準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦 投打がかみ合い開幕5連勝!優勝へ向け大きく前進!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦
2017年9月30日(土)
府中市民球場

開幕ダッシュに成功した法大は、今日も打線が爆発。14安打の猛攻で慶大に力の差を見せつけた。投げては竹内が自己最長となる8回無失点の好投で勝利を手繰り寄せた。慶大戦も連勝で勝ち点を3に積み上げたい。

0X0A8185 R
竹内の好投が勝利に導いた

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 1
法 大 0 0 0 2 0 0 4 0 × 6 14 2

(慶大)●竹原、神田、長沢-有賀
(法大)○竹内(3勝)、室木-藤江

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社4) 報徳学園 5 0 0 0 .261
2 (8) 甲本裕次郎(社4)  鳴門  5 3 0 0 .526
3 (4) 藤口帝(社4)  遊学館  4 0 0 1 .333
4 (3) 佐々木勇哉(社2)  花巻東  4 2 2 0 .450
5 (9) 石橋優一郎(法3)  徳島北  4 2 0 0 .500
6 (6) 三品勇人(社3)  報徳学園  3 2 1 0 .294
7 (2) 藤江廣祐(社3)  法政  4 2 2 0 .318
8 (7) 窪田剛士(経4)  桐蔭学園  4 2 1 0 .529
9 (1) 竹内悠(社3)  藤代  1 0 0 0 .000
  PH 鳴川宗志(社3)  鳴門  1 1 0 0 .000
  PR 鎌田航平(社1) 鳴門 0 0 0 0 .000
  1 室木大(経4) 星稜  0 0 0 0 .000

二塁打:甲本(1回)、佐々木(7回)、三品(7回)
盗塁:萩原(8回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
竹内 8 3 2 1 0 1.23
室木 1 1 0 0 0 1.80

 

リーグ戦途中経過(9/30現在)

 法大早大慶大明大立大東大試合勝点勝率
法大 ―― 7,8 14,15 ○○ ○○ 5 5 0 0 2 1.000
早大 7,8 ―― ○○ ●● 21,22 ○○ 6 4 2 0 2 .667
慶大  ● ●● ―― ○●○ ○●○ 14,15 9 4 5 0 2 .444
明大 14,15  ○○ ●○● ―― 7,8 6 4 2 0 1 .667
立大 ●● 21,22 ●○● 7,8 ―― ○○ 7 3 4 0 1 .429
東大 ●● ●● 14,15 ●● ―― 7 0 7 0 0 .000

【注】洋数字は対戦日

戦評

 前節の試合では、春季リーグ王者の立大を圧倒し、勝ち点奪取で開幕4連勝を飾った法大。3季ぶりの優勝に向け、今日から勝ち点2で並ぶ慶大との対戦だ。今日は、法大の新たなエース誕生を予感させる試合となった。

 法大の先発は、竹内。3試合連続で第1戦の先発を任された左腕は、いきなりピンチを迎える。初回、先頭打者が投手前へのセーフティーバントを試みると、これが竹内の一塁への悪送球を誘う。打者走者は、一気に三塁へ。無死三塁。立ち上がりから慶大打線が竹内の前に襲いかかってくる。それでも竹内は、落ち着いていた。その後の打者3人を難なく抑え、この回を無失点で切り抜けた。2回からは「ストライクを先行して打たせて取るような配球をしていこうとやっていました」と本人が話すように、内と外を投げ分けながら打たせて取る投球術で2回以降、5回まで無安打と慶大打線を完全に手玉に取った。

 好投を続ける竹内を援護したい打線は、4回。この回先頭の佐々木が中前安打で出塁すると、続く石橋の場面でベンチが動く。セオリー通りなら犠打の場面となる2球目。佐々木がスタートしエンドランを試みる。石橋の打った当たりは、盗塁のために二塁ベースカバーに入った遊撃の横を抜ける安打で見事にエンドランが決まった。犠打で一死二、三塁となって打席には7番の藤江。得点圏の場面だが相手投手にタイミングが合わず、2球で簡単に2ストライクと追い込まれてしまう。しかし、ここから藤江が必死に粘る。制球力のある相手投手の球を冷静に見極めて、3ボール2ストライクとした7球目。引きつけて打った鋭い当たりは相手投手の足に当たり投手強襲の内野安打となって、法大が1点を先制した。続く窪田にも適時打が飛び出し、法大は前半を2点リードで折り返す。

0X0A8268 R
先制のホームを踏んだ佐々木を迎い入れる法大ベンチ

    打線の援護をもらった竹内は後半に入ってからも巧みな投球を見せる。6回、連打を許し一死一、二塁の場面。ここで上位打線を相手にするも内角を突く強気の投球を展開。気迫で押し切り0で抑える。7回の走者を四球で出した場面では、牽制で走者をアウトにし、慶大に反撃を与える隙を見せない。結局、竹内は8回無失点の快投。打線も7回に一挙4点を奪い勝利を決定づけた。

    この試合は、竹内の好投が勝敗を大きく左右した。昨季のリーグ戦は防御率6.43と悔しいシーズンだった竹内。一方、今季リーグ戦はここまで3試合に登板し3勝で自責点3と抜群の安定感を誇っている。昨季のリーグ戦と大きく変わったのは、制球力。夏場に走り込みを行い、下半身の強化を図ったことで制球力に磨きがかかった。これまで現エースの室木頼みで先発投手の後継者不足と囁かれていた投手陣だったが、ここにきて竹内が次期エース候補として台頭。残りの試合、竹内が同じような投球ができれば法大3季ぶりの優勝も近づいてくるはずだ。「法大のエースは竹内」。夏場の走り込みで生まれ変わった左腕が、そう呼ばれる日も遠い話ではないのかもしれない。(具志保志人)

 

選手コメント

窪田剛士(マルチ安打でチームに貢献)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝ててよかったです。

―これで開幕5連勝です
チームの状態がいいですし、4年生が活躍していい状態ですね。

―試合に出てチームの状態はどう感じていますか
負けていても勝てるんじゃないかという雰囲気がありますし、結構リードしている試合が多いんですけど負けていても勝てるんじゃないかなとは思います。

―今年は全日本に出れませんでしたが、その中で昨季から変わったことは
全日本に出れなかった分秋で優勝しよう、関東王座も優勝しようという気持ちになっていると思います。

―4回に適時打を放ちましたが
ラッキーでしたね。打ててよかったです。

―打率は5割超を維持していますが、調子はいいですか
調子はいいんじゃないんですかね。

―打撃で練習してきたことやつかんだものはありますか
バントを多くやろうかなと思って。バントをすることで目付けができるので、それで引き付けて打てるようになったというのは大きいですね。

―最後に明日の試合に向けて一言
絶対勝って関東王座に行きたいと思います。

 

竹内悠(8回無失点で今季3勝目をあげる)

ー今日の投球を振り返って
自分のペースを守りながらストライク先行で上手く投げらたので良かったと思います。

ー慶大打線について
バントとか走塁でかき回されなければ、そんなに大量失点はないと思っていたので焦らず冷静に自分の投球をすることができました。

ー試合前に藤江選手と話し合ったりとかは
ストライク先行して打たせて取るような配球をしていこうということでやってました。

ー好調の要因は
春終わってから、しっかり投げ込んだり走り込んだりして、その成果がしっかり出ているのかなと思います。

ー走り込んだのは監督から何かアドバイスがあったんでしょうか
一応、そうですね(笑)。監督から走れと言われたので走ってました。

ー具体的にどれくらい走り込みましたか
長いときは10㎞走だったりとか練習後に一人で頑張っていました。

ー右打者への内角の直球が決まっていましたが
外角を結構、意識させることができたので内角を上手く使えることができたのかなと思います。

ー内角は意識して投げていたという感じですか
そうですね、慶大が外を意識している感じだったので逆を突いて投げてました。

ー次に向けて
次も今日のような投球ができるように頑張ります。

 

三品勇人(勝負強い打撃でチームに勢いをもたらす)

ー今日を振り返って
ピッチャーがいいテンポで投げられて、さらに打線もヒットをたくさん出すことができて全体的に良い試合になったと思います。

ー5連勝のチームの雰囲気は
とても良いと思います。試合の中で切羽詰まった状況になっても負けるような空気にはなりません。みんな落ち着いて試合をしていると思います。

ー7回の適時二塁打は
この時2アウトで追い込まれていました。ベンチから「内角のストレートあるぞ」という声があって、自分でもありそうだなと思っていたらちょうど来たので振り切りました。

ー今日は好調でしたね
もともと最近はそこまで調子が良くなかったのですが、昨日の練習で調子が良くて、今日の試合はいい感じでいけそうだな、と感じていました。

ー明日に向けて
しっかりと慶応戦を2戦で決められるように、相手を圧倒していきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 0X0A8185 R竹内は先発としての役割を果たした
  • 0X0A8163 R自己最長の8回を投げ切った竹内
  • 0X0A8299 R窪田は今日も2安打と好調をキープ
  • 0X0A8065 R100安打まであと5本と迫った甲本
  • 0X0A8093 R追加点となる適時打を放つ三品
  • 0X0A8243 R藤江は貴重な先制点を放った
  • 0X0A8201 Rここまで中軸として結果を残す石橋
  • 0X0A8088 R攻守でチームを支える藤口
 

 

体育各部一覧ページへ