準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対東大1回戦&2回戦 日替わりで4番が奮闘!!3連覇に向けて開幕2連勝を飾る!!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対東大1回戦
2018年9月1日(土)、12日(水)
立川公園野球場、法大多摩グラウンド

全日を終え、早くも秋季リーグ戦が開幕。今季は、全国の大会で3校が実績を上げるなど激しい優勝争いが予想される。開幕戦となった東大1回戦では一時、リードを許す苦しい展開も4番佐々木の4安打を放つ活躍もあり、大勝。続く2回戦も打線が序盤で試合を決め快勝を果たした。

※誠に勝手ながら、弊会のご都合により対東大戦のWeb掲載は1試合ごとではなく、1カードまとめての掲載となります。ご了承下さい。

isibasiyu
石橋優は本塁打を放つなど勝利に貢献

試合結果(対東大1回戦)

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 1 3 0 0 0 0 0 0 3 7 0
法 大 1 0 5 0 2 0 2 1 × 11 12 4

(法大)○尾崎、西村−乘松
(東大)●渡邉、楠、近藤−中村

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (8) 八木達也(社1) 日大三 3 0 0 0 .000
2 (5) 鎌田航平(社2) 鳴門 0 0 0 0 .000
  5 江間大賀(スポ4) 法政 3 1 0 1 .333
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 2 1 1 0 .500
4 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 5 4 4 0 .800
5 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 3 2 1 0 .667
6 (6) 大石智貴(経3) 静岡 5 2 3 0 .400
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 3 0 0 0 .000
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 4 1 0 0 .250
  1 西村勇輝(経1) 日本文理 - - - - ---
9 (4) 三品勇人(社3) 報徳学園 2 1 2 0 .500
三塁打:石橋優(3回)江間(8回)
二塁打:佐々木(3回)
盗塁:石橋優2(5回、7回)八木(6回)佐々木2(7回、8回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
尾崎 8 7 9 0 3 2.63
西村 1 0 1 0 0 0.00
 

試合結果(対東大2回戦)

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 1 2 1 0 0 0 0 6 8 2
東 大 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 2 1

(法大)○石橋錬、根岸、渡邉−乘松、藤江
(東大)●渡邊、楠、近藤−中村、佐鳥

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (8) 八木達也(社1) 日大三 3 0 0 2 .000
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 2 2 2 1 .571
  6 居塚研志郎(スポ4) 金沢 1 0 0 0 .000
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 4 0 0 1 .167
4 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 3 2 3 1 .667
  大石悠月(経2) 静岡 1 1 0 0 1.000
5 (5) 江間大賀(スポ4) 法政 3 0 0 1 .167
  5 土倉徳(社3) 遊学館 1 0 0 0 .000
6 (3) 岸祐介(スポ4) 法政 3 0 0 0 .000
  3 奥脇晃(経4) 吉田 2 0 0 0 .000
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 3 1 0 0 .167
  2 藤江廣祐(社4) 法政 1 0 0 0 .000
8 (1) 石橋錬(社1) 遊学館 3 2 1 0 .667
  PH 三輪達也(社4) 桐蔭学園 1 0 0 0 .000
  1 根岸快(経4) 法政 - - - ---
  1 渡邉勇大(キャ4) 西武台千葉 - - - ---
9 (4) 三品勇人(社3) 報徳学園 3 0 0 1 .200
本塁打:石橋優(1回)
二塁打:大石智(3回)石橋優(3回)石橋錬(5回)
盗塁:三品(5回)大石悠(9回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
石橋錬 6 1 5 1 0 0.00
根岸 1 0 0 2 0 0.00
渡邉 2 1 2 0 1 3.50

 

戦評(第2戦のみ掲載)

  開幕から天気に恵まれず、予定から大幅に遅れて行われた対東大2回戦。1回戦ほどの大量得点は見られなかったものの、法大はコンスタントに点を取り続け、見事勝利をつかんだ。

 試合は1回表から動く。1番八木達也(社1)が四球で出塁すると、2番大石智貴(経3)の犠打と3番鳴川宗志(社4)の進塁打で三塁へ。この状況に焦ったのか相手投手が暴投し、1点を先制する。さらに4番石橋優一郎(法4)が右翼への本塁打を放ち、1点を追加。好調な滑り出しとなった。その後は3回表に石橋優の適時打で1点、4回表に大石の適時打で2点を追加。5回表では8番石橋錬(社1)が左翼へ二塁打を放ち、三塁手の失策で出塁していた、7番乘松幹太(現3)を生還させ1点を獲得。ここまでで計6点の得点となった。

 一方守備では石橋錬が好投し、4回まで無失点に抑える。しかし5回裏に4番小澤瑞生が一塁へ難しい打球を放つと、これを処理しきれずに失策。そのまま三塁へ進む走者を刺そうと送球したところ再び失策。1点を失った。7回裏では投手に根岸快(経4)を起用。打たせて取るピッチングで無失点に抑えると、8回で渡邉勇大(キャ4)に交代。順調に抑え、9回で一気に二死を取りこのまま終わるかと思いきや、3番木村将貴に本塁打を打たれる。動揺から球が乱れることが懸念されたが、落ち着いて制球して三振を奪い、試合終了となった。

 全日が終わり、次世代の育成が課題となる今季リーグ戦。下級生を起用しながらも勝利を重ね、王者法大の貫禄を見せてくれることを願う。

 (記事:村井美咲・写真:梅原早紀)

Pick Up

優勝へのキーマンは三塁手

 リーグ戦3連覇へ。今季のリーグ戦は、全日でベスト8に入った法大以外にも札幌で行われた清瀬杯で優勝した早大、準優勝の立大と強敵がそろい、これまでにない激戦が予想される。

 その中で、法大優勝への鍵を握るのが三塁手だ。昨年まで絶対的リードオフマン萩原幹斗(平29年度卒)が約4年間レギュラーとして健在していたが卒業。それから空席となっている。昨季のリーグ戦は実に4人の選手が三塁手として出場し、レギュラー争いを繰り広げたが固定までには至らなかった。

 今季、三塁手として活躍が期待されるのは3人だ。1人目は、昨季リーグ戦途中からレギュラーを奪取し本塁打を放つなど活躍した土倉徳(社3)。元々1年生の頃は、捕手として出場していたが、乘松幹太(現3)の台頭もあり三塁へコンバート。法大には貴重な右の長距離砲として打撃に大きな魅力がある。次に4年生の江間大賀(スポ4)。3人の中で唯一、長年三塁手を本職としていたこともあり守備力には抜群の安定感を持つ。打撃に課題があったが、東大との開幕戦でリーグ戦初安打となる三塁打を放つなど打撃に磨きがかかれば、大きな戦力となってくるはずだ。3人目は、全日で1番の活躍を見せた鎌田航平(社2)。全日1回戦では、途中出場ながらサヨナラ安打を放ち勢いに乗ると2回戦でも猛打賞と大暴れした。

 他大学が全国大会で実績を上げ、実力を付けるなか、法大も三塁手の固定という課題を埋めていかなれば優勝は難しい。悲願のリーグ戦3連覇へ。今季の法大は、激しい三塁手争いに注目だ。

(記事:具志保志人)

tutikura 

ema 

kamadaレギュラー争いを繰り広げる(上から)土倉、江間、鎌田 

 

選手インタビュー

大石智貴(2番起用に応える複数安打)

ー今日の試合を振り返って
そうですね、同じポジションの居塚さんに出てもらうために(先制できるよう)頑張ろうと思いました。結果、勝てて良かったです。

ー2死から得点する場面が多かったが
2死になってからの好機が多かったので、そこからの一打をしっかりやることをチームでも意識してやっているので結果に表れて良かったです。

ー全日では決して好調ではなかったように見受けられましたが今の調子は
全日本の時よりは相手の投手力も高いわけではないので、甘い球を逃さず打てたので良かったです。

ー今季の個人目標は
ベストナインですかね…どこかで1回は取ってみたいと思っているので、リーグ中盤も調子が良ければ狙っていきたいです。

ー次戦へ向けて意気込みをお願いします
好調を維持しつつ、チームに貢献できるよう頑張りたいと思います。

 

石橋錬(投打に活躍し、2連勝に貢献)

ー今日の試合を振り返って
丁寧に投げられたので良かったです。バックの守りも光ったのですごく気持ちよく投げられました。

ー今日は投打にかみ合った試合展開でした
僕も守備の時間を短くテンポ良く(試合展開を)運べたので良かったです。

ー打撃も好調だったが
僕ですか?今日はたまたまです(笑)。ベンチで狙い球とかを先輩方が教えてくれたので、そのおかげだと思います。

ー今季の個人目標は
投げた試合は勝つ、です。謙虚に頑張ります(笑)。

ー次戦へ向けて一言お願いします
次も丁寧に投げて、チームにいいリズムが作れるよう頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • isibasiyu4年生としてチームを引っ張る石橋優
  • ooisi今季、絶好調の大石智
  • isibasiren今季は、先発の柱として期待のかかる石橋錬
  • negisi中継ぎとして登板した根岸
 

 

体育各部一覧ページへ