準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球木村杯新人戦準決勝 対明大、決勝 対早大 強いのは先輩たちだけじゃない!!若武者たちが躍動!!木村杯新人戦3年ぶりの優勝を果たす!

東京六大学準硬式野球木村杯新人戦準決勝 対明大、決勝 対早大
2018年6月2日(土)〜3日(日)
法大多摩グラウンド、早大東伏見グラウンド

リーグ戦を完全優勝で終え、迎えた新人戦。ダブル優勝へ。法大の若武者たちが躍動した。準決勝の明大戦では、圧倒的な打撃力を見せ、圧倒すれば決勝は、リーグ戦でも登板経験のある相手先発投手に対して、相手のミスを見逃さず3点を先制し、これを先発尾崎海晴(社2)が圧巻の投球を披露し、逃げ切って新人戦3年ぶりの優勝を飾った。

yuusyou
3年ぶりに木村杯を奪還した(中川)

準決勝 試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 2 2
法 大 2 0 0 1 7 0 2 1 × 13 15 3

(明大)●高島、廣瀬、小林利−兼村
(法大)○阿部、水谷、中川友、長谷川−荒井、安倍、神野

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (7) 八木達也(社1) 日大三 3 2 1 1
  7 南太貴(営2) 法政二 1 0 0 0
2 (8) 中川大輔(社2) 日大三 3 1 1 0
3 (4) 鎌田航平(社2) 鳴門 4 2 2 0
  4 堀江悠介(経1) 健大高崎 1 0
4 (9) 大石悠月(経2) 静岡 4 2 1 1
5 (3) 篠崎宰響(社2) 明星 3 2 2 0
  3 竹下和宏(経2) 東福岡 2 0
6 (5) 上田雄己(社2) 法政二 3 2 2 0
  5 山本春貴(社2) 法政二 2
7 (2) 荒井大樹(経2) 法政二 3 0 0 0
  2 安倍正貴(経2) 日大鶴ヶ丘 2 0
  1 長谷川遼(社1) 法政二 - -
8 (1) 阿部敏之(スポ2) 法政 2 0 0 0
  PH 岩本大河(スポ2) 浜松西 1 1 2 0
  PR 篠けん太(現2) 法政 - -
  1 水谷憲正(経2) 聖望学園 - -
  PH 細木雄斗(社1) 報徳学園 0 0 0 1
  1 中川友希(経2) 法政二 - - - -
  PH2 神野義之助(経2) 法政二  1 0
9 (6) 石下隆浩(スポ2) 宇都宮北 4 1 0 1
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
阿部 5 0 3 3 0
水谷 2 2 1 1 2
中川友 1 0 1 0 0
長谷川 1 0 3 0 0
 

決勝 試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 2
早 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 3 2

(法大)○尾崎−荒井
(早大)●福川、福島、池田−福本

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (7) 八木達也(社1) 日大三 3 2 0 1
2 (8) 中川大輔(社2) 日大三 2 0 0 1
3 (4) 鎌田航平(社2) 鳴門 2 0 0 2
4 (9) 大石悠月(経2) 静岡 3 0 0 0
5 (3) 篠崎宰響(社2) 明星 3 0 1 0
6 (5) 上田雄己(社2) 法政二 2 0 0 0
  5 堀江悠介(社1) 健大高崎 2 0 0 0
7 (2) 荒井大樹(経2) 法政二 4 1 0 0
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 4 1 0 0
9 (6) 石下隆浩(スポ2) 宇都宮北 4 0 0 0
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
尾崎 9 3 3 1 1
 

戦評 ※決勝戦のみ掲載

 悲願の新人戦優勝をつかみ取りたい法大。快勝した前日とは裏腹に、し烈な投手戦が繰り広げられた。

 まずは初回、相手の守備の乱れからの2点先制し5番篠崎(社2)の右翼への犠飛での1点追加。先取点は少し浮き足立つような3得点となった。不安定な幕開けにも、先発の尾崎海晴(社2)がこの流れを断ち切っていく。まさに"尾崎劇場"とも言える快投だった。初回、内野の失策と野選絡みの1死一、二塁のピンチを招くが、自慢の直球で後続を打ち取り、序盤の勝負所を制する。このまま尾崎は淡々とアウトを重ね4回まで無安打の投球を披露する。しかし5回に初安打となる右中間を破る三塁打と、三塁線へのスクイズで1点を返される。中盤の勝負所となったのは6回。先頭の中村康祐(早大)を中前安打で出塁させてしまうと、犠打、四球、捕逸で1死二、三塁とされる。しかしここでも尾崎は動じず、後続打者を一飛と二ゴロに打ちとり、流れを相手に渡さなかった。

打線は5回に満塁としたが無得点。相手の投手陣を打ちあぐね、目立った好機は作れなかったが尾崎がその裏をしっかりと抑える力投。見事完投勝利で逃げ切り、優勝に箔を付けた。(磯田健太郎)

 

選手インタビュー

内田裕馬学生コーチ(新人戦においてチームを指揮)

―新人戦を振り返って
昨日の明大戦は、2年生全員出せましたし、勝ち方も打って守ってと良い内容でできたと思います。今日の早大戦は、打撃が水物という所で、本当に自分たちが監督から言われている負けパターンというものが全くない状態で9回を通してできたので、自分たちの代になってもつながる良い内容だったのかなと思います。

―負けパターンというのは具体的に
やはり、四球や失策が絡んで自滅しての失点というのが、ここ何年もタイトルを獲れなかった時は、そうだったので、そこを監督が練習の時から言ってくださっている感じですね。

―新人戦はリーグ戦で出場機会の少なかった選手が多く出場していました
昨日もそうだったのですが、普段ベンチ入りメンバーに入っているメンバーがダメだった時に、逆に普段入っていないメンバーが起用に応えてくれたので良い試合ができたと思います。

―学生コーチとして心掛けていたこと
僕は、捕手出身なのでバッテリーを担当することが多いのですが、本当に勝負を焦らないようにさせることを心掛けていました。2ストライクと追い込んだ時に、まだ遊び球が使える段階でストライク、ボールの出し入れをしっかりできたら良いのかなとは思っていましたね。

 

荒井大樹(攻守で投手陣を支えた)

―今日の試合を振り返って
初回の3点は相手のミスではあったんですけど、先制をすることができてよかったです。やっぱりそのあと得点を入れる機会は何回かあったけれどなかなか入らなくて。それでも尾崎がしっかり9回まで守り切ってくれたのでそれが勝因だと思っています。

―2年生中心のチームではあったが
そうですね、新人戦の2戦分を戦うチームということで細かい戦略だとか1,2年生でたくさん練習をするということはありませんでした。けれど各々が平日からしっかりと準備をしてこの新人戦で戦おうという気持ちはあったので、その結果が出たと思っています。

―捕手として尾崎選手の投球について
今日は尾崎で行けるところまで行こうという話はしていました。初回から最後まで乱れることなく、球威も落ちなかったので彼のスタミナには本当に尊敬をしました。

―水谷選手が指揮を執っていたが
そうですね、彼も高校時代は主将だったので、そういう高校時代の経験が生きていたと思います。新人戦ということで急に選ばれたメンバーではありましたけど、彼を中心にすごくまとまることができたと思います。

―今後へ向けての目標
今季は乘松さんだとか、藤江さんなど素晴らしい捕手がたくさんいるので、自分が少しでも打撃や守備を磨いていきたいです。本当に素晴らしい先輩方が沢山いるのでそういった方たちを見ながら少しでも近づくことができるように頑張っていけたらと思っています。

 

八木達也(切り込み隊長としてマルチ安打)

ー今日を振り返って
1年生ですが試合に出さしていただいて、結果が出てよかったです。

ー今日はどのような気持ちで試合に臨んだか
必ず結果を出して、チームに貢献して優勝したいという気持ちでした。

ー今日は2安打を記録したが、打席で考えていること
甘い球を逃さず振る、ということを練習から目標として掲げていて、試合でも実践できていますね。

ー八木選手は投手と外野手の"二刀流"に取り組んでいるが、本間(隆洋)監督からのお言葉や自分で考えていることは
監督からは(投手と外野の)どちらもできるようにというお言葉を頂いています。自分としては、最近は外野の方が主となってきている感じもしています。ですが、今後も続けて行くつもりです。

ーチームの中の自分の立ち位置
1年生なので、裏方や雑用も積極的にやっていきたいです。

ー今後の試合に向けて
メンバーに入ったら、チームに活気をもたらして貢献できるように溌剌とプレーしたいです。

 

 

フォトギャラリー

  • yuusyou3年ぶりに木村杯を奪還した
  • haittati即席コンビも息はピッタリ左:荒井、尾崎
  • ozaki尾崎は、力投を見せ最優秀新人賞を受賞
  • yagiマルチ安打と存在感を示した八木
  • sinosaki貴重な追加点となる犠飛を放った篠崎
  • kamada軽快なグラブ捌きを見せた鎌田
  • araiバットでも安打を放った(荒井)
  • ueda懸命に一塁に送球する上田
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み