準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大1回戦 息もつかせぬ投手戦は劇的な幕切れ!甲本のタイムリーでサヨナラ勝利!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大1回戦
2016年9月24日(土)
府中市民球場

 前週の早大とのカードで実に18カードぶりに勝ち点を落とした法大。4季連続のリーグ優勝を果たすためには負けられない戦いが続くことになる。
 切り替えの一戦となったこの試合、明大投手篠原の前に打線が沈黙し相手にリードを許したまま試合の終盤となったが、8回に同点に追いつくと9回には甲本裕次郎(社3)の左前適時打を放ちサヨナラ勝ち。熱戦の末、先勝を奪って第2戦に挑む。

DSC 2223 R
相手捕手のタッチをかわしてホームインする三品

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 9 2
法 大 0 0 0 0 0 0 0 1 2 8 1

(明大)篠原、●中里ー中村亮
(法大)室木、○末次(1勝)ー土倉

二塁打:萩原(6回)
盗塁:萩原(8回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 3 2 0 1 .421
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 3 2 0 0 .250
3 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 3 0 1 0 .154
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 3 0 0 1 .214
5 (2) 土倉徳(社1)  遊学館 2 0 0 0 .176
  PH 栗田和憲(社3)  掛川西 1 0 0 0 .000
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 4 2 0 0 .357
7 (3) 宮原賢悟(スポ3)  川和 3 0 0 0 .000
  PH 石橋優一郎(法2)  徳島北 1 0 0 0 .000
8 (1) 室木大(経3)  星稜 2 0 0 0 .000
  PH 福井寛(社4)  富山第一 1 0 0 0 .125
  1 末次慶一郎(社4)  佐賀北 1 1 0 0 1.000
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 4 1 1 0 .333

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
室木 7 8 2 2 0 1.29
末次 2 1 3 0 0 3.00

リーグ戦途中経過(9/24現在)

 早大慶大法大明大立大東大試合勝点勝率
――   ○○     ○○ 4 4 0 0 2 1.000
  ――   ○○ ○●   4 3 1 0 1 .750
●●   ――   ○○ 5 3 2 0 1 .600
  ●● ―― △●○○   7 2 4 1 1 .333
  ●○   △○●● ――   6 2 3 1 0 .400
  ●● ●●     ―― 4 0 4 0 0 .000

戦評

 早大戦はまさかの2連敗に終わった法大。法大は今カード、ライバルの明大と雌雄を決する。先発を任されたのは前回と同じく室木大(経3)。優勝へ向けて負けられない、重要な一戦目となった。  

 試合は投手戦の様相を呈した。初回から室木が粘りの投球を見せる。被安打を許し、得点圏に走者を進めながらも、要所要所を気迫で抑えた。開幕戦から調子の良い直球やスライダーを巧みに用いて、明大打線を封殺。味方の援護を待った。しかし、打線は明大先発・篠原を捉えられない。自慢の打線は3回まで無安打に倒れた。  
 試合が動いたのは5回だった。1死から室木が明大1番竹村に二塁打を浴びると、三盗の際に相方の土倉徳(社1)が痛恨の送球エラー。そのまま帰塁も許し、先制点を奪われた。嫌なムードが漂う中、迎えた8回。ここまで散発散安打に抑えられてきた打線がついに動き出す。1死から1番萩原幹斗(社3)が中前安打で出塁を果たす。続く2番藤口帝(社3)も右前安打で一、三塁のチャンスを作ると、3番中村聖弥(経4)の内野ゴロの間に三塁走者の萩原が生還。ついに同点に追いついた。そして、法大の流れはまだ止まらない。9回、1死から6番三品勇人(社2)がしぶとく中前に運んだ。続く代打石橋優一郎(法2)は左飛に倒れるも、途中出場の末次慶一郎(社4)も右前安打で繋ぎ、一打逆転のチャンスを演出。ここで打席には9番甲本裕次郎(社3)を迎えた。2ストライクからの3球目。意地を見せた打球は左前安打に。すかさず二塁走者の三品が本塁を狙った。際どいタイミングとなったが結果はセーフ。サヨナラ勝ちという形で第一戦をものにした。
DSC 2255 R
投打のヒーロー。サヨナラ打を放った甲本(写真左)と7回自責点0の投球で試合を作った室木

 第一戦は逆転サヨナラ勝ちという形で締めくくった。この勝利は結果以上に大きなものとなったはずだ。優勝戦線を勝ち抜くためには今後も厳しい戦いが強いられるが、この試合を起点に逆転優勝を果たしてほしい。(原口大輝)

 

選手コメント

甲本裕次郎(サヨナラの左前適時打で試合を決める)

ー見事なサヨナラ打となりましたね
外野の正面ではランナーが帰ってこれないし、でもセカンド、ショートの頭の上は厳しいと思ったのであそこに打つことを狙っていました。今日は外のコースばかりだったので、詰まってもレフト方向にという意識だったので、イメージ通りです。詰まったのでランナーが帰ってこれるか不安だったのですが、三品が良く走ってくれました。  

ー今日の試合を振り返って
前回の早大戦でチームとして打てなくてピッチャーに申し訳ないと気持ちがあったので今日は打ってやろうと思ってました。でも相手ピッチャーも良くて、なかなか打てなくて申し訳なかったのですが、最後は勝てたので良かったです。  

ー今日は3年生の活躍が光ってましたね
もう秋なので次の代も意識していますし、3年生が引っ張っていこうと思っています。  

ー相手の明大も3年生チームとして移行しており、来年も戦っていくことになりそうですが
多々野選手など良いバッターがいて、機動力もあり、ピッチャーも枚数が揃っているので良いチームですね。負けないように頑張りたいです。  

ー先週は18カードぶりに勝ち点を落とすこととなりましたが、それを経て今のチームの雰囲気は
この前の試合は仕方ないくらいの気持ちなので、そこまでショックを引きずっていないと思います。切り替えて今日に臨めたかなと思います。  

ー明日の第2戦に向けて意気込みを
2戦で終わらせられるように頑張ります。

 

藤口帝(マルチ安打や犠打でチームにチャンスをもたらす)

ー今日の試合を振り返って
しんどい試合だったんですけど、ものにできたというのは明日につながりますし、先週負けていたのでいい流れになればいいなと思いました。  

ー先週は連敗で悪い流れだったと思いますが、今日の試合ではどうでしたか
まだちぐはぐな攻撃があるんですけど、徐々にみんなの調子が上がってきて、リーグ戦後半につながってきていると思います。  

ー2度のチャンスメイクなどバッティングが好調ですね
試合に出させてもらったらヒットが出るかなとは思っているんですけど、チャンスを作るであったりチャンスでの1本だったりそういうところを追求していきたいと思います。  

ー今日の試合では惜しくも本塁でアウトになってしまった場面がありましたが、あの判断はご自身でされましたか
サードコーチャーに任したんですけど、そこは自分でも判断しないといけないところですし、僕のせいでもありますね。  

ー今日の勝利でチーム全体は上向いてきたと思いますが
そうですね。今日サヨナラで勝ったということはチーム全体が勢いづくと思うので、明日しっかり勝って、まだ優勝の望みがあると思うので、頑張って優勝したいと思います。  

ーこれから1試合も落とせないと思いますが、心がけていきたいことは
最後は気持ちになってくると思うので、しっかり気持ちを前面に出して頑張っていきたいと思います。  

ー明日の試合に向けて意気込みを
勝ちます!

 

室木大(度重なるピンチをしのぎ、7回1失点の好投)

ー今日の試合を振り返って
ヒットをたくさん打たれて、テンポの悪い投球になってしまったんですけど、自責点ゼロで終われて良かったのかなと思います。  

ーこの試合は走者を背負う場面が多かったですが
今日は落ち着きがあったというか、ランナーが溜まってもそんなに打たれないなという気持ちがあったので、強気にインコース真っ直ぐを投げて打ち取れたので良かったです。  

ー7回に1死満塁のピンチを凌いだ時、雄叫びをあげてらっしゃいましたね
ここで点を取られたら試合も終わってしまうと思っていました。本当にこの試合のターニングポイントでもありましたし、リーグ全体でのターニングポイントでもあったと思うので、気持ちを出して投げました。  

ーバッテリーを組む土倉選手がファウルフライを落球する場面もありました。その時に土倉選手に「俺に任せろ」と言って励ましていましたね
捕ってくれるのが一番良いんですけどね(笑)。そこで落ち込んで後のプレーに影響したらチームに迷惑をかけてしまうので、切り替えて頑張るように「俺に任せとけ」と言いましたね。  

ー土倉選手は小中学校時代もチームの後輩でバッテリーを組んでいた経験もありますが、土倉選手とのバッテリーはいかがですか
まだまだという点もありますが、ここから4年間キャッチャーとしてやっていくと思うので、共に成長していかないといけないなと思っています。  

ー相手の明大はすでに3年生チームに移行しており、来年も戦っていくことになりますが、今日の試合で感じたことは
明治大学の3年生は良い選手が揃っていると思うので、勝手にライバル意識していますし、絶対に負けない気持ちで頑張っています。  

ーこれまでは第2戦の先発を務めていましたが、今季から第1戦の先発を任されています。何か違いはありますか
2戦目に投げるピッチャーはまだ経験的にも不安な部分はあるので、絶対に1戦目で勝たないとなというプレッシャーはありますね。今までだったら1戦目で末次さんが絶対に勝って、心理的に楽な状態で回ってきていたので、今季は精神面での難しさがあります。  

ー最後に次の登板に向けての意気込みをお願いします
今日みたいなピッチングでゼロに抑えていきたいです。味方がミスしても自分がカバーするくらいのピッチングをしたいです。

 

三品勇人(最終回、安打でチャンスを演出しサヨナラのホームを踏む)

ー逆転勝利の感想は
こういう展開は今まで経験したことなかったので、うれしかったです。  

ー終盤までは勝ち越しを許していました
最近チームとしても打てていなくて、正直守っている時もランナーいる展開が多かったので、押されているなと思っていました。  

ー打撃ではチャンスメイクとなる2安打を放ちました
調子は悪くないと思います。  

ーサヨナラのホームを踏んだのは三品選手でした
打った瞬間走ろうと思って、いい感じに滑り込めたので良かったです。  

ーこの1勝は大きいですね
そうですね。今日勝てたので、明日もいい勝ち方ができればと思います。  

ー最後に意気込みをお願いします
春はベストナインを取れなかったので、秋は頑張って狙います。

 

フォトギャラリー

  • DSC 2223 R相手捕手のタッチをかわしてホームインする三品
  • DSC 2212 R甲本の左前適時打が試合を決めた
  • DSC 1956 R室木は毎回のように走者を背負うも粘りの投球で7回1失点の好投
  • DSC 2026 Rチャンスメーカーとしての役割を果たした三品
  • DSC 1700 R藤口はマルチ安打を放つなど打撃の調子を上げてきた
  • DSC 2080 R末次は8回からの登板となったが安定の投球で勝利投手となった
  • DSC 1855 R今季初出場初スタメンを果たした宮原
  • DSC 2250 Rサヨナラ打を放った甲本(写真左)とそれに駆け寄る法大ナイン
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み