準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大1回戦 「打の法政」が沈黙…。およそ1年ぶりの完封負けで早大に先勝を許す

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大1回戦
2016年9月17日(土)
大田スタジアム

 東大との開幕カードを制し、順調に勝ち点1を手にした法大の次なる相手は早大。
 リーグ戦4連覇を果たすためにも、このカードも2連勝でものにしたいところ。
 しかし、試合は激しい投手戦の末、惜敗。4安打に封じ込まれ、勝利への活路を見出せなかった。
 逆転での勝ち点奪取に向け、明日の第2戦に挑む。

DSC 4894 R
室木は8回1失点の好投実らず、敗戦投手となった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 5 2
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

(早大)○山口ー吉田龍
(法大)●室木(1勝1敗)、末次ー土倉

二塁打:小野(4回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 4 1 0 0 .462 
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 4 0 0 0 .000 
3 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 4 0 0 0 .286 
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 4 1 0 0 .143 
5 (3) 永田直(経4)  桐蔭学園 3 0 0 0 .273 
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 3 1 0 0 .500 
7 (2) 土倉徳(社1)  遊学館 3 0 0 0 .250 
8 (1) 室木大(経3)  星稜 2 0 0 0 .000 
  PH 内川慶一(経4) 佐賀北 1 0 0 0 .333 
  1 末次慶一郎(社4) 佐賀北 0 0 0 0 ―― 
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 3 1 0 0 .333 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
室木 8 4 4 3 1 1.93 
末次 1 1 1 1 1 9.00 

リーグ戦途中経過(9/17現在)

 慶大早大法大明大立大東大試合勝点勝率
――     ○○   3 3 0 0 1 1.000
  ――     ○○ 3 3 0 0 1 1.000
  ――     ○○ 3 2 1 0 1 .667
●●     ―― △●○○   6 2 3 1 1 .400
    △○●● ――   5 1 3 1 0 .250
  ●● ●●     ―― 4 0 4 0 0 .000

戦評

 法大の先発は室木大(経3)。立ち上がり相手を三者凡退に抑える上々の立ち上がり。4回までパーフェクトに抑える快投を見せる。室木を援護したい打線は3回2死から相手のエラーと1番萩原幹斗(社3)の安打で一、二塁と先制のチャンスを作る。しかし相手投手の前にここはあと1本が出ず、無得点に終わる。
 続く4回にも4番小野慶典(経4)の二塁打で1死二塁と相手を攻めるが後続が倒れ得点に結び付かず。先制点を取ることはできなかった。  

 順調だった先発室木は迎えた5回この試合初のヒットを許した後ペースを乱す。次の打者を三振に切って取ったものの、続く打者にヒットを許し、1死一、二塁と得点圏に走者を背負う。するとここでバッテリーに手痛いミスが生じ、1死二、三塁となる。ここで相手の講じた手は意表を突くスクイズ。先制を許してしまう。さらにここから二者連続の四球を与え、2死満塁のピンチとなるが、ここから粘りの投球を見せる。後続を打ち取り追加点を与えず、最小失点にとどめた。その後も踏ん張り、室木は8回1失点と好投した。  
DSC 4971 R
8回1失点の好投で味方の援護を待った(室木)

 5回以降、ヒット2本に抑えられた法大はチャンスらしいチャンスもなく、1点ビハインドのまま試合は9回に。ここで法大は末次慶一郎(社4)をマウンドに上げる。試合の流れを変えたいところだったが1死から四球を与えてしまう。するとここで相手が動く。走者はすかさず盗塁を仕掛け二塁へ進塁。2死二塁となり、続く打者に打球をライト前に運ばれてしまう。ここで二塁ランナーは三塁を回って一気にホームへ。際どいタイミングとなったが判定はセーフ。ダメ押しとも言える追加点を与えてしまった。
 2点ビハインドで迎えた9回裏、なんとか追い付きたい法大だったが、三者凡退に終わりゲームセット。完封負けを喫した。  

 投打が噛み合わなかった法大。勝ち点奪取へ、取りたい初戦であったが、相手の好投手を打ちあぐね、手痛い黒星スタートとなった。リーグ戦はまだ序盤。法大の戦いはまだまだ続く。六大学の頂へ、ここで立ち止まるわけにはいかない。(増田卓巳)

 

監督・選手コメント

本間隆洋 監督

ー今日の試合を振り返って
こういうゲームも今後増えていくのかなという厳しいゲームでしたね。今日は特に大きいミスが出たわけではないのですが、僅差の試合になるとうちは弱いので、なんとか戦力差で圧倒したかったですね。  

ー理想は序盤からリードを奪って引き離していく展開ですよね
常に先手先手を取って、徐々にリードをつけていくというのがうちの勝ち方ですので、そういう展開にならないと逆に辛い展開になるということは選手も分かっていると思います。  

ー今日は相手の山口投手を打ち崩せませんでした
やはり良いピッチャーですよね。明日うちが勝てれば、おそらく3戦目にまた投げてくると思います。それなりに選手たちはこの1試合を通じて何かをつかんで頭の中で刷り込みをしていると思うので、次は必ず攻略できると思います。  

ー今季初黒星となりましたが
勝ち点を落としたわけではないので。逆に言えば、リーグ戦序盤で、うちが懸念していた展開通りの試合になりましたので、次に生かすという意味では良かったと捉えたいですね。  

ーこの秋季リーグは末次選手、室木選手に続く投手を探すリーグ戦にもなりそうですね
そこが一番の課題ですよね。その発掘育成と勝利を両立していかないとダメですよね。チームとしてはこれからという選手も、他のチームと比べたら言い訳も効かないくらいの戦力差がありますので、勝ちも必要ですね。  

ー明日の第2戦に向けての意気込みはいかがですか
法政大学らしく打線爆発して、勝ち点につながるような良いゲームにしたいと思います。

 

末次慶一郎(最終回にリリーフとして登板するも失点を喫する)

ー今日の登板は以前から予定されていましたか
いや、特には。1点差で僕が投げて、抑えて流れを変えるというつもりでした。秋のリーグ戦は途中からいつでも行けるように準備しています。今日も1点取られた後からはいつでも行けるように準備していました。  

ー今日は投手戦でしたね
そうですね。室木を勝たせてあげようとみんな必死にやっていたんですけど、勝たせてあげられなくて申し訳ないです。勝たせてあげたかったですね。  

ー失点はありましたが状態は良さそうに見えました 
そうですね。調子もありますけど、大分良い感覚で投げられています。結果抜きにすれば収穫はありましたね。  

ー明日に向けて 
また明日も投げるチャンスがくると思うので明日は無失点に抑えたいです。

 

甲本裕次郎(好守備で投手を援護)

ー今日の試合を振り返って
室木が頑張っていたんですけど、勝てなくて申し訳ないです。  

ー早大の山口投手の印象は
個人的には狙い球も絞れてましたし、今日は割と(タイミングが)合っていたと思うんですけど、他の特に右バッターが外の変化球で交わされたりしていたなという印象ですね。  

ー今日は三塁すら踏めず、本塁が遠かったですね
競ってくると盗塁もしにくいというか、そういう競った場面で思い切って盗塁とかができたらいいなと思うんですけど、今日は思い切っていけなかったですね。  

ー9回の守備ではファインプレーもありました
無理だと思ったんですけど飛んだら入ってました。全日本でエラーして、あれから守備の意識も練習から変えてきているつもりですし、それが出たのかなと思います。  

ー今日を通しての課題は
自分たちが打てないときにどれだけ守備で守れるか、例えばスクイズでやられた1点目もパスボールで進めたランナーを返してしまったので、そういったミスを無くしていかないといけないですし、逆に相手がエラーしているのに点が取れないというのは決定力不足だと思うので、明日は打って勝ちたいと思います。  

ーこれで先勝されて王手かけられましたが、明日以降どう戦っていきたいですか
今日負けたのは切り替えて明日から2連勝します。  

ー明日の試合に向けて意気込みをお願いします
頑張ります。

 

室木大(好投を続け、味方の援護を待つも敗戦投手に)

ー今日の投球を振り返って
防げた一点を防げなかったので、自分の負けかなと思います。  

ー調子としてはいかがでしたか
調子はそこまで良くもなく、悪くもなく、普通といった感じです。序盤は真っ直ぐで押していったんですけど、途中から変化球を交えて、スタミナ的にもまだいけるかなという感じではありました。  

ー立ち上がり意識したことは
今日の審判が外が広かったので、外を主体にどんどん真っ直ぐでカウントを取って、そこから変化球を見せたり、内角を見せたりしていました。

ー相手(早大)の打者の印象としては
そこまで怖い打者はいないんですけど、手堅い野球をしてくるというか、しっかり送るところは送ったり、走れるところは走ったり、スクイズで一点取るところは取ったりというような感じです。  

ー全体としては素晴らしい投球でしたが、一失点してしまった要因は
4回まで完全だったのに、5回の4番から始まる回で気を付けないとと思っていた中で、簡単に2ストライクを取って追い込んで、三振を取りにいったフォークが甘く入って中前打を打たれました。バッテリーミスもあって、流れを見極めることが出来ませんでした。  

ー明日からの試合に向けて最後に一言
明日、野手陣も今日以上に打って月曜日にしっかりと繋げてくれると思うので、しっかり応援して僕は月曜日に備えたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • DSC 4894 R室木は8回1失点の好投実らず、敗戦投手となった
  • DSC 4910 Rチーム唯一の長打を放った小野
  • DSC 5058 R萩原は着実に安打数を積み上げている
  • DSC 5150 R攻守でチームに貢献した甲本
  • DSC 5220 R最終回に登板するも、痛い2点目を奪われてしまった(末次)
  • DSC 4928 Rここまで打撃好調の三品は打率5割を記録している
  • DSC 4902 R安定した守備で試合をロースコアに持ち込んだ
  • DSC 5080 R2度の盗塁死でチャンスを作り出せなかった
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み