イスホッケー

【アイスホッケー】インカレ直前インタビュー ~白樺学園出身選手~

2017年1月5日(木)
東村山市 アイスホッケー合宿所

1年間の集大成である日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が4日から北海道・苫小牧市で開催される。5日から大会に臨むアイスホッケー部は過去10年連続ベスト8止まり。今年こそはベスト4進出、そして優勝へ。今回は4年生のFW松本力也(人4)、FW三田村哲平(営1)、DF小堀健祐(法1)の北海道帯広市白樺学園高校出身の3人に話を伺った。白樺学園高校はインターハイ上位常連の強豪校である。

※この取材は12月21日に行ったものです。

DSC 0650 R
仲の良さが垣間見えた左から小堀、三田村、松本

 選手インタビュー

―リーグ戦を終えて今の状況は
小堀:終わってからはインカレに向けて一人一人頑張っています。まだ学校があるので、個人で練習する方が多いですね。
 
―具体的にはどのような練習を中心に行っていますか 
松本:氷上練習は週に3回ぐらいで、今は少なめですね。メインは陸トレとウエイト中心になってます。氷上より陸トレがメインになっていて、少し不安な部分もあるんですけど、26日からの合宿から感触を上げていかないといけないなと思います。
 
―今年1年間を振り返って
松本:春は新体制になって、自信はあったんですけど結果は5位で、多くの課題を見つけました。そして夏合宿で鍛えて、リーグ戦に臨んだんですけど結果は6位で、一人一人の甘さが出たかなと思います。今年のチームは下級生が多いチームだったので、上級生があまり試合に多く出れないのもチーム状況的に良くないと感じていて、若手に頑張ってもらってる中で、上級生がもっと試合に出て活躍しないといけないなとリーグ戦を通して感じましたね。
三田村:リーグ戦の1巡目の早大戦も勝てた試合だったと思うので、そういった取りこぼしがもったいなかったと思います。
 
―最終戦は勝てば4位の可能性もありましたが
松本:そうですね。勝つ気しかなかったんですけど、まさか負けるとは思ってなかったです。1Pを終えて、3-0になった状況の中で安心してしまってる選手が多くて、その後も何度か決定機があったんですけど、決めきれずに追いつかれて、逆転されエンプティを決められてしまった。それはやっぱり試合を通しての集中力が法政には足りなくて、勝てないということが分かりましたね。
 
―個人的な出来について
小堀:個人的には悪かったですね。高校から上がってきて、練習量が少なかったと思って後悔してますし、最初の方は真剣に取り組んでいなかったかなと思います。
 
―このチームの課題について
小堀:失点が多かったら勝てないので、そこだと思います。
 
―失点が多い原因は
松本:全てのプレーに対して意識が足りないのが一馬の問題だと思いますね。あとは気持ち的に弱い選手が多いので、我慢できないし、もう少し頭を柔軟にしていかないといけないなと感じました。
 
―上位校との具体的な差は
松本:上位校に別に負けてる気はしないんですけど、順位は法政の方が下になってしまいました。それは上位校は個人個人がしっかりと自分の役割をこなしていて、特に中央は格段に上手い選手が多いというわけではなく、選手全員が自分の役割をしっかりと認識してこなしているので、そこが法政との違いだなとリーグ戦を通して感じました。
小堀:そんなに上位校と試合しても差は感じなかったんですけど、大事な場面で失点する時は2セット目や3セット目が多かったので、役割を果たすことができてなかったのが大きいと思いましたね。
 
―今シーズンはセットの変更が多かったが、その影響はありましたか
小堀:そんなに影響はなかったと思います。ただそのセットで練習を何回か取り組んでから試合に臨みたいなとは感じました。
松本:結構多く変わると練習しないわけではないんですけど、もう少しそのセットでコミュニケーションを取って練習したかったです。役割を理解できれば問題ないんですけどね。自分はあまりなかったんですけど、よくセットが変わる選手は不安や戸惑いは少なからずあったと思います。
 
―お互いの印象について
松本:小堀はDFで、正直センスはあるんですけどあとはダメですね(笑)気持ちも入ってないし、いいものは持ってるんですけど、それを活かしきれてない感じがします。ちょっと大学生のぬるま湯に浸かってる印象があるので、もっと自主性を出して、変わればいい選手になるのかなと思います。哲平はFWなんですけど一生懸命守備に戻ってチェックもしてくれるので、すごいチームとしてもプラスになってますね。
でもよくセットが変わるので、戸惑ってるかなと思います。
三田村:力也さんは周りを使うのが上手いし、シュートもいいものを持ってるなと感じます。たまにパスできる選手を探してる時に自分でシュートをもっと狙ってもいいのかなと思います(笑)小堀は3年間高校でも一緒にやってきたんですけど、高校の時より練習してないですね(笑)
小堀:力也さんは白樺の先輩で、法政に入学した時からお世話になっていました。DFからするとパスを出したい時にいてくれるのでとても助かっています。哲平の持ち味はゴール前で、高校の時はゴール前にいれば必ず決めてくれるような選手だったんですけど、最近ちょっと物足りない感じしますね(笑)
 
―インカレではベスト8が続いているが
松本:過去の成績なので、そんなに意識してないですね。今目指しているのはベスト8ではないので、自分たちが歴史を変えられるように頑張りたいです。ベスト8が続いていることはOBにも言われていて、リーグ戦でも順位を落としてしまったんですけど、主将として自分が変えていこうという気持ちです。
 
―お二人は初のインカレですが
三田村:4年生と一緒に試合する最後の大会なので、悔いのないように笑って卒業してもらえるように1年生なりにサポートしていきたいと思います。
小堀:4年生には今年1年間お世話になったので、何としても試合に出たら恩返しができるように、ベスト8以上に進みたいですね。
 
―インカレに向けて
小堀:インカレでは優勝したいです。
三田村:僕はみんな一緒だと思うんですけど、優勝できるように頑張りたいですね。
松本:目標は優勝ですけど、一つずつ勝って主将として法政の今までの順位をひっくり返したいですね。チームにいい影響をもたらして、一番は後輩のために自分の役割を全うしたいです。そのためにもいい準備をして、目標のために必ず活躍します。DSC 0661 R
白樺学園高校時代のポーズを取ってもらった

 

 

プロフィール 

#13 FW松本力也
人間環境学部4年 白樺学園高校出身
169㎝・74㎏ ライトハンド
 
#19 FW三田村哲平
経営学部1年 白樺学園高校出身
170cm・70kg ライトハンド
 
#27 DF小堀健祐
法学部1年 白樺学園高校出身
168cm・65kg ライトハンド

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み