準硬式野球

【準硬式野球】いざ日本一へ!!全日開幕直前インタビュー!!〜監督編〜

2018年8月5日(日)
法政大学多摩グラウンド

リーグ戦2連覇で47度目の優勝を飾った法大。そしていよいよ迎える全日本大学選手権(全日)悲願の日本一へ。今回は大会を直前に控えた監督、選手に意気込みを聞いてきた。

honma
意気込みを語る本間監督

監督インタビュー

本間隆洋監督

―全日に向けてチームの状態
主将の鳴川には、言ったのですがまだまだ上がってきてない状態ですね。本当にこれでどこを目指すのかという不安を抱えながらっていうのが現状ですかね。

―状態が上がらないとは具体的に
選手の中では、気分が盛り上がってるのでしょうがそれがプレーに出ていないですね。特にユニフォームを来てプレーするメンバーは、もっとしっかりやっていこうよという意味合いですね。

―リーグ戦と変えたことはありますか
特にないですね。練習メニューも変えず、その代わり普段通りの練習メニューをやりきろうよという話はしていて、一つ一つのメニューを集中していこうというスタンスは変えてないです。

―普段の練習メニューについて
アップから始まり、キャッチボール、シートノック、フリー打撃やケース打撃。本当に一般的な練習ですね。

―夏休みの練習について
基本は、大学生なので時間帯としては9時~13時で練習してますね。もうこの中で完了させると考えていています。長く、ダラダラやるのは私もあまり好きじゃないので。これからキャンプの時期に入りますので、そこでは1日きちんと時間を使って修正すべき点を埋めていくというのを考えてます。

―夏のキャンプについて
新潟の胎内市の方で2010年からやらしてもらってます。日程的には8/15まで合宿をそこで行って、16は移動日にあてて、17,18は浜松で練習して19日の開会式に向かうといった感じですね。

―オープン戦の手応え
実は、なかなか勝ち負けでいうと敗けが多かったんですよね。ですが、昨日の日大さんとのダブルヘッダーでA戦、B戦含め1点差のゲームで勝ちきれた試合もありましたし、1点差の集中した中で試合を終了できたのは大きい試合でした。

―起用面での構想
大幅に変えるつもりはなく、リーグ戦のメンバーを中心にやっていくのは間違いないと思います。

―全日はリーグ戦と違いDH制になると思います。DHに起用するとすれば
今考えてるのは、堀ですね。打撃だけを考えるとある程度読みやすいですね。

―その場合三塁手は誰を
三塁手はですね、、、今、迷ってるんですよね(笑)。土倉、江間ですよね。これをどうするかですかね。そこはギリギリまでどうするかキャンプもあるので最後まで競わせて、全日臨めればなと思います。

―守備力だと江間選手、打撃力だと土倉選手というイメージがあります
アメフトみたいにね、ディフェンスとオフェンスの両方が変えられればいいのですがね。どっちを生かして、どっちを潰すかと。対戦相手も楽な相手ではないので基本はディフェンス面で破綻がないようにそれを中心に考えてはいきたいと思っています。

―リーグ戦と比べて成長した選手
リーグ戦を通じてっていう意味では、最終戦でも言ったのですが乘松ですね。オープン戦見ていてもそうですが、安心して任せられるというのがあります。昨日のミーティングでも言ったのですが、投手竹内、尾崎。2戦目に投げた石橋錬、西村。そこに乘松を絡めてバッテリー中心でやってくれればと思っています。打線は、多くの点数を見込めない打線なので捕手乘松、これが大きいですね。

―日本一へのキーマン
やはり打撃では主将の鳴川ですね。昨日のオープン戦でも並みがないというか、ここ一発で返せますよね。返せるメンバー、出塁できるメンバーがはっきり分かれちゃっているので、そういう意味では鳴川が中心ですね。守備面ではやはり三品、乘松。ここら辺が中心のチームですね。

―遊撃の大石の起用について
リーグ戦が終わって、取り組みから変わってくれたと思います。期待が大きい分ね、こっちも注文が大きくなるというのを本人が分かってくれればありがたいのですがね。先ほど、守備面では三品、乘松と言いましたが三品、大石の二遊間は大きいですよね。大石もその辺の自分の役割を分かってくれればと思います。まぁ、それとあと一人挙げるとすれば先頭打者の佐々木ですかね。相手チームの考えようによっては佐々木が打つ、打たないに関係なく怖さを感じてくれればという打者だと思うので、そういう雰囲気を醸し出してくれると存在感のある選手なのでその辺も挙げておきます。

―全日は、連日のトーナメント戦となります
やはり投手ですね。連投、連投ですから胎内のキャンプも含めて竹内、尾崎、石橋錬、西村がどれだけ蓄えができるかですね。どんなコンディションであろうと、勝っていけば連日の試合で本人たちも避けられないことなので、悪かったら悪いなりに暑さの中でも投手は全部が全部コンディションベストというのはないと思うので、繰り返しになりますが悪かったら悪いなりに試合を作ってくれるというような心構えで、調整を取ってくれるとありがたいなと思います。

―1回戦の対戦校、大阪経済大学について
色々、話を聞くと最近力をつけてきて2年連続の全日出場ですから確実に去年経験したメンバーも残ってると思うんですよね。1年生で活躍してる子がいるという話も聞いてます。それとうちは、去年出てない分、飛んでますよね。それから一昨年の仙台での全日はといったら今の4年生でメンバーとして出ていたのはほとんどいないので、それを考えるとほぼ初出場みたいな状態です。なので大阪経済さんの2年連続出場の勢いに飲まれないように、自滅がないチームというのを気を付けてやっていこうと思います。部員には、ミーティングで言ったのですがトーナメント戦で1番難しいのは初戦だと、そして次は決勝だと言いました。自分はそう思うんですよね。一昨年の仙台での二の舞にならないようにっていうのを意識して、緩めるところは緩めていざ試合に入って結果学生が泣くのとにならないように厳しくいくところは練習で全て潰せるように徹底的にやって学生が最後笑えるようにしたいと思います。

―全日に向けて
とにかく一戦必勝で、一戦一戦確実にその結果、最後のタイトルが取れれば今年は慎重に頑張っていきたいと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • honma意気込みを語る本間監督
 

 

 

体育各部一覧ページへ