました。前半は左ききが代わりづらい方だったので、自分が最初から右45度で出ました。そこで速攻の繋ぎの要員として、速攻の波を消さないようにしようということで、入れ替わることなく、そのままにしました。

―後半は本田悠也選手が入ってから流れが変わったように思います
(本田)拓海が今日うまくいかなかったので、悠也をサイドに入れました。やっぱり左利きが攻撃に加わると、攻撃の幅も広くなるので、そういった意味で悠也が貢献してくれたと思います。

―実際に日体と対戦してみて印象は
速攻はやっぱり速いですし、そこがストロングポイントだと感じました。

―追いかける展開でしたが雰囲気は良かったように感じます
今までは、相手の雰囲気にのまれてしまって自分たちの流れに持っていけずに負けるという、後味の悪い試合が多かったです。そういった部分を無くしていこうという話はしていても、結果無くせずにいました。今回は意識をして、絶対にうまくいかない時間はあるのでそこでしっかりと盛り上げて、こっちの流れが来るまで我慢をしようという話をしました。

―柿沼選手や小林選手など、新戦力の活躍について
練習の段階から今日は最初から行くぞいう話はしていました。本人たちが気持ちをしっかりと作って試合に臨んでくれているので、それが活躍に繋がった思います。彼らも高校の時はスタメンで出ているような選手なので、試合に対応するという事はしっかりできていたと思います。

―最終戦への意気込みを
最終戦は絶対に勝つという気持ちでやっていきます。もう優勝争いはしていないんですけど、入れ替え戦争いも抜けたので、秋に向けた試合をできればと思っています。

柿沼健吾

―今日の試合を振り返り
追いかける展開で、一本ディフェンスで止めることができた時から皆で声をかけあい、自分たちの持ち味であるディフェンスからの速攻が実践できたと思います。

―スタメンでの出場で、得点シーンも多く見られました
足の怪我でこれまでスタメンに入ることができていませんでしたが、入ったからにはやれることはやろうという気持ちでした。

―今日の試合の流れが変わったのはどこだと思いますか
相手の選手変更のタイミングで、自分たちのパスも動き出してきたので、そこがターニングポイントであったと思います。

―日体大の対策は
速攻が速いチームなので競り負けない体力や、逆速攻のときに前で当たりフリースローをとることを心がけてきました。

―次戦が最終戦の早稲田戦となりますが、1週間どのような練習をしてきますか
早稲田の特徴を捉えながら自分たちができることをやるまでです。

―最終戦への意気込みを
チームの全体を盛り上げながら、自分ができることをやっていきたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 0526 R得点力も高い山本晃は相手の脅威となる
  • DSC 0558 R今季活躍を見せる小林は同点弾を叩き込んだ
  • DSC 0422 Rけがから完全復帰を果たした柿沼は、6得点を挙げチームに貢献
  • DSC 0303 R力強いプレーでDFを突破する松岡

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み