準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝コメント集 チームを支えた投打の主軸4年生編 〜竹内悠選手、石橋優一郎選手〜

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦
2018年5月27日(日)、6月3日(日)
早大東伏見グラウンド

第3回は、チームの投打の主軸エース竹内悠と4番石橋優一郎だ。竹内は昨季ブレークを果たし、今季は真価の問われるシーズンだったが2季連続のベストナインに輝くなどエースとして登板した全試合で勝ち星を上げ、絶対的なエースとなった。石橋も今季から4番を務め、一時は重圧から不調に陥ったこともあったが、全試合で4番を務め「つなぎの4番」として存在感を示した。

takeuchi第3回は、投打の主軸2人だ

選手インタビュー

竹内悠

ーリーグ全体を振り返って
目指してきた優勝を果たすことができたので、それが1番かと思います。

ー優勝の要因
投打がガッチリ噛み合ったのが大きかったですね。

ーチームの中の自分の役割
投手陣をまとめることが自分の役割だと認識しています。

ーチームのMVP
キャプテンの鳴川選手、投手陣では尾崎選手ですね。

ーチームの課題
まだまだできるチームだと思っているので、投打共にまた一つ上のレベルになれるようにすることです。

ーチームと投手陣の雰囲気
和気あいあいと、楽しくできています。

ー4年生となったシーズンが始まる前に心境の変化はあったか
上に立つものとして、後輩たちにのびのびプレーさせてあげることが大事だと考え、責任を持ってプレーしました。

ー女房役となる捕手が去年の4年生の藤江選手から今年は3年生の乘松選手が務めることが多くなりました
乘松選手は確かに歳下ですが、彼も遠慮なく様々なことを話してくれるので、滞りなく意思疎通はできていますね。

ー後輩の投手陣に向けて
実力のある選手達なので、のびのびとプレーできれば実力を発揮できると思います。

ーベストナインと最多勝を受賞したが、率直な今の気持ち
とても嬉しいです。野手の方々が点を取ってくれたおかげでもあるので、感謝の気持ちもありますね。

ー今季は打撃も好調だったが打撃に関して考えていること
ただがむしゃらにバットを振った結果です。

ー秋以降の試合の出場
まだ不透明で、まずは夏に向けてです。それ次第ですね。

ー全日に向けて
六大学の代表として出場するので、優勝目指して頑張ります。

takeuti3絶対的なエースとなった竹内

 

石橋優一郎

-リーグ戦全体を振り返って
スタートは凄く弱いっていう評判でスタートしたんですけど、試合を重ねるごとに凄くいいチームになっていって、最後にはあの劣勢の中でもしっかり対応して、勝てるチームになれたので、そこは鳴川であったり、三品であったり、最上級生のチームの雰囲気作りっていうのが上手くいったのかなって思っています。

-チームが優勝できた要因
スターみたいな選手はいないんで、一丸となって戦っていけたのは良かったかなって思いますし、さっきも言ったんですが、上下関係が緩いじゃないですけど、良い雰囲気でやれているので、鳴川であったり、三品であったり、奥脇であったり、そういった人達の頑張りかなって思っています。

-自分のチームの中での役割
4番バッターとして凄く警戒されてはいたんですけど、4番目のバッターとして点を返したりだとか、塁に出たりたりだとかっていう臨機応変なプレーで今回はやりました。

-立教戦の時に監督と4番についてお話されたと思います
4番バッターとして、前半は調子が悪かったので、監督におろしてくださいって自分から申し出たんですけど、それでも監督と鳴川は僕を4番でずっと使い続けたいと言ってくださったので、自分のプレースタイルを変えて後半戦臨んだ結果、ちょっとだけ上がっかなって思います。

-チームのMVPは
MVPは乘松ですかね。やっぱり乘松は途中から代行してきて、キャッチャーとしてパスボールもほとんどなかったですし、間のとり方であったりとか凄い良かったんで、キャッチャーの動きであったりとか凄く良かったなという風に思っています。

-あえてチーム全体の課題をあげるなら
まだまだ細かいミスであったりとか、落ち着きがないところだったり、チーム全体でそういう所を良い意味でも悪い意味でもまだまだあると思うので、そういった細かいミスをなくしていけば、本当に強いチームになると思うので、日本一目指せるんじゃないかなくらいのチームだとは思っています。

-全日に向けて
鳴川を中心に、負けないチームっていうのをずっと作ってきたので、全日に出てもボールは変わったりするんですけど、しっかり負けないようにして日本一絶対取りたいなって思っています。

DSC 0217石橋優は、4番として優勝に貢献した

 

フォトギャラリー

  • takeuchi
  • takeuti
  • takeuti2
  • DSC 1633
  • ishibashi
  • DSC 0023
  • isibasiyuu
  • DSC 0804
 

体育各部一覧ページへ