準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大2回戦 4試合ぶりの勝利で全日本出場への希望の光が再び灯る!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大2回戦
2017年5月15日(月)
早大東伏見グラウンド

立大戦を2連敗で落とし、昨日の早大1回戦でも僅差で敗れ、窮地に陥っていた法大。しかし、今試合では初回から効率的に得点を奪い、終わってみれば快勝。優勝、そして全日本出場の可能性はまだ残されており、早大3回戦がカギとなる。

DSC 1596 R
ホームインした藤口は、ベンチに戻る際にカメラに向かってガッツポーズ

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 0 0 1 0 3 0 0 0 5 13 0
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0

(法大)〇尾崎、竹内、秋山―栗田
(早大)●山口、久郷、杉山―吉田龍

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 萩原幹斗(社4) 報徳学園 5 3 2 0
2 (8) 甲本裕次郎(社4) 鳴門 4 1 0 1
3 (7) 鳴川宗志(社3) 鳴門 4 0 0 1
  7 窪田剛士(経4) 桐蔭学園 0 0 0 0
4 (2) 栗田和憲(社4) 掛川西 4 1 0 1
5 (9) 石橋優一郎(法3) 徳島北 5 2 1 0
  9 中川大輔(社1) 日大三 0 0 0 0
6 (4) 藤口帝(社4) 遊学館 3 1 0 0
  4 三品勇人(社3) 報徳学園 1 1 0 0
7 (3) 佐々木勇哉(社2) 花巻東 4 1 0 1
8 (6) 大石智貴(社2) 静岡 3 0 0 1
9 (1) 尾崎海晴(社1) 鳴門 3 3 1 0
  PH 大石悠月(経1) 静岡 1 0 0 0
  1 竹内悠(社3) 藤代 0 0 0 0
  1 秋山駿介(経4) 藤代 0 0 0 0

二塁打:萩原(1,6回)藤口(6回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
尾崎 7 3 5 5 0
竹内 1 1 0 2 1
秋山 1 1 0 0 0

併殺:萩原―藤口―佐々木(6,7回)

戦評

 強い法大が戻ってきた。昨日の試合までで泥沼の3連敗。今日の試合に敗れれば、優勝はおろか全日本の出場も絶望的になるという状況だった。そんな中、チームを救ったのは新しい力とチームを支える主将の一打だった。

 初回、2死走者なしから四球と安打で1,3塁とし5番・石橋が遊撃への内野安打で幸先よく1点を先制する。その裏、大事な試合のマウンドに上がったのは、1年生の尾崎。前回登板の東大戦で好投しているとはいえ、大抜擢となった形だ。その期待に尾崎は応えていく。「プレッシャーはなかった」と先頭から2人を連続三振で仕留め、最高の立ち上がりを見せると、序盤は直球を主体に打者を力でねじ伏せる投球を展開した。
 尾崎はバットでも存在感を見せる。4回、得点圏に走者を置いて右前の適時打で自らを援護する貴重な2点目を加えた。新入りの活躍は、チームに良い影響をもたらしていく。6回表。1死から、昨日まで打率1割台と不調に苦しむ主将藤口が右中間を抜ける二塁打を放つ。主将の11打席ぶりの安打にベンチが一気に沸いた。その後、暴投と萩原の適時二塁打などで3点を追加し、試合を決めにかかった。
 
 ところが6回裏。ここまで早大打線をほぼ完璧に抑えていた尾崎に疲れが見え始める。ストライクが入らず、先頭を簡単に歩かせると、次打者には三塁線にセーフティーバントを決められてしまう。ここで内野手がマウンドへ。ここまでの連敗を考えると不安な場面のはずだ。しかし、それにも関わらず野手全員が尾崎に笑顔で声を掛け合う。ここから尾崎は気持ちを切り替えた。次打者を右飛。その次の打者は打たせて、併殺に切ってのけた。尾崎は後半からは変化球中心の投球の組み立てを行い7回を無失点。それ以降の救援陣も何とか1失点でまとめて、4試合振りの勝利を手にした。

 今日のヒーローは、間違いなく尾崎だ。新しい力がチームに勢いをもたらした。さらに、その裏で何度もマウンドまで声を掛けにいった藤口の存在を忘れてはいけない。「今年は戦力が落ちる分、チームワークが大事」と語る藤口。打撃が不調の中でも主将として、プレー以外でチームに貢献している。それだけに今日の一打はチーム全員が喜んだ。そしてチームに一体感を生み出した。全日本出場へ明日以降も大事な試合は続く。だが、今日の野球ができれば法大に期待していいことは間違いないだろう。(具志保志人)

選手コメント

藤口帝(久々の安打でチームを勢いづけた)

ー今日の試合を振り返って
あとがない状況の中で、自分自身主将として開き直って、いつも通りの力を出していければ勝てると思うから、いつも通りの力を出していけるように頑張ろうというのは心がけて頑張りましたね。

ー藤口選手自身も安打が出ましたが
自分自身、結果が出てなくて本当にチームに申し訳ないという気持ちがあったんですけど、バッティングだけじゃなくて違うところでチームに貢献しようと思ったので、結果的に安打が1本出て良かったと思います。

ー今季の不調の原因は
身体が開いてるというのが一番深刻な問題だと思うので、それをどうにか改善しようと思ってるんですけど、なかなか身体が思ったように動いてくれないっていう感じですね。

ー今日の試合は、非常にベンチからの声や投手の尾崎選手に積極的に声を掛けていてチームに一体感がありましたが、主将として心がけていることは
去年のチームよりは戦力的には落ちると思うので、そういった意味ではチームワークというのが大事だと思っているので、下級生も上級生も関係なく声出していこうというのは心がけています。

ー最後、明日に向けてミーティングで話していたことは
あとがない状況なので全員で勝ちきれるように一丸なって頑張ろうというのは言いましたね。

ー明日に向けて
しっかり勝ち点取れるように頑張りたいと思います。

萩原幹斗(闘志あふれるプレーでチームを盛り上げた) 

ー今日の試合を振り返って
負けたら終わりという切羽詰まった試合だったのでみんな気合いが入っていましたし、気持ちが乗り移ったいい試合だったと思います。
 
ーベンチでも活気ある声が出ていました
ひとつでも落としたら負けというくらいの気持ちでやっているので、明日もありますけど負けられないので、気持ちを入れて4年生を引っ張りつつ2,3年生の力も借りて、チーム一丸となって勝っていきたいと思います。
 
ー4試合ぶりの勝利でしたが
昨日はいい試合だったんですが、最近は負け慣れというか勝つイメージが湧かなかったんですけど、今日は完璧な試合運びができて、ここから乗っていきたいと思います。
 
ー今日は併殺を2個取るなど守備で素晴らしいプレーを披露していました
守備でも攻撃でも攻める気持ちは大切にしている部分なので、これで驕らずに任された役割をしっかり果たそうと思います。
 
ー打撃でも3安打と結果を残しました
僕はチームの起爆剤でチームのムードメーカーだと自覚しているので、自分が打ったらチームが盛り上がりますし、打たなかったらチームに影響するくらいの自覚を持ってやっているので、その気持ちを大切にして1試合を大切にやっていきたいと思います。
 
ー最後に明日の試合への意気込みを
絶対勝って全日本に繋げたいと思います。

尾崎海晴(1年生ながらチームを勇気づける投球)

ー今日の投球を振り返って
序盤飛ばしすぎて最後が少し疲れたんですけど、ツーシームで相手の絞り球を外せたので良かったです。

ーツーシームというのは、少し球を意図的に動かしているということですか
はい。序盤は押していけて、途中から変化球主体の投球に切り替えられたので良かったです。

ーチームが連敗しているなかでの登板で、心がけたことは
今日負けていたら全日本に行けなかったと思うので、とりあえず今日勝って明日に繋いでいきたかったので、とにかく行きたいと思って投げました。

ー1年生ですけど、先発としてプレッシャーはなかったんですか
あまりなかったですね。

ー後半が疲れたというお話しでしたがスタミナが課題になりますか
そうですね。9回を投げきれる体力をつけていきたいです。

ー準硬の道に進んだ理由は
高校時代(鳴門高校)の監督に勧められて来ました。

ーお世話になっている先輩は
室木さんとか秋山さんとか先輩全員ですね。

ー次に向けて
明日と来週の明治戦があるんですけど自分が投げるときは点を取られないように粘って投げていきたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 1596 R久しぶりの勝利に笑顔もはじけた
  • DSC 1422 R7回無失点の好投で試合を作った尾崎
  • DSC 1495 R尾崎はチームの大黒柱になれる存在だ
  • DSC 1538 R藤口の長打が得点につながった
  • DSC 1721 R萩原は足を使った攻撃で安打を積み重ねた
  • DSC 1511 R複数安打を記録した石橋
  • DSC 1729 R昨日から好調を維持している甲本
  • DSC 1754 R竹内は1失点を喫し、悔しい登板となった
 

 

体育各部一覧ページへ