アイスホッケー

【アイスホッケー】インカレ直前インタビュー ~1年生①~ 石田・工藤・沼田・上村

2015年12月23日(水)
国立市 アイスホッケー部合宿所

 1年間の集大成である日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が5日から栃木県・日光市で開催される。6日から大会に臨むアイスホッケー部は過去9年連続ベスト8止まり。今年こそは上位進出、そして優勝へ。それぞれの学年にチーム、インカレへの思いを語ってもらった。今回は今年度入学しチームに新しい風を吹かせたDF上村一輝(営1)、FW石田和哉(営1)、FW工藤将一郎(法1)、FW沼田翔(法1)の4人のインタビューです。

hockey004
 左から石田、工藤、沼田、上村

「大変な部分は多いが、楽しくできている」石田

―リーグ戦が終わって1か月経ちましたが、今の状態はどうですか
沼田:この1週間追い込んでいるので。良い状態だと思います。
工藤:合宿に向けて士気が上がってきているところです。

―今はどういった練習を
沼田:特に足を使ったメニュー中心にやってます。
工藤:確かにそんな感じだね。
沼田:陸上トレーニングが結構入ってきて、陸上でも氷上でも足を使ったりが多いですね。

―今年1年間の戦いを振り返って
沼田:春は早稲田にPSで負けて、夏も中央に競ったゲームして落として、リーグでは落としちゃいけないゲーム落として、もったいないシーズンだったと思います。もっと力はあるのに勝てないなと思います。
工藤:個人のスキルとかの実力的なことを考えると他の大学にも負けてないと思いますし、早稲田とかには勝ってる部分も多いと思います。だから、翔のいう通りもったいなかったなって思います。
上村:勝てる試合を勝てなかったりして、もったいないと思います。

―石田選手は1年生ながらゴールを多く挙げる活躍になったと思いますが
石田:周りの先輩がいいから活躍できたと思います。

―シンプルなホッケーというのを目標に1年間練習してきたと思いますが
沼田:4年生の末廣(直樹・営4)さんのようなシンプルなホッケーを継続してやっているような人が上のセットに上がったことでどのセットもシンプルなホッケーをできる段階だと思います。

―互いのことをどう思っていますか
上村:生活面だと1年生なんで仕事とか大変な部分は多いですが、楽しくできてると思います。ホッケーでもお互いに意見を言い合ったりしているので、いい関係だと思います。
沼田:和哉とか将一郎とかは一緒に試合出てプレーしてたんで、それぞれ光輝も含めていいところがあって尊敬できます。生活面でも1年生の仕事は大変なんですけど、みんなでコミュニケーションとって助け合ったりできてるのかなって思います。
石田:1年生で試合に出てるメンバーは数人しかいないんで、もっと頑張ってほしいです。
工藤:和哉とか翔とかずっと試合出てて、自分は調子崩して途中から出れなくなって悔しいなって思う反面、自分よりできてるなって思っているのでいつも見て勉強しています。

―大学に入って9カ月経ちましたが、大学生活には慣れてきましたか
沼田:光輝は高校から寮生活してたんですけど、僕ら三人は初めての寮生活なので最初は大変でした。
石田:でも最近は慣れてきたね。
工藤:でも翔、学校に友達いないじゃん(笑)。
沼田:いやいや、学校に友達いるよ(笑)。でもそれは悩みではあるよね。体育会と一般生の壁っていうのがありますね。
工藤:雰囲気が全く違うね。
沼田:授業も練習とかで出れないときが多いので出るとあの人だれなの見たいな目で見られることはあるかな。確かに一般生は勉強できる学校として法政入ってきてるけど、自分たちは違ってレポートとかうまいやつとか書けないけど。
石田:認めちゃうんだ(笑)。
沼田:うん、それは。でもみんな仲良くしてほしいなって思いますね。

―今年1年個人で取り組んできたことは
石田:ウエイトですね
工藤:僕もそうですね。
上村:僕はランニングを
沼田:自分は足しかないんで下半身の強化をしてましたね。

初のインカレに向けて

―初めてのインカレに緊張は
石田:特にないですね。早くやりたいって気持ちのほうが強いです。
沼田:待ちきれないです。

―最初の山場になるであろう東洋大学に対する印象はいかがですか
工藤:チェックが早いですね。
石田:体が強い。
上村:どんどんゴールに向かってくる。
沼田:泥臭いプレーしてくるチームって印象があります。

―ここまで9年連続ベスト8であることについて
工藤:惜しいところまで行ってるのにもったいない。
石田:2年連続優勝校にPSで負けてるんだよ。(2014年早稲田大・2015年明治大)
沼田:でも自分たちが入学する前の話なんで自分たちがそれを変えられればいいと思います。なので気にしてないです。
石田:確かにな。

―インカレで見てほしいプレーの持ち味は
石田:ゴールに向かう姿勢ですね。
沼田:リーグ戦から継続して足を使ってチームに勢いをもたらすプレーですね。
工藤:泥臭いプレーです。
上村:試合に出ることを目標にします。

―インカレに向けた意気込みを
石田:絶対優勝するぞー!
上村・工藤・沼田:・・・
石田:えっ(笑)。
沼田:そういうのいいから(笑)。
石田:最後の大会なんで4年生の思い出になるように今までお世話になっているので優勝して恩返しとまでは言えないですけど、4年生のために頑張りたいです。
沼田:4年生が笑って終われる大会になればいいかなって気持ちです。
工藤:4年生のためにみんな頑張るんで、その力になれればいいと思うんで、頑張ろうと思います。
上村:1年間の最後の大会なので悔いの残らないように頑張りたいと思います。

(取材・構成 飯田翼)

プロフィール

 #7 DF上村光輝
経営学部1年 埼玉栄高校出身
177㎝・76㎏ ライトハンド

#9 FW工藤将一郎
法学部1年 駒大駒小牧高校出身
165㎝・65㎏ レフトハンド

#29 FW石田和哉
経営学部1年 白樺学園出身
182㎝・78㎏ ライトハンド

#50 FW沼田翔
法学部1年 八戸工第一高校出身
165㎝・68㎏ ライトハンド

フォトギャラリー

  • hockey004左から石田、工藤、沼田、上村
  • hockey0111年生ながら、それぞれチームに欠かせない存在だ
  • hockey0004フィジカルを生かしゴールに迫る石田
  • hockey0006スピードが持ち味の工藤
  • hockey0005リーグ戦、沼田の勝負所での得点はチームを救った
  • hockey0007期待の大型DFの上村
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み