アイスホッケー

【アイスホッケー】インカレ直前インタビュー ~2年生~ 畑中・西口・澤口・川上

2015年12月23日(水)
国立市 アイスホッケー部合宿所

 1年間の集大成である日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が5日から栃木県・日光市で開催される。6日から大会に臨むアイスホッケー部は過去9年連続ベスト8止まり。今年こそは上位進出、そして優勝へ。今回は少数精鋭・2年生のDF畑中大季(法2)、FW西口開羅(法2)、FW澤口迪弥(営2)、DF川上朝日(法2)4人に話を伺った。4人の強い絆と同期愛、将来の理想のチームについて、時に楽しく、時に熱く語っていただきました。

hockey002
 左から畑中、西口、澤口、川上

「4人でベストですね」西口

─まずは他己紹介をしていただきたいです。最初に川上選手のご紹介を他の 3 人でお願いします。
畑中:まあ、プレーが安定してるよね。
西口:そうだね、"安定の川上"だね。朝日くん足が遅いんですけど、その代わりに安定を見せているって感じです。
畑中:1対1抜かれないしね。
西口:でもこいつ試合中まじでいっつもふざけてます。僕は小学校の時から知っているので一番連携を取りやすい人ですけどね。
澤口:うん、ふざけてる(笑)。ずっとニコニコというかヘラヘラしてます。
畑中:まあ、そのニコニコがいいんだよね、かわいい。
西口:うん、かわいい。

―愛されキャラなんですね(笑)
川上:そんな感じですかね(笑)。
西口:いや、愛されキャラは迪弥だもんな。
澤口:おう、そこは譲れないよ。
畑中:2年生はみんなそういうキャラが多いよね。トゲがない性格なんですよ。
西口:あと、朝日くんは朝がめっちゃ弱いです (笑) 。本当に起きないですね。
畑中:私生活は結構だらしないかも。
澤口:みんなそうじゃん俺ら。

―では、次に澤口選手に対して
澤口:何でも来いよ。
川上:特にないです (笑)。
畑中:俺も (笑)。
西口:俺も (笑)。
畑中:いや、嘘です。こいつ良いところしかないよね。悪いところが思いつかない。
西口:悪いとこって言ったら歯がないことくらいじゃない (笑)?
澤口:一応、今週末に仮歯はできるんですけど差し歯ではないので今度どうなるかまだ分からないです。秋リーグ初戦の前日の 9 月 18 日に無くなりました。練習中に先輩のスティックが入っちゃって折れました。
西口:普段からとにかくいじられキャラなので、いないと困ります。真面目に。チームに欠かせない。
畑中:一番サポートしてくれてるよ、試合に出るメンバーを。
川上:そうだよね、色々なもの買ってきてくれたりね。それが一番助かるんだよ。
畑中:感謝しかないよ、良い奴。
西口:ただの良い奴。いや、ふざけて聞こえてるかもしれないけど、彼こういうポジションなので (笑) 。

―西口選手に対してはいかがですか
畑中:自由奔放ですね。
澤口:人を困らせるとかではなく、良いわがまま。結構朝日と似てるかも。
川上:こいつも結構ふざけてますからね、試合中も練習中も。
畑中:でも一番熱いですよ。練習試合とか高校生との試合でも「まじ本気でやろうぜ!」ってめっちゃ熱いんですよ (笑) 。
澤口:常にしゃべってるよね、ムードメーカーじゃないですかね、こいつは。
川上:チームにとって必要ですよ、特にこれから学年が上がっていくと尚更。
西口:最近は僕ら3人( FW 西口、 DF 川上、畑中)でセット組んでることが多いんですけど、僕センターなのでふたりとよく声かけあうし、ムードメーカーって言われるとうれしいですね。来年は迪弥も一緒に4人でセット組みたいね (笑)。期待していてください。
畑中:私生活も俺らの中なら一番ちゃんとしてるんじゃない?学校行ってるし 。

―最後に畑中選手のご紹介をお願いします
西口:顔がかっこいい。プレー中の顔もかっこいい。
澤口:防具スタイルもかっこいい。とにかくかっこいい (笑)。
西口:たしかに写真も全部かっこいいわ、顔決まってる。でもまあ、真面目な話をすると、朝日の安定キャラに対して大季は攻めもできるから FW の一部にもなってくれますね。(横山)恭也さん(主将・営 4 )とプレースタイルが似てるんじゃないかな。
川上:たまに守りにいないけどね (笑)。
澤口:かっこいいだけじゃないんですよ、優しいです。
畑中:俺ら4人みんな性格穏やかじゃん。どの学年より仲良いと思いますよ。ギクシャクすることないし。
川上:ギクシャクするところもキレるところもないもん。全部ふざけて笑い飛ばせます。
西口:4人でベストですね。人数少ないのでこいつとは合うとか合わないとか言ってられないですしね。

―ではこの4人の中で一番努力家であったり尊敬されている方はどなたですか
一同:いないね (笑)。みんなだらしないもんな (笑) 。
畑中:でも朝日は一番トレーニングしている気がしますね。

―4人で誘い合ってトレーニングしたりはなさらないんですか
澤口:俺らぶっちゃけなんもやってないよね。ポンコツだから氷上頑張る、ってそれだけだよね。
西口:そうだね (笑)。まあ、陸トレとかチームで決められたメニューでこなせないこととか遅れているときは4人で LINE で誘い合ったりしてやってます。

―それではほかの学年で尊敬してる方はいますか
西口:僕は、プレー中に怒るスタイルが好きじゃないので吉村さん(紀耶・国 4 )みたいになりたいなって尊敬してますね。部屋が同じなので恭也さんも好きですけどたまにめっちゃ怒られちゃうので (笑)。でも普段はすごく優しいので好きです。
川上:プレー面ではやっぱり恭也さんや(松本)勝利さん(人 4 )を見習いたいです。生活面だったら(末廣)直樹さん ( 営 4) ですかね。高校も一緒なんですけど、食事とかにも一番気を使っていてストイックだと思うので。
澤口:吉村さんとは高校一緒がだったので一番心を開いてます。見ていて尊敬できるのは僕も朝日と一緒で直樹さんですね。自主トレもやっていて努力家ですし、他の面でもやっていいこと悪いことを一番考えて行動している気がします。あんまり口に出したりはしないのですが態度やなにかでそれを後輩に伝えていこうとしているのでかっこいいです。
畑中:僕は藤本(渓太)さん(スポ 4 )です。私生活とかもきっちりしているし、トレーニングもちゃんとしているので。正直藤本さん試合出てないですけど、僕も最近まで試合ほとんど出てなかったので、試合出てなくても練習とかを一生懸命いつもやるその姿とか見習うところがたくさんあるし、初心に戻れますね。

「もっと良いチームを作りたい」澤口

―人数が少ない分上級生になるにつれて負担も大きいと思いますが、自分たちなりのビジョンはありますか
澤口:今までよりもっと良いチーム作りたくない?俺らが4年になったとき。
西口:今の4年生でいうと上手い人が多いので、その分求めていることを僕らができないときもあります。
畑中:例えば、僕ら元からそんな上手でないのに厳しく注意されちゃうと、実力の半分くらいしか出せなかったりすることもあります。でも同じ学年とかでやっていると、注意しあったあとその先のことを話せるんですよ。「いまのはこういう考えでやってたんだ」「じゃあ次はこうするね」って。なので、自分らが上級生になったときはそうやって後輩が意見や考えを言えるようにしてあげたいですね。上からガツンと言われたらそれでもう終わっちゃうから良い方に話が進まないもんね。コミュニケーションをもっと大切にしたいです。

―9年間連続ベスト8 、秋リーグも5位が定着しつつありますが
川上:やっぱそこにも繋がりますよね。チーム力が足りないんじゃないですか。
西口:自分を出しすぎちゃうんですよね。我が強い、ともまた違うんですけど。法政に来る人って毎年その学年のスターみたいな人数人と、あとはおまけみたいな人がちらほらって感じで学年の中でもう格差ができちゃったりしているので。その上手なスター選手たちが他のみんなを引っ張る感じでやっていければ問題ないんですけどひとりでどうにかしようと突っ走っちゃうとね、やっぱりチーム力には欠けちゃいますよね。
畑中:個人のスキルはね、高いんだけどチーム力は本当にね 。
西口:でも学年越えてすごく仲は良いんですよ、上下関係は厳しすぎないし。ただプレーになると我が出ちゃうっていうのがあるんですよね。

―そういうのが接戦になったときに勝ちきれない要因にもなるんですかね
西口:きっとそうですね。ここからはミス出来ない、みたいなプレッシャーの場面でそういう時に限ってミスしてきたことがフラッシュバックするんですよ。プレー中にそうなると、「あ、いま前に注意されたことしちゃったかもしれない」とかひとりでパニックになっちゃったりするんですよね。そうするともうダメで。
畑中:俺も全く一緒だよ。勝手に焦って意味わからないミス招いてやられるんです。相手にやられるっていうより、自分たちで流れを手放しちゃったり、首絞めちゃったり。雰囲気悪くしちゃうし悪循環です。
西口:だからそうならないためにも、俺が絶対正しいって下に注意したりするよりは、ミスに対してはドンマイドンマイ!って笑ってカバーしていきたいんですよね。後輩には楽な気持ちで楽しくプレーしてほしいし、 1 回のミスで怒られて次からビビって自分の力が出せなくなるくらいなら、何回ミスしても次があるよってのびのびやれるようにした方が後々良いチームになると思うので。
畑中: 1,2年生の力引き出してあげるのも上級生の仕事というか実力だと思うんだ。後輩の100 %の力が出るような雰囲気を作っていってあげたいな。

1年間の集大成の大会に向けて

―それでは最後にインカレへ向けての意気込みをお願いします
澤口:一戦必勝で。僕個人としては試合に出て、初ゴールしたいです。チームとしては優勝目指しているので優勝したいです。またベスト8で終わることのないようにしたいですね。試合出てないんだけどなぁ...。
川上:出れないと思ってたら出れないよ。チームの目標は優勝という一言だけなのでブレないんですけど、個人の目標としては来年に繋がるホッケーをすることですね。チーム力の底上げを僕は狙ってます。目の前の目標だけじゃなくて、長いスパンで見て、その先に繋がるようなホッケ―ができたらなって思います。
西口:俺、お前についていくよ(笑)。
澤口:未来を見据えてるんだね。
西口:僕らのコーチ陣はまずは守れ失点を抑えろってスタンスなんですけど、僕の考えとしてはとりあえず得点のために攻めまくりたいんですよね。だから、 1 セット目のセンターは(木戸)啓太さん(営 3 )でそこはどう頑張っても抜かせないので2セット目かそれ以降になってもガンガン活躍します。見ていてください。毎試合2点決めます。
畑中:インカレ優勝したいっていうのはもちろん一番思っていることです。でもそれ以前の目標というか、大学ホッケーができる時間をもっと大切にして楽しみたいです。もうやりたくないとか、やめたいとか思いたくないので。
西口:思ってるの?
畑中:いや、思う時が来るかもしれないけど、そうなりたくはないじゃん。法政に来なければよかったとか、思いたくないし後悔したくないんだよね。俺ら 4 人でホッケーできるのもあと2年しかないしさ、もっと大切にしていきたいな。同期って俺、宝だと思うんだよね。
西口:めっちゃ熱いじゃん!どうしたの。
澤口:俺らの場合尚更思うんだろうね。
畑中:俺ら 4 人がたまたま仲良くて、困難にぶちあたってないだけかもしれないけどね。
川上:勝つために手段を選ばないのよりは勝つ過程を大切にしていきたい。
畑中: 4 人で楽しく笑ってホッケーしていたいんだよ。この前の練習試合ではそれができたじゃん。キルプレーのときも 4 人になっててさ。
西口:俺あの時めっちゃうれしかったよ。迪弥もいる!一緒に4人でホッケーができてる!って。
畑中:個人の目標としては、チームに迷惑かけないようにしたいですね。足引っ張らないように頑張りたいです。
西口:迷惑かけたっていいんだよ。それをカバーしあうのが仲間だろ。
川上:それがチームだよ。

(取材・構成 大森麻子)

プロフィール

#8 DF川上朝日
法学部2年 駒大駒小牧高校出身
168㎝・75㎏ ライトハンド

#16 DF畑中大季
法学部2年 八戸工大一高校出身
171㎝・72㎏ レフトハンド

#18 FW西口開羅
法学部2年 駒小牧工業高校出身
176㎝・72㎏ ライトハンド

#80 FW澤口迪弥
経営学部2年 北海高校出身
170㎝・70㎏ レフトハンド

フォトギャラリー

  • hockey002左から畑中、西口、澤口、川上
  • hockey009チームの主力に定着した2年生
  • hockey0008畑中はDFながらリーグ最終戦で公式戦初ゴールを記録
  • hockey0009積極的にゴールを狙う西口
  • hockey0010川上はリーグ戦を通して安定した守りを見せた
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み