準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大1回戦 完封リレーで快勝! 明日も連勝なるか⁉

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大1回戦
2017年4月22日(土)
府中市民球場

完封で今季5勝目を飾った。3回、藤口帝(社4)の三塁強襲の内野安打と鳴川宗志(社3)の犠飛で2点を先取すると、8回にも佐々木勇哉(社2)の犠飛、藤江廣祐(社3)の適時打で加点した。投手陣は、先発・室木大(経4)から水谷憲正(経1)、秋山駿介(経4)と無失点でつないだ。第2戦は、明日法大多摩グラウンドで行われる。

DSC 5938 R
萩原は大台の100安打まであと1と迫った

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
法 大 0 0 2 0 0 0 0 3 × 5 7 0

(東大)●近藤―左鳥
(法大)〇室木、水谷、秋山―藤江

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社4) 報徳学園 4 2 0 0 .313
2 (8) 甲本裕次郎(社4) 鳴門 3 1 0 0 .083
3 (4) 藤口帝(社4) 遊学館 3 1 1 1 .091
4 (7) 鳴川宗志(社3) 鳴門 1 0 1 2 .167
  R7 窪田剛士(経4) 桐蔭学園 0 0 0 0 .000
5 (9) 石橋優一郎(法3) 徳島北 3 0 0 1 .188
  9 中川大輔(社1) 日大三 0 0 0 0 .000
6 (3) 佐々木勇哉(社2) 花巻東 3 0 1 0 .300
7 (6) 大石智貴(社2) 静岡 3 1 0 1 .400
8 (2) 藤江廣祐(社3) 法政 4 1 2 0 .167
9 (1) 室木大(経4) 星稜 4 1 0 0 .455
  PH 堀皓貴(社2) 鳴門 1 0 0 0 .000
  1 水谷憲正(経1) 聖望学園 0 0 0 0 .000
  PH 海津裕太(経2) 日本文理 1 0 0 0 .000
  1 秋山駿介(経4) 藤代 0 0 0 0 .000

三塁打:大石(4回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
室木 7 2 3 3 0 3.18
水谷 1 0 2 0 0 0.00
秋山 1 1 1 1 0 0.00
 

戦評

 慶大から貴重な勝ち星を得た法大。東大戦も勝って優勝に一歩でも近づきたいところだ。

 初回、室木はいきなり先頭打者に安打を許す展開となるも、落ち着いた投球で後続をおさえる。その裏、法大は2死一、二塁のチャンスをつくるも、石橋が三ゴロに倒れ、得点はならず。

 試合が動いたのは3回裏。室木、萩原が2者連続でセンター返しの安打を放ち、続く本が犠打を成功させ1死二、三塁の好機を演出する。この絶好の場面で藤口が三塁強襲の内野安打。室木が生還し、先制点を奪う。続く鳴川の犠飛でさらに一点を追加し、2点リードで3回を終える。

 その後試合はゼロ行進が続く。先発室木は7回1安打無失点の安定したピッチングで、8回のマウンドをルーキーの水谷に託す。水谷は力のある速球を生かしたパワーピッチングで2者連続三振を記録。その好投に応えるかのように、打線も奮起。四球絡みで溜まった走者を藤江が一掃。この回一挙3点を奪い、試合は最終回へ。

 9回のマウンドに立つのは秋山。安打と死球で得点圏に走者を背負うも、ラストバッターを空振り三振に抑え、ゲームセット。投手3人の継投で完封勝利を収めた。

 打線も試合中盤に沈黙する場面が見られたものの、最終的には5得点。投手陣も完封リレーと、上々の仕上がりだ。リーグ戦制覇の為にも、次戦を落とすことはできない。(戎井健一郎)

選手コメント

萩原幹斗(大台の100安打が目前に迫る)

―今日の試合を振り返って
まだ打線がいま一つだなと感じますね。

―萩原選手は2安打と調子が上がっていますね
ここで一回調子を見直してって感じなので、稼ぎ時ですね。

―六大学通算100安打まであと1ですね
大記録なので明日で決めます。

―守備でも軽快なプレーを見せていました
身体が動けていたので、これからもしっかりとやっていきたいです。

―攻守で課題は
チャンスで1本(が出ない)ですね。慶応戦でも(1本が)出なかったことがありましたし、春は勝ちが全てなので春はチャンスで1本が大事だと思います。

―明日に向けて一言
(100安打達成)決めます!

大石智貴(攻守にわたって存在感を示す)

ー今日の試合を振り返って
苦しい展開だったんですけど、勝てて良かったです。

ー相手投手をなかなか打ち崩せない時間帯がありました。
1打席目で悪いイメージが残ったんですけど、イメージを修正して2打席目で打てたので良かったです。

ー長打を打てる選手が少なくなった今季、大石選手の打棒には期待が集まっているかと思います
そうですかね(笑)。バッティングに関しては調子がいいだけという感じで、どちらかというと守備が安定してて使ってもらってる感じなので、(打撃は)欲張ってないことが結果につながってるのかなと。

ー明日の試合に向けて
明日も打ち勝てればいいなと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 5938 R萩原をはじめ、チームの状態は上がっている
  • DSC 5958 R藤口は先制の安打を放った
  • DSC 6002 R大石は攻守でアピールを続けている
  • DSC 6193 Rダメ押しの犠飛を放つ佐々木
  • DSC 5968 R2点目となる犠飛を放った鳴川
  • DSC 6028 R今季2勝目を挙げた室木
  • DSC 6125 R水谷は初登板ながら2奪三振を奪った
  • DSC 6204 R9回に登板し無失点の秋山

体育各部一覧ページへ